船形山「人命水」の源流に「幻の滝」現る

船形山、色麻コース登山口である大滝キャンプ場の水場が、船形山の霊水「人命水」であることは皆さんご存知の通りでありますが、、、、

その「人命水」の源流にある雨の日だけ現れる「幻の滝」の存在を知る人は少ない。
c0294658_20240851.jpg
船形山の一般的な登山ルートである色麻コースを登り、ある場所から登山道を外れ、涸れ沢を遡ると、そこは「人命水」と「鈴沼」の源流に当たる。
この沢は、晴れた日には水が流れない。この幻の滝の少し上流にある「水琴の滝」の岩盤を流れ落ちる際の、ほんの数メートルだけしか水は姿を現さない。
雨の日だけに現れる、この「幻の滝」の水も登山道近くになると伏流水となって地中へ姿を隠し、人の目に触れることはない。

そんな訳で、今日のような秋雨の日は「幻の滝」を見に行くのには絶好のチャンスとなる。
晴れていれば滝は現れないし、かといって大雨や長雨の時は信じられないくらいの水量で、滝の見物どころの話じゃあない。死ぬかもしれない。

c0294658_20423900.jpg
ブナ林の黄葉は雨の日のほうが美しい。
「雨も天気のうち」いつも言ってる言葉だけれど、この言葉は僕がまだ小僧だったころ、筋金入りのヤマ屋であるブナの会のオヤブンから教えられたもの。それ以来僕も天気のことはあまり気にならなくなって雨なら雨を楽しめるようになった。

c0294658_20543398.jpg
雨の日だからこそブナ林がこんなに美しく映える。

色麻コースの眺望所っていう場所を過ぎ、5分も歩けば涸れ沢を横切る場所がある。
c0294658_20583280.jpg
この涸れ沢の地下を流れる伏流水こそが、「人命水」の源流であり「鈴沼」の源流でもある。(と考察される)

c0294658_21014856.jpg
登山道を外し、涸れ沢を遡る。水の気配はない。

さらに遡ると
c0294658_21020524.jpg
三段滝の形状の岩の下に、昨日の雨でこの沢に水が流れた名残を見ることが出来た。

c0294658_21023513.jpg
ブナの葉が同じ方向に向かって渦を巻くように揃って堆積している。
雨脚が強かった昨夜から未明にかけては、三段滝から流れ落ちた水が渦を巻いて、写真左手の窪地状のところから地中に吸い込まれていったってこと。想像は容易だった。
c0294658_21022051.jpg
木の枝に絡みついた木の葉。高さは僕の肩くらい。という事は、大水の時ここの涸れ沢には水深2m近い激流が流れるってことでしょ?冒頭に書いたように、そんな時にここへ来たら死ぬかもしれない。

c0294658_21024525.jpg
岩を飾る水滴なんかを眺めていたら、上のほうから水の流れる音が聞こえてきた。

c0294658_21025511.jpg
昨日の雨の影響だろう、以前訪れた時よりもずっと下流域で沢の水は現れた。
この分だと、幻の滝の水量も見ごたえのあるものになっているかも知れない。

c0294658_21033411.jpg
想定していた以上に水量は多く、予想通りに雨の日だけに現れる「幻の滝」はその姿を僕の前にあらわした。

c0294658_21035941.jpg
何のことはない良く見かけるような普通の滝じゃない?って言うのは、次の写真を見てから言ってくれ。

晴れた日と、今日のような雨の日との同じ場所の比較写真。↓↓↓
c0294658_06022976.jpg
2年前は、この涸れ滝を登り「水琴の滝」の前に立ったけれど今日は行けない。今日の装備でこの滝を越えることは出来ない。
今日は、ここまでで十分。

一昨年に初めてここへ来た時、雨が降ればここは滝になるのだろうな?って思った。
それ以来、いつか雨の日に来てみたいと思っていた。

誰かが整備してくれた登山道じゃないところを歩き、何の情報もない場所の目を見張るばかりの景観を自分の経験と予測で探し出す。

今日の僕は「登山客」ではなかったと自負している。


==============
注)水琴の滝、幻の滝ともに公式な滝名はありません(わからない)。僕が勝手につけた滝名です。幻の滝が次回は別な名前になっているかも知れません。
注2)現地へ行くのに迷うことはありません。でも行程や難易度、必要装備などは敢えて記載しませんでした。詳しく書きすぎると登山客としての山歩きから一歩前進しようとしている人にとっては面白くなくなるのでは?と僕自身が思っているからです。

===関連記事:↓↓↓===
 



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/28090573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くまぷー at 2017-10-21 23:16 x
お疲れ様でした!

どこまで行かれたのかなぁと思いながら森の中をうろついてました。破れた雨具を履いて(笑)

鈴沼上流の枯れた段差のとこも雨のときは滝っぽく流れてるんでしょうか。あそこも水量多いと行くまでなかなかしんどそうですが・・

Commented by mt1500funagata at 2017-10-22 05:47
> くまぷーさん
雨の日にしか現れない幻の滝は雨脚の割には水量が多く、予想以上の流れでした。
そうそう、あの苔むした石の並んでいる湧水口の上の段差ですよね。段のところってすり鉢状になっていますが、水の多いときは水が溜まって溢れて流れ出しているように思いますけどね。でも、おっしゃる通り水量が多いと行くの困難ですね。長靴でも無理でしょうね。
by mt1500funagata | 2017-10-21 22:26 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)