嘉太神の森にトレイルカメラをセットして、しばらく放置していたのだけれど、ツキノワグマは来なかった。
c0294658_21025704.jpg
嘉太神の森のなかでも、ここは色々な動物たちが集まる場所。
c0294658_21025607.jpg
この爪痕は昨年の秋にはなかった。という事はこの春にツキノワグマはここへやって来ていると云うこと。
c0294658_21030967.jpg
こんな、アリの巣はツキノワグマにとっては格好の餌場になるはずだと思った。
YouTubeに投稿されているトレイルカメラの動画では、多くの場合米ぬかや××の油とかで誘因(おびき寄せる)を掛けているようだ。でも、それでは自然なクマの行動を捉えたとは言い難いと思っている僕は、自然の餌場にカメラを仕掛ける。今の時期でもクマはアリを喰いに来るのだろうか?

=========
GWとは言え何かと忙しくしていた僕は昨日(4日)に時間を作り、嘉太神の森の観察はトレイルカメラに任せて、一切経山へ観光登山に出掛けた。
c0294658_21030907.jpg
歩きだしは雪模様。思いがけず冬山気分を味わうことが出来た。

隣県とは言っても、七つ森や船形山が近場の山と思っている僕にとっては遠出の気分。
c0294658_21030896.jpg
何度か登っているけれど、いつも雨降りの時ばかりで、この沼を見るのは初めてだった。
今回もガスってるし強風のうえに雪も降り、やっぱりこの山は僕と相性が悪いのだなあ~と思いながら山頂へ。でも、一瞬ガスが切れて沼を見ることが出来た。
c0294658_21032291.jpg
鎌沼の周りを歩くころには青空が広がった。

下山して、前日(3日)から今シーズンの営業を開始した幕川温泉へ。
目的は風呂と温泉の奥にある幕滝を見ること。
c0294658_21032205.jpg
ファンキーな橋が架かる遊歩道を歩くこと20分ほど。
c0294658_21032219.jpg
幕滝。
c0294658_21032235.jpg
滝好きには、たまらない見応えのある滝だった。
c0294658_21032367.jpg
人気の餃子のお店は、2時間20分待ち。足湯のはしごなどして時間をつぶした。
c0294658_21032137.jpg
福島市内で晩飯と言えば、↑↑↑これに限る。

==========
そして、今日は日中の用事を済ませ嘉太神の森へと向かった。
c0294658_21030980.jpg
前回来た時も、沢を挟んだ向こうにツキノワグマの気配を感じた。
今日は、僕の「ホーイ!ホッホー!」という声にツキノワグマの当年子が反応した。
「クッワクッワ・・・クウォーン」と子グマの声が聞こえてきた。

でも、カメラに映っていたのは、
c0294658_21025650.jpg
イノシシと
c0294658_21025658.jpg
カモシカだけだった。

新緑の季節はアリよりも、もっと良い食い物があるのだろう。




[PR]
by mt1500funagata | 2018-05-05 21:57 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)

11月3日、谷川岳の一ノ倉沢を眺めに行って来た。
c0294658_23360786.jpg
僕は登ることは出来ないけれど、多くの若者が命を懸けて自分を表現しようと挑んだ場所を見てみたいと思っていた。

c0294658_23361332.jpg
上からも眺めてみた。
一ノ倉沢は下から眺めるのがいいですね。上からでは僕が撮った写真でその迫力を伝えることは出来ない。


c0294658_23361891.jpg
さすがに11月3日は晴れの得意日。青空に引っ張られるように山頂へと向かった。

c0294658_23362474.jpg
せっかくなので、奥の院を越えて縦走してみた。

c0294658_23384059.jpg
すき焼きセットを担いでの縦走は、けっこう大変なルートだった。

でも頑張ったおかげで、
c0294658_23363008.jpg
晩飯は、美味しいすき焼きをいただくことが出来た。

翌日(11月4日)は朝から雨。予報通りの天気の崩れで、雨の中を快適に下山してきた。

観光登山と言うには、かなりショッパイって言うか、とんがった縦走路だったなあ。

「近くて良い山なり」と称される谷川岳ですが、
僕にとっては、「近くはないが良い山なり」ってとこですね。




[PR]
by mt1500funagata | 2017-11-04 23:56 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)

