オカリナ ハードケースを自作してみた

船形山のブナを守る会の3月の早春観察会で、森で聴いたオカリナの音色に心を動かされて以来、僕も山や森でオカリナを悪戯するようになった。

c0294658_22062776.jpg
ザックに入れて持ち歩くのだからプラスチック製のオカリナを使っていたのだけれど、少し吹き慣れてくると陶器製のオカリナの音色が欲しくなる。

という訳で、
c0294658_22062731.jpg
陶器製のオカリナを購入してみた。もちろん初心者向けのリーズナブルな値段のもの。右の黄色いのがプラスチックオカリナ。

陶器製であるから、落としたり転んでザックをぶつけたりしたら当然壊れる訳ですね。
c0294658_22062725.jpg
こんなソフトケースは付属していたけれど、手提げバックで持ち歩くわけではないので少々不安。
何万円もする高級品にはハードケースが付属しているけれど、もし同じようなものを入手しようとしたらオカリナ本体よりも何倍も高い買い物になってしまうし無駄に大きい。ザックに入れるのが目的であるから、とにかく小さいジャストサイズに越したことはない。

ネットで検索してみたけど、僕の求める硬さ(素材)・形・大きさの物は見つからなかった。

だったら、自分で作ってしまおう!

オカリナを手に取り、大きさや素材、完成形とか色々なことを想像し、行き着いたのがアルミケース。
木製=削る→めんどくさい(手間がかかりすぎる)NG、板を張り合わせる→強度を出すには厚さが必要NG
厚手の皮革=加工がめんどくさい、皮自体の値段が高いNG

c0294658_22062797.jpg
付属のソフトケースを利用することにして、まずはボール紙で型紙取り。
c0294658_22062773.jpg
滴型の筒を作る。ソフトケースのクッション性があるので、筒の中で動く心配はない。
c0294658_22065585.jpg
ホームセンターにちょうど型紙とほぼ同じ大きさのアルミ板があった。0.5㎜×200㎜×300㎜で400円くらい。
c0294658_22065563.jpg
厚さ0.5㎜のアルミ板なので、何か筒状のものに当てがって簡単に曲げることが出来る。
出し入れする時に、手を傷つけないように面取り代わりにアルミテープを貼った。
c0294658_22065577.jpg
両辺をアルミテープで張り合わせれば、形としては完成。
c0294658_22065672.jpg
ジャストサイズのハードケースの完成であります。

しかし!これでは、「手作りの逸品」のカテゴリーに加えることは出来ない。
なんたって、見栄えがよろしくない!

という訳で、よく行くレザークラフトのお店で、半端品のヌバックレザーを安く仕入れてきた。900円くらい。
c0294658_22065594.jpg
このままでは強度が足りないので、
c0294658_22540146.jpg
底になる側にアクリル板をはめて、横方向からの圧力に備える。(何か作った時の余りもの)
アクリル板は、それなりのハサミだったら簡単に切れるので、適当に形を合わせて適当にカット。
c0294658_22540100.jpg
アクリル板をアルミテープで固定して、ヌバックレザーをボンドで張り付ければ、底の部分は出来上がり。
c0294658_22540149.jpg
↑これは、ボンドで貼った底の部分の見た目を良くするための飾りのステッチを縫うための針孔開け作業。
レザークラフトの解説は省略するので、本とかネットで調べてくださいね。
c0294658_22540296.jpg
口を塞ぐ紐と留め具は、山でゴミとして拾ってきたアイゼン袋のものを利用した。
c0294658_22540049.jpg
本体とすき間なくピッタリサイズで縫い合わせてゆけば出来上がり。

c0294658_23091694.jpg
こんなの出来ました。
c0294658_23091626.jpg
出し入れする時の、ヌバックレザーの肌触りがいいねえ!
c0294658_23091631.jpg
大きさもジャストサイズで、ザックの容量をなるべく使わない。これだけ持ち歩く時にも使える。

これで安心して陶器製のオカリナをザックに入れて歩くことが出来る。
また一つ、山や森での遊びの幅がちょっと広がった。


======
まだまだ人様に聞いて頂けるようなレベルではないので、車の中でこっそり「もののけ姫」を練習してたら、、、
c0294658_07480365.jpg
窓のすぐそばにヘビがやって来て、聞き耳?を立てていた。「もののけ姫」のメロディーは、ヘビにも心地よく聞こえるのか?
作曲者の久石譲さん、流石ですね!


[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29523873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toto4543 at 2018-05-30 09:24
おお、なければ作る。素晴らしいですね。
ボクも陶器のオカリナ持ってましたが、見事に割りました(笑)
Commented by くまぷー at 2018-05-30 23:20 x
オカリナいいですね。先日、北上の方で地元の方が法螺貝吹きながら降りていましたが、麓まで来て遠くで聞こえていたときは、一瞬熊かと思いました。法螺貝は山頂では盛り上がっていいですけれど、山麓はあかんです(笑)

ナウシカ・レクイエムのオカリナも聞きたいなー。
Commented by mt1500funagata at 2018-05-30 23:41
> toto4543さん
そう!気に入ったものがなければ、自分で作っちゃえば良いのですね。もちろん自分でできる範囲のことに限られますが。
釣りの道具なんかも結構手作りしている物があるんですよ。竹で作った川虫用のエサ箱は20年くらい現役で今も使い続けています。モミの木で作ったタモは上州屋の店長さんから、売り物になるよと言われました。
作る過程も楽しいです。
Commented by mt1500funagata at 2018-05-30 23:49
> くまぷーさん
以前、桑沼の周辺の森にいた時に、沼を包み込むように聞こえてきたオカリナの音色は今も耳に残っています。とても癒されるような響きだったのを覚えています。
ジブリのメロディーは、山や森に似合いますね。

by mt1500funagata | 2018-05-29 23:40 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(4)