人気ブログランキング |

森で聴いたオカリナの音色に魅了されて以来、オカリナを吹き始めておよそ1年が経った。自分だけのオカリナが欲しいー!という訳で、オカリナの自作にチャレンジしてみた。

c0294658_22184570.jpg
(上:4作目「D管」 下:5作目「C管」)

オカリナって陶器というイメージがあって、なかなか手作りのハードルが高いのですね。でも、あるきっかけで本気で作ろうと思い始めた。まず、焼き物の粘土や道具の下調べをしようと僕の行きつけの店「アークオアシス仙台泉店」へ。

そこで目に留まったのが、石粉粘土ってもの。(ダイソーでも売ってた。)
c0294658_22180039.jpg
店員さんに聞けば、「乾くと陶器の素焼きみたいな感じになるんですよ」だって。

設楽焼きとかの粘土で作る前に、この粘土で形だけでも作る練習のつもりで買って来たのだけれど、作り始めると色々と工夫をしなければいけない事があったりして楽しくなってきた。

最初に作ったのは、以前の記事の中で動画をアップしているけど、実は音が出るのは上の「ド」までで、「レ」以上の音は「フーースーーー」って音が出ないオカリナだった。4つ目でようやく上の「レ」以上の音が出るオカリナを作ることが出来た。



やっぱりオカリナって森で吹くのが一番良いですね!
しかも、僕が「出した音」ではなく、僕が「作った音」が森の風に乗って森の空気と同化するのですから、楽しくって仕方ありません!

===石粉粘土オカリナ(5作目) 製作日記===

<1日目>

c0294658_23024916.jpg
出来上がったものに色を塗るつもりで買って来たアクリル絵の具だけれど、粘土に練り込んだら青磁器のような模様になるかも?って思ってやってみました。(冒頭の写真)

c0294658_23024947.jpg
適当にオカリナっぽい形を作ります。
オカリナは息が共鳴する空洞の容積で音域(キー)が決まるので、動画をアップした「テキトーな大きさで作り、結果的にD管」(ドの押さえ方をした時にピアノのレの音になる)になったオカリナ」(冒頭の写真の上のモノ)より、少し大きめに作れば「C管」(ドの押さえ方をした時にピアノのドの音になる)になるはず。

c0294658_23024897.jpg
自分の手に合わせてトーンホール(指穴)の位置を決めます。
1日目はここまでにして、表面の粘土がやや乾燥するのを待ちます。

<2日目 朝>
c0294658_23103145.jpg
表面がやや乾いて来たら、テグス糸で真ん中にしるしをつけてカッターで表面部分に切れ目を入れます。

c0294658_23103105.jpg
最初からテグス糸で切ろうとすると余計な力がかかってしまい、型が崩れてしまいます。

c0294658_23103106.jpg
中のほうはまだ柔らかいので切れ目からテグス糸を使って半分に切断します。

c0294658_23155043.jpg
半分にしたら、もう少し表面だけ乾かす(固くする)ために切断面にラップを張ってもう一日乾燥させます。

<2日目 夜>
c0294658_23155034.jpg
内部の空洞になる部分を削り取るためにカッターで縁取りをします。

c0294658_23155029.jpg
厚みが均等になるように粘土を掻き取ります。

c0294658_23155044.jpg
掻き取りが終わったら、表面(外側)はもっと固く、内側はやや固くなるように

c0294658_23103163.jpg
こんな感じで、また一日乾燥させます。

<3日目 >

石粉粘土でオカリナを作ると、吹き口のところが唾液や息の水分によってべとべとになってしまうという欠点があるようですね。僕もそうでした。最初のオカリナは吹き口の内部に液体接着剤を塗ってべとべとにならないように工夫したのです。

