南面白山。この秋三度目の入山となった。
c0294658_21313371.jpg
紅葉川渓谷の紅葉も見ごろになった仙山線面白山高原駅周辺。

前回、10月22日に面白山大権現御神体を探して権現沢を完全遡行したのだけれど、御神体を見つけることが出来なかった。
過去記事:面白山大権現の御神体(10月22日)
http://bunatayori.exblog.jp/26084242/
その後、関連する本を調べ、過去に実見した方々から話を伺い、地形図や概念図を穴が開くほど見返し、御神体探しもいよいよ佳境を迎えることとなった。
c0294658_21584695.jpg
駅の傍らにある、首のない姥神様にご挨拶し、以下のヒントを手がかりに権現沢へと向った。

■権現様への道筋の要所に杉の木があるという。
■広場の北側は沢壁になっていて、そこに幅三尺高さ五尺くらいの金気石が姿を現わしている。これが面白権現様である。右そばには滝がある。
(深野稔生著:山遊び山語り 二口編)
■滝の脇の砂礫の崖状になっているところに、高さ2mくらいの小豆色をした岩が突出している。カシューナッツを大きくしたような形。
■その手前には「血の池」と呼ばれる赤い砂地に水がたまったところがある。
■前回の遡行で聖域へ向う二股を間違っていた。
(平成4年ころ深野氏と共に実見した、もときちさんからの聞き取り)

c0294658_22021078.jpg
大黒淵を巻き上がる所にある杉。
c0294658_22041588.jpg
大黒淵上流の鐶滝(かんかね滝)を越え、権現沢へと導く杉。(10/22撮影)

これまでの山行と地図等での地形の把握が出来れば、上流の権現滝へも沢を詰めずとも行き着くことが出来るようになった。
c0294658_22062980.jpg
急斜面を強引に下降して
c0294658_22102984.jpg
 「山寺堰源流」の石碑が近くにある権現滝(滝名は推測)へと降り立った。
c0294658_22133307.jpg
滝の近くには、聖域への道標となる杉。前回は左股へ進むべき二股を別な場所と思い込んでいた為に、この杉を見落としていた。

この杉の辺りから、沢床の色が変わってくる。
c0294658_22175231.jpg
いよいよ血の池も近いと思われたが・・・

実は一旦見逃して通り過ぎてしまったのである。
しばらく沢を遡行し源頭が近くなっても御神体らしいものは見つからない。
同行のmaro7さんが、ある方に携帯電話で連絡をしてみた。抜群のタイミングで連絡が付き、僕らは先ほどの杉のある場所へと引き返した。その方は天童市在住のA氏と言い、県境の関山峠から面白山周辺にかけて精通している方である。

改めて、聖域の入り口を示す杉の周辺を探索した。
c0294658_22354010.jpg
これが「血の池」か?

場所は、ほぼ特定出来たと言って良い。
今度は2mのカシューナッツをキーワードに岩を探すことにした。
「あ!カシューナッツ!あれだ!」
最初に通った時にあった、あの岩しかないと女性陣が言う。

今までの聞き取りと考察から想像していたものとは異なる形状でその岩はあった。

下山してA氏と再度連絡を取った内容に由れば、ここ5年ほどの間にA氏を含めた上記の方々が訪れた当時と現在の御神体の存在する地形が、やはり変わってしまっていたようであった。5年前の震災の影響なのかも知れない。

c0294658_22464844.jpg
「赤い金気石」の面白権現の磐座。
やはり、湯殿山の御神体を連想させる。

写真を載せられるのは、ここまで。
深野氏もここまでの写真しか、本に掲載していない。湯殿山御神体の掟である「語るなかれ聞くなかれ」を踏襲したものであるかは定かではないが、僕もこれに倣うことにしたいと思う。

なんでもかんでもネットを通して公開すりゃイイってもんじゃあない。(と僕は思っている)
御神体へ行き着くまでの経緯、道筋、そして御神体そのもの。自分で考察し現地へ足を運び、そして実見することに意味と価値がある。(と僕は思っている)
そして、興味と好奇心と探究心を持って次に現地へ行ってみようと思う次の世代の人たちが現れることで、この面白山大権現の御神体が伝承されて行くのだ。(と僕は思っている)

