人気ブログランキング |

毎年、夏の恒例となった「船形山のブナを守る会」の会員の趣味の作品を集めた作品展。

大崎市古川 市民ギャラリー「緒絶の館」
10:00~17:00
8月28日まで

今年は18年目。
僕は1回目から毎年参加していて、当時小学生だった息子が描いた「旗坂平のミズナラ」や幼稚園児だった娘が描いた「桑沼」の絵も展示していたものだった。

始まりのきっかけは、大崎市に在住する日本画家のS先生が指導してくれた「ブナの森の写生会」だった。
小学生の息子が描いたミズナラに先生がちょっと手を加えてくれて「こうするとずっと良くなるよ」と先生。
息子曰く「あのおばちゃん学校の先生より教えるのうめーな」
そりゃそーだ、院展の受賞画家で河北美術展の招待画家ですよー!おばちゃんなんて言ったら失礼でしょ!

お互いに描いた絵や写真などを見せっこするような目的で始まった作品展。
新聞にも取り上げてもらえるようになった。
c0294658_07355095.jpg
この作品展が始まった頃、幼稚園児だった娘はこの秋におかあさんになる。

作品展が始まると僕は18年前のあの日を思い出す。


-



by mt1500funagata | 2016-08-23 07:48 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)

前の記事で船形山の稜線上を飛ぶアマツバメの写真を載せました。
ノートリミングの写真が↓↓↓これ。
c0294658_22283852.jpg
この写真はコンデジで撮っているのですが、どうやって撮っているのかと言うと、
適当にズームして適当なフレーミングをします。
そのフレームの中にアマツバメが入るタイミングに合わせてシャッターを押します。この時はカメラの液晶画面は見ていません。見ているのは飛んでいるアマツバメです。

ですから、
c0294658_22351569.jpg
このように何も写っていない写真のほうが多いのですね。
c0294658_22361176.jpg
何十枚か撮った中に偶然アマツバメが収まっている写真があるので、その何枚かを上手く撮ったように見せている訳です。

数多い写真から使える写真を選ぶ為に一枚ずつチェックするのですが、その中の一枚に謎の飛行生物?が写っていました。

その写真が↓↓↓これ!(ノートリミング)
c0294658_22413011.jpg
アマツバメより大きいと思います。飛んでいる時に自分の目では確認はしていません。つまり、何かが飛んで来たのを狙って撮った写真ではないということです。

トリミングしてズームアップ
c0294658_22480738.jpg
目の周りが黒い犬のような顔に見えませんか?

更にズームアップ
c0294658_22505887.jpg
僕が立っているのは稜線上ですから、何かの哺乳類がジャンプして写りこんだと言うことは有り得ません。
猛禽類やほかの鳥(ホシガラスなど)だったら、僕はその場で判断が付きますし、現に猛禽が二羽飛んでいるのは確認していてこの場所は飛んでいませんでした。
稜線上というか山そのものに僕以外の人は居ませんでしたから、誰かの持ち物が風で飛ばされたということもないし、そもそも当時はほぼ無風状態でした。

元の画像がコンデジのズームなので、これ以上拡大してもはっきりしません。
当時の状況を思い出しても、写真を何度も何度も見返しても、なんだか分りません。

この写真を見て、この写りこんでいるものの正体が分る方や、こういう見方をすれば○○なんじゃないか?とお気づきの方とかいらっしゃったら、コメント宜しくお願いします。

====8月22日 追記====
お騒がせしました。鳥ですね!
写真をじーっと見てて分りました。
c0294658_21295263.jpg
このように、僕のほうに腹を見せて両翼の羽ばたきがちょうど下側にある時の中型の鳥ですね!
では、この鳥はいったい何と言う鳥なのでしょうか?
ノスリのペアはずっと上空を旋回していましたが、ノスリで良いのでしょうか?
c0294658_21393531.jpg
おそらく、この鳥が近づいて来たのを僕は見落としていたのでしょう。

あーぁ、ホントにUMAだったら面白かったんだけどね!


-










by mt1500funagata | 2016-08-21 23:20 | Trackback | Comments(2)

連日暑い日が続いていますね。
皆様、体調にお変わりございませんでしょうか?
c0294658_21064716.jpg
よりによって特に暑い日、しかも昼過ぎの暑さが一番の時間帯に、しかもエアコンの効かないジムニーに乗って船形山まで行ってきました。
とにかく暑かったっす!

