ナグサメの滝と鍋滝

ナグサメの滝へ・・・(先週の話ですが)
命名者である色麻町のH坂K男さんと。
c0294658_23294744.jpg
御歳73才になるH坂さんですが、山を歩く姿は50代?石の上をぴょんぴょん飛んで歩く。
一連のナグサメの滝探索の最終章としてやって来た。
同行していただくのはH坂K男さんが一番ふさわしい。

●過去のナグサメの滝に関するリンクは↓↓↓コチラ
    <<< ブナの便り 2014年8月17日 >>>
●ナグサメの滝探索のきっかけを与えてくれたマロ7さんのページ↓↓↓コチラ
    <<< マロ7のページⅢ >>>

c0294658_23300962.jpg
約40年前のある日のことを昨日のことのように、この場所で話してくれた。
(上記のリンク先参照して下さい)
「Y山さんと休んだのは、あの辺りだったんだ」
「冗談で言ってたナグサメの滝が地図にまで載るとは思ってねがったなや~」
「誰が何つったつってもナグサメの滝はこごっしゃ~」
って訳で
c0294658_23302224.jpg
H坂さんと一緒に滝名板を設置してきた。

H坂さんの話は面白い。
・・・・
昭和35年湯谷地に自費で温泉施設を建設しようとした爺様がいたそうだ。
色麻村の林務課に就職したばかりのH坂さんは県庁に道路建設のための許可申請の使いっ走りをしていた。爺様の先は短いってことで許可取得は急いで行わなければならない。たまたま高校の先輩が県庁の担当官だったので、今では有り得ないが下の書類を上に回してもらうなどして優遇してもらった。
急いで許可をもらったのだけれど、爺様はもっと急いで先に行って(逝って)しまった。
掘削のボーリング作業が一度失敗したなどの要因もあり、爺様の念願であった温泉施設は結局作ることはできなかった。大滝キャンプ場の小屋の近くには、そのとき折れた掘削用のドリルの一部が今も埋まっているのだそうだ。
林道から大滝キャンプ場へと続く舗装道路は、その時の許可があったから出来た。
そしてその道を利用してキャンプ場が建設され人命水の水場も整備された。
僕らがとても便利に使わせてもらっている大滝キャンプ場でありますが、温泉施設を夢見た爺様がいたおかげだったのです。・・・・・

ほかにも沢山のおもしろい話を聞いた。

極めつけはこれ。ナグサメの滝の上流にある12mの滝。
c0294658_23303642.jpg
この滝の名前は「鍋滝」
c0294658_23305018.jpg
明治39年の文書を昭和11年に書き写し、宮城県庁に提出された船形山の伝説・名所をまとめた資料の一部。H坂さんの自宅にコピーが保管されていた。
大滝の上に五丈余の滝はこれ以外にない。だから、この滝が「鍋滝」なのだろう。

「鈴沼」も「清水沼」から訛って「スミズ沼」それが「すず沼」そして「鈴沼」となったのだろう。

H坂さんは見たことがあるらしい。
「山ノ北端ニ当ル」薬師森には3mには届かないが大きな石があるそうだ。
「少彦名命ヲ奉祀セシナリ」とある。
少彦名命(スクナビコナ)は「天乃羅摩船」に乗って海を渡ってきた神様。
「天乃羅摩船」なんて読む?=「アメノカガミフネ」
薬師森の下にある「鏡ケ池」、ホントは「羅摩ケ池」???


H坂さんとの出会いによって、僕の船形山はいっそう深い山になった。


-





[PR]
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/22851162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maro4070 at 2014-10-21 19:44
納得納得の「ナグサメの滝」回顧録ですね。
それにしても、早く逝った爺様のお陰で、我々は大滝からたやすく船形山の山頂に辿れる訳なんです。
湯谷地に温泉施設が出来ていれば今頃はどんなになっていたのだろうか、これは複雑です。
ナグサメの滝の上流にの12mの滝は「鍋滝」というのでしたか。
探れば楽しいことばかりが出てきますね。薬師森の大きな石も魅力。滝名板の設置、ご苦労様でした。
それにしても、明治39年の文書を宮城県庁に提出された船形山の伝説・名所をまとめた資料の一部、興味津々ですねぇ。
湯谷地には湯治場があったというからどんなもんだったか。
Commented by mt1500funagata at 2014-10-21 20:48
maro4070さん
ナグサメの滝はこれにて一件落着、ってとこでしょうね。
でも、新たな興味がざっくざく!
H坂さんが若い頃に先輩から山頂直下の水場の話しを聞いたことがあるそうです。湧き出た水はすぐに伏流水となって消えてしまうのだそうです。幻の水場の探索が始まりますよ!
今回アップした写真は見せてもらった資料の一部です。
折を見て紹介して行きたいと思っています。
ナグサメの滝一連はmaro4070さんのおかげです。
ありがとうございました。
by mt1500funagata | 2014-10-21 01:02 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)