白い季節の始まり

雪の朝 待ってましたとばかりに七つ森の奥のほうへと向かった。
c0294658_08574693.jpg


うっすらと積もった新雪に森のケモノたちの足跡は見つかるだろうか?

c0294658_08574733.jpg
沼の奥の木立のすき間に佇むカモシカを見たことがあった。
今朝は静かに降る雪を水面に吸い込むだけで、生き物の気配は感じられない。

c0294658_08574795.jpg

多分、僕ほど多くこの風景を眺めた人はいないと思う。
いつの日か、この広い砂地を歩くツキノワグマと出会うことができるだろうか?

白くなった車道に残されていたのは、キツネ一匹の足跡だけだった。

c0294658_08574813.jpg
七つ森の奥のほうの森は、色彩をなくしモノクロームの世界が訪れた。

気配は感じられなかったけれど、この森で冬を過ごす生きものたちの姿を想像した朝でした。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/28567157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-12-12 07:55 | 嘉太神 | Trackback | Comments(0)