人気ブログランキング |

暖かい早春の日差しの中、泉ヶ岳北側の森はオカリナの音色に優しく包まれた。
c0294658_20532567.jpg
今日は「船形山のブナを守る会」の恒例行事、早春観察会で泉ヶ岳~北側の森(僕らは勝手に裏泉と呼んでいる)へ行って来た。

c0294658_20532520.jpg
今日の僕は、25名の参加者を引っ張るチーフリーダー。
c0294658_20532410.jpg
個人山行と違い、体力や登山技術にも大きな幅があり大人数をリードするにはある程度の経験が必要。でも、今回は知らない顔の人は一人も居なくて、それぞれの体力的なことも顔を見れば大体分かるっていう楽なチーフリーダーだった。
c0294658_20532504.jpg
ブナの会は山岳会ではなく、今回も泉ヶ岳には登るけれど観察会な訳で、隊列をばらさないように、ゆっくりゆっくり歩く。
c0294658_20532441.jpg
途中では、自然観察にまつわるお話の時間を設けるのも、この観察会の良いところ。
今日もいくつかの興味ある話が聞けた。

キツツキのドラミングが聞こえたタイミングで、カシワ氏のこの周辺のキツツキ類の話が始まる。
c0294658_1839213.jpg
(参考画像:船形山旗坂平付近のオオアカゲラ)
面白かったのは、キツツキのエサの獲り方。キツツキは枯れ木を突ついて穴を開け、中にいる虫などを捕食するのだけれど、嘴で摘むだけではなくて口の中でゼンマイのように丸まった舌をカメレオンのようにシュッと伸ばして虫をひっつけて食べるのだそうだ。こんな話も部屋で読む本よりも、現地でドラミングの音をバックに聞くことが出来れば、新鮮で記憶にも残る。僕はキツツキのこの話を忘れることはないだろう。

一応、山頂は踏んできましたよ!でも、泉ヶ岳に登頂するのが、今日の目的ではないので、集合写真だけを撮るだけの通過点に過ぎなかった。
c0294658_21154828.jpg
今日の昼メシは、山メシには自信があると豪語するマツザカ氏特製の、秘密の●●●肉の味噌鍋。●●●肉と行者ニンニクでスタミナ抜群!圧力釜で下ごしらえしてくれていた●●●肉は柔らかく美味でありました。

c0294658_21154860.jpg
大きなカツラに抱かれる僕

泉ヶ岳と北泉ヶ岳との鞍部から裏泉の森に入れば、ゆるーい傾斜のまるで遠足みたいな下山道(道ないですけど)。

c0294658_21154844.jpg
ブナに絡みつくイワガラミ。
c0294658_21154907.jpg
ここでも、カシワ氏の素敵なお話し。
アジサイ科のイワガラミに因んでアジサイに話が及んだ。山のアジサイは綺麗な青色をしているけれど、藍が重なって「あずさ藍」から「あじさい」に言葉が変化していったという説もあるのだそうだ。藍が重なる、愛が重なる。素敵な話でしょ?

c0294658_21154868.jpg
先日見つけたミズナラの洞。

中に入って、洞の上部を見上げると、
c0294658_21380523.jpg
そこには宇宙が広がっている。漆黒の空に大きな明るい星が浮かんでいるように見える。ずっと上部の小さな洞から外の光が入り込んでいるのだ。

このミズナラのプラネタリウムは大人気。
c0294658_21380585.jpg
一人ずつしか入れないものだから、行列になる。

行列の向こうでは、
c0294658_21380538.jpg
太い蔓でブランコ遊び。このブランコにも行列が・・・。

c0294658_21380553.jpg
無数に付いたツキノワグマの爪痕を観察し、垂直なブナに爪を立てて木登りする姿を想像し楽しむ。

そして、冒頭のオカリナの演奏。

山に登るばかりじゃあない。森を歩くばかりでもない。
山や森、動植物を知り、森と一体になって遊びつくす。

そんなブナの会の山行観察会は、登山とは違った楽しさがある。


by mt1500funagata | 2018-03-25 22:08 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(7)