ショップの粘土担当の方に相談したら、なかなか良さそうな粘土を教えてくれました。でも、その粘土でオカリナを作るのは難しく断念したのですが、吹き口の部分だけその粘土を使うとイイんじゃない?って思って、
c0294658_23245522.jpg
こんなの作って、
c0294658_23245519.jpg
吹き口になる部分に埋め込んでみました。

c0294658_23245585.jpg
歌口の穴を空けます。

c0294658_23245559.jpg
別な粘土で作った吹き口を埋め込み、吹き口と歌口の大まかな形を作ります。
吹き口と歌口のバランス、歌口のエッジの作り方は↓↓このサイトを参考にさせてもらいました。
オカリナの作り方教室
オカリナの作り方



c0294658_23422121.jpg
指穴を開けて行きます。

c0294658_23422963.jpg
内側のバリを取ってきれいにしたら、更に加工しやすくするために、もう少し乾燥させて固くします。


<4日目>
c0294658_23425123.jpg
内側が乾き程よい固さになったら

c0294658_06112061.jpg
張り合わせる形作りの段階に入ります。

c0294658_06123335.jpg
埋め込んだ吹き口のパーツはこんな感じに。

c0294658_06132784.jpg
乾燥すると歪みが出てしまいますが

c0294658_06144889.jpg
カッターで簡単に削ったり、粘土を足したりして形を調整します。

c0294658_06144824.jpg
こうして簡単に加工できるのが石粉粘土の便利な所ですね。

c0294658_06144806.jpg
張り合わせる前に歌口の調整です。

c0294658_06225320.jpg
オカリナ作りで、一番のキモになるのがこの工程です。下半分(歌口のあるほう)の切断面を手で覆って息を入れてみますが、まだノウハウが確立されていないので最初は全く音が出ないのです。
この段階では、まだ粘土が完全に硬化していないので、吹き口の出口部分や歌口のエッジの角度や高さを調整して行きます。
手作りオカリナのサイトを調べてみても、どこをどう調整するのかわかりませんでしたが、やってみると僕も「どこをどう調整したのか?」書くことが出来ません。とにかく、あーでもないこーでもないを繰り返し「ピューー!」って音がでる偶然を探します。音が出た時の嬉しさってタマラナイですよ!心の中で「やったー!」って叫んでしまいます!

この歌口の調整ってホントーに微妙です。エッジの高さをちょっと下にして音が出たから、もうちょっと下げてみるとまた音が出なくなったりします。

オカリナの音が出る仕組みって流れる空気(息)の振動と共鳴な訳ですから、どんな角度でどんな流れで風を切ったら?音がでるのだろう?って自分が風になったつもりで考えながら調整しました。(これ大事!)

c0294658_07204635.jpg
とりあえず音が出るようになったら、歌口を乾燥させるために形が崩れないようにマスキングテープで仮止めをして、また乾燥させます。

<5日目>

c0294658_07231919.jpg
貼り合わせの作業に入ります。

c0294658_07241360.jpg
歌口も乾燥するとまた音が出なくなったりするので最終調整です。

c0294658_07251455.jpg
今開いている穴は仮の穴で、音階に合わせて穴を広げて行くのが前提なので、あとから広げやすくするために穴の内側を薄くしておきます。

c0294658_20473474.jpg
水で緩めベトベトにした粘土を接着剤にして貼り合わせます。

c0294658_20473426.jpg
この段階で指穴を全部押さえて息を入れてみます。今回作ろうとしているのは「C管」ですから、全閉の時に下の「ラ(A)」の音が出れば、「ド」の押さえ方をした時にピアノの「ド(C)」音になる訳です。

c0294658_20473456.jpg
「ラ#(A#)」でした。狙っていた音よりもちょっと高いですね。つまり、空洞の容積がちょっと少ないということ。

c0294658_20560831.jpg
接着面をはがして、中の粘土を削り取り空洞の容積を大きくします。

c0294658_21000908.jpg
大体の感覚で粘土を取り除き、また張り合わせてチューナー(スマホアプリ)で音程の確認を繰り返します。

c0294658_21000962.jpg
「ラ」になりました。これで「C管」の音程になったということ。このあと形を整えるために削ったり磨いたりするので、今くらいの針の位置だと最終的には真ん中になるはず。あとの音階は小さめに開けた穴を広げて行くだけですから簡単です。

