トレイルカメラで動物交差点観察

野外赤外線センサーカメラをトレイルカメラって言うんですね。
c0294658_20064109.jpg
昨年はツキノワグマがミズバショウを喰ってる姿やカモシカの死骸を貪り食う映像を捉えて、ローカル3局全国ネット3局で動画が流れるという大活躍してくれたトレイルカメラが残念なことに盗まれてしまった。

今年買いなおしたトレイルカメラには、文字を削り込みチェーンで鍵もつけた。
c0294658_20064164.jpg
盗まれたあと、偶然の出会いや痕跡からその営みを想像するってだけでも良いかなあと考えていたのだけれど、偶然では目にすることが出来ない野生動物の行動に対する興味は、それに勝るものがあった。

先週設置した場所は失敗だった。
直射日光をもろに捉えて作動してSDカードの容量がすぐにいっぱいになってしまい、肝心な動物の記録を多く撮ることが出来なかったのである。
簡単にいうとセンサー部から扇状に温度差を検知し作動する仕組みなので、直射日光が当たり暖かくなった木の枝や笹の葉が風で揺れると作動してしまうって訳。それで昨日の朝、場所を変えたので今回は思っていたような継続的な観察は出来なかった。

c0294658_20064244.jpg
昨日設置しなおした場所。という事は観察は一晩だけという事になる。でも、空振りはないだろうと思っていた。ここは、ケモノ道の交差点なのだ。
c0294658_20064183.jpg
右手の杉林の中には↓↓↓こんな道。
c0294658_20072976.jpg
左手の雑木林には↓↓↓こんな道が出来ている。
c0294658_20072948.jpg
この横切る道は、おそらくイノシシ以下の中型~小型のケモノ道。

ツキノワグマの道は別にあって↓↓↓昨年の糞が目印になって、
c0294658_20071080.jpg
昨年は、この尾根を横切る道を歩くツキノワグマと10mの距離で出会っている。
今年の糞が見られるようになったら、ここに設置するつもりで、今回は云わば練習なのですね。

練習で撮れた映像が↓↓↓これら。(動画からの切り出し)
c0294658_20451089.jpg
タヌキ2匹
c0294658_20461349.jpg
タヌキ
c0294658_20461352.jpg
イノシシ

場所を替えた冒頭の場所
c0294658_20461407.jpg
イノシシが尾根を歩いてきて、交差点を右折した。

ほらね!踏み跡で想像したとおり、交差点になってるでしょ!

あと1週間、観察を続けたらどんな動物たちが、どれくらいの頻度でこの道を歩くのかが分かってくるだろう。

今日、カメラのSDカードを交換している僕の後ろでガサガサって音が聞こえた。
振り向くと僕に気づいたテンが踵を返して歩いて来た道を駆け戻って行った。
今まで見たテンの中では一番大きく、全身が白い毛で覆われた美しいテンだった。

この道はテンも歩くのを自分の目で確認したけれど、センサーが感知してからカメラが作動するまで僅かなタイムラグがあるので、小走りのテンはカメラに映らないだろう。目視できてよかった。

c0294658_20461371.jpg
ここへ行く時の必須携行品。空身じゃあ怖くて歩けない。

-

[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/29376681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2018-03-17 21:14 | 野生動物との出会い | Trackback