昼からの僅かな時間のすき間を縫って、七つ森笹倉山へ向かった。
c0294658_20271761.jpg

今日は笹倉山(大森山)の黒岩の上に立つつもりでやって来た。
この写真を撮った場所までは家から車で8分。
時間のすき間を縫ってって程度で来られる身近な山なのである。

麓の伊達山林道の途中から黒岩目指して歩き始める。
c0294658_18342573.jpg

1月のくせに小春日のような天候。特にここは南斜面なので雪もなく、受ける日差しが暖かく感じられる。

c0294658_20313469.jpg
10分も歩けば黒岩の基部に行きあたり、岩っぽい斜面を簡単に登れそうにみえたけれど・・・

写真では伝わりにくいけど、登るとすればかなり危険なところだ。
昨年1月に、ここ黒岩ルートを登った時は、向かって右側にトラバースし黒岩の右側(東側)を登って国見崎へとたどり着いた。
c0294658_18344900.jpg
今日は、左にトラバースして黒岩の左側(西側)の尾根状になっている斜面を登って黒岩の上に腰掛けるってことを考えていた。
最初に結果を言えば、無理!無理!一人で行けるようなところじゃなかった。

c0294658_19514324.jpg
笹倉山の岩場って麓から見れば一枚のように見えるけれど、実際に現地に行ってみると下からは木立に隠れて見えない一段目の岩場がある。
易しそうなところに目を付けて手をかけてみたけれど、下で確保してくれる人がいなければ行き詰った時にどうしようもなくなりそうだった。
一段目も巻いて、上部の岩場の下へ。

今日はこのまま真っすぐ、岩場の下を西に向かってトラバースした。


c0294658_19521356.jpg
振り返るとこんな感じ。


c0294658_20302689.jpg
下を見ればこんな感じ。ゴロゴロした岩とすき間のぬかるんだ土の上に落ち葉が積もり、滑ったら止まれそうにない。

こんな急な斜面をスタスタと歩くカモシカがいる。
c0294658_19524336.jpg
カモシカの踏み跡を利用させていただいた。

カモシカが横に逸れた後の直登も…急!
c0294658_20140791.jpg
浮石でないのを確かめ、手の力も借りて上を目指す。
実はこの少し前に浮石に手をかけてしまい、危ない思いをした。
足場を固め次に手掛かりになる岩や木立を確認したうえで、次の一歩を踏み出すようなきわどい登りが続いた。

c0294658_20090429.jpg
ふう~、やっと一息付けるような尾根状のところまで登って来た。
腰を下ろして一休み。

c0294658_20333927.jpg
こうして取りついた尾根だけれど、登る人はほとんどいないだろうと思う。
「黒岩尾根」って名付けていいっすか?
距離はちょっとしかないし、この記事みてここに来る人も多分稀だと思う。
「笹倉山 黒岩尾根」でいいっしょ?

c0294658_20093497.jpg
野ウサギの足跡をたどって登るヤセ尾根も上のほうは雪が残っている。

この辺から東に向かってトラバースして行けば黒岩の上部に行き当たると思って、すこし歩を進めてみた。
c0294658_20100759.jpg
止めといたほうがいいね!

黒岩の上に立ったら、そのまま降りるつもりで今回もロープやら下降器やら装備してきたけど無理みたい。
来たルートをそのまま下山するのも危なすぎる。
山頂経由で下山するしか選択の余地はなかった。

仕方なく国見崎を目指して、これまた急な斜面を登ると藪が濃くなり、人の声が聞こえて来た。
「おーい!人だよー!ケモノじゃないよー!」って声をあげながら、国見崎の突端から顔を出した。

東屋には二人のかたが居られて、予想外の方向から現れた僕に期待通りのリアクションをプレゼントしてくれた。
得意になって話したかったんですよー!ここ登ってきたんですよー!って。

c0294658_20455559.jpg
一人の方にシャッター押してもらい、もう一人の方とは少しおしゃべりをした。
青葉区のSさーん!見てくれてますかー?

c0294658_20461846.jpg

山頂にあるお堂の名称は「大森薬師堂」。藩政時代に書かれた「七疑峰(七つ森)」の記述は「巨魁峯(ヲオモリ)」。
いつから笹倉山と呼ばれるようになったのだろう?
麓に生まれた歌人の原阿佐緒は、大正10年に「笹倉の秀峰(ほつね)・・・」と詠んでいる。
という事は、「笹倉山」の呼称が定着したのは、江戸末期~明治の間ということなのだろう?