何気に簡単な沢登りと思いつき、やって来た南面白山。
そのブログ記事に反応してくれた「もときちさん」と連絡がとれる環境ができたこと、現地で状況確認させてもらった「天童市のA氏」の存在。現地でのA氏からの返信アドバイスがあと数十分遅れていたら僕らは引き返えさなかったかも知れない。
1日前にmaro7さんへA氏からの電話、その電話があと1日遅かったら現地でのアドバイスもなかったかも知れない。
そして、そもそも何気に沢登りにご一緒したウエマツ氏やmaro7さん。
歴史的な興味・探究心が一致していなかったり、maro7さんの人脈がなければ御神体との対面はなかっただろう。

一連のことを思い返してみると、様々な偶然が僕らを御神体へと導いてくれたのではないかと思える。一つ一つが偶然ではなく繋がっているようにも思える。

そうだ、僕らは面白山大権現に会いに行ったのではなく呼ばれたのだ。

来年には磐座に引っかかっていた倒木を除け、落ち葉や泥を払い綺麗にして来たいと今は思っている。

c0294658_23283149.jpg
権現様峠の菩提樹。シナノキ科ではあるけれど正確に菩提樹であるかは判断がつかなかった。

沢歩いていると
c0294658_23310855.jpg
大量のムキタケや
c0294658_23314646.jpg
大量のナメコとの出合いもある。(キノコ採取禁止区域のずっと上流です、念のため)

権現様峠から奥新川峠を経由して下山したけれど、
c0294658_23370916.jpg
歩きやすさや周りの景色、感動を覚えるほど良い登山道だった。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-05 23:47 | Trackback | Comments(2)

ナメコですが・・・まだ採らない
c0294658_03444661.jpg
なぜならば、ここは僕の家から車で5分、車止めから歩いて1分で行ける場所。
と言うことは、なにも焦って採ることはない。今日はナメコの成長具合を様子見に来たのだ。
c0294658_03452401.jpg
今年はキノコが不作という話をよく聞いたけど、それはナラタケとかに限った話ではないのかな?って思ってる。でも実は少し心配していたのだけれど赤ちゃんナメコを確認して安心した。
c0294658_03454158.jpg
ムキタケ・・・少し採ったけれどまだまだ赤ちゃんがいっぱい。
c0294658_03450339.jpg
これから11月いっぱい4~5日おきに採りに行く。上旬はムキタケ、下旬はナメコ。
6時に家を出ればキノコを採って6時半には帰って来られる。カイシャインである僕も出勤時間にじゅうぶん間に合うのだ。

帰り道、気になっていた場所へ寄ってみた。
c0294658_03460940.jpg
カタクリの群生で最近訪れる人が増えた達居森の大和町側の麓、明ケ沢って地区にある山王神社。30年も前から、ここの前はしょっちゅう通っていたけれど、鳥居をくぐるのは初めて。
c0294658_03462747.jpg
小高い山頂には、ほとんどヤブに覆われた中に朽ちたお堂があった。訪れる人はほとんどいないようだ。
c0294658_03464404.jpg
鳥居の脇には沢山の石碑がある。これは、この辺の田んぼを区画改良する際に、あちこちにあった石碑を一箇所にまとめたもの。
多くは「馬頭観音」だが、「湯殿山」や「三峰山」と彫られたものもある。
その中に、梵字で書かれた「庚申塔?」
c0294658_03470287.jpg
日輪月輪を両脇に描き、寛政12年(西暦1800年)とある。当時、土地の人のなかに、このような梵字を書ける人がいたのだろうか?想像は膨らむ。
疫病が流行り高名なお坊さんか修験僧にお払いをお願いしたのだろうか?それとも、この辺には「庚申講」があって60年に一度の庚申の干支(寛政12年)にお祭りでもしたのだろうか?

