嘉太神 ツキノワグマはウジャウジャいる

集団移転で住む人の居なくなった船形山の麓、嘉太神地区に今月初めからトレイルカメラをセットし続けて、およそ10日。
前回よりも少し設置場所を変えた。
c0294658_20175416.jpg
この道は集団移転する前この地区の最奥にあった民家の玄関先へと続く細道だった。
僕の古い記憶によれば、上の写真の明るくなっているあたりに民家があった。
c0294658_20175421.jpg
今は人の気配はなく、この写真の右手の窪地に残された廃材が、かつては人が生活していた場所だったことを物語るだけになった。


ところで!この嘉太神地区の地理的位置関係が分からない方も多いと思われるので、今回は少し嘉太神について述べます。
仙台市中心部から北へ約20㎞ほどのところに僕の住む大和町があり、そこから船形山のほう(西)へ直線距離で10㎞ほどのところ。
c0294658_20175686.jpg
このブログでも良く記事にしている、七つ森と船形山のちょうど中間くらいに位置している。

今は住む人の居ない嘉太神地区だけれど、集落としての歴史は遠く縄文時代まで遡る。この地区には縄文中期~後期の嘉太神遺跡があり、遠い昔から人が住み森の恵みを糧として生活していた場所なのである。

c0294658_20175529.jpg
集落にある嘉太神分校跡地。
開校は1878年(明治11年)廃村による閉校が2004年(平成16年)。廃校になった小学校としての歴史は全国でも最長の部類に入る。集団移転の理由のひとつが隣接する王城寺原の自衛隊実弾訓練場の騒音で、当時から始まった米軍との合同実弾訓練が引き金となった。当時、若い父親であった僕も合同実弾訓練の反対運動に関わり、集会に参加したりして声を上げた一人だったけれど、その声は実弾の着弾音にかき消され、到底届くものではなかった。
c0294658_20175541.jpg
日米の実弾砲撃が敵国に向けられることはなかったけれど、隣接する縄文時代から続く集落・人の営みを攻撃し破壊してしまったと言うことなのだろう。
c0294658_20175539.jpg
僕が大和町に移り住み、船形山のほうの山や森に向かいはじめの頃、今はイノシシのヌタ場になっているぬかるみは民家の庭先の鯉が泳ぐ池だった。
c0294658_20175622.jpg
嘉太神ダム
初夏にツキノワグマにとって格好のエサとなる桑の実は、養蚕が盛んだった頃の山村風景の名残なのかもしれない。
民家の周辺にあった栗の木や柿の木、裏にあった竹林も今は手入れされることもなく放置され、クマたちの重要な食べ物になり替わった。

そんなことから、この辺は食べ物が豊富にある動物たちにとっては住みやすい場所になったのかも知れない。こうして嘉太神だけを取り上げてみても、ツキノワグマの増加の一因に山間集落の荒廃があげられるのももっともな話のように思える。
旧集落の奥にある楢を主体とする雑木林は伐採され杉の植林だけが進んでいれば、食べ物を求めてこの周辺にクマが寄ってくるのは当たり前の話なのではないだろうか?


さて、表題のツキノワグマがウジャウジャって話だけれど、今回カメラの設置期間は7月7日09:50~10日05:30のおよそ丸3日間。
一週間くらいは放置しようと思っていたけれど、撮影カット数は僕の予想をはるかに超えていた。

ツキノワグマだけで、30カット、25イベント。イベントと言う単位は動物観察の時に使う単位で、同じ個体が時間を空けずに連続カットに撮影されていたならば、それは2カット1イベントと言うことになる。

繰り返し再生してみたところ、僕の見立てでは6個体(5かも知れないし7かも知れない)
c0294658_20175685.jpg
そして、新たな不思議な行動が見えた。下の4頭並べた写真は、カメラから真っすぐ奥へ進まずに左手の斜面を登り進む場面で、個体の大きさが比較しやすいので並べてみたのだけれど、この4枚は連続4カットなのである。
c0294658_20175419.jpg

大のあと2分後に細、中の10分後に太。
何か共通の目的があるのだろうか?それとも後を追う性質があるのだろうか?もしくは偶々か?