泉ケ岳と北泉ケ岳
c0294658_20242781.jpg
僕の住む大和町のほうから見るとこんなふうに見える。
こんなふうに見える泉ケ岳に気になっている尾根があった。

c0294658_20242799.jpg
上↑の写真右に見える北尾根は過去3回登っている。




いつか登りたいと思っていたのが、左にある湾曲している雪庇尾根(尾根の名前が無い?わからないので仮に北東尾根としましょう)
いよいよ、登れる機会がやって来た。
c0294658_20242797.jpg

今冬シーズンは、いろいろな事情が重なり思うように山に行けなかったけれど、久しぶりに一日を山に使える日がやって来たのだ。
だから、僕は遠くの山には行けないけれど、面白い「登山」をしたかった。
この尾根なら、尾根に取りつくまで、そして雪庇尾根の上を歩くこと自体も面白く「登山」出来るんじゃないかと思っていた。

4人でパティ―を組み、万が一に備えてザイルや金物も装備して、この尾根に向かった。
記録も見当たらないし、登ったことのある人も知らない。
地形図を読めば、とにかく急登であることだけは予想がつくけれど、僕らにとっては全く未知の領域である訳で、装備は万全を期すに越したことはない。


c0294658_20242779.jpg
スプリングバレースキー場の500mほど手前の取水設備のある沢が登り口となる。
まずは、写真に見えているピークを目指して登りはじめ。
c0294658_20551329.jpg
古い地図に砥草沢との沢名を見つけたけれど、この沢が砥草沢でいいのかなあ?

c0294658_20242743.jpg
固く締まった残雪をつないで上を目指す。歩き始めて10分でアイゼンを装着した。

c0294658_21034847.jpg
さすがに想像通りの急斜面で、小規模な雪崩の跡を横目に見ながらの急登となった。

c0294658_21034836.jpg
写真では伝わりにくいけれど、ここも急で、もし転んで滑ってしまったら自然に止まることはないだろう。一応滑落停止体勢の確認などをしてみたりする。

c0294658_21034865.jpg
とにかく、一息つけるような緩斜面は無く、緊張状態が継続する。
途中の休憩の時にも念のために木立にセルフビレイを取って、ザックもスリングで固定した。

c0294658_21034977.jpg
「急なところのほーが楽しい~!」だって。急斜面大好き女子。
c0294658_21034943.jpg
スプリングバレースキー場の駐車場が見えるでしょ。
c0294658_21183956.jpg
傾斜はさらに強まり、

c0294658_21034811.jpg
尾根もだんだん狭まって来て、目指す雪庇尾根は近い。

c0294658_21183905.jpg
先週末、ガリッガリッでギッザギザの岩手山鬼が城をやっつけてきたシゲル氏が、ずっとトップで引っ張り、いよいよ雪庇尾根に乗り上げる。

c0294658_21183983.jpg
はい!来ましたよ!ずっと気になっていた雪庇尾根!

c0294658_21183906.jpg
蘭山の向こうに七つ森、そのまた向こうに大和町の町並み。
いつも向こうから眺めていた尾根にようやっと立つことが出来た。うれしい~!

c0294658_21183820.jpg
ピッケルに貼った安全第一のステッカーも半分剥がれかけてきた。

c0294658_21302902.jpg
初めて来た。次にいつ来られるかわからない。
終わりに近づいた雪庇尾根に名残を惜しむかのように、立ち止まる僕。

c0294658_21302969.jpg
ブナの木立に付いた霧氷は、名残の霧氷か。

c0294658_21302926.jpg
一般ルートの表コースに合流したところで、僕らの「登山」は終わった。

c0294658_21302930.jpg
山頂まで、今までと比べたらほとんど平らみたいなもの。名残の霧氷を眺め楽しみ、緊張感のほぐれた雪上ハイクとなった。
c0294658_21302934.jpg
山頂は通過点。
第一の目的であった雪庇尾根の「登山」が終われば、次の目的は雪上の昼メシ。

