霧雨 森は無限に広がる

霧がじめじめ降っている早朝、船形山升沢小屋へ行くために小荒沢林道を大滝キャンプ場へ。

山奥の駐車場に停まっている車はなかった。
天気が悪いからと言って山に行くのを止めることはないけれど、晴れの日よりもテンションが上がらないってのは否めない。
c0294658_20175477.jpg
登山口で少しグズグズして、とりあえず鈴沼に行ってみる。
霧に包まれた幻想的な景色を見ることが出来るかも知れない。
c0294658_20164970.jpg
霧が濃すぎた。沼は白色に包まれ全体を見ることは出来なかった。
c0294658_20174144.jpg
それはそれで、こんな日の鈴沼の表情を確かめることが出来る。
今日は今日で美しい沼だ。

鈴沼から戻り、福島から来られた4人の後を追うように登山口を出発。
僕は山頂を目指さずに、すぐ左折し三光の宮経由で升沢小屋への道を辿る。

c0294658_20174223.jpg
保野川を渡り千本松山のクロベを過ぎたあたりで、いつもツクバネソウの5枚葉を見る。
c0294658_20174112.jpg
今日も見つかった。
まあ、それほど珍しいって訳でもないけれど、四つ葉のクローバーみたいなものですね。

c0294658_20174203.jpg
鳥居の再建も順調に進んでいて、明日はいよいよ完成、落成式を迎える。
僕は明日もここへ来る予定。

c0294658_20174140.jpg
今日の船形山は静か。僕を含め7人しか入っていなかったと思う。

升沢小屋ではいつものようにメンテ作業。
c0294658_20175374.jpg
こんな張り紙をしてくれる登山女子も居るかと思えば、
この張り紙が目に入らないのか?字が読めないのか?或いは全く無視するのか?・・・そんな登山女子も居る。
意味わかりますよね?

今日は山頂は目指さない。
山頂もガスって展望はないだろうし、それよりも僕には気になってしょうがないことがあった。
先週見つけたノビネチドリは盗掘されずに今日も咲いているだろうか?ってこと。
c0294658_20175445.jpg
山に来る人のすべてがマナーを守りモラル意識の高い人ではないというのは、トイレの件でもよーくわかる。

小屋で合流した足の速い福島の方々と一緒に下山し、別れたあとノビネチドリの咲いていた森へと向かった。

c0294658_21181842.jpg
咲いていた。良かった。
c0294658_21181938.jpg
宮城県レッドデータブック 絶滅危惧Ⅱ類
c0294658_21181823.jpg
マクロレンズを使って、写真を自分のライブラリーに加えたかったという思いもあった。

樹上には、
c0294658_21181814.jpg
これも環境省カテゴリ準絶滅危惧、宮城県RDB絶滅危惧Ⅱ類「ヤシャBシャク」yashaビshaku
ブナなどの老木の洞に着生する(寄生ではない)

ラン科の絶滅危惧種は森の中に、ぽつりと一株だけで咲く。
樹上の絶滅危惧種は、条件の整った樹の洞に着生する。

どちらも、種がその場所に運ばれてきて、発芽し生長し花を咲かせるというのは奇跡的なことに近い。
c0294658_21343749.jpg
こんな花咲いてました、だけでなくその花が咲くまでの様々なドラマを想像してみると、なるほど!こりゃ貴重な訳だ!と言うことが分かってくるだろう。

綺麗に写真を撮るのは良いことだし大切なこと。
でもその花が咲くまでの時間という奥行き、花を咲かせられる条件を整えた鳥や周辺の環境という広がり、このふたつを想像し感じることが出来れば、森は歩いた範囲より何倍も無限に広くなる。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29570098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toto4543 at 2018-06-18 07:11
先日、友人と「釣ったイワナを食べるか、リリースするか」という話をしていて、最終的に自分を自然の一員として受け容れてもらうか、自然を支配する存在として山に入るかという違いかもという話になりました。ボクは食べる方、そして「ゲームフィッシング」という言葉に違和感を感じるタイプです。
山でゴミを捨てることはないです。むしろ拾う方。でもモラル意識が高いという認識もなく、一員として受け容れてもらう為、という感覚です。多分、千葉さんなら分かって頂けるだろうと思いますが。
実は、こうしたマナーやモラルって、それに対して訴えていてもあまり効果がないような気がしています。それより「山にゴミを捨てると遭難する」とか、「盗掘するとクマに襲われる」とか、根拠のない言い伝えを作る方が効果があったりして、とか。夜に口笛を吹くとヘビが出る、みたいな(笑)
Commented by mt1500funagata at 2018-06-18 22:13
> toto4543さん
僕の岩魚釣りは「喰う」為です。だから必要以上の数は釣らないし、小さいのや種イワナになるような大きいのはリリースします。ゲームフィッシング自体を否定するものではありませが、ブラックバスを始めとする外来魚のゲリラ放流はやめて欲しいと思っています。自然と同化するか支配するかっていうのは、山を信仰の対象とした東洋的な考え方に対して征服すると言った西洋的な考え方の違いのように思っています。突き詰めれば宗教論になってしまうので、これ以上の話は控えますが・・・。
toto4543さんが、ゴミを拾うのは自然の一員として受け入れてもらう為というより、一員であるからじゃないですか?家の庭のゴミを拾うのはモラル意識ではなく自然と言うか当然なことです。家にゴミが有ればイヤなのと同じで山にゴミが有ればイヤだから僕もゴミを拾う訳ですね。
マナーの悪い人、モラル意識の低い人、さらには法律や規則を破る人と言うのは必ず存在するものです。ゴミを捨てるのはニンゲン、でもゴミを拾うのはニンゲンにしか出来ないことです。捨てる人をなくすことは出来ないけれど、拾う人の割合を増やすことは出来るのではないでしょうか。
Commented by toto4543 at 2018-06-19 05:11
そうですね、東洋的、西洋的、宗教論になりますね。ちなみに、ケルト民族は日本人と近い感覚を持っていると聞いたことがあります。突き詰めると民族の違いも出てきますね。

イギリスのNPOがロンドンで行っているタバコのポイ捨てを減らす方法が面白いんですよね。ゴミ箱をYes Noの投票箱にして、何かの問題に対して投票を促すというもの。そうすると、みんなそこに自分の主張としてyesかNoに入れるようになって、ポイ捨ては劇的に減ったそうです。
人間は自分の為や、自分の主張が絡むと能動的になるわけで、これはヒントになるなと思いますね。
まぁ、山の場合はみんなのモラルで環境がキープされるのが良いですが。ボクの場合は、ブログで、釣った数はゴミを拾って帰ろうねと言っています。
by mt1500funagata | 2018-06-16 22:02 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(3)