特別展「熊と狼」-人と獣の交渉誌ー
c0294658_08195829.jpg
11月19日まで、多賀城市の東北歴史博物館で開催中。
午前9時30分~午後5時

c0294658_08215807.jpg
熊と狼、ともに山に住まう猛獣だけれど、熊は生き残り狼は絶滅した。
なぜ熊と狼は違う道を歩むことになったのか?
人と熊や狼との関わりの歴史、そんなことを良く知ることが出来る内容だった。

展示の内容は詳しく書かないけれど、僕は見に行って良かったと思っている。
c0294658_08221660.jpg

28日(土)には日本ツキノワグマ研究所理事長の米田さんの講演もある。
昨年の人食被害の発生した十和利山事件の全容についてらしいのだが、僕は残念ながら行くことが出来ない。
まあ、僕は去年のうちに米田さんから直接この件の話を聞いているので、内容は何となくわかる。
クマがいるのに人はタケノコ採りに何故入るのか?被害に遭った人の家族の気持ちは?まさに、ここのところ僕が記事にしている人とクマとの境界線上にいる人のことについての話があると思う。

========

先週は薪の荷揚げとし尿降ろしで、お返し登山をしていたので、この連休は観光登山に行って来た。
たまには船形山界隈から離れるのもいい。

c0294658_08223266.jpg
中津川渓谷はそろそろ彩りはじめ。

c0294658_08225116.jpg
裏磐梯の銅沼(あかぬま)
ブラタモリでタモリさんが、えらく感激していた風景を見たいと思っていた。
景観は美しさと圧倒的な自然の力の迫力が同居していて息を飲むほどだったけれど、この沼には生き物が生息出来ないらしい。どうりで畔の森から鳥の声が聞こえなかった訳だ。


今回の観光の目的は銅沼だったけれど、ついでに磐梯山も登って来た。
c0294658_08231027.jpg
普段見慣れない白樺の黄葉の森を歩き、荒涼とした稜線を歩いてきた。
噴煙を上げる山肌を見て、この山は生きているんだなあって実感した。
c0294658_08232749.jpg

今は破線ルートになっている裏磐梯コースだけれど、急な場所には鉄の手すりが設置されていて、相当ありがたかった。
登山客として登る山で山を整備してくれる人々がいるのだってことを改めて思う。

誰かが整備してくれた登山道を歩く僕は、登山者ではなく、ヤマ屋でもなく「登山客」の一人だった。


[PR]
by mt1500funagata | 2017-10-10 08:30 | ほかの山 | Trackback | Comments(4)

8月11日は「山の日」
山にいかなくっちゃ!ってことで、山に行ってきた。

せっかくの連休なので県外の山へ出かけた。

c0294658_09125292.jpg
天気予報は下方修正で、雨に降られるのは分かっていたけれど、いつも言ってるように「雨も天気のうち」。

c0294658_09155317.jpg
水滴を纏った遅咲きのヒメサユリに出会えるのも雨の日ならではのこと。

c0294658_09160228.jpg
主稜線は初夏の花が一面に広がっていて、遠くの景色はガスに包まれて見えないからこそ、目に入る景色は花ばっかり。

c0294658_09161508.jpg
東北の中では全国区の山で多くの人と行き交うのかと思っていたけれど、誰一人ともすれ違うことはなかった。
この山でこんなに静かな稜線歩きを味わえるのも、雨の日ならではのこと。

稜線で雨に濡れる花々を見ながら僕は、花が笑っているなあ~!って思いで歩いていた。
「夏山蒼翠にして滴るが如く」というけれど、僕が思ったのは「笑うが如く」のほう。

c0294658_09532879.jpg
だって、どちらを向いても花ばかりなものだから、正岡子規の「故郷やどちらを見ても山笑ふ」を連想し、
「稜線やどちらを見ても花笑う」って思いながら歩いていた。

c0294658_09162662.jpg
山小屋についたら雨は上がり、遠くの山並みも眺めることが出来た。

c0294658_09561016.jpg
山小屋での晩飯。ビーフシチューのせクスクス。

c0294658_09562462.jpg
山小屋での朝飯。シャケと納豆の朝定食。

c0294658_09595472.jpg
稜線下って雨上がりの昼飯。山の冷水〆冷やし中華。

c0294658_10032604.jpg
山の日にバンザイ!(次の日だけど・・・)