c0294658_21000910.jpg
貼り合わせた接着剤としてのはみ出した粘土を取り除き、

c0294658_21060230.jpg
カッターナイフで粗削りして形を整えます。

c0294658_21071311.jpg
こんな感じで形が整ったら、

c0294658_21124314.jpg
紙やすりで細かい凹凸を取り、表面を滑らかにします。写真は240番ですが、このあと800番から1200番とだんだん細かくして滑らかさを出して行きます。

c0294658_21154156.jpg
乾燥した石粉粘土を水拭きで仕上げるとツルツルになります。

c0294658_21172626.jpg
この写真ではツルツル感がイマイチですが、ツルツルのピッカピカになります。

c0294658_21173254.jpg
触った感触は、素焼きや釉薬をかけたものとは違う独特のツルツルした心地よい肌触りです。

c0294658_21203440.jpg
この粘土細工を楽器とするために、チューナーで一つずつ確認しながら指穴を削り広げて行けば良いだけなので、あとは簡単ですね。この写真は「レ(D)」の音を作るために右手の小指の穴を広げているところです。

こうして、楽器としてのオカリナを石粉粘土で作れるようになりましたが、音色や音の大きさとか、まだまだ改善の余地はたくさんあります。形や肉厚を変えてみたり、内部の凹凸とかを工夫すれば音色は変わってくるはずで、もう少し石粉粘土のオカリナ作りを続けてみたいと思っています。

最後に、石粉粘土オカリナを作る際に僕が気を付けた点をいくつかあげておきます。
・一日で仕上げようと思わない。ある程度の固さがないと形は崩れるばかりで、きれいな形作りが難しくなります。
・音が出るようになったら、何度も音を出さない。息で歌口のエッジとかが柔らかくなり型崩れして音が出なくなる場合がある。
・調律の時は面倒でもいちいち吹き口に付いた削りカスをエアーで飛ばしてから吹いてみる。削った粉が吹き口(ウインドウェイ)に付着し息でベトベトになって音が出なくなったりする。


c0294658_21484788.jpg
さあ、自分で作ったオカリナ持って、森に出かけてみましょう!
買ったオカリナで「出した音」ではなく、自分で「作った音」が風に乗って森に沁みわたる心地良さを感じることが出来ると思いますよ!


ご質問や説明不足の点がありましたら、お気軽にコメントくださいね。

by mt1500funagata | 2019-05-29 22:12 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(2)

夏至を迎え、早朝4時には明るくなる。
無駄に早起きな僕は、明るくなってから出勤までの時間が沢山ある。

c0294658_21263457.jpg
朝の時間を使って、↑↑↑こんなのを作ってみたりする。
柄の長い山菜キノコ用の鎌だったけれど、登山道のササを刈っている時に刃が外れて壊れてしまった。刃だけは取っておいたのでサクラの枝で柄を作り、山菜キノコ用の手元鎌として生まれ変わった。
刃渡り約8㎝でシドケとか採るのに丁度よい大きさ。飴色に塗ったサクラの柄も自分としては満足できる出来栄えだったけれど、これで収まらないのが僕の性分。
c0294658_21263586.jpg
余り物の皮でケースを作ってみた。
c0294658_21263545.jpg
ここまで出来れば、やっと手作りの逸品?カテゴリーに加えることが出来る。

皮細工を始めようとしたきっかけは、ピッケルケース。
市販の汎用のもので気に入るものがなかったので、自分で作ってみようと思ったのが始まりだった。
c0294658_21263528.jpg
どこかに習いに行ったりした訳ではなく、縫い方とかはハウツー本の立ち読み。
ピッケルと皮をじっと見て、出来上がりの形と使い勝手を想像していると大体の形が頭の中で出来上がった。実際にピッケルの大きさに合わせて裁断し縫い合わせてゆくのだから市販の汎用品ではあり得ないジャストサイズのケースが出来上がる訳ですね。

