カテゴリ:船形山界隈( 66 )

平成30年6月17日
地元の船形山岳会が中心になって進めてきた登山道鳥居の復元落成式。
c0294658_21005841.jpg
船形山のブナを守る会も協力団体として作業に関わってきた。

僕は今日のこの場に何としても立ち会いたかった。

c0294658_20595542.jpg
主催の船形山岳会、協力団体の仙台朋友会、そして僕ら船形山のブナを守る会ら約50名が参加して執り行われた。

今日は最後の作業となる柱の基礎部分のコンクリート打設をもって完成となる。
参加者有志は、5㎏ずつ小分けにされたセメント・砂・砂利などの資材を運び、僕も5㎏の砂利をザックに入れた。
c0294658_20595604.jpg
背中の重さは、復元された鳥居への想いに変わる。
c0294658_20595656.jpg
皆さん同じ気持ちで荷物を背負ったのではないかと思う。

c0294658_20595607.jpg
僕が参加出来なかった前回の作業で、鳥居は仮建てされていた。

c0294658_20595547.jpg
コンクリートを流し込む前に、清めの砂を根元に入れる。
これら一連の作業や神事は船形山岳会が、石神山精神社の吉田宮司から伝授されてのことだった。

c0294658_21003702.jpg
型枠を設置しコンクリートを打設、建立作業としてはこれが最終となる。

予定通りの時間に作業を終え、落成式典神事へと進む。
c0294658_21003858.jpg

最初に行われたのは、旧鳥居納めの儀。
c0294658_21003882.jpg
いつ誰が建てたものか、今となっては分からない一本だけ残された旧鳥居の芯を抜き自然に帰すための儀式。

続いて、注連縄掛けの儀。
c0294658_21003814.jpg

修祓(しゅぱつ)・・・参列者拝礼。
c0294658_21003797.jpg

くぐり初めの儀
c0294658_21005762.jpg
右の柱の周りを3回、左の柱の周りを3回まわり、最後に鳥居をくぐる。
こうした神事に立ち会うのは勿論初めての事だし、こうして鳥居が建立されるのだと云うことを知った。

記念品を受け取った後は、
c0294658_21005783.jpg
ブナの会オカリナ愛好会有志による伴奏で、参列者一同で山の歌を奉納した。

c0294658_21005803.jpg
主催者挨拶は高齢で現地に来ることが出来なかった船形山岳会の横田会長のメッセージを副会長が読み上げた。
昭和30年初頭から60年以上の長きに渡り船形山と関わり、崇め愛し続けた横田会長の想いが込められた名文であり、文面の文字を目で追いながら聞いていた僕は胸が熱くなる感覚を覚えた。

最後に、神酒拝戴(しんしゅはいたい)
c0294658_21005701.jpg
こうして一連の神事が厳かに終了した。

かつて、この場所に鳥居が立っていたことを僕は知っていた。
一番古い記憶によれば、柱はまだ2本立っていて、上部の笠木は現地調達と思われる天然木が渡されていた。
鳥居があったことは知っていたけれど、その鳥居のことを語ることは出来なかった。

でも、復元された鳥居のことを僕は語ることが出来る。
地元に船形山岳会という船形山に特化した山岳愛好者の集まりがあり、発起人である横田会長を始め山岳会の方々の想いが集まり鳥居が復元されたと云うことを。

これから、何度この鳥居をくぐることになるだろうか?
僕はそのたびに今日のことを思い出すだろうし、再建に関わった人たちの行動や想いを語ることが出来る。

僕は今日のこの場に、居なければならなかった。
c0294658_21005863.jpg
====================



[PR]
by mt1500funagata | 2018-06-17 22:11 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(4)

霧雨 森は無限に広がる

霧がじめじめ降っている早朝、船形山升沢小屋へ行くために小荒沢林道を大滝キャンプ場へ。

山奥の駐車場に停まっている車はなかった。
天気が悪いからと言って山に行くのを止めることはないけれど、晴れの日よりもテンションが上がらないってのは否めない。
c0294658_20175477.jpg
登山口で少しグズグズして、とりあえず鈴沼に行ってみる。
霧に包まれた幻想的な景色を見ることが出来るかも知れない。
c0294658_20164970.jpg
霧が濃すぎた。沼は白色に包まれ全体を見ることは出来なかった。
c0294658_20174144.jpg
それはそれで、こんな日の鈴沼の表情を確かめることが出来る。
今日は今日で美しい沼だ。