わざわざ遠くに出かけなくとも、有名な観光地に行かなくても文化の日を楽しむことが出来るって訳ですね。史跡を解説した案内板を読むより、自分で調べ想像するほうが楽しい。

石碑の写真を撮り終わり、車に戻るときに一人の婆様と会って言葉を交わした。
婆様が言うには、山王神社には昔は立派な社殿があったそうだ。火事があって番をしていた若い人が焼死して以来ここの神社は廃れ始めたらしい。
「その火事っていつ頃のことなんですか?」と僕が聞いた。
婆様は、こう答えた。
「んだねえ~、オラがちゃっこい時だがら、20年も前になっぺがねえ~」
えっ!???
ちゃっこい頃って子どもだった頃ってことでしょ?20年前子どもだったってことは、この婆様20代後半?30歳そこそこってこと???
「20年くらい前ですかあ~」改めて聞いた。僕が思っていることを察したのか、
「んでね~な~、20年できかねがな?」と婆様。 
そうでしょ!
「んだな~30年前くれがな?」 
えっ!???

年のサバを読み過ぎな婆様だった。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-03 23:21 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)

面白山大権現の御神体

南面白山、本当の権現沢へ
c0294658_00042651.jpg
一月ほど前、当ブログ記事で南面白山の権現沢を遡行したことに触れた。しかし、ある方からご指摘を頂き、その沢は権現沢ではなく南沢だったことが分った。(山と高原地図の権現沢の表記は誤りということ)
そして、その時偶然であるが面白山のもうひとつの権現様「八大龍王地蔵権現滝」を目にしていた。

深野稔生著「山遊び山語り 二口編」を読み返す。
c0294658_00141370.jpg
権現沢には面白山の御神体である赤い磐座(いわくら)があるという。権現沢を遡り参道として植えられた杉に導かれるように辿れば行き着くことが出来るという。

行ってみなければならないと思った。9月に同行した全員が同じ気持ちだった。

c0294658_00200541.jpg
鐶滝(かんかね滝)
登山道から見える大黒渕の上流、ここを登らずに右に行くと登山道から見える雷神瀑布。
かつてはこの滝の右岸に鉄の環の鎖(鐶=かんかね)が設置されていてその鎖を頼って御神体へ参拝したということだったけれど、僕らが探した範囲で鐶を見つけることは出来なかった。
c0294658_00303199.jpg
左岸を直登した。
c0294658_00321477.jpg
次に現れた6m滝
c0294658_00330505.jpg
直登。
この滝を越えると、権現沢とハイスメリ沢との出合い。
c0294658_00372612.jpg
左、ハイスメリ沢。杉が行く先を示す右が権現沢。

権現沢に入ると、3mから5mくらいの小滝が続き、右岸から8m滝で出合う枝沢を過ぎると・・・
c0294658_00392657.jpg
黒光りするハングした岩を纏った12mの滝。
この滝を直登するのは無理。もちろん高巻きをするのだけれど、その高巻きで驚くものを発見した。偶然だったのか、それとも導かれたのか・・・。

最初は左岸の草付きに取り付いたのだが、途中で引き返し右岸を巻くことにした。先行したウエマツ氏が細く小さい尾根に上がったと同時に声を上げた。
「すごいものがある!」
c0294658_00530331.jpg
滝を見おろすように佇んでいた、下部は埋もれてしまった「面白山大権現」の小さな石碑だった。深野氏の著書に面白山権現碑の写真が複数掲載されているけれど、この石碑は載っていなかった。苔むした石にもなにか文字は刻まれているようだけれど判読不能。
ちなみに、面白山大権現と言えば北面白山山頂にある石碑を思い浮かべる人も多いと思いますが、あの石碑は天童市の観光課が観光開発の一環として昭和41年に建設し、その後凍み割れたものを昭和56年に再建したもので歴史的な価値はない。
c0294658_01030425.jpg
倒れかかった縦長の石碑には「山寺堰ノ源流」の文字。裏側には年代が刻まれていたようだがこれも判読不能。

この滝の上に人知れず祀られた石碑は、ここから神様の宿る御神滝を参った名残りなのではないだろうか?
そして、上記の「山遊び山語り」163Pの一文と繋がった。
・・・過ル四月二十八日、雨乞いの為、流源ノ山寺村面白山へ小前一同参詣マカリ登リ・・・文政三年(1863年)
「山寺堰ノ源流」「流源ノ山寺村面白山」、まさにここへ雨乞いに来たのではないだろうか?
c0294658_01392561.jpg
この滝を巻いて、さらに上流へ