大森薬師堂の薬師様に願掛けをした。
手を合わせ、ある人のことを想う。
今日は、そのためにここへ来たんだ。

でも、ちょっとだけ自分も楽しませてもらうことにして、黒岩尾根ルートの開拓をしてみた。

c0294658_20462591.jpg
泉・北泉を見ながら西斜面を直線的に伊達山林道へと下山した。

===========
c0294658_21103865.jpg

一般ルートの真裏にあたる南斜面。
普通に登れるようなルートを見つけ、黒岩の上部に腰掛けられるようになるまで、あと何回かは来なくちゃいけないだろうなあ。

関連記事↓




[PR]
# by mt1500funagata | 2018-01-07 22:03 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(4)

日の出とほぼ同時に七つ森へ向かった。
c0294658_17040885.jpg
七つ森の古代岩クラ信仰のご神体に願掛けに行くのだ。

c0294658_17040871.jpg
地元の人々にとって七つ森は中世以前から信仰の対象だったであろうことは容易に想像がつくし、僕にとっても毎朝毎夕仰ぎ見ている心の依代なのである。

七薬師以前の自然信仰の源流。
某倉山の岩場を目指した。

c0294658_17040854.jpg
その場所へ行くために装備は万全を期した。
気軽に行ける里山ではあるけれど、七つ森の急斜面には苦労させられる。
今日はさらに厳しいところへ向かうのだ。

c0294658_17040909.jpg
ツボ足でずんずん歩ける程よい感じの積雪。

しばらく登山道を歩き
c0294658_17040900.jpg
ある地点から道を逸れる。
ちょうど一年前に探険した時は、いったん山頂に登ってから下降しトラバースして岩クラ下部に行き着いたけれど、今日は岩クラの上部に直接回り込むつもりだった。

c0294658_17255664.jpg
山腹を巻くように上を目指してゆくと、だんだん岩っぽくなってくる。

七つ森の登山道って急なほうだと思うけれど、こうして登山道以外のところを登っていると、やっぱり登山道は登るのに楽なところに付いてるんだなあって思う。

c0294658_17255632.jpg
足下、結構な急斜面。木立に掴まりながら見当をつけた岩クラの上部を目指す。

c0294658_17255792.jpg
あちゃー!ちょっと急斜面過ぎて、トラバースも危険を感じるほどになってしまった。
ダメだ!行けない!

直接岩クラの上部に立つのは諦めざるを得ない。
下るのも相当困難な場所まで来てしまった。
でも、そのために道具一式を担いで来たんだ。懸垂で降りることに決めた。

c0294658_17255745.jpg
50mロープをセットして懸垂下降の体勢に入る合間に、我が家のある大和町吉岡の町並みが望めた。
という事は、ここの岩クラも見えている筈なのだけれど、里から双眼鏡で覗いてもここの場所ははっきりしない。不思議な場所なのである。

c0294658_17255705.jpg
懸垂下降1ピッチ目。(2ピッチ目だったかな~?)

c0294658_17420521.jpg

いかにも僕は山ヤでっせー的な写真を撮って自己満足する。

何を求めて山へ向かうのか?
山に入って何を想うのか?
僕も一般の登山者であったり登山客として山に登ることも多い。
僕は山ヤと言えるほどのものではないけれど、今日の僕は、登山客でもなければ里山をハイキングするハイカーではなかったと思っている。

