よそ者

♪♪ 俺たち、よそ者
  どこに行ったって
  だからさ、そんなに親切に
  してくれなくてもいいのに
c0294658_1181524.jpg

  いつの日どこかで
  落ち着くことができる
  そんな夢を見ながら 
  今夜ここで踊るだけでいいのに ♪♪
c0294658_11125480.jpg

忌野清志郎は「よそ者」をこう唄った。
俺たちイノシシは、船形山あたりでは「よそ者」なんだろう。

定義や大倉、旧宮城町あたりの林や道路脇の防護柵を見たことがあるかい?
親切にしてくれなくてもいいけど、「邪魔者」にされて「有害鳥獣」と言われてる。
カモシカのように反芻出来る胃袋持ってないし、ツキノワグマのように木登りが出来る爪も持ってない。
にんげんの為の農作物なのか自然のものなのか、違いが分かるほどの頭も持ってない。
c0294658_11383244.jpg

最深積雪が1mを越える地域には、もともと棲んでいなかったのさ。
温暖化?知らねぇなあ。テレビも新聞も見たことねぇからな。

クズの根っこ食べて、芋があれば掘るしキャベツや白菜、もち米はご馳走だよ。
c0294658_11445683.jpg

泥だまりのヌタ場で、踊ってるだけでいいのさ。

♪♪ 踊れば揺れる 胸に降る
  悲しさどれくらいかなんて
  オイラ知らない
  煙る嘉太神ダム~ ♪♪
ってがあ~~。
c0294658_1223355.jpg


船形山の麓、嘉太神地区。
早朝の散歩でヤツに出会った。
生息圏の拡大で従来の生態系への影響が懸念されるイノシシ。
僕も、この辺でカモシカとの出会いが少なくなってるなあって思ってる。
おとなしいカモシカがイジメられてんじゃないか?って心配もしてる。

でも、今回はイノシシの気持ちで書いてみました。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-08-06 07:02 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(6)

「オラの目は良ぐ見っとめんこいんだがらね。ちゃんと撮ってけさいんよ!」
c0294658_2139910.jpg

まるで、そう云っているように大きい身体に似合わない小さい目が僕を見ていた。
「オラの自慢の胸の模様も、ちゃんと撮ってけさいんよ!」
c0294658_21385632.jpg

まるで、そう云っているように、グワッーって立ち上がってみせた。
なんだべ!急に立ち上がったらびっくりすっぺっちゃ!んでも、月の輪はちゃんと撮ったがらね。
「んだが」って云うように涼しい顔で澄ましていた。
c0294658_21384228.jpg


・・・船形山に向かう途中、目の前の道に旗坂のおやぢは飛び出して来た。
後ろから走ってきた車は、止まった僕らの車を追い越して気づかずに、おやぢの前を走って行った。
おやぢは草むらにひょいと身体を隠してその車をやり過ごすと、草むらから顔を出して、「こっつぁ来い」って云うように鼻先をちょっとあげてみせた。(ように見えた)そして、上のような何枚も写真を撮らせてくれた。
c0294658_22242975.jpg

しばらく話したあと、うしろの木に背中をスリスリして、森に帰って行った。

今日は朝から面白いおやぢに会えて良かったねえ~!なんて、ご機嫌で山へ向かったのでありました。
気分良く歩いていれば、里では曇っていた空も青空に変わります。
c0294658_21392789.jpg

蛇ケ岳の草原で夏空の下でコーヒー淹れて足下に目をやれば・・・
c0294658_21394482.jpg

トキソウは例年にない位の群生!当たり年かな?
三峰山で、雲海の上で昼メシ食べて少しの昼寝。
c0294658_21395782.jpg

船形連峰の夏の主稜線を眺めながらの山散歩を楽しんで来ました。
c0294658_21401061.jpg


帰り道では、二年子のツキノワグマの子が転がるように目の前を駆けて行きました。
子グマは、にんげんのおんちゃんは、まだオッカナイと感じていたのでしょうね。

一日に二回もツキノワグマと会えた。月曜日にも二回会ってるしね!
何回も会えるのは嬉しいけれど、ハグはしてくれなくてもいいからね。
c0294658_654497.jpg

野生動物との出会い・・・それは偶然なのでしょうか?
7月のブログ記事は4回とも、野生動物との出会いを書いたものになりました。
この旗坂のおやぢ、前回の嘉太神のおんつぁん、そしてキツネやタヌキたち。
僕がその場所を通るのがほんの数秒違っていたら?彼らとの出会いは無かったでしょう。
しかも、彼らはちゃんと写真に納まってくれたのです。
c0294658_550138.jpg

山の神様が、僕にこう言ってくれているような気がします。
「ブログ始めたんだってなあ?船形山辺りの豊かな自然とその森で暮らす動物たちの息遣いをしっかり伝えておくれよ。」って。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-07-20 23:08 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(1)

