人気ブログランキング |

ツキノワグマ写真展

ツキノワグマの写真展が7日~11日、秋保・里センターで開かれています。
c0294658_18272136.jpg

日本ツキノワグマ研究所の米田一彦さんが撮影した50点が展示されています。
初日の今日は、米田さんによる講演もあったので、僕は朝から会社にいたのですが急遽駆けつけ10年ぶりくらいにまたお会いすることができました。
c0294658_1827568.jpg

講演の内容は、ツキノワグマの生態、野生動物と人間の関わり合いについてでした。
米田さんによれば、2000年以前は年間20件くらいだったツキノワグマによる人身事故が、2000年以降は年間80件ほどに増えているそうです。
でも、米田さんは言います。ツキノワグマの生態を知り、人間がキチンと対策をとっていれば事故は起きないと。
c0294658_18274392.jpg

米田さんは、今まで3000回以上もクマと遭っているけど、一度も襲われたことはないそうです。
じゃあ、対策ってどんなことすればいいの?そう思った方は、米田さんの著作本が書店や図書館で手にすることが出来ますから、手に取ってみてくださいね。
でも、ちょっとだけ。
クマは、両手両足そして頭で、5つの部品として見て相手を判断していると思われるので、クマと遭遇した時は両手両足を広げずに縮めて、5つの部品を見せないようにするのが良いらしいです。
あと、ジャラジャラ鈴鳴らして歩いても、あまり意味ないそうですよ。チーーンとかカーーンっていうような、良く通る金属音がクマにとっては一番聞こえるそうです。

講演を聴いていて、意外だったことがありました。
日本で一番、野生のクマと近くにいる米田さんですが、話しの中に「恐ろしい」とか「危ない」といったキーワードが結構あったことです。生態をよく知り、相当の経験があっても、決して野生のクマを「ナメてない!」ってことなのでしょう。


僕が撮影したツキノワグマ「旗坂のおやぢ」ですが、気になっていたことがあったので、米田さんに見てもらいました。
この写真のクマ、右手が少しヘンです。
c0294658_18284016.jpg

爪が2本しかありません。
米田さんによれば、過去にワナに掛かったかして指を切断したんじゃないか?ってことでした。
不自由な身体でも、しっかり生きてる。頑張れよ!

会場には、大物映画俳優も来場していました。(実は大ファン、最近も往年の名作主演ビデオ繰り返し見た)
握手してもらってウレシかった。。。。

===
トラックバックURL : https://bunatayori.exblog.jp/tb/20708215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 仙台CH at 2013-09-09 18:08 x
ツキノワ熊を含め、自然をこよなく愛し守っている方々の集まりですね。大変有意義な時間だったと推察致します。チバさんの笑顔がいいですね。
by mt1500funagata | 2013-09-07 20:24 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(1)