鈴沼から戻り、福島から来られた4人の後を追うように登山口を出発。
僕は山頂を目指さずに、すぐ左折し三光の宮経由で升沢小屋への道を辿る。

c0294658_20174223.jpg
保野川を渡り千本松山のクロベを過ぎたあたりで、いつもツクバネソウの5枚葉を見る。
c0294658_20174112.jpg
今日も見つかった。
まあ、それほど珍しいって訳でもないけれど、四つ葉のクローバーみたいなものですね。

c0294658_20174203.jpg
鳥居の再建も順調に進んでいて、明日はいよいよ完成、落成式を迎える。
僕は明日もここへ来る予定。

c0294658_20174140.jpg
今日の船形山は静か。僕を含め7人しか入っていなかったと思う。

升沢小屋ではいつものようにメンテ作業。
c0294658_20175374.jpg
こんな張り紙をしてくれる登山女子も居るかと思えば、
この張り紙が目に入らないのか?字が読めないのか?或いは全く無視するのか?・・・そんな登山女子も居る。
意味わかりますよね?

今日は山頂は目指さない。
山頂もガスって展望はないだろうし、それよりも僕には気になってしょうがないことがあった。
先週見つけたノビネチドリは盗掘されずに今日も咲いているだろうか?ってこと。
c0294658_20175445.jpg
山に来る人のすべてがマナーを守りモラル意識の高い人ではないというのは、トイレの件でもよーくわかる。

小屋で合流した足の速い福島の方々と一緒に下山し、別れたあとノビネチドリの咲いていた森へと向かった。

c0294658_21181842.jpg
咲いていた。良かった。
c0294658_21181938.jpg
宮城県レッドデータブック 絶滅危惧Ⅱ類
c0294658_21181823.jpg
マクロレンズを使って、写真を自分のライブラリーに加えたかったという思いもあった。

樹上には、
c0294658_21181814.jpg
これも環境省カテゴリ準絶滅危惧、宮城県RDB絶滅危惧Ⅱ類「ヤシャBシャク」yashaビshaku
ブナなどの老木の洞に着生する(寄生ではない)

ラン科の絶滅危惧種は森の中に、ぽつりと一株だけで咲く。
樹上の絶滅危惧種は、条件の整った樹の洞に着生する。

どちらも、種がその場所に運ばれてきて、発芽し生長し花を咲かせるというのは奇跡的なことに近い。
c0294658_21343749.jpg
こんな花咲いてました、だけでなくその花が咲くまでの様々なドラマを想像してみると、なるほど!こりゃ貴重な訳だ!と言うことが分かってくるだろう。

綺麗に写真を撮るのは良いことだし大切なこと。
でもその花が咲くまでの時間という奥行き、花を咲かせられる条件を整えた鳥や周辺の環境という広がり、このふたつを想像し感じることが出来れば、森は歩いた範囲より何倍も無限に広くなる。



[PR]
by mt1500funagata | 2018-06-16 22:02 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(3)

雨降りの朝、船形連峰升沢避難小屋までプラプラと。
c0294658_20430999.jpg
午前4時に目を覚ました時に、窓の外に雨音が聞こえていた。
升沢小屋に行くつもりだった僕は、ちょっと憂鬱な気分だったけれど、まあ雨の日のブナ林もイイかな~って思って家を出る。

c0294658_20430986.jpg
「ブナの森は傘いらず」とは良く言ったもので、小降りになってきたブナ林の中はほとんど濡れることなく歩ける。

c0294658_20430966.jpg
樹表が濡れて、黒々としたでっかいブナは重厚感が増す。雨降りだからこそ出会えるブナである。

c0294658_20430902.jpg
30分も歩かないうちに雨は上がり、初夏の花が頭上に揺れる。

プラプラと歩いて、鳴清水。
c0294658_20430852.jpg
シロヤシオが満開。

c0294658_20562289.jpg
紫と白の取り合わせは、イイねえ~!

c0294658_20562240.jpg
僕は、ここのブナの風景が好きで、毎年同じような写真を撮ってる。
昨年同時期の写真と比較すると、残雪の量は5分の1くらいか。

c0294658_20562219.jpg
このブナ、彫刻のように見えませんか?

c0294658_20562363.jpg
瓶石沢を過ぎると、残雪の上を歩き、春山の雰囲気。
雰囲気は良いのだけれど、夏道は雪の下だし藪って言うか中途半端で直線的にも歩けないので、慣れない人にはルート取りが難しいんじゃないかな?