c0294658_17420512.jpg
お手軽で程よく登った感のある七つ森でも、場所を選べばこんな痺れるような斜面と触れ合うことが出来るのだ。

c0294658_17420519.jpg
50mロープを目いっぱい使った懸垂下降を結局4ピッチ。

c0294658_17420590.jpg
合計100m近くを懸垂下降で下りたことになる。

地に足がついたところで、今度は岩クラの下部へとトラバースして行く。
c0294658_18393375.jpg
結局、今日は岩クラの上に立つことは出来なかった。

この岩場が岩クラ信仰のご神体だったのかは分からない。
麓の石神山精神社の吉田宮司に尋ねても、言葉をはぐらかされ答えは聞けなかった。

でも良いのだ。裏付けなんて必要ない。
僕がそう思って、僕の心の中にあればそれでいい。

c0294658_18393353.jpg
僕にとっての依代である岩に五体投地して、ある人のことを想う。
今日はその為に、ここへ来たんだ。

c0294658_18393227.jpg
岩場を後にして、50分後には家に着いた。
僕にとって七つ森は、本当に身近にある「ふるさとの山」なのである。

==========
関連記事

[PR]
# by mt1500funagata | 2018-01-04 19:05 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(6)

明けましておめでとうございます

c0294658_11305569.jpg
平成30年の初日の出を七つ森の麓で迎えた。

初日の出だからって特別に早起きした訳ではなく、この時間にこの辺にいることは僕にとっては日常のこと。

いつもの嘉太神地区へとむかった。

毎日のようにその場所に行ってみれば、昨日との違いとか一か月前との違いとか、時たま訪れて目にするものとは違うことが見えてくる。

c0294658_11304530.jpg
ランドマークを往復するキツネの足跡を見つけた。
昨日の朝はなかった。という事は、このランドマークへキツネがやって来たのは、昨日の午後から今日の未明までの間のこと。こうして目にする足跡のある風景に時間を想像することが出来る。
かの宮沢賢治は「幻想四次元」と表現したけれど、目にした風景に時間という奥行きが加わり、さらにそこでの出来事を想像することで、いつも眺めている何気ない風景も僕にとっての「幻想四次元空間」に変わる。

いつも同じような地域ばっかりで、綺麗な写真を載せたり詳細なレポートを書くことは出来ないけれど、今年も奥行きや想いを書き綴ることが続けて行けたらよいと思っています。

ご訪問してくださった皆様とご家族のご健康とご多幸を心より祈念いたします。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

平成30年 元旦



[PR]
# by mt1500funagata | 2018-01-01 11:59 | 嘉太神 | Trackback | Comments(0)

平成29年12月31日
大晦日の朝、升沢しょい滝に呼ばれた。
c0294658_18403983.jpg
ここ数日、僕はしょい滝へ行きたいと強く思っていた。と言うか、行かなければならないと思っていた。

僕には船形山界隈や七つ森界隈に、ここには神様がいるんだなぁ~って思える場所が何カ所かあるけれど、ここもその中のひとつ。



升沢へ向かう途中、いつもの嘉太神あたりを一回りする。
c0294658_18412081.jpg
僕らが冬山を歩く時によくラッセルという言葉を使うけれど、これこそが森のケモノたちのラッセル。イノシシが先頭を切り、そのトレースをタヌキやらキツネたちが利用する。
奴らは胸までのラッセルを平気でやる。膝上ラッセルなんていかにも大変そうなこと言ってるニンゲンなんて、実はたいしたことないだよな~って思わされる。

c0294658_18412601.jpg
この綺麗に揃った足跡は?
上品なモデル歩きのテンのようだ。わかるまで少しの時間が必要だった。

升沢まで上がってくると、積雪量は一気に増える。
森のケモノに倣って僕もツボ足でしょい滝へと向かう。
c0294658_18413120.jpg
深いところでは太ももまで沈む深雪に、歩き始めて10歩で後悔した。
俺様はニンゲン様だ、なんて偉そうなこと言ったって、胸までのラッセルを平気で一日中やってる森のケモノたちに到底及ばない。自分の非力さを知る。

c0294658_18414619.jpg

c0294658_18413806.jpg
ここに架かっていた橋は30年くらい前に自然の力の前になすすべがなく流されてしまい、今ではしょい滝を訪れる人は滅多にいない。

深雪をラッセルし沢を渡り、直線距離で高々400ḿ程度の距離を歩くのに約40分を要して、しょい滝の前に立った。
c0294658_22122981.jpg

c0294658_22125983.jpg

僕が何年か前に取りつけた滝名板。括り付けた針金は樹の幹に食い込みまったく動かなくなっていた。
次回来るときには、緩めるための道具を持って来よう。

c0294658_22271805.jpg

c0294658_22270639.jpg
升沢しょい滝と向かい合うのは何度目になるだろう?

