イノシシの家族

霧雨の降る朝
c0294658_21122370.jpg
何をするとはなしに森のほうへ向かう。

イノシシの家族と出会った。
c0294658_21135967.jpg
ふたりっ子のウリ坊を連れていた。

カタクリの群生で最近訪れる人が多くなってきた大和町と大衡村にまたがる達居森。
今はほとんど廃道となっている大和町側の登山口に向かう途中、大和町明ケ沢って地区。

去年まではイノシシのヌタ場を見ることはなかったけれど、つい最近からイノシシの食痕やヌタ場が目立つようになってきた。
c0294658_21182703.jpg
目立つって言うより夥しいと言う表現のほうが適しているほど。

4頭連れの家族と出会って100mも行かないうちに、
c0294658_21213896.jpg
休耕田の草むらに今度は大家族を見つけた。

c0294658_21215976.jpg
こちらの様子を伺っているのは母イノシシ。
僕がこの家族を見るのは初めてだったけれど、ヤツらは僕の白いジムニーをどこからか何回も見ていたことだろう。

c0294658_21221219.jpg
連れていた仔イノシシは7頭。

c0294658_21305068.jpg
ウリ坊、カワイイ!なんて言ってる場合じゃあない。
ここのところのイノシシの増え方は尋常じゃないのだ。

ここいら辺りは、カモシカやツキノワグマが多く生息していた地域。
このまま増え続けたら、農作物の被害はもちろんのこと、ほかの野生動物の生息環境も大きく変わってしまう。

もちろん、イノシシは悪く無いんですよ。
ヤツらは気候が暖かくなって積雪量も減り、棲みやすくなったから繁殖し生息エリアを広げているだけ。
畑で栽培されている農作物だって、ヤツらにとっては目の前にある食べ物の一つに過ぎない。

イノシシの生息エリアの拡大に伴う農作物の被害が取り沙汰されると、どうしてもイノシシ=悪者ってことになってしまうけれど、
繰り返しますけど、イノシシは悪く無い。

もし僕にイノシシを捕まえられる術があったとしたら、僕は獲って喰いたい。
残酷ですか?
食品となるために養豚場で「製造」され、パック詰めされるまでの豚の生き方のほうが残酷でしょう。(と思う)

c0294658_21573443.jpg
僕の前からはヤマドリも逃げやしない。
こいつも僕のことを何度も見ているのだろうと思う。

その後に出会ったタヌキは疥癬症に罹っているようだった。
写真も撮ったのだけれど公開するような姿じゃあない。

c0294658_22005527.jpg
霧雨の森では沢山の動物たちと出会い、彼らを取り囲む環境や自分たち人間の生活も考える。

こんな花が咲いていたよ、とか、こんな動物を見たよと喜んでばかりいる訳ではない。

僕は時間が許せば森のほうへ向かう。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/26909827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-08-18 22:13 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)