c0294658_20562376.jpg
何年か前に、地元の船形山岳会が付けていた目立つ赤テープも、経年でまばらになって来ている。
こんな場所では、進むべき方向を間違えるとやっかいなことになる。以前、Kさんが朝に追い越した人が迷い、Kさんが下山する時間までこの辺を彷徨い続けていたことがある。大きな呼び声を聞き洩らさなかったKさんが無事下山口まで同行下山したという話を聞いた。
今の時期は登りはじめは夏道なので、こんな場所に不慣れな人が来てしまうケースも多い。僕も今くらいの時期に、三光の宮から升沢小屋の間で、進むべき方向を見失ってしまった人を引っ張った経験は1度や2度ではない。

c0294658_20562227.jpg
升沢小屋の小屋日誌に、嬉しい書き込みを見つけた。
Akiさーん!コメント待ってますよーー!

c0294658_21232724.jpg
小屋でメンテ作業やノートを見たりしてダラダラと時間を過ごしているうちに、青空が顔を出し始めた。
沢沿いは雪渓も薄くなって歩き難いだろう。ヘタレな僕は山頂へは行かない。今日は升沢小屋までプラプラ歩いて来るのが目的で、僕の括りの中では登山の範疇に入らないので、そもそも歩き難いところをわざわざ歩くと言う気構えがなかったと言える。

下山途中には、お約束の岩に立ち寄る。
c0294658_21232894.jpg
S木さんに挨拶して帰るのだ。
c0294658_21232814.jpg
線香じゃなくタバコを供える。S木さんがうまそうにタバコを吸う姿を思い浮かべる。

c0294658_21232772.jpg
下山して、久しぶりに氾濫原の伏流水の出口にあたる、ヒラコ沢の滝を見に行って来た。
この滝の上部は、ちょっと進むと水がなくなる。以前、そのまま沢状の窪地を忠実に辿ったことがあって、それは氾濫原へ行き当たる。

今日のお仕舞はツキノワグマのこと。
旗坂キャンプ場から下って来て、小荒沢に架かる橋を渡ってすぐ右手の杉林。
c0294658_21433821.jpg
ごく最近のものと思われる、クマの樹皮剥ぎの跡を見つけた。
前記事でも書いたけれど、クマにとって道路は行動を妨げるものではない。
道路のすぐ脇だってクマが日常的に動いてるってこと。
c0294658_21433810.jpg
道路に面した古い電柱は、格好のクマの寄り付き場。
c0294658_21433890.jpg
しょっちゅう、こんな事(背擦り)しているんだろう。(過去写真)

c0294658_21433843.jpg
良く見てみると、クマの毛が残っていたりする。

山中で満開のシロヤシオを見れば、心が和み美しさに感激する。
道路端でクマの毛を見つければ、そのクマの姿を想像し、楽しくなる。
(近くにいるかも知れないので、無防備で杉林の中をうろつくのはヤメましょーね!)




[PR]
by mt1500funagata | 2018-05-19 22:11 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(4)

晴天の船形山、升沢小屋のメンテに行って来た。
c0294658_21320647.jpg
山へ行くのに、うってつけのの好天に恵まれた一日を船形山の懐に抱かれる。

c0294658_21320695.jpg
升沢コース下部のブナの森は新緑に包まれていた。
前回、鳥居の笠木を乗せた橇を引いて登った道も、すっかり夏道となり鳥の声がそこいらじゅうに響き渡る。

c0294658_21320635.jpg
反骨の山男であり、船形のブナの森をこよなく愛したS木さんの魂が眠る旗坂平の下の岩。
草創期から長年に渡りブナの会の活動に積極的に関わり、原発事故に絡む指定廃棄物最終処分場の建設計画が持ち上がった際には「おらほの山の玄関口にゴミ溜め作るなんて、とんでもねえこった!」と怒りを露わにし反対運動に携わった。泉ヶ岳のトレラン大会のコースに氾濫原が入っていた時には、僕らは署名や投書でコース変更の要望を強力に申し入れたけれど、S木さんは主催者事務所に単身乗り込み直談判をやってのけた。絵にかいたような反骨精神を持ったS木さん。僕はここを通るたびに「ただよしさーん!」って声を掛ける。
c0294658_21320679.jpg
タムシバの花が咲くのも年々早まっているように思う。

c0294658_21320754.jpg
標高を上げるにしたがって、新緑の山から残雪の山へと姿を変える。
瓶石沢を渡る夏道は、もう少し上のほうだけれど、今日は三光の宮から一直線に歩いて来たのだ。上を目指せば良いというルートではないので、慣れないと迷いやすい。僕は三光の宮を少し越えたあたりで高度計を確認し、その高度を維持しながら西に向かって升沢小屋を目指す。そうしておけば地形図やコンパスと睨めっこすることなく、高度計付きの腕時計をちらちら見るだけで升沢小屋へ到達するのは容易なのである。

c0294658_21320613.jpg
夏道を忠実に辿るのとは少し違った方向から升沢小屋へ到着。
屋根にちょっとかかるタカラ森が可愛い。

こんな天気の山頂は眺めも良く、山頂を踏んだ満足度も高いだろう。
ここで山頂へ行かないことを決断するのは少々惜しまれるけれど、僕は山頂よりも小荒沢源頭部のブナ平へ向かうことを決めた。
山頂へは、今年も何度か行くことが出来るだろう。でもブナ平は今日を逃すと今年はもう行くことが出来なくなる。

