人気ブログランキング |

3月30日土曜日の朝、七つ森に向った。

例年よりとっても春の訪れが早いようで、
c0294658_20375665.jpg
こんな花や
c0294658_20380567.jpg
こんな花が咲き始めていた。

いやいや、僕が七つ森に向ったのは花を愛でるのが第一の目的ではなかった。
七つ森が七つ森と呼ばれるずっと以前、古代岩クラ信仰の対象であった源流となる岩場を探すこと。「七薬師掛け」は有名で多くの人がやっているけれど、僕はそれに擬えて「七岩座(いわくら)掛け」が出来ないものかと考えている。

c0294658_20475357.jpg
七つ森の一つ、某倉山にある岩場。
これで五岩座掛けが出来たことになる。

c0294658_20512882.jpg
しばらく遊歩道を歩いて、途中から道を外す。

c0294658_20512872.jpg
急な斜面に早咲きの花を見つけた。

c0294658_20512822.jpg
一月に懸垂下降で下降中に右手に見えていた岩場を目指し、岩が累積した急斜な斜面を登る。急ではあるけれど体重を預けるには充分な岩を掻き分けて登るって感じなので、滑落とかの心配はほとんどぜずに済んだ。

急斜面を登り終えた僕は真正面に現れた垂直できれいに形が整った岩場を目にし、息を飲んだ。
c0294658_21013776.jpg
僕が古代人で自然崇拝のシャーマン的なものだったら、僕はこの岩の前で祈り儀式を行うだろうなあと思わせる場所だった。

幅20m高さ10mくらいか?
c0294658_21015146.jpg
この岩に触れた僕は、自然と五体投地をしていた。もっとも垂直な岩場であるから五体投地と言っても立ったままなんですけどね。五体投地って仏教で用いられるものだけれど、自然信仰のなかでも似たようなことはしていたのではないでしょうか。

もちろんこの岩は登れない訳で、左側を巻いて登っていったら、更に上段の岩場が現れた。
c0294658_21125970.jpg
こちらのほうが規模としては大きい。慎重に岩に近づき、全身で触れた。
この岩場を巻くにしても、ギリギリのスレッスレ。
c0294658_21131688.jpg
岩の上に溜まった腐葉土になる前くらいの不安定な地面を慎重にトラバースする。
c0294658_21132389.jpg
ズルっと滑って転んでしまったらひとたまりもないですね。
一人じゃなければ、絶対ロープ張って確保すべき場所。ザックには50mザイルも入っていたけれど、一人だったら大丈夫と踏んだ。もっとも、人を誘って来られるような場所じゃあない。

c0294658_21245870.jpg
上を見上げれば垂直の岩がそそり立っていた。

c0294658_21250669.jpg
実は僕は遂倉山から松倉山の6座の中のどれか一つが古代岩クラ信仰の御神体山だと思っていた。でも、今回この岩クラを見て、どれか一つではなく、それぞれが御神体山なんじゃないかと思うようになった。

この岩場を巻くって言っても、とっても急!巻くなんて生易しいものではなかった。
c0294658_21321934.jpg
手がかりになるような低木もない。岩は下部に比べるとかなり小さくて体重を預けることは出来ない。
c0294658_21323471.jpg
地表に張った根を掘り出して手がかりにして登る。

c0294658_21323907.jpg
やっと尾根らしいところにたどり着いた。この尾根の先端が先ほどの岩場のてっぺんあたりだろうと思う。

あとはこの尾根を辿って山頂へ、って思っていたら、、、
c0294658_21393906.jpg
3段目の岩場が姿を現わしたではないか。この岩場は横に広がっているようだ。
右寄りに岩場に近づいて岩場の全容が見えた時、鳥肌が立った。
c0294658_21394886.jpg
横長で垂直な岩に五つほどの洞穴があるではないか。
それほど奥まった穴ではないようで、僕はその洞穴の成り立ちに仮説を立てることは容易だった。でも、その仮説をここで述べることはやめときましょうね。
c0294658_21514652.jpg
持っていたカメラはポケットサイズのコンパクトカメラで、岩場の全容を伝えるには広角側の広さが全然足りない。もっとも写真じゃあ実際に見たままの感動を伝えることは出来ないだろう。

c0294658_21535318.jpg
この最後の岩場を巻く時に、僕の住む大和町吉岡の町並みが見えた。
僕の部屋の窓からは、この○倉山は見えないけれど、この岩クラに住まう目には見えない誰かはきっと僕のことを見ているのだろうなあって思う。
c0294658_21534416.jpg
最後の急斜面をまた根っこを頼りによじ登る。

c0294658_22024153.jpg
山頂付近のお花畑に緊張を解きほぐされて、
c0294658_22025368.jpg
山頂で待つ薬師様に後から近づいて行った。