三叉路へ向かう途中の鞍部で、
c0294658_21392592.jpg
セリ鍋風煮込みうどん。
c0294658_21392569.jpg
寒くなりそうな天気予報だったので、食べて温まるメニューを選んだ。
天気予報によって、山行を中止するとか他の山へ行き先を変えるってことは滅多にないけれど、昼メシのメニューは変えるのである。
ひとり二玉食べて、お腹がいっぱいになれば、
c0294658_21392555.jpg
あとは僕らは勝手に裏泉と言っている、スプリングバレースキー場の向こう側をぐるっと回ってのんびり下山するだけ。
c0294658_21392509.jpg
巨木の洞に入って遊んだりして、楽しかった「登山」を振り返りながら楽しく下山した。

地図で見ると表コースとはちょうど南北対称になるようなルートだったので、今回のルートを表コースの裏側で「表の裏ルート」表題を付けました。



by mt1500funagata | 2018-03-21 22:20 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(6)

野外赤外線センサーカメラをトレイルカメラって言うんですね。
c0294658_20064109.jpg
昨年はツキノワグマがミズバショウを喰ってる姿やカモシカの死骸を貪り食う映像を捉えて、ローカル3局全国ネット3局で動画が流れるという大活躍してくれたトレイルカメラが残念なことに盗まれてしまった。

今年買いなおしたトレイルカメラには、文字を削り込みチェーンで鍵もつけた。
c0294658_20064164.jpg
盗まれたあと、偶然の出会いや痕跡からその営みを想像するってだけでも良いかなあと考えていたのだけれど、偶然では目にすることが出来ない野生動物の行動に対する興味は、それに勝るものがあった。

先週設置した場所は失敗だった。
直射日光をもろに捉えて作動してSDカードの容量がすぐにいっぱいになってしまい、肝心な動物の記録を多く撮ることが出来なかったのである。
簡単にいうとセンサー部から扇状に温度差を検知し作動する仕組みなので、直射日光が当たり暖かくなった木の枝や笹の葉が風で揺れると作動してしまうって訳。それで昨日の朝、場所を変えたので今回は思っていたような継続的な観察は出来なかった。

c0294658_20064244.jpg
昨日設置しなおした場所。という事は観察は一晩だけという事になる。でも、空振りはないだろうと思っていた。ここは、ケモノ道の交差点なのだ。
c0294658_20064183.jpg
右手の杉林の中には↓↓↓こんな道。
c0294658_20072976.jpg
左手の雑木林には↓↓↓こんな道が出来ている。
c0294658_20072948.jpg
この横切る道は、おそらくイノシシ以下の中型~小型のケモノ道。

ツキノワグマの道は別にあって↓↓↓昨年の糞が目印になって、
c0294658_20071080.jpg
昨年は、この尾根を横切る道を歩くツキノワグマと10mの距離で出会っている。
今年の糞が見られるようになったら、ここに設置するつもりで、今回は云わば練習なのですね。

練習で撮れた映像が↓↓↓これら。(動画からの切り出し)
c0294658_20451089.jpg
タヌキ2匹
c0294658_20461349.jpg
タヌキ
c0294658_20461352.jpg
イノシシ

場所を替えた冒頭の場所
c0294658_20461407.jpg
イノシシが尾根を歩いてきて、交差点を右折した。

ほらね!踏み跡で想像したとおり、交差点になってるでしょ!