小屋でのメンテ作業を終え、小屋で出会った方々と少し話し込んだ僕は、小屋を後にし三光の宮から花染山へ延びる尾根へと足を進めた。
c0294658_22313626.jpg
ブナ平に初めて足を踏み入れて以来、行かなかった年はない。年に複数回行き、テント泊で夜のブナ平に身を置いたこともある。
c0294658_22313651.jpg
今日の僕は山頂へ行くことよりも、ブナ平のブナに会いに行くことのほうが重要だった。

c0294658_22313690.jpg
ブナ平で一番太く、際立って大きさが目立つ「大王ブナ」。
何百何千年という森の時間の中で、ブナ平の主も世代交代を繰り返す。次代の主となるブナだ。

c0294658_22313786.jpg
長いこと主として君臨してきた「黒森ブナ」と「花染ブナ」。年々衰えが目立ってくる。
手前の黒森は最後の枝が折れ、朽ちる時が来るのはそれほど遠い先のことではないだろう。
僕は思う。「僕はこの黒森ブナが朽ちる時を見届けたい」

c0294658_22313715.jpg
今年のGWには、この二本のブナの根元でテントを張り夜を過ごしたいと思っていたのだけれど、家庭の事情はその時間を作ることが出来なかった。
そろそろ、このブナの語る声が僕にも聞こえても良いのではないかなあ、と思っている。

僕の中で、このブナは樹木としてのブナではない。
意思と記憶を持った魂が存在するブナなのである。

c0294658_22313742.jpg
小荒沢を覆っていた雪も消えて行き藪も密になり、ブナたちが人の訪れを拒む季節が近づいて来た。

僕は今日、ブナ平へ行かなければならなかった。


[PR]
by mt1500funagata | 2018-04-28 23:06 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)

船形山升沢登山口から山頂へ向かう道の中間地点、不動岩の入り口に、かつて鳥居があった。
c0294658_21345463.jpg
現存する鳥居の柱一本
僕の最も古い記憶では、柱は二本あって上の笠木の部分は、その辺の倒木を利用した鳥居だった。なので、僕らは会話の中で場所を指す場合に「鳥居」と言う言葉は日常的に使っていた。


その鳥居を再建しようと地元の船形山岳会が動いた。
船形山岳会の横田会長は昭和30年頃から船形山に通い、当時は鳥居をくぐるといよいよ船形山の神聖な結界を越えるという厳かな気持ちになり、その鳥居越しに眺める船形山に畏敬を感じたという。
その想いを後世に伝えたいという気持ちが、船形山岳会会員の心を動かし、再建への具体的な行動が始まったのである。


県立自然公園の中でのことであるから県や町との調整、森林組合の協力を得ての笠木や柱の制作、具体的な実行案の作成を経て、いよいよ再建へ向けて山腹への荷揚げ作業が始まった。
c0294658_21080394.jpg
主体の船形山岳会、協力団体の仙台朋友会と船形山のブナを守る会、そして一般協力者の総勢47名が集まった。
c0294658_21080302.jpg
一番の大物である約80kgの笠木は、朋友会とブナの会が交代で引き上げる段取り。
c0294658_21080321.jpg
古いスキー板を利用した橇で力を分散させて引き上げる。
c0294658_21080312.jpg
残雪の締まり具合も程よくて、緩斜面では快調に引き上げは進む。

現場までは、3カ所の急斜面があるけれど、
c0294658_21142250.jpg
キツイところは上部にアンカーを取って滑車で引き上げた。
c0294658_21080250.jpg
早春のブナ林を綺麗な隊列で進む、仙台朋友会の皆さん。チームワークとパワーは流石です。

ひとつのことを成し遂げようと、大勢のベクトルが同じ方向に向かっていると、普段より力も出るし辛いと思っていた作業そのものも楽しくなってくる。
c0294658_21220347.jpg
引き上げた笠木の大きさ比べ、涅槃ポーズの僕は身長179㎝体重73㎏。笠木は80㎏くらいって言ってたけど、もっと重いんじゃない?

