高倉山 胎内くぐりで忘年会?

大和町 七つ森の奥にある高倉山を南川ダムから望む。
朝の船形連峰は雪が降っていたようだ。白くかすんではっきりしなかった。
c0294658_21003557.jpg

昨日の朝は嘉太神ダム越しに高倉山を見ていた。
c0294658_21003424.jpg
僕にとって今年最後になるかもしれない山登り。
c0294658_21003530.jpg
高倉山で胎内くぐりを行い、一回死んで生まれ変わるってのが今年の最後を締めくくるには良いのかも知れない。
ある事情により山で遊んでいる場合じゃあないという状況になろうとしている。

maro7さん、ウエマツさん、ヨシコさんと僕の4人で高倉山を目指した。
c0294658_21192908.jpg
僕にとっては日常的に走っている高倉林道。雪景色に変わっていた。

僕らが勝手に名前を付けている「ヨシコ門」という入り口から一気に尾根に取りついた。
c0294658_21193084.jpg
この尾根をしばらく進むと胎内くぐりのある岩場に行きつく。

c0294658_21193092.jpg
ほとんど知られていない場所であるし、僕も積極的にこの場所をお知らせするつもりもない。
かつて、この場所を修行の場としていた修験者がいたのかどうかはわからないけれど、僕にとってはこの岩場の胎内くぐりはとっても神聖な場所なのである。

関連記事「高倉山の胎内くぐり」

c0294658_21193042.jpg
狭い岩場の隙間から入り、いったん死んで、
c0294658_21192976.jpg
生まれ変わる。
洞窟を胎内に見立てた疑似再生の行が胎内くぐり。

c0294658_21381245.jpg
maro7さんも

c0294658_21381356.jpg
ウエマツさんも

c0294658_21381383.jpg
ヨシコさんも疑似再生の行を行った。

一年を振り返る、来る年を新しい気持ちで迎える準備って言うなら、どっかのお店で酒飲んで美味しいもの食べて、ボーネンカイー!って盛り上がるのも大いに結構なことだけれど、チバ家の一大事に直面している僕にとっては、胎内くぐりでの疑似再生の行を山仲間と一緒に行うことが神聖な忘年会なのである。

ここの岩場を過ぎ、直線的で急な登りを終えれば東コブはすぐそこ。
c0294658_21474436.jpg
東コブは眺めがいい。
晴れていれば鳥海山だって見える。
c0294658_21474336.jpg
正面に高倉山の山頂を見ながら一旦鞍部に下り、写真正面の急斜面を直登し山頂へと向かう。

もちろん地図に載るような登山道はないけれど、急な斜面をとにかく上を目指せば山頂へ出るのは容易なのである。
ひどくガスった日の下山だけは気を付けないと道迷いを起こすかも知れない。

山頂からの船形連峰の眺めは一級品。
泉ケ岳から北泉、船形山頂から荒神山までが目の前に広がる。
c0294658_21480068.jpg
今日はここまで。船形本山はガスに隠れてみることが出来なかった。

下山後はちょっと寄り道して、クレソンうどんを食べに行った。
c0294658_22003823.jpg
ここは天然クレソンの大群生地。

c0294658_22003873.jpg
少し頂いてうどんを茹でている鍋に入れる。

c0294658_22003900.jpg
雪の上を歩いて来て冷えた体に、ゴマ風味仕立てのクレソンうどんはもってこいの食事だった。

c0294658_22003867.jpg
ご一緒したmaro7さんは旨味が凝縮された海苔の産地である七ケ浜町にお住まい、ウエマツさんは90年の歴史を誇る山梨の名門山岳会「白鳳会」の中心的メンバーのおひとりです。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/28444430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-12-02 22:20 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(0)