サルノコシカケの効用と秋の気配

サルノコシカケと言えば、漢方薬として近年は抗がん作用があると言われていることをご存知の方も多いと思いますが・・・

古い船形山の山行記録に
「升沢荘のばんつぁんに貰ったサルノコシカケに火をつけた。やはり線香のように燃える。効果はあったようだ。」
との記述がある。
何に効果があったのかというと・・・「虫よけ」

試してみた。
c0294658_22255213.jpg
記述通り線香のように燃え、すっかり灰になるまで燻り続けた。

さて、効果のほどは?

僕は少しばかりの場所に家庭菜園みたいなのを作っていて、今の時期なら畑に行くと5分もしないうちに藪蚊に何か所も喰われて、まるで蚊に餌をやりに行くようなもの。
そこで、燻したサルノコシカケを足下に置き、素足にサンダル履きでズボンの裾まくりをして、10分ほど蚊の様子を伺った。

何か所くらい蚊に喰われたと思いますか?

ゼロ!
全く蚊が寄り付いて来なかった。

その効果を信じて、裏庭の草取りなどをする。
c0294658_22442515.jpg
半袖シャツで素足にサンダル履きですが、蚊に喰われることはなかった。
写真の一片が燃え尽きたあと、そのまま草取りを続けたら、キンカンのシャワーを浴びたいくらいに薮蚊の餌食となった。

サルノコシカケって虫よけに効果があるみたいですよ!
偶然かもしれないので真偽のほどは、ご自身で試してくだいね!

雨が降り始めた午後、森に行って来た。
c0294658_22491716.jpg
森に行って何するわけでもないけれど、時間があれば僕は森のほうに行ってみる。

c0294658_22492828.jpg
梅雨が明けたと思ったら、もう秋の気配だよわ。

c0294658_22494259.jpg
つい先日は朝日連峰の稜線で、残雪を見ながら初夏の花に囲まれていたけれど・・・
雨の森では、もう秋の準備が始まっている気配がした。


c0294658_22574748.jpg
阿字観って知ってますか?
僕は、山伏の験名も持っていて、修験得度の度牒も授かっているので阿字観の修行もしているわけです。
まあ簡単に言えば、自然と一体となる呼吸法(瞑想)ですね。

虫よけじゃあなくて、香として焚いてみた。
キノコの香りが漂った。

*阿字観(あじかん)・得度(とくど)・度牒(どちょう)
 言葉の解説は長くなるのでしません。気になる方はググってみてくださいね。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/26895298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-08-16 23:30 | Trackback | Comments(0)