予定通りの時間に、現場までの引揚げ作業が完了した。
c0294658_21271957.jpg
同行した東北放送テレビのインタビューに答えていた船形山岳会の方の言葉は印象深かった。
その方は麓の大和町で農業を営んでいる方で、船形山は田んぼの水を与えてくれる山、まさに命の源と言える山なのである。
僕らのように趣味やレジャーで船形山と関わっている者たちとは船形山を崇める気持ちの度合いが違うのである。

記念撮影のあと、般若心経を唱えてデポを終了し、予定通りの時間に下山開始となった。
c0294658_21451053.jpg
せっかくの橇なので乗らなきゃ損?
c0294658_21462658.jpg
下山後は、支援部隊による美味しいトン汁が僕らを迎えてくれた。

=======
古い船形連峰御所山案内には、「⑫鳥居」 と記載されている。改訂版では「⑫左右に杉・桧の木が多い。元ここには鳥居があった。」と変わっている。そしてどちらにも、「⑪不動岩 大きな石で無理すれば登れる。」と記載されている。
c0294658_21564253.jpg
鳥居の少し先にある不動岩。
かつて、無理して登ってみたことがある。相当無理をした。でも鳥居が再建される前に登っといて良かった!
c0294658_21590633.jpg
正面から取りつく僕。
c0294658_21590687.jpg
僕と並んでいるのは、当時学生だった僕の息子。
c0294658_21590637.jpg
急斜面が好きな登山女子は高いところも好きだった。

8年前だったかな?もう無理できないよわ!

-

[PR]
by mt1500funagata | 2018-04-01 22:13 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(0)

平成29年12月31日
大晦日の朝、升沢しょい滝に呼ばれた。
c0294658_18403983.jpg
ここ数日、僕はしょい滝へ行きたいと強く思っていた。と言うか、行かなければならないと思っていた。

僕には船形山界隈や七つ森界隈に、ここには神様がいるんだなぁ~って思える場所が何カ所かあるけれど、ここもその中のひとつ。



升沢へ向かう途中、いつもの嘉太神あたりを一回りする。
c0294658_18412081.jpg
僕らが冬山を歩く時によくラッセルという言葉を使うけれど、これこそが森のケモノたちのラッセル。イノシシが先頭を切り、そのトレースをタヌキやらキツネたちが利用する。
奴らは胸までのラッセルを平気でやる。膝上ラッセルなんていかにも大変そうなこと言ってるニンゲンなんて、実はたいしたことないだよな~って思わされる。

c0294658_18412601.jpg
この綺麗に揃った足跡は?
上品なモデル歩きのテンのようだ。わかるまで少しの時間が必要だった。
(訂正:後日調べてみたところアナグマのようです)

升沢まで上がってくると、積雪量は一気に増える。
森のケモノに倣って僕もツボ足でしょい滝へと向かう。
c0294658_18413120.jpg
深いところでは太ももまで沈む深雪に、歩き始めて10歩で後悔した。
俺様はニンゲン様だ、なんて偉そうなこと言ったって、胸までのラッセルを平気で一日中やってる森のケモノたちに到底及ばない。自分の非力さを知る。

c0294658_18414619.jpg

c0294658_18413806.jpg
ここに架かっていた橋は30年くらい前に自然の力の前になすすべがなく流されてしまい、今ではしょい滝を訪れる人は滅多にいない。

深雪をラッセルし沢を渡り、直線距離で高々400ḿ程度の距離を歩くのに約40分を要して、しょい滝の前に立った。
c0294658_22122981.jpg

c0294658_22125983.jpg

僕が何年か前に取りつけた滝名板。括り付けた針金は樹の幹に食い込みまったく動かなくなっていた。
次回来るときには、緩めるための道具を持って来よう。

c0294658_22271805.jpg

c0294658_22270639.jpg
升沢しょい滝と向かい合うのは何度目になるだろう?

ファインダーを覗いていた僕は何かを感じて滝の上部を見上げた。
何だろう?たった今までと違う空気感というか気配を感じたのだ。
滝を見上げていて、その感覚の違いの理由が分かった。
滝の流れ落ちる音が変わったのだ。

c0294658_22265951.jpg

今まで聞こえていた滝の音にかぶさるように、少し高音域の水が落ちる音が滝の岩盤から聞こえてきたのだった。

風のせいかも知れないだろうけど、もしかしたら、ほかの何かのせいなのかも知れない。

c0294658_22271234.jpg
今日はここに1時間20分いた。
この岩盤と流れる水の姿の中に、何を見るかは人それぞれによって違ってくるだろうけど、何度も来て見て暫くの時間その場に身を置くと何かを感じられる、そんな滝だと思う。


c0294658_22272351.jpg

ニンゲンの非力さと傲慢さを知り、滝の前で「何か」を感じて過ごした12月31日の朝だった。

皆様、今年も一年間お付き合いいただきありがとうございました。
あと数時間でやって来る新しい年が、皆様にとって良い一年であるように心より祈念いたします。



[PR]
by mt1500funagata | 2017-12-31 22:53 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)

