2局目のローカルニュース(キツネの餌やり駄目)

餌付けされたキツネ・・・もう、触れないつもりだった。
地元テレビ局からの取材依頼も、いったんは断った。

昨夜の電話取材でいろいろと話をしたので取材当日の早朝に一応現場を見に行ってみた。

c0294658_21433289.jpg
だめだ!終われないって思ってテレビ局に取材を受ける旨の電話を入れた。

c0294658_21433277.jpg
餌入れの容器もわざわざ準備したからにはペットフードをまた補充しに来るだろう。エサと容器は回収し、なぜエサを与えるのか?人に依存するキツネを可愛いと思っているのか?と言うようなメーッセージを張り付けてきた。

いったん断った取材を受ける気になったのは、このエサと容器をテレビで放映してほしいと思ったから。

僕はテレビカメラの前で、「これを置いた人出てこい!どういう考えで置いたのか?出てきて話をしてみろ!」とまで言った。もちろん放映はされなかったですけどね。

c0294658_21433298.jpg
取材の依頼が来た時に、ぬるい感じの論調だったら協力したくないと言った。駄目!と断言した東日本放送さんに拍手!

c0294658_21434336.jpg

c0294658_21434350.jpg

c0294658_21434362.jpg

c0294658_21434334.jpg

c0294658_21434284.jpg

インタビュー形式の取材は結構なボリュームだったし、僕も言いたいことを言わせてもらった。

多くはカットされてしまったけれど、約2分という短い時間の中では上手くまとめてくれたと思っています。けっこう感情むき出しで話した部分も多かったので、カットはやむを得ないでしょうね。

こうして訴えてもエサやりがなくなることはないだろうと思っている。
飲酒運転が悪い事だってことは誰しもが知ってるわけでしょ?でも全然なくならないですよね。
人間なんてそんなもんでしょ。

このキツネのことにブログで触れないようにしようと思った訳、取材もいったん断った訳、キツネが可哀想とか野生に戻ってほしいという気持ち以上に、一部の人間に対する憤りの気持ちのほうが強くなってきたからです。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29776386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toto4543 at 2018-10-04 00:27
今回は見ることはできなかったのですが、いやー驚きましたね。餌の容器まで…。テレビのニュースは見ていなくても、次に来た時にチバさんの張り紙には気づくはず。それでどうかですね…。
Commented by lilywhitesquirrel at 2018-10-04 01:09
チバさん 嫌な思いをしてまで テレビに出て 強く訴えてくださって とっても ありがとうございます。
餌をやることの その先 って たぶん なかなか 想像が出来ないのでしょうね。前回の キツネの記事のtsunacoさん提供の写真は 私はアウトドア―クッキングの残り物と想像しました。たぶん アウトドア―(ただ 外で火を熾して外で食べるってやつ)を満喫して おまけに野生動物にも触れあえて 餌もやれて 自然満喫!って ルンルン気分で帰路についたのだろうな。「優しい人」と 思おうとしていらしたけど 私は意地の悪い奴なので 説教したい気分でした。今回 踏み込んだ放送になったようで 良かった良かったと私は思ってます。世の中は チバさんのこんなにも献身的な活動でも 全部よくなることは残念ながら無いのだろうけれど 蒔いた種は 必ず芽が出て 花が咲くと思います。今年の冬 キツネたちには 試練が待っているでしょう。今日の放送で そこに気が付いてくれる人もいることを願います。言葉足らずではありますが 本当にありがとうございました。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-04 06:10
> toto4543さん
手書きのメッセージと一緒に河北新報の記事コピーも張り付けてきました。時間さえ許せば現場で張り込みして直接対面したいと思うのですけどね。どんな気持ちで(考えで)ここまでするのか?を本当に聞いてみたいです。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-04 06:22
> lilywhitesquirrelさん
m tsunacoさんが冷凍肉などを回収した日は、旗坂キャンプ場付近でバーベキューをしている人たちが数組いました。僕らもその中の誰かだろうと話していたのです。キツネがいなければ、その行為は単なる残った食材の廃棄ですから、多分そんなことはしないだろうと思います。おっしゃる通り、その先が想像できないのですね。逆に良いことをしている位の気持ちでいるのかと思うと余計に腹が立ちます。
KHBさんは、時間とタイミングさえ合えばエサを与えた人の車を止めてインタビューするとまで言ってくれました。勿論それは叶いませんでしたけど。今回の放送内容は短い時間でしたけれど、よく言ってくれたと思っています。
Commented by toshiji at 2018-10-05 11:03 x
コメント遅くなりました。しっかりと観させて頂きました。ミヤテレの時よりも、文さんが真剣に訴えている気持ちが伝わってくる放送だったと思います。この放送を観た人、現地の立て看板を観た人が少しでも考え方が変わることを願うばかりです。あと、もし仮に現地で鉢合わせしても、トラブルにならないようくれぐれもお気を付けください。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-05 21:20
> toshijiさん
前夜の電話取材の時から、かなり感情を露わにしていたと思います。取材の出演をいったん断ったのは感情的になるかもしれませんよって言うのも理由の一つでした。
鉢合わせした場合の対処の仕方なども、森林パトロールの研修では行っています。まあ僕も大人の対応を心得ているつもりなので、まあ大丈夫だと思いますよ。ご心配ありがとうございます。
Commented by m tsunaco at 2018-10-06 05:17 x
OAされた日の夜に録画していたものを拝見しました。愕然としました。体の中を感情が暴れまわって寝れませんでした。
ドッグフードの入ったピンクのボウルの画が頭からずっと離れず、整理できないままにコメントを書くと大変な事を書いてしまいそうだったので、クールダウンに数日を要し、ようやくコメントを書き込めました。
無力感、疑問、憤り、諦め、奮起、落胆、、、感情がグルグルしています。
これを置いた人もまた、ここに足繁く通っている1人のはず。自分と同じものを見ても皆が皆同じように感じるとは限らないという事に、今更ながら気づき、改めて難しさを痛感しました。
チバさんの手書きメッセージがどうか良い方向に向かいますように。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-06 07:35
> m tsunacoさん
まさか、張り紙が剥がされていることないよなーって、昨日の朝も見てきましたが、張り紙は残っていました。でも!でもですよ!直線道路わきの看板のわずか5m手前に食べかけのおにぎりがありました。半分自分でかじって残りを置いたみたいな感じでした。走行中に投げ捨てたのでしょうけど、看板が目に入らないはずはない場所です。一体いつまで続くのでしょう。

