船形山のUMA(謎の未確認飛行生物)写真を撮った

前の記事で船形山の稜線上を飛ぶアマツバメの写真を載せました。
ノートリミングの写真が↓↓↓これ。
c0294658_22283852.jpg
この写真はコンデジで撮っているのですが、どうやって撮っているのかと言うと、
適当にズームして適当なフレーミングをします。
そのフレームの中にアマツバメが入るタイミングに合わせてシャッターを押します。この時はカメラの液晶画面は見ていません。見ているのは飛んでいるアマツバメです。

ですから、
c0294658_22351569.jpg
このように何も写っていない写真のほうが多いのですね。
c0294658_22361176.jpg
何十枚か撮った中に偶然アマツバメが収まっている写真があるので、その何枚かを上手く撮ったように見せている訳です。

数多い写真から使える写真を選ぶ為に一枚ずつチェックするのですが、その中の一枚に謎の飛行生物?が写っていました。

その写真が↓↓↓これ!(ノートリミング)
c0294658_22413011.jpg
アマツバメより大きいと思います。飛んでいる時に自分の目では確認はしていません。つまり、何かが飛んで来たのを狙って撮った写真ではないということです。

トリミングしてズームアップ
c0294658_22480738.jpg
目の周りが黒い犬のような顔に見えませんか?

更にズームアップ
c0294658_22505887.jpg
僕が立っているのは稜線上ですから、何かの哺乳類がジャンプして写りこんだと言うことは有り得ません。
猛禽類やほかの鳥(ホシガラスなど)だったら、僕はその場で判断が付きますし、現に猛禽が二羽飛んでいるのは確認していてこの場所は飛んでいませんでした。
稜線上というか山そのものに僕以外の人は居ませんでしたから、誰かの持ち物が風で飛ばされたということもないし、そもそも当時はほぼ無風状態でした。

元の画像がコンデジのズームなので、これ以上拡大してもはっきりしません。
当時の状況を思い出しても、写真を何度も何度も見返しても、なんだか分りません。

この写真を見て、この写りこんでいるものの正体が分る方や、こういう見方をすれば○○なんじゃないか?とお気づきの方とかいらっしゃったら、コメント宜しくお願いします。

====8月22日 追記====
お騒がせしました。鳥ですね!
写真をじーっと見てて分りました。
c0294658_21295263.jpg
このように、僕のほうに腹を見せて両翼の羽ばたきがちょうど下側にある時の中型の鳥ですね!
では、この鳥はいったい何と言う鳥なのでしょうか?
ノスリのペアはずっと上空を旋回していましたが、ノスリで良いのでしょうか?
c0294658_21393531.jpg
おそらく、この鳥が近づいて来たのを僕は見落としていたのでしょう。

あーぁ、ホントにUMAだったら面白かったんだけどね!


-










[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/25917871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴかぶうの雇い主 at 2016-08-31 22:56 x
面白いですね。私には獲物を持ったハヤブサに見えました。相変わらずみずみずしさあふれる写真が楽しいです。
Commented by mt1500funagata at 2016-09-01 23:35
> ぴかぶうの雇い主さん
尾羽のところが哺乳類の顔に見えるところが面白いです。

ところで先日、今まで見たことない程の肥満ツキノワグマに遇いました。写真撮れなかったのが残念ですが、走るときに背中から腹の脂肪がタプタプ揺れるほど肥満していました。野生動物の姿としては異常な感じでした。個体数も増えているように思いますし、何かが変わったと言うか何かヘンな感じがする船形山界隈です。
by mt1500funagata | 2016-08-21 23:20 | Trackback | Comments(2)