=======

帰り道、たんがら森の麓の玉ケ池のほとりで、石粉粘土で作った自作のオカリナを吹いてみました。木製のように見えますが、杖を作った時の余り塗料を塗ったためです。
自作オカリナって焼き物っていうハードルが高くて躊躇していたところだったのですが、柔軟な思考で焼かないオカリナを思いつきました。
製作記事は追ってアップするつもりですので、皆さんもチャレンジしてみたらいかが?



吹いている曲は「竹田の子守唄」。この曲を選んだのには理由がある。
七つ森を岩クラ信仰の対象としていたであろう蝦夷(えみし)、この池に伝説が残る坂上田村麻呂をはじめとする東奥征伐、そして竹田の子守唄は僕の中では一本の線で繋がっている。
ここでは詳しく触れないでおこうと思っているので、興味のある方は上記のキーワード+「ふしゅう」でググって見てください。繋がりが見えてくるかも知れません。

あー!あとオカリナは吹き始めてまだ1年って事を考慮して贔屓目に聞いといてくださいね!


by mt1500funagata | 2019-03-31 22:42 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)

ブナの会 浦之泉に遊ぶ

今日3月17日は、船形山のブナを守る会の早春観察会。
c0294658_21031508.jpg
泉ヶ岳、水神から樋沢(ヒザ)川を詰めて、裏泉の森で遊んできた。

c0294658_21031661.jpg
水神コースから北泉ヶ岳三叉路に向かう途中で夏道を外し樋沢川へ。

c0294658_21031565.jpg
今日は山頂を目指さない山歩き。泉ヶ岳と北泉ヶ岳の鞍部へ向かうにも一番楽なコースを選んだ。

ガシガシ歩く人から見れば、所謂ヘタレなルートと言われそうだけれど、逆にこういうルートを余裕を持って選択できるってことは、参加者それぞれが山に対して余裕を持って向き合えるレベルだってことの現れなんじゃあないかな?って思う。

c0294658_21262793.jpg
鞍部から我々が勝手に裏泉と呼んでいる森へと向かう。
事務局のA氏は、地酒風な「浦之泉」って呼び方が気に入っているようだ。

c0294658_21284939.jpg
遊びに来た訳だから、急な斜面では滑り落ちて遊んでみる。

c0294658_21284960.jpg
滑り落ちる姿もそれぞれ。

今回2回目の参加であるH君が歩きながら話していたことが耳に止まった。
「沖縄のことって関心が強かったとしても、やっぱり遠いからなかなかピンと来ないじゃないですか?でも、子供のころから慣れ親しんだこの界隈のことだったら、こうして直に触れ合う事が出来るし、何か行動を起こすべき時にもすぐに対応できるわけですよね。だから僕はこうしてブナを守る活動に参加したいと思ったんですよー。」
c0294658_21311376.jpg
以前の記事で傍観は無意味なことって書いたけれど、自分の近くで出来る事から始めようと参加してくれた若い世代の人がいる。「この豊かな自然を何とか次代に残したいものだ・・・」なんて、思っただけ、言っただけ、ブログに書いただけでは何の役にも立たないのですね。

c0294658_21495494.jpg
僕らにとってこの場所のシンボル的な木となったシナの木。

c0294658_21500267.jpg
この樹の中には宇宙がある。巨木の中にある宇宙。洞に身を入れ中で上を見上げれば、それを実感することが出来るだろう。

初参加になるT君から、ブナの会の機関紙である「ブナの森」を読んでみたいと言われ、持って行く前に読み返してみた。
c0294658_22044359.jpg
発行年は少し古いけれど、9号にブナの会の創設からの歴史を振り返る一文が掲載されている。1985年に発足した「船形山のブナを守る会」。T君(30代)はこの時、まだ未就学児童くらいの年齢だったろう。
ここでは詳しくは書かないけれど、読み返すと当時の先輩方の想いと行動に胸が熱くなるのを覚える。