あと1週間、観察を続けたらどんな動物たちが、どれくらいの頻度でこの道を歩くのかが分かってくるだろう。

今日、カメラのSDカードを交換している僕の後ろでガサガサって音が聞こえた。
振り向くと僕に気づいたテンが踵を返して歩いて来た道を駆け戻って行った。
今まで見たテンの中では一番大きく、全身が白い毛で覆われた美しいテンだった。

この道はテンも歩くのを自分の目で確認したけれど、センサーが感知してからカメラが作動するまで僅かなタイムラグがあるので、小走りのテンはカメラに映らないだろう。目視できてよかった。

c0294658_20461371.jpg
ここへ行く時の必須携行品。空身じゃあ怖くて歩けない。

-

by mt1500funagata | 2018-03-17 21:14 | 野生動物との出会い | Trackback

大和町吉田地区の明ケ沢って集落。
c0294658_20395184.jpg
前記事で書いた、ニホンジカのものかも知れない、糞?を見て声?を聞いた(どちらも確実ではない)のがこの集落の裏にある山林。

どうにも気になってしょうがない僕は時間を見つけては、この山林へと向かう。
大和町の担当課職員に話をしたら写真はあるのか?と聞かれた。
僕は写真を突き付けて生息を確かなものとして対策を講じるように働きかけて行きたいと思っているのである。

c0294658_20395104.jpg
山林のケモノ道。ニホンジカの声らしきものが聞こえたのは、ここの左手上部の丘の上。

ここから、カタクリの群生で有名になった大衡村の達居森は山を挟んで反対側。という事は、達居森のカタクリを毎年楽しみにしている人にとっても他人事ではないのですよ。僕が大和町内でイノシシを初めてみた時から3年後には、いたるところにイノシシのヌタ場や食痕が見られ、イノシシと出会うのは日常のこととなった。
今から3~4年後に達居森の北側、カタクリの咲くあたりの下草が喰い尽くされるってことも、このままでは想定内の話になってくる。
農林被害だけでなく僕ら山岳愛好者にとってもニホンジカの生息域拡大は深刻なこと。カタクリ楽しみだわぁ~とかカタクリ綺麗ねぇ~なんて呑気なこと言ってる場合じゃなくなる時がすぐそこまで迫ってきている。

もしニホンジカを見かけたら、県でも役場でも森林管理署でも報告をして対策を講じるよう申し入れるって具体的な行動を起こすようにしましょうよ!行政はなかなか動かないですよ。
僕自身も狩猟免許を取得することを真剣に考え始めた。手をこまねいて懸念するだけしか出来ない今の立場には、とてももどかしさを感じている。

c0294658_20395251.jpg
足跡や食痕などを注意深く観察しながら、山林の中をゆっくり歩く。これは、絵にかいたようなイノシシの足跡。
主蹄の後ろに副蹄の跡がはっきり残っている。
c0294658_20395258.jpg
こうしてイノシシとカモシカの足跡の違いがすぐ分かるようになったのも、ここ数年のこと。イノシシが大和町に現れ始めの頃は、カモシカとの区別が難しかった。それほど数年のうちにイノシシの足跡を見る回数が爆発的に増えたってことだと思う。

あと数年でニホンジカを見る回数が爆発的に増えてくるように思えてならない。

***まるでニホンジカが悪者のような書き方になってしまいましたが、ニホンジカに責任はなく元を質せばニンゲンの責任であると思っています。


最後に、カモシカはど~こだ!???
皆さん,分かりますかあ~?
c0294658_20395103.jpg
この中にカモシカがいる。とても美しいカモシカですよ。
ちょっと小汚いほうが保護色としては優れているんじゃあないかと思います。

ちょっとズーム。
c0294658_21403873.jpg
ここ、ここ!

c0294658_20395223.jpg
こっこだよー!
顔や毛並みがとても美しい綺麗なカモシカでした。


by mt1500funagata | 2018-03-14 21:58 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)

