人気ブログランキング | 話題のタグを見る

升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし

今日は、当ブログでメンバーを募った升沢避難小屋バイオトイレのし尿オガクズ降ろしの日。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241112.jpg
雨で強風の天気予報だったので、来る人いるのかな~?って思いながら旗坂キャンプ場から小荒沢林道へと車を進めた。

花染山支線分岐付近に10月1日~2日の間に発生した倒木。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241232.jpg
3日の早朝、先輩の大和町Kさんが発見し、直ちに森林パトロールとして宮城県北部森林管理署に報告。数日かかると思っていた倒木処理だけれど、なんと!その日の午後には終了した。Kさんと森林管理署の迅速な対応があったおかげで何事もなく通行できるようになったという経緯がある。

雨の大滝キャンプ場には既に先着している人もいて、升沢小屋合流組と合わせて11名の参加者が集った。
初対面の方もいたけれど、この雨の中をここまでやって来た皆さんは、あまり雨を気にしていない様子だったので、山頂経由で升沢小屋を目指すことにした。稜線での強風は織り込み済みだったけれど、結果的にはそれほど強い風ではなく、普通のちょっと天気悪い山って感じだった。

升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241270.jpg
登山口を出発してすぐ、三光の宮分岐手前にある倒木。うまい具合に立っているけれど、これは立っている倒木。手ノコで処理できる枝は払い落され歩くのに支障はないけれど、この処理も先輩のKさんが一人で行った作業なのである。決してひけらかすことなく黙々と倒木の枝を払い、あとから来る登山者の為を思って作業するKさんの姿を想像する。僕はこの先輩のKさんを尊敬している。

升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241226.jpg
今は藪に覆われている湯谷地から続く窪地状の旧登山道などの話をしながら、ゆっくり歩く。

升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241293.jpg
小野田コース分岐の手前にある「夫婦岩」。手前のブナに錆びた矢印の標識が付いているのが分かりますか?窪地状の旧道から尾根筋に入り、この夫婦岩の間を通るのが旧道だったことが偲ばれる名残の標識。こういう名残を見つけながら、昔の人々が船形詣でで歩いた道、現在の登山道を整備した人たちの想いやご苦労を僕の知る範囲で、より多くの方へ伝えて行きたいと思っている。

そして、避難小屋の管理人としてお伝えしたいのが、今日のテーマであるバイオトイレのこと。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_20241137.jpg
写真の下部にドラム缶がありますね。これは山頂避難小屋のバイオトイレの仕組みには欠かせないもの。
升沢小屋のトイレがオガクズを利用し、分解・蒸発を促す乾燥式であるのに対し、山頂小屋のトイレは水を利用した浄化方式であることの違いがあります。トイレ使用後にドラム缶にためた雨水をバケツ1杯分くらい流すことで、糞尿は小屋の外に作られた浄化槽に流され、そこで沈殿・濾過し処理しているのです。なので、山頂の小屋に宿泊した際には、帰り際にバケツ2杯分くらいの水を流して頂くと良いのですね。(凍らない時期に限りますが・・・)

心配していた風雨も大したことはなく、山頂を後にし沢を下り升沢小屋へ。

升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_21330696.jpg
トイレの作業の前に昼食。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_21330443.jpg
セリ鍋風煮込みうどん。


升沢小屋のトイレは、オガクズを利用したバイオトイレ。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_21432726.jpg
地下のピットにある便槽ですが、簡単にいうと糞尿に含まれる水分をオガクズが吸収し炭酸ガスを蒸発させて微生物が分解する仕組み。トイレ個室にあるハンドルを回すことによって、チェーンで連結された中のスクリューが回転しオガクズを撹拌し分解機能を維持するのですね。月イチのメンテナンスはオガクズの含水量を減らすために、水分を取り除き乾燥オガクズを追加するという作業。
ここで再度確認・・・山頂小屋トイレ→水を流すOK  升沢小屋トイレ→水を流すNG