歩き出しのブナの森は風も無く、とても静かで暑かった。
えっ?静か?そう、鳥の声も聞こえない。
暑い時って鳥は鳴かないんですか?
まあ、僕も鳥だったらこんな日は頑張って鳴く気にならないだろうけどね。

c0294658_21171041.jpg
升沢小屋の前のトリカブトが咲き始めると、もう夏も終わるんだなあって感じる。
暑い夏の日ではあるけれど、この場所のこの花を見ると少し寂しい気持ちになるのは毎年のこと。

稜線ではアマツバメが飛んでいた。
僕の顔の1mくらい脇をかすめ飛んでいく奴もいる。
c0294658_21072209.jpg
シャッシャーシャー!って風切音が目の前を横切る。
c0294658_21073681.jpg
僕はアマツバメを見るのが好きだ。なんてったってカッコイイ!
昔観た映画のトップガンを思い出すのだ。

c0294658_21172645.jpg
山頂のお花畑も夏の終わりを告げていた。



-

by mt1500funagata | 2016-08-21 21:52 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)

8月11日は「山の日」今年が記念すべき第一回目。
c0294658_07581852.jpg
山に行って来た。
c0294658_07591634.jpg
山を肌で感じるにはテント泊に限る。
c0294658_08100882.jpg
山の日の休みを利用して向った山は東北の山の中では横綱とも言える山塊。
c0294658_08140283.jpg
2105mの山頂で御来光を迎え
c0294658_08170810.jpg
朝日を浴びる神々しい山並みの中に僕は居た。
c0294658_08360127.jpg
遥か雲海の上に見える東の山並みを磐梯山から視線を北へ。
吾妻連峰~蔵王~特徴のある台形は大東岳。
そして、その先には船形連峰のシルエットが見えた。
山頂から薬師森の稜線が、オレンジ色の光の帯の中にあった。
c0294658_08311035.jpg
僕は佐渡ヶ島がはっきり見えたことよりも、かすかに船形山が見えたことに感動した。

直線距離でおよそ104km。
遠くから船形山を眺めていた「山の日」の翌朝。
c0294658_09131440.jpg
「山の日」に登ったのは飯豊山でした。



by mt1500funagata | 2016-08-14 09:17 | ほかの山 | Trackback | Comments(4)

田んぼの中に誰かいるぞ!
c0294658_21382587.jpg
イノシシだね
c0294658_21385783.jpg
遠くからカメラを構えた僕に気づき、ヤツは駆け出した。
猪突猛進と言うけれど、ヤツは僕が望遠レンズに交換する間立ち止まるという気遣いを見せた。
c0294658_21403731.jpg
セットし終わったのを見計らってヤツはまた駆け出した。
田んぼのあぜ道を疾走する。
c0294658_21475467.jpg
稲を踏み倒して疾走するイノシシも見たことがあるけれど、ヤツはちゃんとあぜ道を走る。
c0294658_21513241.jpg
最後は休耕田で疾走する姿を撮影させてくれるという、とても気遣い上手なイノシシだった。

先週は県外に出かけて、
c0294658_21555688.jpg
こんな沢登って
c0294658_21563983.jpg
こんな岩稜登って
c0294658_21582617.jpg
こんな黒い花見たり
c0294658_21590270.jpg
固有種の有名な白い花見たりしながら、有名な山の登山道じゃないところを山登りしてた。

そんな訳で、今週は山登りに行くのはお休み。
森に行ってきた。

僕は先週、沢登り岩登りをしていたけれど、森では木登りしてる可愛いヤツと出会った。
c0294658_22093703.jpg
リスとは何度となく出会っているけれど、人に見せられるような写真が撮れたのは初めて。
c0294658_22094992.jpg
少しの時間だったけど、僕に気を遣って、ちょろちょろ動かずに写真を撮らせてくれた。

県外の綺麗な山でバリエーションルートをパーティー組んで登山するのは、もちろん楽しいですよ!
でも、それは僕のブログ記事のメインテーマにはならない。

写真を撮り易いように気を遣ってくれる船形山周辺のみんながメインなんだ。


-

by mt1500funagata | 2016-08-06 22:48 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)