足もとの霜の降りた枯れ草の上をカサカサと近づいてきたのはイタチだった
晩秋というか初冬の夜明け前、僕は船形連峰のモルゲンロートを待っていた
c0294658_21242578.jpg

この季節、早朝のキリリとした空気の中に身を置いていると、心も身体も頭もすべて透きとおってくる
そして朝日が山頂からだんだんと下のほうへさがってくる光景には厳粛さを感じる
なにか計り知れない大きなものが、ずっと遠いところで動いているんだ
c0294658_21244643.jpg

白く縁取られた、キレイな落ち葉も今の季節今の時間だけ
c0294658_2125369.jpg

僕のとっておきの場所
この景色を見ればほとんどの人は、日本庭園みたいって言うでしょう
でも、こっちがホンモノですから
c0294658_21251648.jpg

たて位置でもどうぞ・・・見たまんまを写真で伝えるのは無理だなあ~、すごく素敵な場所なんだよ
c0294658_2125335.jpg

帰り道の七つ森湖畔  子供達が小さい頃この橋でプーさんの小枝投げ遊びをした
c0294658_21254512.jpg

トチの落ち葉の霜がとける頃、僕の自由時間は終わる



-
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-11-23 22:07 | Trackback | Comments(3)

朝の長者館山

目が覚めたのは夜明け前だった
c0294658_9254255.jpg

ここ10日ばかり、街の中の無機質な一部屋で夜を明かす日が続いた
でも、とても大切な時間を過ごすことができた
c0294658_9255844.jpg

久しぶりに家でゆっくり眠った翌朝に僕が向かったのは長者館山
西には船形山も一望に出来るし、東を向けば太平洋から遠く牡鹿半島も望むことができる
c0294658_9262188.jpg

ツキノワグマの足跡や
c0294658_9263614.jpg

カモシカの足跡は、すぐに見つかったけれど何処にいるのか姿を現すことはなかった
c0294658_9265399.jpg

雲に覆われていた船形山は、ちょうど誰か来たのだろうかって思ってカーテンを少し開いて様子を窺うように、ほんの僅かな時間だったけれども全容を現してくれた
そしてすぐ雪が降りだした
c0294658_927975.jpg

麓の森は雨
c0294658_9272699.jpg

こんな晩秋の里山も好きだ

今夜は僕を見守り続けてくれた大切な人と過ごす最後の夜になる
それをわかって、山は一瞬だけ姿を見せてくれたのだろう


-
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-11-21 08:10 | Trackback | Comments(4)

c0294658_2219363.jpg

晩秋の朝、升沢しょい滝と向かい合った
c0294658_2219151.jpg

山は初冠雪、山頂へ向うのも良い具合の天候だったけど、今日の僕は、しょい滝に行きたかった
c0294658_22192521.jpg

朝の下草には霜が降りていた。陽に当たれば瞬く間に消えてなくなる儚い装い
c0294658_22193799.jpg

雑木林まで下りてきた船形山の紅葉。この道を辿り、二つの試練を越えると
c0294658_22194879.jpg

しょい滝が全容を現す
c0294658_2220524.jpg

この滝には神様がいる。船形界隈にはいくつもの滝があるけれど、僕の神様はここにいる。

・・・ただ呉れ呉れも云って置きますが神様がいるといってもそれはみんな私の頭のなかにいたと云うので決して偽(うそ)ではないのです。偽(うそ)でない証拠にちゃんと私がそれを云っているのです。もしみなさんがこれを聞いてその通り考えれば神様はまたあなたにもいるのです。私は時々斯う云う勝手な山野をひとりで勝手にあるきます。けれども斯う云う処へ行くとあとでたいへんつかれます。ですから斯う云う山歩きのはなしを聞くことはみなさんにも決して差し支えありませんがあんまり度々うっかり出かけることはいけません。全身ずぶ濡れになるかもしれません。・・・(この部分 宮沢賢治のパクリ)
c0294658_22201924.jpg

ここへ来て、なにを願うなにを祈るという訳ではない。ただ、この場所へ来たかった。
そして、短くはなかった人生の晩秋を迎えている大切なひとのことを想いたかった。
そのひとの銀河鉄道の発車時刻は迫ってきている。誰しもが必ず乗るのだけれど・・・。
c0294658_22203156.jpg

三週続けて訪れたブナ林。木の葉をすっかり落とし、じきに来る冬への備えは終わったようだ。
c0294658_22204281.jpg

山から帰ったら、大切なひとのもとへ逢いに行こう。


しょうゆ滝私的考察(しょうゆ滝って言われているけど本当は「しょい滝」だと思う)
http://funagatayama.web.fc2.com/index.htm
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-11-09 23:14 | Trackback | Comments(1)

山はそれ自身が呼吸する巨大な生き物なのだ・・・
c0294658_1823496.jpg

先日の薪荷揚げ山行に参加してくれた、大学院生の女性から頂いた手紙の一文。
彼女は初めて船形山に登ったのだけれど、素晴らしい気づきだったと思う。
c0294658_1832295.jpg