三光の宮付近までの林道建設、花染山の皆伐、薬師森北部のリゾート開発、夕日沢周辺のブナ伐採、氾濫原のトレランコース設定・・・

全てが計画通りに進められていたとしたら・・・

その当時のことを読み返せば胸が熱くなる。

c0294658_22280045.jpg
ブドウ蔓のブランコ。前のほうが窪地になっているので結構な高度感。

c0294658_22281348.jpg
ブナの森から、ダケカンバの森に変わった。背景は泉ヶ岳。

c0294658_22282141.jpg
ダケカンバの森の向こうに北泉ヶ岳。

両泉ヶ岳に囲まれたこの場所は、ブナの会オカリナ愛好会の聖地。
ちょうど一年前、この残雪の森に響き渡るオカリナの音色に魅了された僕は帰り道にスマホでオカリナをポチッと購入した。
一年間の練習の成果をお披露目する予定になっていたので、申し訳ございません!サブリーダーとしてのことよりオカリナ演奏のほうが気がかりでした!

c0294658_22290731.jpg
リョウブに残されたキツツキの食痕を観察する「観察会」参加の皆さん。
やっと観察会らしいことが行われた。

解説をするKさんのウールのニッカボッカとハンガロの手袋がブナの会の歴史を感じさせる。しかも、それが現役であることに感動する。

上記、初参加のT君
「誰かが大切にしているこの森を自分も同じように大切にしたい」

T君の年齢に近いほど長く活動を続けてきたオヤブンはじめ先輩方、僕は大切なものを守りたいっていう気持ちが受け継がれて行く中継ぎ役で構わないと思っている。


by mt1500funagata | 2019-03-17 23:14 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)

休日の朝、山のほうに向かう
c0294658_12543581.jpg
山に登るでもなく、森を歩くでもなく

ただ、ボーっとして沼のほとりで時間を過ごす

c0294658_12543554.jpg
オカリナを吹いてみたり、コーヒーを飲んでみたり

c0294658_12543664.jpg
ここの林で見たクマのこと、ここの林で聞いた子グマの声、すぐ脇の道路にいたキツネの兄弟のこと思いながら・・・

ただ、ボーッと過ごす時間

休日の朝の数時間、たまにはボーっと生きてもイイんじゃない?




by mt1500funagata | 2019-03-16 13:29 | Trackback | Comments(3)

3月9日、船形山山頂へ
c0294658_22152765.jpg
標高1224m滝山岳山頂からの船形山は、いつもの見慣れた姿とは違って見える。

船形山に向かった理由のひとつは、小荒沢源頭部に広がる「ブナ平」の「黒森ブナ」と「花染ブナ」に会いに行くこと。
c0294658_22154382.jpg
20年近く前に僕は初めて訪れた。以来、船形山の中で一番好きな場所になりほぼ毎年やって来る。

僕らは勝手にこの地を「ブナ平」と呼び、2本の太いブナを「黒森」と「花染」という名前で呼ぶようになった。
船形山のブナを守る会の代表であり、詩人でもあるオヤブンが出版した詩集にこのブナのことを詠った詩が掲載され、
c0294658_22480845.jpg
詩集が国立国会図書館に所蔵されることで、歴史に名を残す場所になった。