今回もトレイルカメラの記録をYouTubeにアップしました。時系列ではなく、個体比較がしやすいように行動パターンごとに再生するように編集してみました。カット数が多く、4分10秒と少し長くなりましたが飽きずにみてくださいね!
さて、皆さんは何個体の識別ができるでしょう?


スマホの方はYouTube直リンクのほうが見やすいと思います。


[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29627344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by repertum at 2018-07-11 23:26 x
短時間に連続して同じ方向に歩いているペアは交尾目的でしょうか。性別がわかればと思いますが、たしか熊の交尾期は今頃では?
Commented by m tsunaco at 2018-07-12 01:52 x
凄いイベント数ですね(゚o゚;;まさに、うじゃうじゃいるって表現がピッタリ。短時間に連続して同じ方向に移動しているのは、私も交尾相手を探しているんじゃないかと感じました。どの個体もクンクン匂いを嗅ぎながら後をたどっていく様子ですもんね。
このあたり来年は当歳子で賑わうかもと期待しちゃいます(^_^)
実は今日もこないだのクマに会えないかと思って行ってみたんですが、今日はこの動画の1番大きいクマと思われるクマに会えました。確かにデカかったです!笑
Commented by mt1500funagata at 2018-07-12 07:00
> repertumさん
> m tsunacoさん

そっかーー!交尾相手を追いかけてるねえ~!言われてみればその通り、どうしてそこに考えが至らなかったんだろうって思います。貴重なコメントありがとうございます。
そう思いながら動画を繰り返しみるとクマの気持ち、さらにその後の行動や来年のことまで想像できるような見方になりますね。こうしてPCに向かっている今も同じような気持ちで森をうろつくクマを想像するととても楽しくなります。
> m tsunacoさん 昨日も行かれたのですね!あのデブグマは、ホントに太っていて走る時なんかは腹がタプタプ揺れて可笑しいです。でも正面から顔を見るとなんか人相(熊相?)悪そうな眼付してるんですよ。
Commented by tabilogue2 at 2018-07-12 20:30
熊公の動きが 面白くて、気になって、、、?
仕事行ってないんじゃないの?だいじょぶ?www
Commented by mt1500funagata at 2018-07-12 22:37
> tabilogue2さん
仕事ですかあ~?早朝出勤で頑張ってます!行き先は嘉太神ですが・・・(゚Д゚;)
Commented by Aki at 2018-07-13 22:23 x
千葉さん、お久しぶりです。仙台のakiです。

今日、王城寺原演習場 騒音測定位置の看板の近くにニホンジカがいました。10mちょい程の距離から写真を撮りました。(予備のスマホのカメラなので綺麗な写真ではありません)写真を送りますか?
Commented by mt1500funagata at 2018-07-14 01:20
> Akiさん
是非送って下さい。
mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp
旧升沢分校の近くですよね?付近での目撃情報はあるのですが、写真はまだありません。森林管理署と大和町に報告します。嘉太神でも確実な情報が2件ありますが写真はないのです。
生息は確実ですが、今のところ目撃は稀で僕も見たことがありません。でも、この先5年後どうなっているか?空恐ろしくなります。
Akiさん、宜しくお願いします。
Commented by aki at 2018-07-14 07:50 x
千葉さん、おはようございます。
写真を送信しました。
Commented by mt1500funagata at 2018-07-14 15:51
> akiさん
ありがとうございます。写真確認しましたが、間違いなくニホンジカですね!
後で、もっと詳細に見てみます。
今日は早朝から升沢小屋に行って来て、先ほど帰宅しました。
Commented by repertum at 2018-08-06 20:10 x
今晩は

今気づいたのですが、動画の1:48-2:00に写っている個体、歩き方が少々ぎごちない(肩の上下動が大きい)ですね。また、1:50では左前脚の肘から先が一直線のように見えます。体格も痩せているようですし、片腕の可能性はないでしょうか。
Commented by mt1500funagata at 2018-08-06 21:29
> repertumさん
原版を何度も繰り返し見ました。ご指摘のとおり片腕の可能性が高いというか片腕でしょうね。気づきませんでした!ありがとうございます。
はっきりと片腕が確認できる動画を期待して、今もカメラの設置は続いています。
by mt1500funagata | 2018-07-11 22:16 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(11)