キツネにエサをやらないで

クマを探しに船形山のほうに行った帰り道。

日も暮れた道路沿いに子ギツネが逃げずにいた。
この場所のこのキツネは前にも2度ほど見たことがあって、車が近づいても慌てて逃げることもせずにいた。

でも今回のキツネは様子が違っていた。
キツネの前に、ちぎったパンらしきものが落ちているの分りますか?

c0294658_22083290.jpg
2度ほどすれ違い、この先に停車中のプリ○スに乗ってるヤツの仕業だろう。先ほど通った時にパンの切れ端は落ちていなかった。

パトロールの腕章を手に、その車の主に注意しに行こうとしたところでプリ○スは走り去ってしまった。

c0294658_22083132.jpg
野生動物との関わり合い方を勘違いしていると思う。

このキツネは今年生まれ、もうじき親離れを迎える当歳子だろう。親元からちょっと離れて自分でエサを探す練習をしなければいけない大切なこの時期に、ニンゲンに与えられたエサを食べてしまった。

野生の動物にエサを与えるってこと、ちょっと考えてみましょう。
もちろんこのブログを読んでいただいている方はこんなことしないと思いますが、
こんな動画を見てみてはいかがでしょうか?




[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29707326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by m tsunaco at 2018-08-26 01:54 x
今日は思いがけぬプレゼント、ありがとうございました(^人^)早速貼らせていただきます♪ 澤井さんのお話も面白くてすぐ読んでしまいました!また色々教えてください!
さて、あのキツネ、やっぱりですか。。。
私達が通った時も一目散に走り寄ってきたので、おかしいなぁ?もしや、、と思い、敢えて少しスピードを上げてスルーしてきました。 旦那とソーセージの話をしながら心配していたところです。そのプ◯ウ◯の主がこのブログを見てくれることを祈るばかりです。餌付けだけに関わらず、 例え良かれと思っての行動であっても、自然や動物にどう影響するか、自分自身も改めて深いところまで考えて行動しなければと思いますね。
Commented by mt1500funagata at 2018-08-26 10:13
> m tsunacoさん
昨日はお会いできて良かったです。
キツネの餌やり現場に遭遇したのは、昨日ではありませんでしたが、やはり見たことがありましたか、、、あのキツネは道路と車を普通とは違う捉え方をするようになってしまったのですね。

昨日お別れしたあと嘉太神に行ったのですが、当たり前のように居ました。
Commented by toshiji at 2018-08-28 16:33 x
凄く勉強になる動画でした。野生動物にエサを与えてはいけない意味が分かりました。共存のルールを破っているのは人間の方だったんですね。クマにとっては人間の食べるものはもしかして麻薬のような物で、一度味を占めるとやめられない様なものなのでしょう。感慨深いです。
Commented by mt1500funagata at 2018-08-28 21:13
> toshijiさん
リンクの動画はヒグマですが、野生動物全般に同じことが言えると思います。このキツネも車を恐れず近づいてくるのが習慣になれば、車に轢かれるかもしれませんし、峠を攻めるライダーの前に飛び出したりしたら、それこそ重大事故に繋がりかねません。野生の動物にエサを与えることは、いずれにしても悲しい結果につながる可能性があると言うことを多くの人に知ってもらいたいという思いで書きました。
by mt1500funagata | 2018-08-26 00:11 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(4)