僕はこの場所に若い世代の仲間を連れて来たかった。そして、この二本のブナのことを知ってもらいたかった。
c0294658_22154321.jpg
・・・老木に精霊みたりブナ平いつかは此処の下草とならん・・・
自分で描いた絵と共にこの一首を額に入れて家に飾っている。もちろん僕のこの想いは子供たちも知っている。
そして、一生の付き合いになると予感させられる若い世代の仲間にも伝えたかった。

c0294658_22154354.jpg
ブナ平を横切って花染山から続く尾根へと乗り上げる。

c0294658_22154479.jpg
暫く歩いたところで尾根を外し、湯谷地尾根へと向かう。

c0294658_22154300.jpg
地形図には表れない入り組んだ沢状の斜面を横切り、雪に埋もれた保野川を渡って、
c0294658_23081169.jpg
湯谷地尾根に乗って山頂へと向かった。

c0294658_23100481.jpg
良い尾根でしょ!けれど、この尾根を残雪期に歩くには時期の選定を誤らないようにしなければならない。
雪どけが進んでくると、保野川上部の雪の塊がブロック状に崩落し保野川は激流となり渡ることは出来なくなる。何年か前の4月だったと思うけれど、左岸の崖の上から激流となった保野川を恐怖心を持って眺めていたのは鮮明な記憶として残っている。

c0294658_23161464.jpg
尾根を登り詰めたところが標高1224m滝山岳。

ここから船形山山頂へ一直線で向かうから僕らはこのルートをダイレクトルートと呼ぶ。

c0294658_23184587.jpg
崖っぷちの急斜面を登り切り、秋には錦秋の紅葉の絶景である千畳敷に乗り上げれば、
c0294658_23214548.jpg
真正面に船形山頂。
ダイレクトルートと呼んでいるからには、ここから山頂へダイレクトに突き上げることになる。

c0294658_23233977.jpg
雲ひとつない青空に向かって山頂を目指す。

c0294658_23243803.jpg
右手の薬師森が目線の高さにまでなれば、山頂はすぐそこ。

c0294658_23271565.jpg
早春の澄んだ空気は遙かな山並みを美しく浮き上がらせてくれていた。

c0294658_23285670.jpg
こんな日は、どこの山に登っても素晴らしい展望が得られたことだろう。
でも、僕は船形山の山頂でこの展望を得た喜びに勝るものはない。

何故なら僕は、いつかはこの山の山腹に生える下草になるのだから。

=============
山頂避難小屋での一コマ。
c0294658_23343893.jpg
昨秋の升沢小屋のし尿おろしの際に立ち寄った山頂避難小屋でストーブの破損が気にかかった彼は、僕らが昼食の準備に取り掛かろうとしたときにザックから耐熱パテを取り出した。壊れているから修理してくれと、行政の担当部署にクレームを入れようとなど思う気持ちは一切頭になく黙って補修材料をザックに忍ばせて来た。
彼は僕よりずっと若い。こんな若い世代の仲間のいることがとても嬉しかった。



by mt1500funagata | 2019-03-09 23:53 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに山に行って遊んできた。
ここ1ヶ月ほどブログの更新をしていなかったので、心配してくれた方から何通かのメールをいただいていましたが、何のことはなく、2月の休日は山以外のことに使う事がほとんどだっただけで、ブログ記事を書くネタがなかったって言うだけのことでした。お気遣いいただいた皆様には深く御礼申し上げます。

さて、行って来たのは船形山麓の升沢遊歩道ってとこ。遊歩道とはいえ何年か前にはヘリコプターが2機も出動する遭難騒ぎが起こるほど、積雪期には分かりにくい地形の場所。そんなところを自分なりにもっと楽しむためのルートを設定した。

c0294658_21534340.jpg
正面の崖は「割山断崖」といって数十メートルの断崖を見上げて歩く遊歩道の見どころのひとつ。今回はこの断崖の上を歩くことを目的としてやって来た。

c0294658_21593032.jpg
廃道となった旧遊歩道への入口は三本松。ここから荒川本流を渡渉し、まずは僕の神様がいる「しょい滝」へと向かう。

c0294658_21593707.jpg
秘密のアイテムを装備しているので、登山靴のままでじゃぶじゃぶ川を渡れる。

c0294658_21594581.jpg
「しょい滝」のかかる沢が割山沢で、現在の遊歩道で一番の見どころとなっている「割山大滝」も、この沢の途中。

c0294658_21595229.jpg
「しょい滝」を大きく高巻いて割山沢に戻り、ちょっと沢沿いに遡行すれば、
c0294658_22002674.jpg
冬でも凍らない「湯沼」。