もっとも良い方向を考えて容器とドッグフードを置いた人が、もう野生では生きられない・・・自分がエサを与えに冬の間も通うのだ位の覚悟を持っていたとしても、ドッグフードを置いた峠の西側は別なキツネのテリトリーになっていることを知らない訳です。道路わきの側溝をアナグマが歩くことを知らず、クマやイノシシも当たり前に歩いていることも知らない。無知からくる軽はずみな行為と言わざるを得ません。手書きのメモと新聞コピーも張り付けたので、どうか気づいてほしいと思っています。
Commented by 田澤 at 2018-10-06 18:09 x
チバさん、こんばんは。
今日、私は当初の予定通りソロで山頂小屋に薪上げをしました。毎度の事ですが、夏に2度上げた薪は、夏季の内に使用されて無くなっていました。こんな事はどうでも良いんです。
帰りに大変残念な思いをしました。
もらいキツネです。
帰路にグレーのハイエースが前を走り、キツネポイントに近づくやスピードダウン。すみませんが、言わせてもらいますと下ナンバー2、常習と見ました。案の定、キツネが現れるとハザードをたいて停止。キツネは走行車線左側のガードレールからやや藪に入り、警戒しながらも待機。私はその車の後ろに付けて停止、窓を開けると「おーい、おーい」と男性の声。キツネに声をかけるや、何かを藪に投げたので餌やりと確信。降りて声をかけようと思いきや、察したのか発進。そのまま追尾すると次のキツネポイントで、再びキツネが。前方のハイエースが急停止し、追尾する私の車を気にしてか窓からカンパンを投げるやいなや走り去りました。カンパンを加えたキツネを確認し、声を出し威嚇した後に前方追尾しましたが、途中で巻かれました。
これからくる冬、心配です。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-06 22:05
> 田澤さん
ソロ荷揚げお疲れ様でした。
田澤さんも現場を目撃されましたか。こんな場面を目の当たりにすると、キツネを想う気持ちよりも与えている人間に対して憤りの気持ちのほうが上回ってしまいますよね。残念と言うより怒りですね。
車は違いますが同様のケースがありました。その時は、車が停車しキツネが現れたと同時にクラクションを連続して鳴らしながらすぐ後ろに停め、驚かしてすみませんと声をかけ、「餌付けキツネの追い払いをしています、エサを与える人がいるんです」と言いました。前のコメントでもいただきましたが、トラブルを避けるためにも対応は気を付けないといけません。
僕はパトロールの腕章を付けているので注意もしやすいですが、皆さん対応には十分気を付けてくださいね。
Commented by 田澤 at 2018-10-07 05:01 x
チバさん、確かに小心者の私にとって、どのように声をかけようか、非常に考えました。しかし、昨日の餌やり行動を見て思うのは、良くないと分かっていて餌やりをしているんじゃないかと思いました。
餌付けの問題は野生動物全般ですが、
この件については、たまたま出会ったこのキツネを案じて行動している人がいる事を知っているからこそ、込み上げる憤りがありましたね。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-07 06:23
> 田澤さん
そう!何度も行って様子を見ていると、おっしゃる通り良くないとわかっていてしているように見えます。グレーのハイエースはたぶん旗坂方面に仕事で通っている車じゃないかと推測します。午前7時ころ何度か見かけたことがあります。キツネの反対車線にジムニーを停めてキツネを見ていた時は、僕のほうを気にしながら素通りして行きました。
不法投棄禁止の看板も多数ありますが、なくならないのと一緒ですね。
僕は、回収するときにすぐ拾わないで、ほかの車が通るのを待って拾います。回収している姿を見せるためにです。
Commented by toto4543 at 2018-10-09 12:53
日曜日にちょっと足を伸ばして行ってみましたが、張り紙は剥がされておらず、周囲に餌らしきものはありませんでした。
これだけ頻繁に餌が撒かれているのと、日曜にないということは、平日に通る人、やはり仕事関係の車でしょうね。で、コメント欄にあるハイエース、納得です。
あの張り紙や看板でやめないとなると困りましたね。工事関係者なら、工事が終わればいなくなると思いますが、いつまで続くかと考えるとなんとかしたいですね。
Commented by mt1500funagata at 2018-10-09 22:03
> toto4543さん
確認ありがとうございました。
こうした活動は、時に孤独感を感じることがありますが、今回は皆さんの関心も高く、一緒にやっているという感じで嬉しく思っています。それだけに、このキツネのことを考えている人が多いのですね。野生動物に限らず自然のこと環境のこと、正しく知って正しい関わり方をしてゆきたいですね。
by mt1500funagata | 2018-10-03 22:44 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(14)