雨のち晴れ 森での出会い

山のほうに向かい、森に着いたら雨が降り出した。

雨の森で出会ったのは・・・
c0294658_23325651.jpg
宮城県レッドデータ絶滅危惧Ⅱ種、ノビネチドリ。

昨年、同時期に別な場所で見つけたノビネチドリは、見つけた日の帰り道では盗掘によりなくなっていた。
僕は、この花が盗掘されずに来年も再来年も、この場所で咲いていて欲しいと願っている。
c0294658_23054095.jpg
盗掘をしようとしている人にとっては、絶滅危惧種に指定されようが、採取禁止に指定されようが関係ないのですね。
盗掘と言う人の手によって絶滅してしまった花がいくつもあると云う現実。
この花が咲いている場所をここで書けない。皆さんと一緒に見守りたいと思うのだけれど、ブログというのは読者を選べない。

c0294658_23054148.jpg
落ちていない「オトシブミ」。
この枝は沼の水面に張り出していて、落としたら水の中に入ってしまうんじゃあないかな?って思ったけれど、調べてみたら地面に落とさないオトシブミもあるようだ。小さな昆虫の、卵を守る器用さと知恵には驚かされる。

卵を守る小さな昆虫と、希少な花を絶滅に追いやる一部のニンゲン。
雨の森で考えさせられる。

そんな僕らを沼の向こうから、テンが様子を見に来た。
c0294658_23054136.jpg
僕が気づく前からテンは僕を見ていたようだ。
雨と濡れたササ藪で、体中を濡らしたテンは、
c0294658_23054068.jpg
身体をプルプルさせて、
c0294658_00003201.jpg
身体の水けをきって、またササ藪の中に戻って行った。
こうして毛が濡れているとテンの足の大きさがよくわかる。道理でカンジキ付けなくても雪の上を走り回れるわけだ。

雨が上がり、陽が射し始めた草むらでは、
c0294658_23055506.jpg
ヤマドリが首をもたげて、僕らを監視する。
右手の木の根元あたりで抱卵していたのかも知れない。

根元のほうから身をかがめて移動し、少し離れた場所でわざと自分の身体を晒し卵を守ろうとしたのではないかな?
c0294658_23055589.jpg
ヤマドリは慌てて飛び立とうとはせずに、僕らが危害を加えないことが分かったのだろう、また身を縮めて草むらの中に姿を隠した。

絶滅危惧種の花、卵を守ろうとする昆虫や鳥。
見た目だけは可愛らしく見える肉食獣。

今日も森では新しい出会いと発見があり、人と自然との関わり合い方に想いをめぐらす。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29546234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by repertum at 2018-06-11 00:51 x
昔、高山植物の盗掘が問題になりましたが、最近はそんな話題も聞かなくなって下火になったのかなと思っていました。しかし、まだ植物を盗掘する人が居るんですね。盗掘してどうするんでしょう?山の植物を庭に移植したところで、枯らしてしまうだけでは?

盗掘に鹿という問題が加わると、希少植物の保護をどうするか、トキみたいに保護して栽培する事も必要かも知れませんね。
Commented by toto4543 at 2018-06-11 10:32
ボクは不勉強で植物の盗掘問題を良く知らなかったのですが、ネットで検索してみると、その類いの記事がたくさん出てきますね。「高山植物」で検索すると、販売業者もたくさん出てきます。ヤフオクでも出品されている。
こういうマーケットがあるということは、当然盗掘する輩も出てくる訳ですね。ちょっとボクには欲しがる人の気持ちが理解できないんですが、所有欲なんですかね…。
Commented by toshiji at 2018-06-11 10:59 x
普段の生活では決して見ることのできない動植物を上げて頂き、いつも楽しく拝見させていただいております。絶滅危惧種というのはみんなが見守るものだと思っておりましたが、営利目的で売買する輩がいるとは残念ですね。動物みたいに保護する方法はないもんですかね。。。
Commented by mt1500funagata at 2018-06-11 22:21
> repertumさん
ラン科の植物のほとんどは共生菌から栄養を取得しているので、いわゆるラン菌がある場所でしか育たないのですね。だから、盗掘してきたところで、おっしゃる通り枯らすだけです。それゆえに、枯らしては盗掘、また枯らしては盗掘ということが繰り返されたのではないでしょうか?

早池峰山でも鹿に固有種が食べられているという報告もあります。山に行って花の写真を撮るばかりでなく、その花を守るためにも行政に対して鹿の目撃情報とともに対策の要望の声を上げることが必要だと思っています。
Commented by mt1500funagata at 2018-06-11 22:36
> toto4543さん
船形山の奥のほうの林道で、森林パトロールのネームが入った帽子を被って声を掛けたら、慌てて逃げ出した車に出会ったことがあります。先輩のKさんが見つけたキンランが翌週にはなくなっていたと云うこともあります。盗掘は実際に今も横行しているのですね。
マニアにとって、希少なものほど所有欲が高まると言うのは花に限ったことではないのですが、盗掘は犯罪なのですね。もし現場を目撃したならば、後を付けて行って車のナンバーを控えるとかして、通報してやるのですが。盗掘者は犯罪者なのですから、自分の安全のために現場で声を掛けるのは、十分注意するよう森林パトロールの研修で言われています。
Commented by mt1500funagata at 2018-06-11 22:53
> toshijiさん
船形山周辺の希少な植物を皆さんにも実際に見て欲しいとも思うのですが、それが出来ないというのが残念なことです。僕は、希少な植物の写真を載せる時には場所を明記しません。行った場所(山)を明記している場合は、希少な植物を見つけても写真は載せず触れないようにしています。
一番の保護策は、toshijiさん始め読者の皆さんのように「見守る」心を全てのニンゲンが持つことでしょうね。
by mt1500funagata | 2018-06-10 00:24 | Trackback | Comments(6)