行って来たのは、朝日連峰、泡滝ダム~大鳥池~以東岳~狐穴小屋でした。

c0294658_10083782.jpg
以東の小屋も順調に建設が進んでいます。9月末には完成ですね。



[PR]
by mt1500funagata | 2017-08-14 10:11 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)

山のあなたの空遠く

***山のあなたの空遠く
     幸い住むとひとのいふ***
c0294658_22494011.jpg

***ああ、われひとと尋(と)めゆきて
     涙さしぐみかへり来(き)ぬ***

c0294658_22511283.jpg

最初の写真は、いつも見ている船形山あたりの夕方、その山を越えた「山の彼方」に幸いが住むらしい。

という訳で、8月5日、一山越えた向こうの山に探しに行ってきた。
c0294658_22562025.jpg

太平洋側はぐずついた天気のようだったけれど、一山越えた向こうの山は青空が広がっていて、
それはそれは美しく花に囲まれた風景の中を歩くことができた。

c0294658_22563585.jpg
僕もたまには船形山を越えた彼方の山へ出かけて行って、幸いを探しに行くわけです。

c0294658_22565137.jpg
まだ僕には、ジョバンニの言う「ほんたうの幸い」は見つからないけれど・・・
涙がでるほど美しい風景の中で、自分自身の幸いは感じて帰ってくることが出来た。

c0294658_22565916.jpg
現在・過去・未来


***山のあなたのなほとおく
     幸い住むとひとのいふ***
(カール・ブッセ「山のあなた」/上田敏訳

今週末は、幸い住むとひとのいう、なお遠くの山に向かうつもりです。



[PR]
by mt1500funagata | 2017-08-06 23:49 | ほかの山 | Trackback | Comments(3)

船形山の麓、七つ森の少し奥で「ワルそうな」テンと会った。
c0294658_22471898.jpg
今まで何度もテンとは会っているけれど、カワイイとか美しいじゃなくて・・・なんか見た目がワルそうな奴。
c0294658_22494832.jpg
なんか、そんなふうに見えませんか?

7月になってからブログの更新がないので、チバさんもついにクマにやられたか?って噂がまことしやかに広がりつつありますが・・・
ここ3週間ばかり週末は県外の山に行っていたので、船形山界隈のネタがなかったってダケでした。

先般の海の日の3連休(7月15~17日)も県外の山、2000mの稜線で悪いテンキに見舞われていたのです。
1日目と3日目はまあまあ良かったんですけど、メインの稜線がひどかった。
船形関連ではありませんが、少しお伝えしたいと思いました。

船形山のブナを守る会は山岳会ではないけれど筋金入りのヤマ屋さんも多く、オヤブンもその一人。
c0294658_23052554.jpg
厳冬期の朝日や飯豊を縦走し数々の未踏の沢を開拓した過去を持つオヤブンと一緒に山に入った。
雪渓を登って稜線を歩き、岩稜を越え、そして沢を渡る2泊3日の計画。

こんな人と一緒に山に入ると僕らは到底ヤマ屋とは言えないなあ~ってつくづく思わされる。
朝日連峰や飯豊連峰に2週間も山小屋やテントをベースにして、尾根を下り沢を登るを繰り返したのだそうだ。

c0294658_22575484.jpg
初日は風もなく、恵まれた天候で標高差1400mを一気に登った。

c0294658_23250184.jpg
山で2泊となれば、荷物も重くなり登山してるって思える。
日帰りや1泊では味わえない背中の重みと緊張感が心地よい。
今回は2泊分の宴会食材と沢を渡るための40mザイルやハーネスとか余計なものも背負っているのだからなおさらだ。

計画の段階では軽量化の指示がでていたけれど・・・
c0294658_23313650.jpg
1晩目は、モロミ漬けのトンテキとポトフを山メシにしてみた。
コメもアルファ米やレトルトなんて使わない。オヤブンの田んぼで作った無農薬のササニシキを炊いて喰う。
日本酒も一升持ち上げた。