いつもの早朝の散歩に向かう途中の道端に、フクジュソウが咲き始めていた。
c0294658_19383865.jpg
ここのフクジュソウを見て、春の始まりを感じるのは毎年のこと。

c0294658_19383705.jpg
重い雪の下でじっと耐えていた森の命が動き出し、一気に加速してゆく。

c0294658_19465789.jpg
タヌキも、どこへ春を探しに行くのか急ぎ足でお尻を小さく揺らしながらトコトコと歩いている。
僕が声をかけても振り向きもせず、かといって走って逃げだすこともなく、トコトコと歩き続けた。

c0294658_19383836.jpg
大和町吉田地区にある山林。
特に名前がついている山でもなく、ホントにただの山林。

雪に埋まっていた昨年のものであろうツキノワグマの糞やイノシシの糞、テンかイタチの糞、タヌキの糞がいくつも目に入る。
まるで朝の散歩は糞ウォッチング?のようだ。
でも、それだけ沢山の動物たちがこの森に暮らしているってこと。

そんな中で、僕はある糞に目が留まった。
c0294658_19383700.jpg
カモシカの糞は、今まで数えきれないほど見ていて、特に写真を撮ることもない。
けれど、この糞にはいつも見ているカモシカの糞とは違和感を感じて何気なく写真を撮った。
理由はいくつかあるけれど、なんか変!だったのである。

この時点では、ちょっと雰囲気の違うカモシカの糞程度に思っていたけれど…。

帰り道で、今まで聞いたことのない動物の声を聞いた。
文字にするのは難しいけれど、かん高くピュンピュンーン、ヒュンーヒューンって感じだったかな?
沢を挟んだ向こうの尾根状のところに、動物の気配を感じる。
僕は、今まで野生のニホンジカの声を直に聞いたことはなかったけれど、この声はニホンジカの鳴き声じゃないか?と直感的に思った。
そして、さっきの気にかかった糞はニホンジカの糞じゃないか?と思った。

その声を忘れないうちにさっさと家に帰り、YouTubeでニホンジカの鳴き声を検索した。

カモシカの鳴き声は何度も聞いていて、警戒、威嚇、逃走、呼び声などその時々によって違うことも知っていた。
YouTubeに投稿されたニホンジカの鳴き声もいろんな種類があったけれど、その中に今朝聞いた声とほぼ同じようなものがあった
①野生の鹿の鳴き声


②すぐ近くに野生鹿 かん高い鳴声


この2つの声と同じように聞こえた。

朝の山林で聞いた動物の声はニホンジカだった可能性は高くなった。
写真を撮った糞もニホンジカのものであるかも知れない。(見た目での判別は非常に難しい)わかる方いたら教えてください。

春の足音は心が浮かれるような気分になるけれど、大和町の山林にまで迫ってきたニホンジカの足音には脅威を感じる。
これからしばらく早朝の散歩は集中的にこの界隈になるだろう。そして、ニホンジカの姿をこの目で確かめてやる。

======
知人である研究者のツキノワグマ観察用のセンサーカメラには複数のニホンジカが捉えられ、確実な目撃情報も少なからず出始めていて、船形山域も間違いなく低密度生息域と言えます。僕が森林パトロールを委嘱されている宮城県北部森林管理署でも、船形山域におけるニホンジカの生息域拡大に大きな関心を寄せています。僕が出来ることは情報提供しかありませんが、少しでも生態系の乱れを防ぐことに協力したいと思っています。
この記事をご覧になった方の中で、船形山域でニホンジカの(確実な)目撃経験のある方は、コメント欄(もしくはメール)にて情報の収集にご協力いただけると幸いです。(定期的に管理署に報告しています)蛇足ですが、ニホンジカとニホンカモシカとの混同は気を付けてくださいね。



by mt1500funagata | 2018-03-10 21:34 | Trackback | Comments(0)

センス・オブ・ワンダー
c0294658_22420796.jpg

環境問題に関心がある人なら、一度は手にしたことがあると思う「沈黙の春」の著者、レイチェル・カーソンが甥のロジャーとメイン州の海辺の別荘で過ごした日々を綴った名著であります。

ーーー美しいもの、未知のもの、神秘的なものに目をみはる感性「センス・オブ・ワンダー」・・・---(帯文)

