積年の構想だった。
積雪期の七つ森七薬師掛け。

やっと、実行できる機会がやって来た。
積雪の状態、天候、メンバー・・・そして自分の都合のよい日程。

年末の大雪で積もった雪が程よく締まり、風も無く好条件に恵まれバリエーションルートでの七掛けが出来るかな?と思い七つ森へ向かった。

c0294658_21113017.jpg
車止め周辺で積雪の状態を確認し、ピッケルにアイゼン、50mザイルとハーネスを準備して、車止めからすぐ斜面に取り付き登り始めた。

c0294658_21160291.jpg
無積雪期にはなかなか歩くことが出来ない尾根を歩き、

c0294658_21175898.jpg
途中、懸垂下降でなければ降りられないような急斜面を下って一般登山道を大幅にショートカットし、結果的に・・・

c0294658_21211700.jpg
鎌倉山

c0294658_21211839.jpg
遂倉山

c0294658_21211801.jpg
蜂倉山(鉢倉山)

c0294658_21211863.jpg
大倉山

c0294658_21211817.jpg
撫倉山(自分ちを指さす)

c0294658_21211784.jpg
松倉山

六掛けしてきた。

松倉山から下山して、車を一台デポしている信楽寺(しんじょうじ)に戻れば、あとは車で移動して大森山(笹倉山)をピストンすれば七掛けの完成であります。

しかし!元旦登山で子供たちも登った大森山に一般ルートでピストンすることに大した意味はないのではないか?・・・というもっともらしい理由を付けて、選択の話し合いが持たれた。

時間も体力も、大森山をピストンするには十分残っていて、やろうと思えばできる。あとは、やるかやらないかだけの選択であります。

話し合いは一瞬で終わった。
ヘルメットに示した通り、
c0294658_21284732.jpg
「HETARE」であります。

大森山か?ラーメンか?答えはすぐ出るのですね。

だから、今回は六掛け。

でも、なかなか面白い「登山」でした。

c0294658_21434588.jpg
へえー!この〇倉山にもこんな岩場があったんだーとか新たな発見があったり。


c0294658_21433082.jpg
50mザイルを目いっぱい使った下降。

c0294658_21433904.jpg
4ピッチ行い、一般登山道を大幅にカットして次の山に向かったりした。


c0294658_21435393.jpg
懸垂下降4ピッチで下りて来た、この山は何倉山でしょう?

c0294658_21440084.jpg
道に囚われず自由に歩けるのは良いけれど、方向を見失うと修正のアルバイトが大変な林の中をルートファインディングしながら歩いたり、それはそれは楽しい時間でした。

c0294658_21440757.jpg
撫倉山の山頂から、僕の住む大和町吉岡の町を眺める。

朝な夕なに毎日眺めている七つ森。

まだまだ知らない事がたくさんある。

最後に、どんなルートだったかって?
GPSのログは取っていますけれど、地形図に線書いてお見せするような野暮は致しません。
今日のルートは僕が練り上げた僕のルート。
次に誰かが同じようにバリルートで七掛けしようと考えて、その人が練ったルートだったら仮に同じルートだったとしても、それはその人のルートになると思っている。

今年も楽しい一年になりそうな予感がした。

============
今回のように大森山(笹倉山)を除き、たんがら森を含めた七山を登って「旧七薬師掛け」とか「元祖七薬師掛け」とか言ってる人いますけど、間違いです。たんがら森は元もと文殊菩薩を祀っている山です。
こちらの↓関連記事をご覧になってみてください。





# by mt1500funagata | 2019-01-06 22:18 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(0)

船形山の麓、嘉太神にカワガラスを見に行って来た。

c0294658_21170574.jpg
カワガラスってのは、カラスに似た色なのでカラスと名前についているけれど、カラスじゃあない。スズメ目カワガラス科に属する、どちらかと言えばスズメの仲間だけど、カワガラスは動物食。水中の川虫や小魚などを食べるらしい。

一昨日と同じ場所にカワガラスはいた。

c0294658_21170553.jpg
白鳥やカモ・ガンのような水鳥だったら水の中にいるのは不思議ではないけれど、小鳥と言っていいほどの小さい鳥が水中にもぐって採食する姿に心が動く。瞼が透明で、まるで水中メガネのようにしてエサを見つけるのだとか。
よーく見ていると水から上がった身体がほとんど濡れていない。油のような分泌物を身体じゅうに塗り込んで、身体と水の間に空気の膜のようなものを作るのだとか。その分泌物をジャケットに塗ったならば、とんでもない撥水機能のウェアが出来るだろうに。

動画です。(60秒)

youtube直リンク↓↓
https://youtu.be/TIHEJZWBVUg


もう少し上に上がった升沢付近では、ヤマドリが深雪をラッセルしているところに出会った。
c0294658_21170516.jpg
動画です。(21秒)

youtube直リンク↓↓
https://youtu.be/5tyjxqF1EBM

先日、厳しいラッセルをしてきた僕は言いたい。
「飛べるんだったら、飛べよ!」
僕は飛べるんだったら飛びたかった・・・。


近々、楽しい計画をしている七つ森の偵察に向かったところで、尊敬する先輩であるKさんと出会った。
今日も七つ森の二山を登って来たらしい。
会話を大まかに再現します。
僕「今日は七つ森だったんですね」
Kさん「んー、年末年始は七つ森だなー、30日は大森(笹倉山)に行ったんだー」
僕「えー!?30日だったら大森山でもラッセル大変だったんじゃないですかー!?」
Kさん「んー、大雪だったからねー大変だったよ。んでも初日の出登山の人がナンボか楽できっかと思ってさー、トレース付けてきたさー」

初日の出登山に笹倉山には多くの人が登ったようだった。でも、深雪に最初のトレースをKさんが付けてくれたことを知る人はいない。やっぱり、僕の尊敬する先輩だった。

c0294658_21170562.jpg
Kさんと会話していると、オオタカが鎌倉山の山頂付近から飛び立った。

冒頭のカワガラスの生態は、その時にKさんから聞き覚えたもの。

c0294658_21170401.jpg
今度はノスリが大空を舞った。




# by mt1500funagata | 2019-01-03 22:12 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)