悪かったテンキは2日目(7月16日)
c0294658_23365329.jpg
ガスっているから100m以上も切れ落ちている稜線のトラバースも高度感はなく緊張はするけど恐怖感はない。

c0294658_23403763.jpg
残雪が多く残りガスってルートがはっきりしない稜線を僕がトップで歩く。
悪くなってきたのはこのあと。

大粒の雨が横殴りに吹き付けてくる。
雨が降るのはわかっていたけれど、ここまで強く風が吹くとは思っていなかった。
この雨では予定していた渡渉するつもりでいた沢も水量が増えて渡るのは到底無理なので予定は変更となり、その場で来年の海の日の連休の計画は決まった。今回断念したルートを来年やるのだ。

c0294658_23462623.jpg
吹きっ晒しの稜線はまともに歩けなかった。耐風姿勢を確保してカメラを出すのにも苦労した。
腰を落とし左手に持ったピッケルで体を支え、やっとの思いで撮った一枚。

吹き付ける風の隙間を縫って、這う這うの体で避難小屋へとたどり着いた。

バカみたいだけれど、こんな山行が面白い。

3日目は稜線から下ると打って変わって青空が広がった。
c0294658_00043249.jpg
予定ルートから変更し、前日の雨で崩壊した雪渓を越えながら下山する時には、念のためにザイルを張ってルート工作を行った。
黒く口を横に広げた雪渓の下に転げ落ちてしまったら助かる術はない。雪渓の下からは雪シロで増水している沢の流れる音が轟轟と聞こえている。

c0294658_00044418.jpg
食料や酒、水がなくなり軽くなったザックで余裕の僕。

久しぶりに登山をしたなあ!って思える3日間でした。

=============
船形山のブナを守る会からのお知らせです。
来月、8月21日(月)~27日(日)
「第19回 ブナの森作品展」が開催されます。
場所は、大崎市古川(大崎市役所近く)「大崎市民ギャラリー 緒絶の館」
ブナの会の会員の趣味(プロ)の作品や写真などを展示します。
そこでブナの森、ブナの会への関心を持って頂けたら幸いと思っています。

船形山のブナを守る会に興味がある、もしくは参加してみたいと思われる方は、
mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp
大和町チバまでご連絡ください。案内をお送りします。
(お名前と大まかなお住まい年齢を記載してください。ハンドルネームのみの場合は返信いたしません)
=============



[PR]
by mt1500funagata | 2017-07-20 22:44 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)

先の週末はミズバショウの群生地としては日本一有名な国立公園へ行ってきた。
c0294658_22294791.jpg
さすがに年間30万人以上の人が訪れるだけのことはある。
それはそれは見事なミズバショウの群生が広がるとても美しい湿原だった。

c0294658_22322241.jpg

あいにくの空模様だったけれど、それはそれで、こんな光景も見ることができた。
c0294658_22341019.jpg
ここは日本の自然保護活動の発祥地とも言える。
この湿原を守ろうとした人たちがいたから、この湿原は水力発電用の巨大ダムの底に沈むことを免れたのだ。

電力会社の計画から守られた湿原は、今度は観光目的で訪れるニンゲンから守らなければならなくなって行く。
c0294658_22461001.jpg
湿原は人が踏むことによって1cm沈むと、その復元には10年を要するのだそうだ。
大規模に木道を整備し、かつて有ったゴミ箱が撤去されてゴミ持ち帰りの先駆けとなり、トイレの浄化設備も充実した。
現在はニホンジカの食害から守るための対策が進んでいる。

c0294658_22540511.jpg
この湿原は僕も大好きで何度も訪れていて、いつまでもこの美しさが保たれるように願っている。

自然保護発祥の湿原を二日間歩いて自然保護を考える。自然保護って僕も含めた人間から保護するってことじゃないか。


大勢の人が集まる有名観光地から帰って来た僕は、早朝の時間を使って僕だけの観光地へと向かった。

大和町のとある山林。
c0294658_23073150.jpg
絶滅危惧2類のこの花を見に行く。勿論道はないしツキノワグマが近くにいる気配をいつも感じる。
山林の斜面には、まだ花を咲かせることのできない幼株も含めると50株近くを数えた。

c0294658_23100456.jpg
この4枚の写真は同じ株の成長の様子。
蕾をつける前から通っていた。

有名な観光地化された自然の風景を鑑賞しに行くのは良いことだし、僕もその風景を見て感動もする。でも、そこでの僕は一観光客であって、その場所の保護や整備になにも関わっていない。