升沢小屋の冬支度

船形連峰升沢避難小屋の冬支度に行って来ました。
c0294658_22263793.jpg
うっすらと積もった雪が冬の始まりを物語り、訪れる人もほとんどいなくなる。

c0294658_22263841.jpg
テンの足跡を追うように升沢小屋へと向かう。

c0294658_22263741.jpg
ツキノワグマもまだ冬ごもりの穴を探しているのか?ウロウロしているようだった。
こうして森に暮らす動物の動きを想像しながら歩けるのは、藪が透き雪が薄く積もった季節ならでは。

c0294658_22263803.jpg
おや!?テンが雪の下に何かを見つけたようだ。
すたすた歩いていた足をふっと止め、身体を左にひねってくんくんと臭いを確かめて、前脚を雪の中に突っ込んで土を掻き出す。
そんな姿を想像するのは楽しい。

綺麗な花、美しい紅葉、見事な展望・・・見えるものだけを見ていたのでは、森を歩く面白みは半分って僕は思っている。
見えたものに少し想像というスパイスを加えるだけで、奥行きはずっと深くなると思う。

c0294658_22462301.jpg
例年、11月中旬に升沢小屋の冬支度にやって来る。
窓に雪囲いの板を落とし、スコップを小屋の外に準備する。
中でも一番の目的はバイオトイレのオガクズの総入れ替え。

ちょっと、見苦しい画像かもしれませんが今回は敢えて載せます。
c0294658_22462468.jpg
オガクズを利用したバイオトイレは、簡単に言うと糞尿に含まれる水分をオガクズが吸収し炭酸ガスを蒸発させて微生物が分解する仕組み。
だから、オガクズの含水量が多くなるとうまく機能しなくなるのですね。
このブログで、定期的にバイオトイレのメンテナンスに行ってきたなどど触れているけれど、僕がやっているメンテってのは便槽内のオガクズの含水率を低くする、つまり水分を多く含んだオガクズを取り除いて、乾燥したオガクズを補充するってこと。

c0294658_22462411.jpg
今年は何故か便槽の中が例年より水分が多かった。
もしかすると原因は、トイレの清掃をしてくださる方が水を流したことにあるかも知れない。

c0294658_22462413.jpg
こんな張り紙をしてきた。
このブログ記事を読んでいる方には、知っておいてもらいたいことだし、誰かに伝える機会があれば伝えて欲しいと思っています。

ここで、注意していただきたいのが山頂避難小屋のトイレとの違い。
山頂のトイレもバイオトイレの一種ではあるけれど、山頂のトイレは水による浄化方式ってこと。山頂のトイレは使用のつどバケツ1杯分くらいの水を流し入れることで機能する。だから山頂小屋の外にドラム缶で水を溜めているんですね。
山頂小屋のトイレ→水を流すOK
升沢小屋のトイレ→水を流すNG
という事です。

一通りの作業が終わったら、
c0294658_22462367.jpg
ごま豆乳仕立ての煮込みうどんを食べて、
c0294658_22263513.jpg
自家製のローズヒップティーを飲んで体を温める。

c0294658_22263551.jpg
午後から天候が崩れるのは予報通り。
けっこうな時間をメンテに費やしたので、雨に当たる前に早足で下山してきた。
c0294658_22263533.jpg
来週、山頂までいけるかな?

c0294658_22263558.jpg
帰る前に寄り道した鈴沼は、寒々として何か物悲しい思いがした。

c0294658_22263601.jpg
「ナイジャスキマリハーヒト・・・」
c0294658_22263629.jpg
船形山周辺を根城にするヒゲの写真家が森から聞いた言葉らしい。

僕はまだその言葉を聞くことが出来ないけれど、何百年もの時を経てもうじき土に還ろうとする朽ちたブナも、最初は一粒の種だった・・・ってことは想像できる。

「ナイジャスキマリハーヒト・・・」森と水と風とが約束した時を語った言葉だそうだ。

あなたはこの森の言の葉から、どんなことを想像しますか?



