船形山のブナを守る会世話人会と湯殿山大権現

2月7日「船形山のブナを守る会」平成28年度の世話人会が開催されました。
c0294658_23223787.jpg
今年の講演テーマは「指定廃棄物最終処分場」
c0294658_23225613.jpg
餅つきして
c0294658_23230830.jpg
搗き立てのお餅と○○うどんを食べ、今年の年間計画などを話し合いました。

毎年、2月の第一日曜日に世話人会が開催されているのでブナの会の年度は2月から始まるってことですね。

<船形山のブナを守る会 平成28年度行事計画>
船形山 三光の宮・・・3月20日
体験林業 薪作り・・・5月22日
船形連峰 三峰山・・・6月12日
第18回ブナの森作品展・・・8月下旬
船形山 薪荷揚げ山行・・・10月2日
東北自然保護の集い・・・11月頃(今年は山形での開催)
新春山行 薬来山・・・29年1月15日

参加してみたいと思う方は、僕宛にコメントでもメールでもいただければ詳しい案内をお知らせします。面倒な手続きなど有りませんのでお気軽にどうぞ。

世話人会は三本木町公民館の館山ホールで行われました。


*********************
前日は同じ三本木町にある「湯殿山大権現」を訪ねてみました。
国道4号線沿い(ひまわりの丘の反対側あたり)に「名勝湯殿山大権現」という大そうな看板があって以前から気になっていたのです。
c0294658_23233729.jpg
境内には「音無湯殿山神社」と書かれていたけれど、社殿もなにもない。
自然の地形そのものが信仰の対象となっているらしい。
c0294658_23235221.jpg
境内に入ってすぐの石碑。
左は乳母神様。薬来山や柴倉山にある「山姥」と同じく片膝を立てた姿ですが、こちらは「乳母」。この乳母神様を撫でると母乳の出が良くなるとの言い伝えがあるのだそうだ。
右の石には「深山権現」と彫られていた。七ケ浜多聞山の深山権現や柴田町の深山神社などと何か関係があるのだろうか?
c0294658_23241014.jpg
浅い沢が参道になっていて、例祭の時は参拝者が裸足で沢を歩くのが慣例になっているらしい。沢の途中には子育て地蔵。
c0294658_23242396.jpg
御神水。
弘法大師が飲んだとか、病気や怪我が癒されるとか色々な言い伝えがあるらいしいのだけれど、この地で盛んだった亜炭鉱の関係か?いまでは赤茶色の水になっていた。

社殿とかご神木とか、特に際立ったものがあるわけじゃあないけれど、里山のそこいらへんにある自然の何気ない風景のなかに、昔の人は神さまの存在を感じていたのでしょう。
何もないけど、癒される空間だと僕は思いましたよ。


-



[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/25278313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabilogue2 at 2017-02-02 22:37
今年は 船形山に登ってみようかな?
山頂も踏み固められて 咲く花もだいぶ少なくなったでしょうね。
僕には20数年ぶりの船形です、、、そのころ「ブナを守る会」の運動を
山岳会として参画・協力してました。
Commented by mt1500funagata at 2017-02-03 22:38
> tabilogue2さん
是非とも船形山へ登ってみて下さい。でも、おっしゃる通り、山頂のマヤマキンバイが咲く面積は相当減りました。かつて数百人が山頂に集中した合同山開きが影響を及ぼしたと言うのは否めないと思います。
by mt1500funagata | 2016-02-09 00:19 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(2)