ところが、ここは僕が見つけた場所、僕は僕で保護を考える。
本来ならば得意になってブログで写真なんか公開しなければ良いのだけれど、大和町の山林にもこんな花が咲いているんですよってことは伝えたい。そして、自分だけの守りたい場所を見つけることの嬉しさを知って貰いたいと思っている。
地元の自分で見つけた場所だからこそ、そこの保全活動にも関われる。若畑の「幻のブナ林」は保全を求めて自分の名前で要望書を森林管理署に提出したし、ここの環境が大きく変わるような予兆があれば積極的に行動することも出来る。遠くに出かけて行き希少種の写真をブログに載せて「盗掘はいかん!」と匿名で訴えたとしても何も行動を起こさないのであれば、単なる自分のアピールにしか過ぎないと思ってしまう。

c0294658_23350378.jpg
この花を保護すること=この場所を秘密にすることって言うのは実はとっても悲しいこと。
ごく一部のある種のニンゲンがこの場所を知ってしまったら、この花たちは全て持ち去られてしまうかも知れない。
このブログを見てくれている人の中には誰一人としていないのだけれど、掘って持ち帰る人もいるのだから仕方がない。泉ケ岳の麓にある里山ごはんカフェでは、店のブログに書いたとたん庭に咲いた3株がすべて盗まれてしまったそうだ。

僕も今年はもうこの場所へは行かない。
もうすぐ藪が深くなって花は落ち茎や葉は周りの緑に紛れて姿を隠す。僕が歩いたわずかな踏み跡も植物の力ですぐに復元することだろう。
誰にも見つからないようにうまく隠れていて欲しい。

それから今日は山を歩くニンゲンも良い人ばかりじゃないんだなーって思わされることがあった。
ヤマグワの実が色づき始めて、そろそろツキノワグマが現れるかと思って設置していたセンサーカメラが持ち去られていた。
c0294658_00035715.jpg
留めていたベルトがカッターのようなもので切断され捨ててあってカメラはなくなっていた。
野生動物観察中と明記して名前も住所もわかるようにしていたのに、誰かが悪意を持って持ち去ったとしか考えられない。

自然保護、環境対策、クマ対策・・・必要でしょう。
ニンゲン対策が必要!って、どう思いますか???

*キーワード検索でヒットしないように花の名前は書いていません。もし、コメント寄せていただける方がいらっしゃるなら花の名前は書かないようにして下さいね。




More
[PR]
by mt1500funagata | 2017-06-06 22:49 | ほかの山 | Trackback | Comments(10)

船形山麓、学術的にも珍しいと言われる標高100m前後にあるブナ林。
c0294658_22480140.jpg
僕は「幻のブナ林」と呼んでいる。

関連記事:「幻のブナ林でテンの声を聞く」
http://bunatayori.exblog.jp/25553719/

新緑の頃、僕は決まってこの場所を訪れる。
c0294658_22583093.jpg
国有林でありながら森林管理署ですら知らなかった、杉の造林地の中に取り残された幻のブナ林。僕は森林管理署にこの森の保存を求める要望書を提出している。

僕のとっても好きな場所。

昨日までは県外の山にいた。

こんな素敵な山小屋に泊まって残雪の山を縦走するのはもちろん楽しい。
c0294658_23071211.jpg
暖かい雪山って僕の理想とするところだ。
c0294658_23113893.jpg
初日は初夏のような気温で雪の上で裸になっても寒くないつーか気持ちイイ!
このまま、ここに留まって北欧のバカンスを気取るのも頭を過ぎったけれど、翌日は連休中唯一の悪天。

バカンスを楽しめるような天候じゃなかった。
晴天ばかりが天気じゃないよ!雨も天気のうち、ガスも天気のうちなのである。

稜線へと向かった。

c0294658_23132212.jpg
雪の斜面に取り付き、
c0294658_23164896.jpg
岩稜を歩き、これより先は展望の利かないガスと雨の中を歩き続けた。
初めて歩くルートで視界も利かなかったけれど、前日にスライドしたパーティーの僅かな踏み跡は助かった。降り続く雨で踏み跡が分らなくなってからは、自分のルーファイに頼るほかない。大回りする夏道を大幅にショートカットして、ドンピシャ!地元の登山者が利用していると思われる冬道の起点らしい場所へ、最後少しだけの藪コギで到着した。
展望を楽しむだけが登山じゃない。ルートファインディングそのものを楽しむ登山もありだ。