今日担ぎ降ろすし尿オガクズと言うのは、昨年のメンテで水分と一緒に取り除いたものと冬支度に合わせて全交換した含水オガクズを1年間放置乾燥させたもの。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_21330582.jpg
このような作業の一連を参加してくれた皆さんにお見せすること、こうしてブログで公開するのは、自分たちがやっていることを認めてもらいたいとか褒めてもらいたいとか、そんな安っぽい気持ちではないです。どこの山小屋の管理人さんも進んでトイレのメンテの話しなんてしない。でも、決して表には出さない裏側でこうした作業を黙々とやっているのですね。

だから僕は利用料のかかる山小屋で、管理人がいなかったのでタダで小屋に泊まれたなんて話を聞くと腹が立つ訳です。協力金BOXに入れて来ましょうよ。
快適に使わせてもらっているトイレだって自然にきれいになる訳じゃない。
トイレだけの話しじゃなく、冒頭の林道の倒木も登山道の倒木も、処理してくれる人がいるから僕らは快適に登山を楽しむことが出来るという事を知る必要があるんじゃあないかと思っているのです。

今日参加してくれた女性の一言。「私は知りたかった。知ることが出来て良かった。」

皆さんの協力を得て、し尿オガクズは全て担ぎ降ろすことが出来た。
升沢避難小屋のし尿オガクズ降ろし_c0294658_21330500.jpg
あとは雪が降り始めのころ、凍結する間際に便槽内のオガクズを全交換するだけ。これらの作業は僕が年を取って引退したあとも小屋がある限り、バイオトイレを利用する人がある限り誰かがやり続けなければならない。




トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29818172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田澤 at 2018-10-28 08:12 x
千葉さん

お世話になりました。また、私にとって大変有意義な時間となりました。ありがとうございました。
便槽の水分を毎月取り除く、オガクズを担いで追加する、
こんな事をサラリと言っておられましたが、誰かが代わりにやるわけでもなく継続している事、作業を見れば実直な手作業だし便の匂いも決して心地が良いものではなく、これらは綺麗事のような言葉では全く済まない。そう、思いました。
そして、私がわずかに持ったし尿オガクズは、既にこれら作業に加えて乾燥無臭化された、ほぼオガクズ同様の状態であり、これを僅かに持って降りたからと言って、この管理に関わったと言えるレベルではないし、「手伝い」というような参加にある程度の自由度を持った作業と、管理者という責任を持った立場の作業では、全く作業の意味合いが異なりますね。
本当に色々と感じる事が多い一日でした。
私が持ち帰ったし尿オガクズは、今朝ほど我が家の小さな畑に撒きました。実りが良くなりそうな予感がします、例の用品も混ざっていましたが。

別件、2015年10月24日の記事から、水琴の滝について、ある程度の場所とアプローチの概算が取れました。後は、いついくか?の検討中です。
Commented by A子 at 2018-10-28 08:39 x
下山時には晴れ、麓の紅葉が美しくて心まで浄化されました(○´∀`○)
乾燥オガクヅに至るまでの毎月の行程やその後処理までされる小屋の管理。さらには草刈り機での笹はらい等々、小屋管理に携わる方々、団体、行政など、快適な山行の影にいる方々を常に感じながら今後も山に入っていきたいと思います!
落成式から4ヶ月ぶりの鳥居でしたが最高だったー(○´∀`○)
Commented by aki at 2018-10-28 14:33 x
いい仲間といい時間を過ごせました。とても楽しかったです。

当り前じゃないという事を強烈に再認識した日でした。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-28 21:26
>田澤さん
>A子さん
> akiさん
みなさん、ご協力ありがとうございました。
作業はもとより皆さんとの山歩きはとっても楽しい一日でした。道々お話しさせていただいた、古の奉拝登山の旧道、湯谷地神社や温泉施設を夢見た爺様、大滝キャンプ場建設の裏話、蛇ケ岳草原登山道秘話などなど、ブログでお伝えしきれないこと或いは出来ないこと船形山に関わる色々なことを語り継いでいって欲しいと願っています。
僕にとっても、有意義な大切な一日だったと思っています。
by mt1500funagata | 2018-10-27 22:43 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(4)