[PR]
by mt1500funagata | 2017-11-18 23:40 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(3)

船形山、色麻コース登山口である大滝キャンプ場の水場が、船形山の霊水「人命水」であることは皆さんご存知の通りでありますが、、、、

その「人命水」の源流にある雨の日だけ現れる「幻の滝」の存在を知る人は少ない。
c0294658_20240851.jpg
船形山の一般的な登山ルートである色麻コースを登り、ある場所から登山道を外れ、涸れ沢を遡ると、そこは「人命水」と「鈴沼」の源流に当たる。
この沢は、晴れた日には水が流れない。この幻の滝の少し上流にある「水琴の滝」の岩盤を流れ落ちる際の、ほんの数メートルだけしか水は姿を現さない。
雨の日だけに現れる、この「幻の滝」の水も登山道近くになると伏流水となって地中へ姿を隠し、人の目に触れることはない。

そんな訳で、今日のような秋雨の日は「幻の滝」を見に行くのには絶好のチャンスとなる。
晴れていれば滝は現れないし、かといって大雨や長雨の時は信じられないくらいの水量で、滝の見物どころの話じゃあない。死ぬかもしれない。

c0294658_20423900.jpg
ブナ林の黄葉は雨の日のほうが美しい。
「雨も天気のうち」いつも言ってる言葉だけれど、この言葉は僕がまだ小僧だったころ、筋金入りのヤマ屋であるブナの会のオヤブンから教えられたもの。それ以来僕も天気のことはあまり気にならなくなって雨なら雨を楽しめるようになった。

c0294658_20543398.jpg
雨の日だからこそブナ林がこんなに美しく映える。

色麻コースの眺望所っていう場所を過ぎ、5分も歩けば涸れ沢を横切る場所がある。
c0294658_20583280.jpg
この涸れ沢の地下を流れる伏流水こそが、「人命水」の源流であり「鈴沼」の源流でもある。(と考察される)

c0294658_21014856.jpg
登山道を外し、涸れ沢を遡る。水の気配はない。

さらに遡ると
c0294658_21020524.jpg
三段滝の形状の岩の下に、昨日の雨でこの沢に水が流れた名残を見ることが出来た。

c0294658_21023513.jpg
ブナの葉が同じ方向に向かって渦を巻くように揃って堆積している。
雨脚が強かった昨夜から未明にかけては、三段滝から流れ落ちた水が渦を巻いて、写真左手の窪地状のところから地中に吸い込まれていったってこと。想像は容易だった。
c0294658_21022051.jpg
木の枝に絡みついた木の葉。高さは僕の肩くらい。という事は、大水の時ここの涸れ沢には水深2m近い激流が流れるってことでしょ?冒頭に書いたように、そんな時にここへ来たら死ぬかもしれない。

c0294658_21024525.jpg
岩を飾る水滴なんかを眺めていたら、上のほうから水の流れる音が聞こえてきた。

c0294658_21025511.jpg
昨日の雨の影響だろう、以前訪れた時よりもずっと下流域で沢の水は現れた。
この分だと、幻の滝の水量も見ごたえのあるものになっているかも知れない。

c0294658_21033411.jpg
想定していた以上に水量は多く、予想通りに雨の日だけに現れる「幻の滝」はその姿を僕の前にあらわした。

c0294658_21035941.jpg
何のことはない良く見かけるような普通の滝じゃない?って言うのは、次の写真を見てから言ってくれ。

晴れた日と、今日のような雨の日との同じ場所の比較写真。↓↓↓
c0294658_06022976.jpg
2年前は、この涸れ滝を登り「水琴の滝」の前に立ったけれど今日は行けない。今日の装備でこの滝を越えることは出来ない。
今日は、ここまでで十分。

一昨年に初めてここへ来た時、雨が降ればここは滝になるのだろうな?って思った。
それ以来、いつか雨の日に来てみたいと思っていた。

誰かが整備してくれた登山道じゃないところを歩き、何の情報もない場所の目を見張るばかりの景観を自分の経験と予測で探し出す。

今日の僕は「登山客」ではなかったと自負している。


==============
注)水琴の滝、幻の滝ともに公式な滝名はありません(わからない)。僕が勝手につけた滝名です。幻の滝が次回は別な名前になっているかも知れません。
注2)現地へ行くのに迷うことはありません。でも行程や難易度、必要装備などは敢えて記載しませんでした。詳しく書きすぎると登山客としての山歩きから一歩前進しようとしている人にとっては面白くなくなるのでは?と僕自身が思っているからです。

===関連記事:↓↓↓===
 



[PR]
by mt1500funagata | 2017-10-21 22:26 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)