目印にするはずだった杉の木は、ずっと前から見当たらなくなっていた。
御神体の近くにあるという赤い砂地の水たまり「血の池」も見つけることは出来なかった。

権現沢の御神体について唯一取り上げている、冒頭の権現沢と南沢との間違いを教えてくれたハンドルネームもときちさんのブログ記事のコピーを何度も読み返しながら、全員でそれらしい場所を探しながら歩いた。
もしかして、これがそうか?と思えるような、水がしみ出るところが赤茶色に染まった岩の突起が一箇所あったけれど、それが御神体であるのか否かを判断できる
のは誰もいない。写真も撮ったけれど、それはここで公開する気持ちは毛頭ない。

面白山権現の御神体は湯殿山の御神体を倣ったものであろうことは容易に想像がつく。と言うことは、「語るなかれ聞くなかれ」という掟も倣わなくてはならないだろう。ましてが確証のないことを写真を添えて「語る」ことなど僕には出来ない。御神体があると言われている本当の権現沢を源頭まで遡行し、年代不詳の埋もれ倒れかかった石碑を見た。これだけで僕らは満ち足りたのである。
c0294658_02310056.jpg
遡行記録がほとんどない権現沢を権現様峠まで遡り
c0294658_02325919.jpg
イノシシ肉を使った「イノすき焼き」を腹いっぱい食べて
c0294658_02341682.jpg
紅葉のブナ林を面白山高原駅へと下山した。


====================

参考にさせて頂いた、もときちさんの関連記事「面白大権現やーい」
http://tabilogue.exblog.jp/21372327/ 
ご一緒したmaro7さんの「マロのページⅢ」
http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-680.html
ご一緒したウエマツさんの「白鳳会ブログ」
http://www.hakuhohkai.sakura.ne.jp/



[PR]
# by mt1500funagata | 2016-10-22 23:07 | Trackback | Comments(4)

森のカフェ「桑沼三湖」

珈琲を飲むために森へと向った。

森へ向うとお出迎えしてくれる連中がいる。
「いらっしょいまへー!」
c0294658_22134436.jpg
今日、最初のお出迎えはイノシシのウリ坊。子どもたち3匹で何かして遊んでた。

おっ!真っ正面には三つ指ついて丁寧にお出迎えしてくれているキツネがいますよ!
c0294658_22191843.jpg
キチンと正座して待ってくれていたようだ。
c0294658_22255423.jpg
ゆっくり道を譲りながら、「お気をつけて行ってらっしゃいませ」って言ってたように思えた。

タヌキにはちょっと挨拶して行こう。
c0294658_22294457.jpg
このタヌキには何度も会っている。家族全員が僕と顔見知りだ。
c0294658_22310141.jpg
このタヌキを含めて、今日は4匹のタヌキが出迎えてくれたけど、中には寝そべったままのタヌキもいた。

街中のオシャレなカフェもいいけど、動物たちがお出迎えしてくれる森で飲むコーヒーはもっと好き。
みんなと一言二言話しして、コーヒーを飲むために桑沼三湖のほうに向った。

最初に立ち寄ったのは、ハス沼。
c0294658_22470788.jpg
水量は大分減っていたけれど、濃いエメラルドグリーンの水面に周りの森を妖しく映す。
c0294658_22492915.jpg
そして、この草が生えているのはすべて水中。天然のアクアリウム、美しいです。

c0294658_22564043.jpg
桑沼の畔をぶらぶら歩き
c0294658_22562696.jpg
今年の紅葉は今ひとつだな~なんて思いながら

スズ沼へ
c0294658_22582291.jpg
石の配置が絶妙で、こちらのスズ沼は日本の心「侘び寂び」といったところでしょうか。
c0294658_23022472.jpg
半周回れば、苔むした倒木が縄文を思わせる。

