山の日、雨の山で「花笑う」

8月11日は「山の日」
山にいかなくっちゃ!ってことで、山に行ってきた。

せっかくの連休なので県外の山へ出かけた。

c0294658_09125292.jpg
天気予報は下方修正で、雨に降られるのは分かっていたけれど、いつも言ってるように「雨も天気のうち」。

c0294658_09155317.jpg
水滴を纏った遅咲きのヒメサユリに出会えるのも雨の日ならではのこと。

c0294658_09160228.jpg
主稜線は初夏の花が一面に広がっていて、遠くの景色はガスに包まれて見えないからこそ、目に入る景色は花ばっかり。

c0294658_09161508.jpg
東北の中では全国区の山で多くの人と行き交うのかと思っていたけれど、誰一人ともすれ違うことはなかった。
この山でこんなに静かな稜線歩きを味わえるのも、雨の日ならではのこと。

稜線で雨に濡れる花々を見ながら僕は、花が笑っているなあ~!って思いで歩いていた。
「夏山蒼翠にして滴るが如く」というけれど、僕が思ったのは「笑うが如く」のほう。

c0294658_09532879.jpg
だって、どちらを向いても花ばかりなものだから、正岡子規の「故郷やどちらを見ても山笑ふ」を連想し、
「稜線やどちらを見ても花笑う」って思いながら歩いていた。

c0294658_09162662.jpg
山小屋についたら雨は上がり、遠くの山並みも眺めることが出来た。

c0294658_09561016.jpg
山小屋での晩飯。ビーフシチューのせクスクス。

c0294658_09562462.jpg
山小屋での朝飯。シャケと納豆の朝定食。

c0294658_09595472.jpg
稜線下って雨上がりの昼飯。山の冷水〆冷やし中華。

c0294658_10032604.jpg
山の日にバンザイ!(次の日だけど・・・)

行って来たのは、朝日連峰、泡滝ダム~大鳥池~以東岳~狐穴小屋でした。

c0294658_10083782.jpg
以東の小屋も順調に建設が進んでいます。9月末には完成ですね。



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/26888825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maro7 at 2017-08-15 16:48 x
雨の百花繚乱でしたねぇ~。
いつもながら、豪華な食事に生唾ですよ。
本当に今年は、「ナツノコナイヤマ」ですなぁ~。
Commented by mt1500funagata at 2017-08-16 05:30
> maro7さん
雨ならではの静かな花の稜線でした。山メシは「軽さ」と「美味さ」のバランスを追求することに楽しさを感じています。景色や花もただ「見る」のではなく、何を「感じ」何を「思う」か?山メシもただ「喰う」だけってのは僕の登山スタイルじゃあないですね。
梅雨が明けたと思ったら、もう秋のような季節感の今年ですね。
by mt1500funagata | 2017-08-14 10:11 | ほかの山 | Trackback | Comments(2)