ここから断崖の上部に向けて尾根に上がる。

今の時期にしては、雪が少なすぎる。
c0294658_22182515.jpg
でも、尾根にはまだ雪庇が残り、快適な雪庇尾根の歩きとなった。
c0294658_22182562.jpg
断崖の核心部の手前は、訪れる人はほとんどいない静かなブナ林。

c0294658_22182684.jpg
広々とした尾根がだんだん狭まって来て、断崖上部に近づいてきた。

c0294658_22182635.jpg
ご覧の通りのヤセ尾根。
年末のラッセル三昧を僅かな距離ではあったけれどご一緒したH君も今回のメンバーに誘った。彼はまだ経験が少なく、バリエーションルートでの山歩きは初めてだと言う。今回、彼を誘って良かった。登山道を離れ地図を読みながら歩くのを楽しい楽しいと言い、ピークハントの山登りではないけれど自分でルートを探しながら歩く楽しさも感じてもらえたようだった。

ヤセ尾根の危険個所を避けてルートを取れば、
c0294658_22182548.jpg
今度は尾根の谷側の急な登りが待っている。

c0294658_22340143.jpg
尾根に戻れば視界が開け、断崖の上を歩いていることが実感できるようになった。

c0294658_22340150.jpg
ここからの船形連峰の眺めは一級品。僕のヤッホーは三峰山から船形本山へと回り込み前船形山をかすめて割山断崖へと戻って来た。

c0294658_22340177.jpg
この辺りが、最初の写真に見える割山断崖の核心部。

c0294658_22340113.jpg
雪面には、あっちへ進めと?誰かさんが矢印を残してくれていた。ヤマドリさんだね!

c0294658_22340262.jpg
高い所と急斜面、ヤバそうな所が大好きな登山女子のY子さんは、こんなルートが大好き!

c0294658_22340263.jpg
僕とY子さんは、この断崖の二つのピークをつなぐ尾根を歩くのは3回目になるけれど、しょい滝からこの尾根をつなぎ周回するのは初めてだ。今回ここを選んだのは、部分部分では歩いたことのある個所をつなげるってことが一番の目的だった。

この核心部を過ぎれば、あとは緩やかなアップダウンの地形のスノーハイクみたいなもの。

c0294658_22484693.jpg
ドンピシャで割山大滝の落口へ。
大滝の下部には雪上キャンプの形跡が残っていた。僕らの山仲間でもあるT君たちのグループが、昨夜ここでキャンプする話は聞いていたけれど、予定通りだったようで、彼らの山遊びも抜群に楽しそうだ。

僕らも割山大滝を下降したあたりで、雪上の釜揚げうどんを頬張った。
c0294658_22484687.jpg
雪の上での食事は釜揚げうどんが持ってこいで、簡単だし美味しいし、何より食材費が安い!一人2玉以上のうどんでお腹いっぱい食べて、割り勘の食材費は300円に満たない。キュウリとミョウガ、それにツナ缶を持っていけば、うどんを湯どおししただけで、とっても美味しい昼食となる。

c0294658_22484628.jpg
食後は、H君の地図読みの練習。今回GPSは一度も使わなかった。こうして地形図と地形を照らし合わせコンパスで方向を決めることが楽しいのであって、誰かさんが歩いたGPSログの軌跡を追いながらGPSやスマホの画面を見ながら歩くことに僕は価値を見出せないし、自分でルートを決められない人は一般ルートから離れるべきではないとも思う。だから僕は、登山道以外のルートでの山歩きのGPS軌跡をブログとかで公開する理由が分からない。ましてや公開しておきながら「このルートはバリエーションルートなので危険です」なんて注意書きを入れるなんて益々意味が分からない。けしからんと言っている訳ではなく、分からないと言っているのです。公開する理由をどなたか教えて頂けませんかね?(前人未踏の沢や相当高いレベルの技術が必要な急峻な山岳でのことだったら分かりますが・・・)

c0294658_22484719.jpg
氷結した「すりばち沼」を経由し、残りはほぼ最短ルートで現在の遊歩道と合流して、
c0294658_22484700.jpg
五宝橋を渡って周回を終えた。

下山して、沢渡集落まで下りてきたら
c0294658_22484602.jpg
福寿草が、もう春なんだよわって出迎えてくれていた。




by mt1500funagata | 2019-03-02 23:21 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(4)