もともと子供のころから何かを作るのは好きだったし、ほかの人と同じものを持つよりも自分なりのオリジナリティーを大切にしていたように思う。

20年くらい愛用している、川虫用の手作りエサ箱。
c0294658_21263523.jpg
紅葉したモミジを張り付けて、作った当初は綺麗な赤だったけれど長く使っているうちに相当色あせてしまった。釣り歩けなくなるまで使い続けたいと思っている。

4品目は、新作の杖。仕上がったのは今年の春のこと。
c0294658_21263567.jpg
前回作った杖は、僕には少し短く細かった。
長さと太さを自分に合わせるだけなら簡単なのだけれど、気に入る模様の入った木を見つけるのが一苦労どころじゃなく百苦労くらいする。

c0294658_21263495.jpg
この杖の現場デビューは10月の薪荷揚げ登山の予定。

長く使っている、ずいぶん前に作った杖に後輩が目を付けて「チバさんが山歩きしなくなった時が来たら、その杖を僕に譲ってください」と言って来たことがある。
僕はこう言って断った。
「三途の川を渡渉する時に使うからダメ!」

手作り品への愛着は一生どころではない。死んでも使うのだ。



by mt1500funagata | 2018-06-24 22:30 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(2)

船形山のブナを守る会の3月の早春観察会で、森で聴いたオカリナの音色に心を動かされて以来、僕も山や森でオカリナを悪戯するようになった。

c0294658_22062776.jpg
ザックに入れて持ち歩くのだからプラスチック製のオカリナを使っていたのだけれど、少し吹き慣れてくると陶器製のオカリナの音色が欲しくなる。

という訳で、
c0294658_22062731.jpg
陶器製のオカリナを購入してみた。もちろん初心者向けのリーズナブルな値段のもの。右の黄色いのがプラスチックオカリナ。

陶器製であるから、落としたり転んでザックをぶつけたりしたら当然壊れる訳ですね。
c0294658_22062725.jpg
こんなソフトケースは付属していたけれど、手提げバックで持ち歩くわけではないので少々不安。
何万円もする高級品にはハードケースが付属しているけれど、もし同じようなものを入手しようとしたらオカリナ本体よりも何倍も高い買い物になってしまうし無駄に大きい。ザックに入れるのが目的であるから、とにかく小さいジャストサイズに越したことはない。

ネットで検索してみたけど、僕の求める硬さ(素材)・形・大きさの物は見つからなかった。

だったら、自分で作ってしまおう!

オカリナを手に取り、大きさや素材、完成形とか色々なことを想像し、行き着いたのがアルミケース。
木製=削る→めんどくさい(手間がかかりすぎる)NG、板を張り合わせる→強度を出すには厚さが必要NG
厚手の皮革=加工がめんどくさい、皮自体の値段が高いNG

c0294658_22062797.jpg
付属のソフトケースを利用することにして、まずはボール紙で型紙取り。
c0294658_22062773.jpg
滴型の筒を作る。ソフトケースのクッション性があるので、筒の中で動く心配はない。
c0294658_22065585.jpg
ホームセンターにちょうど型紙とほぼ同じ大きさのアルミ板があった。0.5㎜×200㎜×300㎜で400円くらい。
c0294658_22065563.jpg
厚さ0.5㎜のアルミ板なので、何か筒状のものに当てがって簡単に曲げることが出来る。
出し入れする時に、手を傷つけないように面取り代わりにアルミテープを貼った。
c0294658_22065577.jpg
両辺をアルミテープで張り合わせれば、形としては完成。
c0294658_22065672.jpg
ジャストサイズのハードケースの完成であります。

しかし!これでは、「手作りの逸品」のカテゴリーに加えることは出来ない。
なんたって、見栄えがよろしくない!