20代の頃から、僕は年に数度はページを捲り、数年前には訳者の上遠恵子さんにも会いに行ってお話しをさせて頂いたことがある。
僕にとっては星野道夫の本と共に座右の銘と言ってよいのではないかな。
この本の中の珠玉の一文と言えば・・・「知ることは感じることの半分も重要ではない」・・・ってとこだと思っている。

知ることは勿論大切なことであるけれど、知った先に何を感じるか?っていうことを僕はもっと大切にしたいと思っている。

=====
さて、前記事で取り上げた、雪面に残された不思議な痕跡。
ある方からメールをいただいて、フクロウが雪の下に隠れているネズミを捕食した跡の写真が載っているブログ記事を紹介してもらった。
なるほど、前記事のコメントにも猛禽の仕業を指摘した方がおられたけれど、僕もそう思うようになって来た。

前記事の写真の一枚をズームしてみると・・・
c0294658_22420651.jpg
何やら小動物の足跡と爪で引っ掻いたような跡が残っている。

想像するに、
クラストした雪面に足跡が残らない程度の大きさの小動物(イタチくらいの大きさ)を猛禽が襲った。
(この辺にはクマタカも生息しているのは目撃済み)

逃げ回る小動物と何度もアタックをかける猛禽。
雪面に爪を滑らせて獲物に襲いかかり、嘴でアタックするも空振りに終わり、その痕跡が数か所に残った。
最後は首根っこを鷲掴み(鷹掴み?)された小動物はもがいて雪面に爪を立てたけれど及ばず、餌食となってしまった。

こんなところなのではないでしょうか?

僕は、この痕跡が何のものなのか知りたかった。
でも、知ることがすべてではなかった。
知った先には、僕がこの場所にやって来る数時間前に起こった出来事を想像することが出来るようになる。
(上記の状況の想像が全く違っている可能性もありますが・・・)

僕は思う。
雪面の痕跡の正体を知ることは、その先にある僕らが見ることの出来なかった、野生の営みを想像し森の動物たちの息遣いを感じることの半分も重要ではない・・・と。

=====
ところで、今朝は今朝で、大和町内のとある山林に行って来た。

c0294658_22420718.jpg
家からは車で15分くらいのところ。
c0294658_22420701.jpg
赤外線センサーカメラをセットしてきた。
昨年盗まれたんだけど、また買っちゃいましたよ!
盗られ難いように鍵を付けて、野生動物観察中とミニルーターを使って文字を削り込んで、上部には大和町CHIBAとネームも入れた。これでまた盗まれたら、そいつこそ有害駆除したいものだ。
c0294658_22420732.jpg
この尾根の上下に踏み跡はない。途中のこの付近だけの踏み跡はケモノ道で少し上のほうはケモノ道の十字路。
ここでは昨年2度ツキノワグマに遭っていて、生息しているのは確実。
ここに歩いてくるほんの10分くらいの道のりで、4ヵ所に去年の糞を見つけた。
イノシシやカモシカも棲んでいる。

さあ、一週間後にチェックしに行ったならば、何か映像が撮れているだろうか?
冬ごもりを終えたツキノワグマが、この道を歩いている姿を捉えることができるだろうか?
今回は後出しじゃないよ!僕も上手い具合に何かが映るかわからないよ!何も映らないかもしれないよ!

皆さんと一緒に一週間後を楽しみにしたいと思っています。
そして、この山林に住まう生きもの達の息遣いを感じることが出来れば良いと思っています。


by mt1500funagata | 2018-03-07 23:13 | Trackback | Comments(0)