ファインダーを覗いていた僕は何かを感じて滝の上部を見上げた。
何だろう?たった今までと違う空気感というか気配を感じたのだ。
滝を見上げていて、その感覚の違いの理由が分かった。
滝の流れ落ちる音が変わったのだ。

c0294658_22265951.jpg

今まで聞こえていた滝の音にかぶさるように、少し高音域の水が落ちる音が滝の岩盤から聞こえてきたのだった。

風のせいかも知れないだろうけど、もしかしたら、ほかの何かのせいなのかも知れない。

c0294658_22271234.jpg
今日はここに1時間20分いた。
この岩盤と流れる水の姿の中に、何を見るかは人それぞれによって違ってくるだろうけど、何度も来て見て暫くの時間その場に身を置くと何かを感じられる、そんな滝だと思う。


c0294658_22272351.jpg

ニンゲンの非力さと傲慢さを知り、滝の前で「何か」を感じて過ごした12月31日の朝だった。

皆様、今年も一年間お付き合いいただきありがとうございました。
あと数時間でやって来る新しい年が、皆様にとって良い一年であるように心より祈念いたします。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-12-31 22:53 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)


寒い日に凛とした空気に触れたいと思った朝、決まって向かう場所がある。

c0294658_20294207.jpg

七つ森の奥のほうにある「夢想の滝」

c0294658_20294333.jpg
僕には船形山界隈や七つ森界隈に、ここには神様がいるんだなぁ~って思える場所が何カ所かあるけれど、ここもその中のひとつ。


僕は同じ所へ何回も行く。
だからこそ感じることが出来る気配がある。
初めて行った場所では、感じることが出来ない気配がある。

c0294658_20294294.jpg
30年近くに渡って何度この滝の傍らに立ったことだろう。
少なくとも10や20じゃ全然及ばないと思う。

比叡山や大峯山での千日回峰行には到底及ばないけれど、同じ所へ繰り返し行くことで見えてくる何かがあるのだろうと思っている。

ところで、七つ森の七薬師は山好きな人を中心に、ご存知の方も多いと思いますが・・・
足腰に自信がなく七薬師掛けは難しいなあ~とか、山に登る気分じゃないなあ~なんて言う時には、七つ森界隈の「六地蔵掛け」や「四天王掛け」なんてどうですか?

めったに目にすることがない、こんな地図がある。
c0294658_21301038.jpg
六地蔵は、ネット検索してみればいくつかヒットしますが、四天王はおそらくどこにも出てこないと思う。
昭和48年七つ森観光協会発行の「緑の故里七つ森を語る」という本で四天王のことが触れられているけれど、現在この四天王を知る人は少ないって言うか、今の七つ森観光協会の重鎮の方も知らなかった。
僕は、この地図を頼りに四天王を巡ろうと思い立った。1か所だけは見当がついていて、すぐに見つかった。2か所目は周辺をぐるぐる回って自力で見つけた。あとの2つは、どうしても見つからず小さな鳥居を辿って森の小高い所へ行ってみれば山神様だったり、個人宅のお稲荷さんだったりした。

何人かの地元の人に尋ね歩き、ようやく四天王すべてを目にすることが出来たのは、1か月近くを過ぎたころだった。

七つ森四天王の写真がすべてそろった書物はないと思う。
上記の本にも四天王の写真はそろっていないし、大和町の資料室にも四天王の資料はなかった。
もしかして?本邦初公開!?