という訳で、よく行くレザークラフトのお店で、半端品のヌバックレザーを安く仕入れてきた。900円くらい。
c0294658_22065594.jpg
このままでは強度が足りないので、
c0294658_22540146.jpg
底になる側にアクリル板をはめて、横方向からの圧力に備える。(何か作った時の余りもの)
アクリル板は、それなりのハサミだったら簡単に切れるので、適当に形を合わせて適当にカット。
c0294658_22540100.jpg
アクリル板をアルミテープで固定して、ヌバックレザーをボンドで張り付ければ、底の部分は出来上がり。
c0294658_22540149.jpg
↑これは、ボンドで貼った底の部分の見た目を良くするための飾りのステッチを縫うための針孔開け作業。
レザークラフトの解説は省略するので、本とかネットで調べてくださいね。
c0294658_22540296.jpg
口を塞ぐ紐と留め具は、山でゴミとして拾ってきたアイゼン袋のものを利用した。
c0294658_22540049.jpg
本体とすき間なくピッタリサイズで縫い合わせてゆけば出来上がり。

c0294658_23091694.jpg
こんなの出来ました。
c0294658_23091626.jpg
出し入れする時の、ヌバックレザーの肌触りがいいねえ!
c0294658_23091631.jpg
大きさもジャストサイズで、ザックの容量をなるべく使わない。これだけ持ち歩く時にも使える。

これで安心して陶器製のオカリナをザックに入れて歩くことが出来る。
また一つ、山や森での遊びの幅がちょっと広がった。


======
まだまだ人様に聞いて頂けるようなレベルではないので、車の中でこっそり「もののけ姫」を練習してたら、、、
c0294658_07480365.jpg
窓のすぐそばにヘビがやって来て、聞き耳?を立てていた。「もののけ姫」のメロディーは、ヘビにも心地よく聞こえるのか?
作曲者の久石譲さん、流石ですね!


by mt1500funagata | 2018-05-29 23:40 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(4)

こだわりの手作り杖

杖を作った。
c0294658_21422347.jpg
僕は今まで杖を何本も作ったし実際に山で使ったりしているけれど、今回の杖は少々こだわって作ってみた。

c0294658_21420533.jpg
テレビはほとんど観ない僕だけれど、NHKBSで火曜日の夜放送の「イッピン」って番組は時々楽しみに観ている。何が楽しみなのかというと、この番組は日本の伝統工芸に現代のセンスを取り入れた職人技術を紹介する番組で、その職人技を自分の手作り品に取り入れられないか?って思いながら観ているのである。

c0294658_21425057.jpg
天然木を使った工芸品の時なんかは、木の削り方や磨き方、塗装の仕方とか色々と参考にさせてもらっている。

c0294658_21430639.jpg
毎朝、紙やすりの番数を上げて行きながら何回もやすり掛けし、朝に塗装して帰宅後に乾いた塗装面を布でこすって磨く。塗装しては磨くを何回も繰り返せば、渋い感じの艶が出てくる。

c0294658_21460916.jpg
紐を通す穴にもこだわってみた。

c0294658_21463178.jpg
ストラップの紐も、真田紐を取り寄せた。
「山文」の焼き印は、南部藩御用達の商家だったチバ家先祖伝来の焼き印。

使ってナンボの杖だけれど、使うの勿体無いなあ。


削って磨いて塗装して・・・って工程は丁寧に時間さえ掛ければ何とかなるものですが、一番大変なのは今回のような傷がついたまま成長して、イイ感じの模様になっている材料となる木を見つけること。
しかも、生えている木を切ってくることは出来ない。

僕は動物観察のパトロールと称して、早朝の林道を走るのは日課のようなもの。
c0294658_21465852.jpg
林道整備で伐採された雑木の中から探してくる。

c0294658_21471215.jpg
今朝は、蔦がしっかり絡みついた、こんな木を見つけて来た。
これをどんなふうに仕上げていくか?このイメージ作りの過程もとても楽しい時間なんだなあ。