コーヒー飲みに行くのはこの沼の水源。一昨年に見つけた「小さな泉」から湧き出る水で淹れたコーヒーを飲みに行くのだ。
c0294658_23064560.jpg
ホコリタケがホコリを吹いていた。そのまんまって名前はヒネリがないねえ。
c0294658_23095921.jpg
ホコリが出る前の純真なホコリタケ。まっ白くて弾力のあるキノコでマッシュルームの代わりにパスタに入れるといい味になる。

c0294658_23132751.jpg
スズ沼の奥のブナの森。林床がすっきりしてて気持ちがいい。
僕はこの明るいブナの単相林を「さりげなく美しい森」と呼ぶ。
c0294658_23173683.jpg
さあ、そろそろ目的地。
c0294658_23174051.jpg
この「ちいさな泉」から湧き出る、たまらなく透明な水が今日のコーヒーになる。
c0294658_23192906.jpg
風もなく時間が止まったような静かな森にコーヒーの香りだけが漂う。
c0294658_23194529.jpg
この一杯のコーヒーのために今日の一日があった。



-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-10-15 23:30 | 桑沼周辺 | Trackback | Comments(2)

イノシシ柵の内側で

七つ森、大森山の麓。
c0294658_21222671.jpg
イノシシ柵の「内側」で、ウリ坊が4匹。
あちゃー!カメラ忘れた!ポケットに入っていたスマホで撮影。

大和町でも広範囲に渡って山沿いにイノシシ除けの柵が張り巡らされている。

もちろん「内側」にいたイノシシは何度も見ているけれど、証拠写真が撮れたのは初めてのことだった。
c0294658_21224422.jpg
さて?奴らはどうやってこの柵を越えて帰るのだろう?と思って観察をしていた僕の脇に子どもを乗せた車が停車し、窓を開けて子どもが「イノちゃーん!!!」って大きな声で叫んだ。
c0294658_21230886.jpg
すると奴らは柵の「内側」を柵がヤブに覆われてこちら側からは見えなくなっているあたりめがけて柵に沿って疾走して行った。

きっと奴らは、道路から点検しただけでは分らない秘密の通路を作っているんだろう。まあ、全く柵がないのから比べれば効果はあるのだろう・・・と思いますけど。

でも柵から侵入してくる一部のイノシシよりも、通行禁止の林道の柵をこじ開けて車を乗り入れたり、山の麓に粗大ゴミを不法投棄する一部のニンゲンのほうが性質が悪いと思う。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-10-12 21:58 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(0)

多くの人が手軽に登れる大和町の七つ森大森山(笹倉山)で
スズメバチによる人的被害が発生しました。
c0294658_22593224.jpg
一昨日(10/6)登山道を歩いていた人のうち2名がスズメバチに刺されました。
大事には至らなかったのは幸いでした。
昨日中(10/7)に蜂の巣は除去されましたが、油断は出来ません。
c0294658_22594586.jpg
クマの出没が大きな話題となり各方面で注意を促していますが、クマよりもスズメバチ被害のほうが国内では死亡例が多いことを忘れてはいけないでしょう。

c0294658_22595709.jpg
大森山登山口に設置してある看板。
スズメバチ・ツキノワグマ・ヘビ、んー味があるなあ~。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-10-08 23:09 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)

13年目になる「船形山のブナを守る会」による山頂避難小屋へ薪の荷上げ。
c0294658_21271725.jpg
21名の会員が分担して軽トラック1台分の薪を担いだ。
c0294658_21290157.jpg
13年前からは僕を始め全員が確実に13歳年を取っている訳で、一人が担ぐ量も確実に少なくなっている。そろそろパワーのある若い人たちの新しい力も必要だなあって感じている。
c0294658_21331514.jpg
薪作りや荷揚げ、僕らが出来なくなったらどうなるんだろう?って思いも少しずつ出始めた。登山口に薪を置いて、登山者に一本でも二本でも協力をお願いするっていう岩手山みたいな方法も考えなければならないかも知れない。
c0294658_21461502.jpg
思い荷物を背負っての急登は応える。