県外の山から帰って来たと言っても、自宅に帰ることが僕にとっての「帰る」ではない。
船形山のブナに「ただいま」することが「帰る」ことなのだ。

c0294658_23194716.jpg
この森で初めてウラシマソウを見つけた。

c0294658_23371345.jpg
お気に入りの森でコーヒーを飲み一袋分だけ山菜を摘んで、大型連休の最後を僕の好きな場所、幻のブナ林で締めくくった。


===おまけ===

山岳ドキュメンタリー映画「メルー」の中で、絶壁に吊るしたテントで3人のクライマーが食べていた「クスクス」。僕はどんな食べ物か知らなかった。どーにも気になってしょうがなかったので、山小屋で食ってみた。
c0294658_23441090.jpg
ハンバーグが乗っているのは米じゃあありません「クスクス」。
山メシに使えます!
米粒よりも小さいパスタ、コッヘルでお湯で戻すだけ、アルファ米より簡単で早い。米を炊いた後と違ってコッヘルにこびりつかないので、後始末も簡単。凍らせても温めなおすだけで食べられる。
お腹の中でも膨れるのか?100gで満腹感ハンパないです!
ジミーが「couscous everyday!」って言ってた深い意味が分った。

参考サイト:「クスクスってどんな食べもの」
https://allabout.co.jp/gm/gc/224738/


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-05-07 22:46 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)

2月最後の週末、来週からは厳冬期って言えないよわ!

春が来るのは楽しいけれど、厳冬期が終わるのも少し寂しい。
今年最後の厳冬期の雰囲気を求めて山へ向った。
c0294658_23194071.jpg
踏みしめる雪と気温、風は厳冬を感じさせない。
春山だよわ!

お手軽に宮城県内としては結構な標高のところへいけるルートなので、踏み跡ガシャガシャ付いているかと思っていたけれど、先行者はワカンの2人だけだった。
c0294658_23213646.jpg
ぜんぜん厳しくないっす!
c0294658_23282248.jpg
風のある山頂で少しだけ厳冬期っぽい雰囲気を味わえた。
c0294658_23295558.jpg
登って来たのは蔵王連峰の後烏帽子岳。
主稜線側はガスに包まれて、360度の展望って訳には行かなかった。

標高こそ船形山より高いけれど、ちょっとズルすれば山頂までは難なく届く。
山頂ピストンでは、あまりにもヘナチョコすぎる。
前烏帽子を経由する周回ルートを選択した。
c0294658_23374512.jpg
前烏帽子岳への雪の廊下。
僕は船形山以外の山をあまり知らないので、この辺りの山隗ってもっと人が多く訪れるものとばかり思っていたけれど、誰~れとも会わなかったし踏み跡は全くなく赤布もほとんど見られなかった。
c0294658_23433704.jpg
前烏帽子岳で自撮り。
「知ってる」山と「行ったことがある」山とは違うって思っている。特に冬山では。
無積雪期に1~2度歩いたことがある程度の山を「知ってる」なんて、僕は言えない。
c0294658_23190395.jpg
夏道上の△1401はショートカットして、適当に斜面を下る途中の開けている場所から、七つ森笹倉山を眺めることが出来た。先般登った黒岩の壁も確認できる。
いつも向こうのほうから眺めている山から、今日は逆に眺める。
船形山は泉ケ岳のスキー場から上部はガスに隠れて見ることが出来なかった。
c0294658_23525451.jpg
太平洋側は青空が広がり、仙台平野から遥か仙台湾の向こうの牡鹿半島までの展望が開けた。

2月だってのに、すっかり春山だよわ!

(注)最近、関東や西日本の方も御覧になっているらしいので、少し解説!語尾の「わ!」について。
仙台弁かな?ほとんど意味のない「わ」ですが・・・
用例:標準語=「終わったの?」「終わったよ」
   仙台弁=「終わったのわ?」「終わったよわ」
こんなふうに、意味なく最後に「わ」を付けて普通に会話しています。


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-02-25 23:10 | ほかの山 | Trackback | Comments(0)

2月4日立春。
春の始まりの日ではありますが、山の暦では厳冬期。
ここのところ里山行きが続いていたので、そろそろ奥山の深雪が恋しくなる。

と言う訳で、簡単に奥羽山脈脊梁付近に行くことが出来る関山峠に向った。
c0294658_21020204.jpg
明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道を関山トンネル入口から逆周回するのだ。

*参考(最初に読むと本記事の内容が分りやすくなります)
マロのページⅡ「関山・峰渡りのブナに・・・」
http://maro407080.exblog.jp/19673646/
マロのページⅢ「関山隧道と峰渡り・・・」
http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-442.html
ほかにもあります

関山トンネルの入口から西に伸びる尾根に目を付けた。
c0294658_21103978.jpg
寒風山への登山道とトンネルを挟んでちょうど反対側になるのだけれど、尾根に取り付くまでも強制的に雪と戯れなければならない。
フェンスに沿って取り付き箇所を探るけれど、等高線で想像していたよりもずっと急!

