もののけの樹の下で

船形山の山中にある・・・もののけの樹

c0294658_10435844.jpg
幹回り10m近いカツラの巨木。巨木と謳われるカツラは株立ちが多いのだけれど、このカツラは一本立ち。
根上がりしている隙間は小動物の恰好の隠れ家になることだろう。根元付近をネズミやリス、テンなんかが往き来する光景を想像することは容易だ。

僕はこの樹は森で起こる森羅万象すべてを知っているように感じる。

c0294658_10441061.jpg
狐や狸に化かされたという話は昔話によく出てくる。現代の狐や狸は人を化かさなくなったのだろうか?現代の森に「もののけ(森の精や妖怪)」はいなくなったのだろうか?い~や、僕はいると思う。森に住まう「もののけ」の気配を感じられる人間がいなくなっただけなのではないかと思っている。


狐や狸(もののけ)に関する面白い話がある。

もののけを上手く利用して大金を得る方法があるらしい。

幻の蛇「ツチノコ」を世に広めた山本素石さんが書いた「山釣り」という本に書かれていて、僕はこの本が大好きで何度も繰り返し読んでいる。
c0294658_11284548.jpg
さて、その大金を得る方法とは・・・?

狐や狸が化けた「もののけ」は鼠の天ぷらが大好物で、それを見るとどんな手段を使ってでも食いたくなるのだそうだ。
前段で白狐が化けた寺の住職の話しとかがあるのだけれど、その部分は省略・・・

山本素石さんが紀州の木こりの人に聞いた話らしい。
山仕事で山に泊まる夜、食事のついでに鼠の天ぷらを揚げていると、人に化けた「もののけ」が天ぷらを買いに来る。その姿は普通の男の人であったり手ぬぐいを姐さん被りにした女の人であったりするが、手が切れるほどのピン札の束が握られている。でも、その札束に騙されてはいけない「馬鹿者!そんな木の葉で騙されるものか!出直して来い!」と怒鳴ると、慌てて姿をくらまし、その後には枯れた木の葉が落ちている。しかし奴らはどうしても食いたいものだから、しつこく何度でもやって来る。木の葉の金を差し出す、怒鳴って突き返すを夜通し繰り返すと、終いに奴らはどこから手に入れてくるのか、ついに本物の札束を持ってくると言うのだ。銀行に忍び込むのか、強欲な金持ちを得意の手口で騙し、くすね取って来るのかは分からない。夜が白み始めると奴らは現れなくなり、落ち葉の中に本物のお金が混ざって落ちていて、それをかき集めるって寸法。

素石さんは実際にやってみたそうだ。
鼠獲りで鼠を捕らえ、山釣りの師匠と夜の河原で鼠の天ぷらを揚げ、石の上に並べて「もののけ」が現れるのを待っていたら、二人とも言いようのない睡魔に襲われて・・・・
・・・この続きが知りたい人は、上の本を図書館ででも借りて読んでみてくださいね!いや、実際にやってみるのが面白いかも知れない。

=========
先日の薪荷揚げの帰り道、もののけの樹に立ち寄った。
c0294658_10441662.jpg
オカリナを奉納し、同行のくまぷーさんに動画を撮影してもらった。
ーーーーーーーーーー
動画です・・・・


が!


がんばって手ブレしないように注意していたのですが、

ぷーん、ぷーん、・・・攻撃・・・

遂に絶えきれず、

顔パチン!

で誤タッチ。


一旦切れてしまいました!!!!


フェードイン・フェードアウトで適当に編集してお使い下さい・・・!


すいません(*ノω・*)

ーーーー動画ファイル送ってもらった時の一文(ママ)-----

適当に編集しました!僕が間違った箇所もカットさせていただいて・・・

僕らのように、いつでも好きな時に山や森へ行ける人ばかりではないと思います。拙い動画ですが、一緒に森にいる雰囲気に浸ってもらえることが出来れば嬉しいです。
注)拙いのはオカリナの演奏のほうで、スマホ撮影でしたが綺麗に撮ってもらえたと思います。くまぷーありがとう!



https://youtu.be/amKFgGjVsAE

====10月14日 追記====
「もののけの樹」は、カツラではなくシナノキのようだとコメントを頂き、葉の写真を見たいとのリクエストも頂きました。
拡大してみると、どうもシナノキのように思いますが、、、。どーでしょう?
c0294658_06030721.jpg
c0294658_06031623.jpg
コメント欄 参照ください。詳しい方からの判定コメントもお願いしたいと思います。


[PR]
by mt1500funagata | 2018-10-05 21:48 | オカリナ | Trackback | Comments(15)

雨降りのブナの森。
c0294658_23211630.jpg
船形山升沢コース登山口、旗坂キャンプ場付近のブナの森。
雨降りのせいで、辺りには誰もいない。
c0294658_23211686.jpg
ここ数日、日照りのような日が続いていたので、濡れた葉っぱを纏うブナの森は瑞々しく輝いていた。

ブナ林は雨の日のほうがいいなあ~。

c0294658_23211760.jpg
今年3月、ブナの会観察会の時に聞いた森に響くオカリナの音色に魅了された僕は、その観察会の帰り道でオカリナを購入した。

練習するのは主に通勤途中の信号待ちの時間。オカリナの上達法のひとつに①短く区切る②繰り返すというのがあるらしく、信号待ちの僅かな時間でも一小節を何回か繰り返すことが出来るのですね。僕の住む大和町から勤め先の仙台市内中心部まで、特に月曜日なんて1時間半くらいかかる訳で練習する時間は合計するとけっこうな時間になる。
c0294658_23211644.jpg
もともと僕は会社で行うストレスチェックでも、トップクラスのストレスレスなのだけれど、信号待ちの時間をオカリナの練習に当てるようにすると、信号待ちがストレスではなくなるのですね。むしろ赤信号待ってました!ってことになる。
c0294658_23211791.jpg
ここのところクマの動画ばっかりで、ブログタイトルが「船形山からクマの便り」になりそうなので、ブナの森で動画を撮ってみました。

始めて4ヵ月、まだまだ上手に吹く難しさを感じているところですが、ブナの森で吹くオカリナってとっても気持ちが良いです。



[PR]
by mt1500funagata | 2018-07-28 23:17 | オカリナ | Trackback | Comments(6)