6~7年前だろうか?この道を体重60kgの人を背負って担ぎ降ろしたことがある。
ガスった山頂で倒れた人がいて、ヘリによる救助も無理な状況でその場に居合わせたブナの会メンバー6人が交代でオンブして、小荒沢林道の小滝橋まで(その時は橋の改修で大滝キャンプ場まで車の乗り入れが出来なかった)担ぎ降ろしたのである。後日聞いた話では、心筋梗塞(軽度)だったそうで翌日の手術で今は回復しているとのことだった。
今は、あの時よくここをオンブして下山したよなあ~って思う。
c0294658_22022324.jpg
こんな手作りの杖のほうが、ショップや雑誌で取り上げられるような最新のストックよりも味がある。(と思う)僕のは右から2番目。細いけれど年輪を数えれば22年もの。自然に出来た模様が自慢だ。
開山神社の石碑は御来光岩の根っこ。平安時代より山岳信仰されていたいたけれど、鎌倉時代に故あって山止めされた。江戸時代になって山止めは解禁となり、再び開山されたことを記念してここへ開山神社を祀ったということらしい。
c0294658_22235684.jpg
前船形山、鏡ケ池あたりの紅葉はまだまだのようですね。
ところが・・・山頂方面は・・・
c0294658_22252425.jpg
秋の彩りに包まれていた。
c0294658_22282577.jpg
山頂避難小屋の薪の在庫は満タンになった。
c0294658_22292195.jpg
ガソリン入れてうな丼食って、僕も満タンになった。
c0294658_22311940.jpg
薪を下ろしてしまえばカラ身みたいなもの。山頂付近の紅葉を楽しむ余裕も出来る。
c0294658_22333295.jpg
薪の担ぎ上げの帰りは、升沢避難小屋のバイオトイレのオガクズで分解したし尿を土嚢袋にいれゴミ袋で二重にして担ぎ降ろす。

13年続いている紅葉時期の恒例行事。
いつまで続けられるのだろうか。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-10-02 22:47 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)

先般の記事で取り上げた、片腕のツキノワグマ。
c0294658_22422079.jpg
http://bunatayori.exblog.jp/25952261/
写真だけでなく動画も撮影していましたが、とある事情によって公開を先送りしていました。この度やっと公開することができるようになりました。

めてやってみた動画の編集。カットをつなげてBGMを入れる程度が今の僕には精一杯だったけれど、毎日のように再生し眺めていると愛おしさが湧いてくる。
一部のツキノワグマの研究者や観察者にはファイルを送っていて、皆さんの見立てでは、この片腕のツキノワグマは2歳半から3歳半。人間の年令で言うと中学生くらい。

そんな片腕のクマの動画を観ながら過ごしていたある日、僕と同い年の写真家からメールが届いた。
今年の3月に「第5回 田淵行男賞」を受賞した「ツキノワグマ---21世紀の野生」のうち数点が「山と渓谷10月号」に掲載されたと言う。
僕はすぐに書店へと向かった。
c0294658_06563864.jpg
写真家の名前は澤井俊彦。
過去に「第5回ナショナルジオグラフィック日本版写真コンテスト」で国内優秀賞を受賞しており、現在は北アルプスを中心にツキノワグマの観察と撮影に取り組んでいる。

中でも目を見張ったのが下の写真「闇夜の宴」
c0294658_06572508.jpg
見開きに掲載された一枚の写真の中に7頭のツキノワグマと沢山のタヌキ・キツネ・アナグマが暗闇の中でうごめいている。
本人によれば、到着した時には数えられただけで、ツキノワグマ9頭、タヌキ・アナグマ計12頭、キツネ3頭までは確認したらしい。
=======
到着時は闇の中から動物たちの「阿鼻叫喚」が響き渡り、クルマのハイビームに浮かび上がった紅葉の森には動物たちがひしめいていて、まるでおとぎ話のような光景だったんです。(澤井氏からのメールより抜粋)
=======
これらの写真を見た友人たちは口を揃えてこう言った。
*20枚組の写真を全部見たい。*仙台でも写真展やって欲しい。*写真集は出版しないのかしら?
僕も全く同感である。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
片腕のツキノワグマの動画は↓↓↓こちら。
最接近での距離は16m、僕らの間を隔てるものは何もなかった。



[PR]
# by mt1500funagata | 2016-09-29 12:03 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(4)