夜明け前から起き出して、朝の散歩。
c0294658_19560803.jpg
七つ森の向こうに満月が沈もうとしていた。

風もなく早春を感じながら登山するのには、これ以上ないような天気だったけれど、今の僕には一日を自分のために使う時間はない。早朝の数時間を森で過ごすのが精いっぱい。

いつもの嘉太神の雪面に、何の痕跡かわからない模様が残されていた。
c0294658_19534912.jpg
これ↑、何の跡か分かる方いますか?
c0294658_19534929.jpg
広い雪面全体に残されていた訳ではなく、部分的にこんな模様が何カ所かあった。
動物か鳥の仕業なのだろうか?でも、周りに動物の足跡はない。
c0294658_19535058.jpg
昨日の風が関係しているのであれば、雪面全域に残っていると思うのだけれど、そうでもない。ウサギの足跡は、この模様の上を踏んで通り過ぎていた。
うーん、わからない?
クラストした雪の上を細い棒状のもので引っ掻いたような跡。
所々、直径3cmくらい固い雪をほじくったような穴が開いていた。

どなたか、わかる方いらっしゃいますか???
コメント入れてください!教えて~!

c0294658_19535022.jpg
これ↑は、ウサギが樹皮を齧った痕跡ですね。これは分かりやすい。

c0294658_19535066.jpg
砂地の中州に雪原が出来ていた嘉太神ダムの流れ込み付近も雪はなくなり、一昨日の雨の影響か?水を湛えて春がやってきた。

おやっ!
c0294658_19534920.jpg
あの足跡は早起きのツキノワグマかな?何だろう?

鳥の声も聞こえるような季節になった。後ろの森からはキツツキのドラミングの音も聞こえてきた。
突如、水辺から氷が割れる音が聞こえた。ツキノワグマかイノシシが氷を踏み抜いた音かと勘違いした僕は水岸に沿って目を凝らした。
c0294658_19540742.jpg
氷に閉ざされていた木の枝が冬の眠りから目覚め、薄くなった氷を跳ね上げて息を吹き返す音だった。
冬枯れしていた樹が、春の日差しを浴びて枝の先まで力がみなぎり、樹の命が躍動し始める。
ああ~、こうして森が春を迎えてゆくのだなあ~と実感した朝だった。

c0294658_19540717.jpg
急な斜面を一気に駆け上るイノシシも春の兆しを感じているのだろう。
なんか嬉しそうに駆けているように思えた。

最後に!イノシシはどこだ!?!
皆さん、わかりますか~?
c0294658_19540839.jpg
この中にイノシシの親子がいる。
野生動物の保護色って、すごいものだなあと思う。僕も奴らが動き出さなかったら見つけることは出来なかっただろう。

ズームアップ!
c0294658_19540860.jpg
ここ!ここ!こっこだよー!

最近手に入れた光学60倍ズームのコンデジカメラ。ノートリミングでここまで引っ張れた。
朝の動物探しが楽しくなった。

========3月5日 追記・写真追加=======
冒頭の雪面の痕跡についてコメント頂きました。

ヨシの葉が強風で打ち付けられたのでは?と言うのは、
c0294658_21074041.jpg
違うと思います。この↑ようになっていました。

以下に写真を並べますので、
この雪面の痕跡って何なのか?どなたか教えていただけるとありがたいですーーー!
(本文中の写真とのダブりあり)
c0294658_21074147.jpg

c0294658_21074115.jpg

c0294658_21074290.jpg

c0294658_21074212.jpg

c0294658_21074226.jpg

c0294658_21074281.jpg

c0294658_21074306.jpg

c0294658_21074304.jpg
コメント返信にも書きましたが、300m四方くらいの伐採地の雪原のなか、10m四方程度の範囲にしかありませんでした。小さい樹木が強風で雪面に打ち付けられたにしては、固い表面の削られ方が深いですし、茎が全く残っていないのは解せません。小動物が猛禽に襲われて暴れた痕跡と言うには、所々に残された(拡大写真)ちょっと深く掘ったような穴は何だろう?
c0294658_21163137.jpg

この範囲のほかの場所には、動物の足跡だけが残る普通の雪原風景がありました。
c0294658_21073205.jpg
あれこれ言ってる必要ないよー!これは○○が△△した跡だよー!って、
教えてくれる方、お願いしますーーー!



by mt1500funagata | 2018-03-03 21:03 | 嘉太神 | Trackback | Comments(4)