そうだ、山の生き物すべてが呼吸をしているんだったって僕も改めて思った。
生物は、動植物みんな呼吸をしている。呼吸をしなくなった落ち葉や倒木はやがて大地に還る。
c0294658_1833976.jpg

自由な時間を作ることができた朝、僕は呼吸をしに雨の森へ向かった。
c0294658_1835322.jpg

空気と水と大地。そして植物と動物、微生物。「モノ」があふれている都会には呼吸する「生きモノ」は少ない。
仕事と称して都会の一角で生活している時間に感じる息苦しさは、呼吸をしない「モノ」に囲まれているからなのか・・・
c0294658_184441.jpg

森をウロついていたら雨も上がり、木漏れ日がブナの大木の根元を照らした。
c0294658_1842685.jpg

山頂付近は良くなかった今年の紅葉も、森まで降りてきたら鮮やかさを取り戻したようです。
c0294658_1843990.jpg

晩秋のブナ林には、これから厳しい冬に向かう覚悟のような気配をいつも感じます。
c0294658_1845266.jpg

升沢の神様の通り道を守っているブナも鮮やかな黄色で染まっていました。
陽にあたる太い幹に触れた僕は、同じ場所で空気を共有し、静かにゆっくりとしたブナの呼吸を確かに感じた。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-11-04 19:30 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(6)

暗いうちから起きだして、船形山の旗坂キャンプ場あたりの森をウロウロして来ました。
c0294658_12102647.jpg

台風の影響かまわりには誰もいません。独り占めだよおお~
c0294658_12104239.jpg

キクラゲの仲間、ハナビラニカワダケが濡れてキレイでした。
c0294658_12105995.jpg

この季節でも雨にぬれると苔もみずみずしさを取り戻すようです。小さな紅葉とブナの実が小宇宙を造っているように見えた。
c0294658_12111586.jpg

今年の紅葉はこんなカンジです。ここ何年かキレイに黄葉したブナ林見てないんじゃないかな?
c0294658_12112962.jpg

葉の先っちょだけ赤くなってました。

風の音、雨が木の葉に落ちる音、いつもより少し大きく聞こえる沢の音、沢ぞいは晩秋の匂いがしていました。もうすぐ、雪ふるよわ。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-10-26 08:50 | Trackback | Comments(5)

イノシシからの葉書

イノシシから葉書が届いた。
c0294658_21211271.jpg

携帯で見てる方もいるでしょうから、内容(ママ)を写しますね。
*************
オラは有がいちょうじゅうなのですか?(マークの向きが反対にかいてある)
そこらへんしあるもの喰って自ゼんに生きてるだけで有がいなのか?
あたたかくなって棲めるとこふへたのありがたく思てました。温だん化て言ふんですか?イモ喰てたまに屁こきますがそれも温しつ効果ガスですか?夜中もウロウロしますがコンビになんて行たことないです。車も持てないしテレビも見たことないです。木切て山くずして住むとこふやしたことないです。オオカミもずと前にいなくなて、あんしんして子どもふやせるよになりました。オラ有がいですか?
*************
なんて返事書いたらいいでしょ?
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-10-25 21:40 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(4)

なにが楽しくて雨の日に山に行くの?

じゃあ訊くけど、なんで雨の日には山に行かないの?
雨に濡れるブナ林って、幻想的でこんなに素敵なのに・・・?
c0294658_20361655.jpg

こんな素敵なブナ林を見ることができるのは、雨の日に山に行った人だけなんだよ。

つー訳で、「雨も天気のうち」という名言を座右の銘としている、船形山のブナを守る会の山行で、後白髪山まで行ってきました。

濡れ染むって言葉がピッタリのブナ林を歩き、僕も濡れ染まれてみましょうか?
ヤブも少なくなって来た、瓶石沢の瓶で・・・
c0294658_20365562.jpg

顔を洗って、濡れ染めて・・・
c0294658_20371229.jpg

素敵になったかしら?

蛇ケ岳草原から稜線に出て、後白髪山まで行って帰ってきたのです。
c0294658_20373141.jpg

ガスって遠望は利きませんでしたが、ガスに煙るブナ林を堪能してきました。
c0294658_20374787.jpg

誰かが、この森を絵に描きたいって言った。
そうだ、ボクも描いてみよう。
いつもよりブナたちが寄り添っているように思えた。


下山して、いつもの温泉に向かう道。
奴らが現れた。
c0294658_2038620.jpg

車が前後から相当近づいても、ビビッて逃げる様子もなく、
大きな声を掛けても「なにっしゃ?」みたいな、すっとぼけた顔して僕を見てた。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-10-20 21:10 | Trackback | Comments(0)

船形山中腹の紅葉は?

早起きして、小荒沢林道あたりをパトロール
c0294658_8545832.jpg

標高700~800mくらいのブナ林。色はあんまり良くないなあ~。
c0294658_855284.jpg

ブナの実は豊作で、道の上にも落ちた実が敷き詰められているほどでした。
c0294658_8555912.jpg

ツキノワグマの糞は、ブナの実でいっぱいでした。
c0294658_8561795.jpg

ちょこちょこっと出かけて行って、ちゃんと撮った写真じゃないので、こんなモンです。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-10-19 07:40 | Trackback | Comments(2)