守りたい 白い泡と黄色い花

暦の上でも初夏を迎えた早朝、いつものように森へ向かう。
c0294658_21533203.jpg
初夏らしく、深みを増してきた緑と白い花。

c0294658_21533214.jpg
藪を踏み分け、カタカタ♪カタカタ♬~と、カスタネットの音色のような響きを沼のほとりに聞きに行く。

c0294658_21533252.jpg
船形山山麓にある、とある沼。
モリアオガエルの卵塊は、沼の水面の上に張り出した木の枝に出来上がっていた。

僕にとっては、さほど珍しくもないモリアオガエルではあるけれど、全国的には絶滅危惧種に指定されている県もあり、船形山山麓に残されたこの沼は大変貴重なものと言える。
以前、船形山山麓でモリアオガエルと言えば桑沼が大生息地として有名だったけれど、周辺の環境変化によって今の桑沼には見る影もない。
c0294658_21533149.jpg
僕は、この沼の周辺環境が変わることなく、モリアオガエルが生き続けられることを願って止まない。
この環境を見守り続けたいと思っている。
樹上にモリアオガエルの姿を探したけれど、天気が良すぎたのか?見つけることは出来なかった。

そして、見守り続けたいと思っている、もう一つの場所。
先週に続き、今日も行って来た。
c0294658_22180157.jpg
大和町のとある山林。

先週よりも、花を沢山つけた大きな株を見つけた。

かつては里山の雑木林の林床に、さほど珍しくもなく咲いていた花だけれど、環境の変化や盗掘によって激減し、今では絶滅危惧種に指定されている。
c0294658_22180236.jpg
咲いていることを知っている山林ではあるけれど、踏み跡もない藪の中で、こんな株を見つけたら一人でいても嬉しくてつい声が出てしまう。

泉ヶ岳の麓にある山ごはんカフェでは、ブログにこの花のことを書いた次の日には、庭に咲いた3株の内の2株、その数日後には残りの1株も盗掘されてしまったと、オーナーさんから聞いた。だから残念なことに、この花を守ることの最初にすべきことが、場所を明かさないことって言う悲しい現実。

c0294658_22180217.jpg
今年も、この場所に足を踏み入れるのは僕をおいて他にいないのではないかと思う。
登山道や遊歩道でもなく、踏み跡すらついていない森の中。

この山林のなかで偶然にこの黄色い花と出会ったのは数年前。それから、ここ数年のあいだに僕は何度この場所を訪れたことだろう。
今日は、およそ20株を数えた。その中には、まだ花を付けることが出来ない幼株も含まれる。

c0294658_22180252.jpg
誰からか教えられたり、何かの情報を元に訪れた場所ではない。自分で偶然に見つけた場所。勿論ここは僕の土地ではないし、この花だって僕の所有しているものではない。

でも、僕の心の中では、この場所は僕の場所この花は僕の花。
この花が愛おしくてたまらない。

c0294658_22180221.jpg
僕は、この山林に咲くこの花を見守り続けたいと思う。


[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29531425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2018-06-02 22:53 | Trackback | Comments(0)