杖、いいでしょ!


by mt1500funagata | 2017-10-14 22:28 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(4)

モミの木のコートハンガー
c0294658_20514639.jpg

船形山山麓の雑木林の伐採地。
c0294658_20493788.jpg
楢の木が主体だったけれど太くなって木材として売れるくらいに成長したって理由で伐採された。
なので、売れない樹木は伐採地の中に放置され、腐食するのを待つばかりなのだ。

僕は、その中にモミの木の幼樹を見つけた。
虫に喰われ木肌はけっこう傷んでいたけれど、僕はこのモミの木と一緒に生活することにした。

c0294658_20510716.jpg
適当に枝を払い、樹皮を剝く。

c0294658_20512390.jpg
杉の伐採地からは、土台となる部分の廃材を拾ってきた。
本体と合わせてみると、大きさと形のバランスが取れなかった。そんな時は自分で形を作ってしまえばいい。

c0294658_21215366.jpg
うーん!こんなカンジ!  いいねえ~!

天然木で何かを作る時に一番時間がかかるのは、乾かすこと。
でも、この木はどちらも伐採されてから1年以上放置されていたので、すでに水分は飛び乾燥している。
形を整えて、塗装して、本体と土台をつなぎ合わせれば簡単に出来上がる。

c0294658_20515988.jpg
山道具を引っ掛けてみた。

これからの季節、ジャケットをちょっと掛けるのにぴったりだ。
こうして、伐採地でただ放置され腐るだけだったモミの木は僕の部屋でコートハンガーとして蘇った。

いいでしょ!


by mt1500funagata | 2017-09-28 21:24 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(0)

10月に船形山の山中で「水琴の滝」を発見して以来、
http://bunatayori.exblog.jp/24852538/
水琴窟に大きな関心を持つようになった。

それまで一箇所の水琴窟しか見た(聞いた)ことがなかったけれど、出かけた先の近くに水琴窟があれば遠回りしてでも訪ねて回った。
いろいろ実際に見にいったりネットで調べているうちに、ウチの庭にも作れんじゃね?って思うようになった。
業者さんに頼むつもりは、トーゼンのことながら全く無い。

様々な研究?と実験を重ねた結果、有り合わせの材料を使っても観光施設のパンフレットに載ってる水琴窟と遜色ないって言うか、それ以上?の音を作ることができるようになった。(あくまでも僕が実際に聞いた範囲内でのことです)

今回は、当ブログとしては特別編とも言うべき「水琴窟の作り方」です。

実験の途中経過は省略し、僕なりに行き着いた結果の部分のみです。

=その1 材料=
c0294658_20225213.jpg
①②植木鉢(庭で使ってなかったものが有りました。ホームセンターでは1個1500円位で売ってました)
③スポンジタワシのタワシ部分(3個98円、2個はキッチンで使ってます)
④空き缶(本来は捨てるもの)
⑤まん中に穴を開けた皿(お刺し身が乗っていたプラスチックの皿、0円)
⑥100円ショップのお猪口(4個=432円)
⑦洗面器(400円位だったかな?)

=工程 1=
c0294658_20223242.jpg
洗面器の中にお猪口を並べます。

=工程 2=
c0294658_20231016.jpg
お猪口の上に普通に植木鉢を乗せます。

=工程 3=
c0294658_20233140.jpg
安定するように中心を合わせ、水を注ぎます。
こうしておけば底に溜まった水の量は一定を保つことが出来ます。
下に置くのはお猪口に限りませんが、値段が安く安定感も良かったのがこれでした。

=工程 4=

c0294658_20405356.jpg
上に乗せる植木鉢の穴の部分を滑らかにします。これは水が穴の縁から直接落下しないようにする為です。
c0294658_20410986.jpg
内側の天井になるところもサンドペーパーで滑らかにします。
c0294658_20462010.jpg
水滴が穴から直接落ちるのではなく、このように天井の平面に浸み伝わった水がビヨーンって感じでツー・ポタンって落ちたほうが水滴が大きくなって反響音が良くなるみたいです。(分るかなあ?)