来月、10月1日(日)船形山のブナを守る会では、秋の恒例行事として船形山山頂避難小屋へ薪の荷揚げを行います。
c0294658_20102926.jpg
下山時には参加者有志の手を借りて、バイオトイレのし尿オガクズの担ぎ下ろしを実施します。
c0294658_20110000.jpg
担ぎ上げる薪はそれぞれの体力に応じて何本でも構わず、もちろん1本でも良いのです。
登山客としての登山から一歩踏み込んだ山に対する想いを感じることが出来る一日となることでしょう。

船形山も紅葉のピークを迎え山登りとしても一番良い季節、ご一緒してみませんか。
大滝キャンプ場から山頂~升沢小屋を周回するルートですから、それほど大変なルートではありません。
参加してみたい、詳しく内容を知りたいという方は、私(大和町チバ)までメールください。案内を送ります。
mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp(迷惑メール対策で@をカタカナ表記)
お名前、年齢、大まかなご住所を明記してください。(ハンドルネームのみの場合は返信いたしません)

==============
そんな訳で、今日は升沢小屋まで行ってきた。
c0294658_20222586.jpg
小屋周辺はまだ紅葉には早いけれど、小屋の前に咲くトリカブトとリンドウが秋を感じさせる。
c0294658_20233548.jpg
先週から風邪気味で体調が完全に戻っていない僕はクロベの大木からパワーをもらった。

クロベパワーを身体の中に注入したならば、もうこっちのもの!
あとはガッツリメシを喰うだけだ。
c0294658_20260542.jpg
ガッツリと言えば肉!鈴沼のほとりでステーキを焼いた。
c0294658_20271810.jpg
ステーキ処「すず亭」に雨天中止はない。




[PR]
by mt1500funagata | 2017-09-16 20:32 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(0)

船形山、色麻コース登山口である大滝キャンプ場へ通じる小荒沢林道にブナの倒木が発生しています。
(宮城県北部森林管理署には報告済み)
c0294658_23293035.jpg
場所は、内水面水産試験場から進入すると大滝キャンプ場分岐の約50m手前。
大滝キャンプ場まで車は入れません。
倒木の手前から歩いたとしても登山口まで約1Km 20分ですからどーってことありませんが、どうしてもキャンプ場まで車で入りたい方は、色麻側の岳山林道(通称:保野川林道)を利用してください。岳山林道通行可です。
========
8/28 追記
本日(28日)北部森林管理署の担当官が現場確認の予定だそうです。早めに撤去されると良いですね!
========
8/29 追記
本日(29日)森林管理からの連絡によると、処理されたとのことです。迅速な対応に感謝&拍手ですね!
========

今日は升沢小屋に用事があって船形山へ行って来たのですが、山で出会う三大危険生物のうちの2種類とニアミスしてしまった。

c0294658_23375264.jpg
途中のある場所の様子を見に行く必要があって寄り道したら、5匹のマムシがとぐろを巻いていた。

c0294658_23435469.jpg
僕は少し喜んだ。小屋のメンテに使おうと思って持ってきた道具で捕獲できるだろう、人命水を汲んで帰ろうと思って持ってきた広口の密閉容器に入れることができるだろう・・・と。

マムシの素焼きは何度か食べたことがあるけれど、戴けるパワーはウナギなんかの比ではない。
風邪薬にもなるし、これだけのマムシだったら焼酎に漬けてもいい。

道具を取りに車へ戻ったら・・・
c0294658_23530247.jpg
スズメバチに囲まれた。(*この写真はスズメバチじゃないですね。コメントでご指摘いただきました)
最初は1匹だったスズメバチがどんどん集まって来て、車から出られなくなった。

昆虫の表情を見極めることは出来ないけれど、奴らが僕を敵視しているのは明らかだった。
スズメバチによる死亡事故のほうがクマによる死亡事故より多く発生している訳で、クマのことをさんざん知ったかぶりして語っている僕がスズメバチにやられてしまったのでは洒落にならない。しかも僕は一度刺されたことがあるので、2回目となったらホントに死ぬかも知れない。

窓を閉め切った車の中で、しばらく様子をみていたのだけれど、ここはあきらめるしかない。
雨上がりの日差しを受けて、マムシも体温が上昇したのかそれぞれに藪のほうへと移動し始めた。

車の中で僕は思った。
マムシとスズメバチは、連合しているのか?
スズメバチの天敵はクマ、クマは蛇が嫌いでマムシからは逃げる。
マムシはスズメバチに守られる(今回は偶然か?)
ってことは、三大危険生物のなかで一番偉いのはマムシ?

やっぱり、蛇神様って祀られるだけのことはあるなあ~。
(こじ付けが過ぎますか???)


[PR]
by mt1500funagata | 2017-08-26 23:25 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(9)