ツキノワグマはまだ眠らない

夜明け前、窓からの冷気で目が覚める。

僕の部屋には暖房がない、しかも窓を開けて寝ている。
暖かくした部屋でテレビを観て朝の時間を過ごすのはもったいない。

森へ向かう。
c0294658_11073939.jpg
森へ行って、何するって訳じゃあないけれど・・・。

c0294658_11074036.jpg
森では冬ごもり前のツキノワグマの足跡を見つけた。

c0294658_11074104.jpg
雪の下からドングリを探して喰っていたようだ。
c0294658_11074032.jpg
天然の冷蔵庫なのですね。

c0294658_11074141.jpg
もう少し標高の高い森でもツキノワグマはまだ冬ごもりしていない。

僕は、雪面に親子グマの足跡を見つけたことがない。だから、これは全く僕の感覚的に思っていることで学術的に言える話ではないのだけれど、冬の森をウロウロしているのは雄グマだけなんじゃないだろうか?子連れや出産を控えた雌グマは暖かい穴に入り、雄グマだけは暖房のない森を歩き回り、冷たいドングリを喰う。

僕も雄グマと同じ生活か?

c0294658_11074206.jpg
一回りして、七つ森の奥のほうの森にはイノシシ捕獲のくくり罠が仕掛けられていた。
人が歩く林業作業道のすぐ脇で、写真でもわかる通り罠も設置表示も数センチの積雪で隠れてしまう。大和町内でもくくり罠の設置数は増えているので、森を歩くときには注意が必要ってことです
ね!

積雪を考慮した設置表示をお願いしたいと宮城県猟友会本部に電話した。
本部では真摯に対応してくれて、すぐに支部に連絡し改善要請をするとの回答だった。

c0294658_11073986.jpg
ブログで騒いだところで何にもならないと思っているから、実際に電話をかける訳ですね。

暖房の効いた部屋で地球温暖化を憂い、反原発を訴えたとしても・・・?

**********
幼い子やお年寄りにとっては大切な暖房ですが、せめて山岳志向の体力がある僕らにとっての話です。誤解のないように追記しときます。




[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/28762364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-12-26 10:04 | 嘉太神 | Trackback | Comments(0)