=工程 5=
c0294658_20593622.jpg
穴の周辺が滑らかになった植木鉢を伏せて重ねます。

=工程 6=
c0294658_21020927.jpg
空き缶に穴を開けます。空き缶の穴から植木鉢の穴に直接落とさないよう中心をずらして穴を開けます。
c0294658_21022717.jpg
こんな感じで、底の外側の縁を伝い落ちるようにします。
空き缶の穴の大きさで水滴が落ちるリズム(間隔)が変わってきます。

=工程 7=
c0294658_21101367.jpg
伏せた植木鉢の上に穴を開けた空き缶を置きます。空き缶のなかに入れているスポンジタワシはゴミが入って缶の穴が目詰まりしないためのフィルターです。
この缶のなかに溜まった水が、穴から少しずつ流れ出て植木鉢の天井に水の膜を作り、水滴となって落下し音が出るって訳ですね。
缶の大きさと開ける穴の大きさで音の鳴り続ける時間が変わります。
僕の場合は缶一杯の水で約6分間、水琴窟の音を楽しむことが出来ました。

=工程 8=
c0294658_21185135.jpg
空き缶の上に穴を開けたプラスチックの皿を乗せます。ゴミが入らないように100均で買ってきた排水口用の網を使いました。

=工程 9=
c0294658_21224367.jpg
砂利石を並べました。(10kgで380円)残りの砂利石は最終的に庭に埋める時に使うつもりです。
これで出来上がり!
c0294658_21260458.jpg
水を掛けてみましょう。(柄杓も竹を切ってきて手作りしてみました)

少しの間を置いて、水滴が落ちる音が聞こえてくる筈です。
植木鉢を少し動かし回したり、缶の位置や置き方を少し変えるだけでも音が変わります。
自分なりの好みの音を探しましょう。

c0294658_21312850.jpg
庭に穴掘って埋める前の仮置きです。
日の出の時間が早まってきたら、穴掘り始めます。
c0294658_21332622.jpg
上から見たところです。
穴を掘って周りを栗石って言われる大き目の石で囲むようにすると、また響きが変わって良くなるみたいですね。

--2016年1月7日--追記--
寒さを感じなかったお正月の休みを利用して、庭に穴掘って埋めました。
c0294658_01310254.jpg
植木鉢2個重ねた高さ分だけ掘り下げて下に砂利を敷き、薄いレンガの板を敷いて水平を取りました(水平→これ大事!)
植木鉢の周りに栗石と言われるこぶし大の石を並べます。僕の場合、掘った穴の直径が少し大きすぎたように思います。
c0294658_01311262.jpg
思った以上に栗石が必要になってしましました。
c0294658_01312558.jpg
表に出る石の配置を考え、全体の見た目を考え、あーでもないこーでもないってアレコレやって、こんな感じに仕上がりました。
地中から音がする訳ですから仮置きの時よりは音は小さくなりましたが、響く音色は金属的な感じが強くなったようです。
c0294658_01313660.jpg
水を溜める「つくばい」とかあれば良いのですが、庭の小さいスペースですから仕方有りません。
お金を5000円もかけずに、体力と労力で出来上がった自作の水琴窟ですから、これでよしとしましょう。
思いつき次第、ちょこちょこ改良して行くことにしましょう。

=================
僕の作った水琴窟の音色を聞いてみてください。
動画撮影ですが、雑音の少ない深夜に撮影したので真っ暗で何も写っていません。でも音はよく拾えました。



c0294658_21505983.jpg


c0294658_21511285.jpg
花が咲くとこんなカンジです。


--

by mt1500funagata | 2015-12-26 21:42 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(5)