人気ブログランキング |

升沢しょい滝 大晦日の朝

平成29年12月31日
大晦日の朝、升沢しょい滝に呼ばれた。
c0294658_18403983.jpg
ここ数日、僕はしょい滝へ行きたいと強く思っていた。と言うか、行かなければならないと思っていた。

僕には船形山界隈や七つ森界隈に、ここには神様がいるんだなぁ~って思える場所が何カ所かあるけれど、ここもその中のひとつ。



升沢へ向かう途中、いつもの嘉太神あたりを一回りする。
c0294658_18412081.jpg
僕らが冬山を歩く時によくラッセルという言葉を使うけれど、これこそが森のケモノたちのラッセル。イノシシが先頭を切り、そのトレースをタヌキやらキツネたちが利用する。
奴らは胸までのラッセルを平気でやる。膝上ラッセルなんていかにも大変そうなこと言ってるニンゲンなんて、実はたいしたことないだよな~って思わされる。

c0294658_18412601.jpg
この綺麗に揃った足跡は?
上品なモデル歩きのテンのようだ。わかるまで少しの時間が必要だった。
(訂正:後日調べてみたところアナグマのようです)

升沢まで上がってくると、積雪量は一気に増える。
森のケモノに倣って僕もツボ足でしょい滝へと向かう。
c0294658_18413120.jpg
深いところでは太ももまで沈む深雪に、歩き始めて10歩で後悔した。
俺様はニンゲン様だ、なんて偉そうなこと言ったって、胸までのラッセルを平気で一日中やってる森のケモノたちに到底及ばない。自分の非力さを知る。

c0294658_18414619.jpg

c0294658_18413806.jpg
ここに架かっていた橋は30年くらい前に自然の力の前になすすべがなく流されてしまい、今ではしょい滝を訪れる人は滅多にいない。

深雪をラッセルし沢を渡り、直線距離で高々400ḿ程度の距離を歩くのに約40分を要して、しょい滝の前に立った。
c0294658_22122981.jpg

c0294658_22125983.jpg

僕が何年か前に取りつけた滝名板。括り付けた針金は樹の幹に食い込みまったく動かなくなっていた。
次回来るときには、緩めるための道具を持って来よう。

c0294658_22271805.jpg

c0294658_22270639.jpg
升沢しょい滝と向かい合うのは何度目になるだろう?

ファインダーを覗いていた僕は何かを感じて滝の上部を見上げた。
何だろう?たった今までと違う空気感というか気配を感じたのだ。
滝を見上げていて、その感覚の違いの理由が分かった。
滝の流れ落ちる音が変わったのだ。

c0294658_22265951.jpg

今まで聞こえていた滝の音にかぶさるように、少し高音域の水が落ちる音が滝の岩盤から聞こえてきたのだった。

風のせいかも知れないだろうけど、もしかしたら、ほかの何かのせいなのかも知れない。

c0294658_22271234.jpg
今日はここに1時間20分いた。
この岩盤と流れる水の姿の中に、何を見るかは人それぞれによって違ってくるだろうけど、何度も来て見て暫くの時間その場に身を置くと何かを感じられる、そんな滝だと思う。


c0294658_22272351.jpg

ニンゲンの非力さと傲慢さを知り、滝の前で「何か」を感じて過ごした12月31日の朝だった。

皆様、今年も一年間お付き合いいただきありがとうございました。
あと数時間でやって来る新しい年が、皆様にとって良い一年であるように心より祈念いたします。



トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/28856924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 水戸かわせみです。 at 2018-01-01 00:45 x
しばらくです。毎回見てます。
いつも思うのですが、一般的には厳しい山中ですが、普通に自然に対峙しているのが、うれしいです。人の生き方はそれぞれで、どれが正しいということはないですが、こういう生き方素直にはいい。
Commented by mt1500funagata at 2018-01-01 10:49
> 水戸かわせみです。さん
お会いしたのはちょうど2年前になりますね。
年末の一夜を船形山の山中で過ごすことが恒例だったのですが、今のところ山で一日遊ぶことが出来ない状況であります。僕にとってや船形界隈の山や森を歩くってのは、近所の公園や河川敷を散歩するのと同じように、日常の中での普通のことだと思っています。
だからこそ見えてくるものや感じるものそして想いがあるのでしょうね。
by mt1500funagata | 2017-12-31 22:53 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)