まずは六地蔵から

永屋敷地蔵
c0294658_22023031.jpg


草の川地蔵
c0294658_22040038.jpg

中野地蔵
c0294658_22054088.jpg

鍛冶屋敷地蔵
c0294658_22064979.jpg

水地蔵
c0294658_22080029.jpg

法性地蔵
c0294658_22085218.jpg
それぞれのお地蔵様の謂れは、観光協会が設置した看板に書いてある。


=宮床四天王=

山田天王
c0294658_22165483.jpg

要害天王
c0294658_22175639.jpg

新道天王
c0294658_22175748.jpg

芳の沢天王
c0294658_22175683.jpg

四天王は、享保3年(1718年)前後の建立とされ、七つ森山頂の七薬師仏より古い。
天王とは牛頭(ごず)天王であり詳しくは↓こちら

六地蔵は何とか行き着けると思いますが、四天王は相当難しいです。

映画「殿利息でござる」で有名になった大和町吉岡宿ですが、七つ森七薬師・六地蔵・四天王で新たな大和町の歴史観光スポットになるよう、各方面に働きかけているところです。


[PR]
# by mt1500funagata | 2017-12-29 22:48 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(0)

夜明け前、窓からの冷気で目が覚める。

僕の部屋には暖房がない、しかも窓を開けて寝ている。
暖かくした部屋でテレビを観て朝の時間を過ごすのはもったいない。

森へ向かう。
c0294658_11073939.jpg
森へ行って、何するって訳じゃあないけれど・・・。

c0294658_11074036.jpg
森では冬ごもり前のツキノワグマの足跡を見つけた。

c0294658_11074104.jpg
雪の下からドングリを探して喰っていたようだ。
c0294658_11074032.jpg
天然の冷蔵庫なのですね。

c0294658_11074141.jpg
もう少し標高の高い森でもツキノワグマはまだ冬ごもりしていない。

僕は、雪面に親子グマの足跡を見つけたことがない。だから、これは全く僕の感覚的に思っていることで学術的に言える話ではないのだけれど、冬の森をウロウロしているのは雄グマだけなんじゃないだろうか?子連れや出産を控えた雌グマは暖かい穴に入り、雄グマだけは暖房のない森を歩き回り、冷たいドングリを喰う。

僕も雄グマと同じ生活か?

c0294658_11074206.jpg
一回りして、七つ森の奥のほうの森にはイノシシ捕獲のくくり罠が仕掛けられていた。
人が歩く林業作業道のすぐ脇で、写真でもわかる通り罠も設置表示も数センチの積雪で隠れてしまう。大和町内でもくくり罠の設置数は増えているので、森を歩くときには注意が必要ってことです
ね!

積雪を考慮した設置表示をお願いしたいと宮城県猟友会本部に電話した。
本部では真摯に対応してくれて、すぐに支部に連絡し改善要請をするとの回答だった。

c0294658_11073986.jpg
ブログで騒いだところで何にもならないと思っているから、実際に電話をかける訳ですね。

暖房の効いた部屋で地球温暖化を憂い、反原発を訴えたとしても・・・?

**********
幼い子やお年寄りにとっては大切な暖房ですが、せめて山岳志向の体力がある僕らにとっての話です。誤解のないように追記しときます。




[PR]
# by mt1500funagata | 2017-12-26 10:04 | 嘉太神 | Trackback | Comments(0)

成長するツキノワグマ

2013年4月16日
c0294658_20403927.jpg
船形山へ向かう途中の沼のほとりに小さいツキノワグマがいた。(携帯電話のカメラで撮影)

c0294658_20403942.jpg
大きさから見て、初めて単独で冬ごもりした後の子グマだと思う。
という事は生後2年2ヵ月前後と推定される。

週末に山に行かず、早朝の散歩でも森の動物たちと会えない日々が続く僕は、過去に撮影したクマの写真などを見て森の動物たちを想っている訳です。

僕が今まで写真を撮ることが出来たクマは延べ32頭。
写真を撮れなかった出会いのほうが多いので、クマと会った(見た)回数は倍以上という事になる。
撮ったなかで確実に同じクマってのが複数あるし、クマの写真を多く撮れるフィールドは狭い範囲なので実数は20~25頭くらいかも知れない。

そんな中で、面白い発見をした。
c0294658_20395933.jpg
2014年5月18日に会った、この子グマと・・・
c0294658_20400006.jpg
2017年9月10日に会った、この逞しいクマ。
さらに冒頭の2013年4月に会ったクマ・・・同じクマなんじゃないか???

