川渡るツキノワグマ

早朝、森へと向かった。

c0294658_08133984.jpg
森でツキノワグマに出会うことが出来るだろうか?
罠に掛かったクマではなく、自然の中で木に登りドングリを喰ってるクマが見たいと思った。

木に登っているクマを見つけることは出来なかったけれど、
c0294658_07451283.jpg
川を渡っているクマを見つけた。

朝の森は肌寒さを感じ、川の水もかなり冷たくなっているはず。でも、彼は素足のままで川を渡る。

c0294658_08193616.jpg
こうして川を渡るクマと出会えるって、なんて幸運なことなのだろうと思う。
僕が川に差し掛かる、クマが川を渡る、このタイミングが数分どころか数十秒違っただけで僕らは出会うことが出来ない。ジムニーのアイドリングの時間が1分短かったら、途中の自動販売機で缶コーヒーを買わなかったら、僕らの出会いはなかった。

c0294658_08251333.jpg
先回りして、川から上がって来るであろうクマの道の近くでしばらくの間待っていたけれど、クマは現れなかった。でも、この藪の中に確実にツキノワグマはいる。
箱罠に閉じ込められたクマではない。僕の様子を伺いながら藪の中でじっとしているのも、僕を気にせず藪から出てくるのもクマの自由。

今朝、自由に歩き回れるツキノワグマを見ることが出来て、僕の気持ちに少し薄日が差しこんだ。

先週母子グマが入った箱罠はすでに撤去され、種の保存法の絡みで今年はもう仕掛けられることはない。
あの母子グマは自分たちの身を挺してほかのクマの命を救ったとも言える。

c0294658_08322049.jpg
母子グマは命を捨ててほかのクマを救ったけれど、クマが暮らす棲み処の森を奪うニンゲンの営みは終わらない。


[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/27844309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-10-05 07:42 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)