おう!望むところだ!
今日は深雪と急斜面を求めてここへやってきたのだ。
せっかくの厳冬期。日帰りではあるけれど、少しは冬山らしいことしなくちゃ面白くない。
c0294658_21173069.jpg
ストックを縦に突いて歩くラッセルなんて望んじゃいねーぜ!
って、意気込んでいるのか?はたまた、ひぇ~!って泣きながら登っているのか?

2本まとめて横に持ったストックで、すぐ目前にある雪の壁を手前に崩す。崩れてきた雪に膝蹴りを食らわせて、ニードロップ的に少し下向きに押し込んで出来た穴にスノーシューの先端を叩き込んでステップを作りながら登る。
c0294658_21442178.jpg
標高差は50m程度なのだけれど感覚的には100mくらい下に国道48号線が見えている。結構な急登でしょ?

c0294658_21472323.jpg
ふう~、やっと二本足歩行ができるなだらかな尾根に辿りついた。
それもつかの間、またまた現れた急登。
c0294658_21512191.jpg
同行のヨシコさんも強くなった。目指すピークへの最後のラッセルを買って出た。

c0294658_21535562.jpg
標高745mのピーク。
直線距離約340m・歩行距離約650m・標高差約240mのここまで、2時間15分を費やして、やっと峰渡りのルートに乗った。

ここを右(北西)に向えば大峠(関山)。元来ヘタレな僕らは大峠へのピストンはパスして左(南)へ。峰渡りの尾根を下る。
c0294658_22002202.jpg
うっひょー!って叫びたくなるような快適な尾根下り。
c0294658_22043419.jpg
樹間からは奥羽山脈の山々。

尾根の途中に、
c0294658_22072139.jpg
maro7さん達が名づけ名板を取り付けた「峰渡り大ぶな」。

どんどん下って旧関山街道との出合い付近で行動食。
c0294658_22110976.jpg
加藤文太郎のような、山ヤが山ヤであった古き時代から受け継ぐ行動食は干し柿。僕らはまだまだ山ヤとは言えないけれど、真似事だけはしてみたいものだ。

旧街道への合流地点は崖のようになっていて、適当に降りやすそうな所からお尻をついてジャンプするつもりで滑り降りたら、なんと言う偶然!
宙に浮くと思っていたお尻がダンダンダンと衝撃を受けた。
c0294658_22261019.jpg
これもmaro7さん達が設置したアルミ脚立。もちろん雪に埋もれていたのだけれど、センチメートル単位での誤差もなく、僕のお尻は脚立を滑り降りたのである。
脚立を設置したことは知っていたけれど、初めてここへ来た僕はその場所を知らない。これは僕が怪我をしないようにと、最近行動を共にしているmaro7さんのご加護によるものか?
数十メートル歩いた中でドンピシャっていうのは偶然という言葉で片付けるのは違うんじゃないかと思いますねえ~。

c0294658_22380217.jpg
旧街道まで来れば、あとは・・・
c0294658_22390032.jpg
国道への最後の尾根を下るだけ。

少し遅い昼食にした。
c0294658_22402076.jpg
ヒゲの写真家直伝の焼きそばナポリタン。トマトジュースが肝になる。

c0294658_22432610.jpg
峰渡りの逆ルートの終了。
c0294658_22443684.jpg
しかし・・・最後の難所が待っていた。
c0294658_22454727.jpg
えっ!?道路に出られないじゃん!
今日一番イヤなトラバース。上流のスノーシェルターのところから国道に上がって、今日一番の危険箇所、除雪で道幅の狭くなった国道48号線を大型トラックにビビリながら無事に車まで戻った。

せっかくの厳冬期。雪山を楽しまなくちゃね!


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-02-04 23:19 | ほかの山 | Trackback | Comments(4)