13年と14年は、まったく同じ場所。

c0294658_20400145.jpg
2014年5月に会ったこのクマは1年前に会ったクマと同じクマだとしたら生後3年3ヵ月前後と推定される。ニンゲンの年齢に換算すると、13~14歳くらい。
別なクマだとしても、性成熟している大きさではないので、生後2年3ヵ月前後だろう。
いずれにしてもニンゲンで言えば中学生くらい。

ツキノワグマの年齢をニンゲン年齢に換算するのに、全身の生理状態を統括した絶対的な換算方法はないのだけれど、北海道野生動物研究所のレポートによれば、
=====
生物の要は種の維持にあるから、繁殖年齢の一つである出産年齢を基 準に羆と人の年齢を比較する方法がある(門崎が開発した)。換算法は野生羆の出産年齢の範囲 は 4 歳から 27 歳であること(門崎の報文にある)。そして、婦人の出産年齢は 15 歳から 53 歳 (札幌医科大学田中昭一助教授)ぐらいであること、を基準とし、算出する方法である。式は 次のように表される。 (羆の年齢―4)×1.652+15=人の年齢である。なお、羆の出産期は 1 月から 2 月中旬 であるから、野生羆の年齢推定に当たっては出生日を便宜的に 2 月 1 日に統一して計算する。
羆の年齢 4 歳は人に換算すれば 15 歳であり、羆の年齢 27 歳は、人では 53 歳である。
(北海道熊研究会報 第23号より)
=====
ということらしい。

ヒグマとツキノワグマの違いはあるけれど、ツキノワグマも性成熟は4歳であることから、ほぼ同じと考えて良いだろう。

c0294658_20400000.jpg
2017年9月に会ったこのクマが同じクマだとしたら推定6歳7ヵ月もしくは5歳7ヵ月。
ニンゲンの年齢に換算すると、17~20歳くらい。

明らかに別なデカグマと比べてみると・・・
c0294658_22145795.jpg
c0294658_22224498.jpg
お腹のあたりの締まり具合が若々しく見えて、体格の良い二十歳前の若者って考えれば体形的には納得できる。

さて、この2頭のクマが同じクマじゃないか?って思った訳は・・・

顔のアップを並べてみますね。

c0294658_20400017.jpg
c0294658_20400070.jpg
鼻筋にあるオデキと鼻の頭にある縦の筋、同じに見えませんか?

場所は直線距離で1.7㎞しか離れていない。クマにとっては全く活動範囲の内側。

c0294658_22480391.jpg


c0294658_22581693.jpg


きっと同じクマだと思う。
成長するツキノワグマ。
次に会えるのは何年後のことになるのだろう?楽しみだ。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-12-19 22:53 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)

白い季節の始まり

雪の朝 待ってましたとばかりに七つ森の奥のほうへと向かった。
c0294658_08574693.jpg


うっすらと積もった新雪に森のケモノたちの足跡は見つかるだろうか?

c0294658_08574733.jpg
沼の奥の木立のすき間に佇むカモシカを見たことがあった。
今朝は静かに降る雪を水面に吸い込むだけで、生き物の気配は感じられない。

c0294658_08574795.jpg

多分、僕ほど多くこの風景を眺めた人はいないと思う。
いつの日か、この広い砂地を歩くツキノワグマと出会うことができるだろうか?

白くなった車道に残されていたのは、キツネ一匹の足跡だけだった。

c0294658_08574813.jpg
七つ森の奥のほうの森は、色彩をなくしモノクロームの世界が訪れた。

気配は感じられなかったけれど、この森で冬を過ごす生きものたちの姿を想像した朝でした。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-12-12 07:55 | 嘉太神 | Trackback | Comments(0)