嘉太神のおんつぁんに出会った。
c0294658_2218634.jpg

集団移転してしまって住む人が居なくなった嘉太神集落。おんつぁんはここに棲んでいる。
ここだったら、道路に出てきても「熊出没!」なんて新聞に載ることはない。
c0294658_22183047.jpg

人が居ないから道路にだって平気でウンチしている。僕は何回もおんつぁんのウンチを見ている。
おんつぁんは恥かしがりやで、人見知りなのは知っている。
前に会った時も、すごい勢いで木から駆け降りて隠れちゃったよね。

ここ何日か、僕もこの辺に来ていなかったのは、ちょっと県外の山に2泊ばかりしてきたからなんです。
この花に会うのが楽しみで出かけた山ですが、雨と強風で写真どころではありませんでした。
c0294658_22185266.jpg

1枚撮るのが、やっと!だって稜線上はまっすぐ歩くのだって大変だったんです。

行動予定は大幅に短縮。
c0294658_2219489.jpg

山小屋の管理人さんが作ってくれたユキザサのおひたしで、昼過ぎから呑みはじめ・・・
酔っ払って、外の暴風雨の音も気にならず朝まで熟睡。
呑んだ次の朝は、やっぱ和定食でしょ!
c0294658_221919100.jpg

梅干に焼きジャケ、お新香味噌汁。朝からビール?
管理人のI さんとは秋の再会を約束して、のんびりと下山して来ました。

濡れた装備の後片付けが一段落した夕方、自然と身体は船形山へと向かいます。
c0294658_22193489.jpg

雨上がりのブナ林に「ただいま」を言いに行ってきました。
c0294658_22195161.jpg

旗坂キャンプ場で出会ったSさん親子と「そろそろクマさんの時間よねえ。」
「うん、僕はクマさんに会えるかも知れないから嘉太神をまわってみるよ。」
なーんて話をしていたら・・・

ホントに会っちゃった。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-07-15 23:21 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)

子ぎつねの風太と早子

「僕のおうちにも寄っていったら?」
c0294658_2024411.jpg

船形山の帰り道、子ぎつねの風太に出会った。

先日開通した小荒沢林道を使って、船形山まで行ってきました。
升沢小屋に着いたと同時に雨が降り出して・・・。
c0294658_20241877.jpg

山頂まで行くつもりで出てきたけど、雨の音を聞きながら小屋で過ごす休日も悪くない。
一緒になったお隣さんから、抹茶のバウムクーヘンやらサクランボをいただいて、
c0294658_20243521.jpg

たっぷり昼寝をしながら、ただダラダラと数時間。
以前のように雨でも風でもお構いなしでガシガシ歩くことがなくなりました。

雨上がりにはモリアオガエルに会えるかな?って思って沼まで行ってみました。
c0294658_2024544.jpg

沼の周りには、まるで木立の飾りつけのように白い卵隗がいくつもぶら下がっていました。
c0294658_2025639.jpg


そして帰り道。
子ぎつねの風太と早子の兄妹が、道路まで出て僕を待っていてくれた。
c0294658_20252216.jpg

「このまえ、七つ森の信子おばさんに会ったんだってねえ?今日は僕のおうちに寄っていきなよ。」
なーんて云ってるのかなあ?
兄妹で何か相談してるみたいでした。
c0294658_20253525.jpg

「にんげんにおうち教えたら母さんに叱られるよ。」
「あのひとは大丈夫だよ!」「そうかもね。」
「ほら、こっちだよ。ついてきなよ!」
c0294658_20264080.jpg

まるで、こんな会話をしてるみたいだった。

道路に出てきた子ぎつねは、僕が車を停めて眺めていても逃げる様子も無く目の前を行ったり来たりしていた。
そろそろと近づいても草むらの中から、逆に僕をじっと見ていた。
棲家に戻ったら、彼はきっとこう云うだろう。
「母さん、今日にんげんに会ったよ。手を伸ばせば届くくらい近くでだよ!」
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-07-07 21:02 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(5)

きつねの楽寺信子さん

「もうホタルは飛んでるよ。」
七つ森の麓にある不思議な食堂「山海里」、テンガロンハットを被った素敵なママが言ってた。

ホタルが飛ぶのに丁度良いちょっと蒸し暑い夏の夜。様子を見に行った。
たくさんのホタルを見たことがある場所に行ってみたら・・・
きつねの楽寺信子さんが、僕を迎えてくれた。
c0294658_22265163.jpg

彼女は容姿に自信があるので、ヘッドライトが当たっていてもカメラを向けても、小首をかしげてポーズをとってる。
「立ち姿もちゃんと撮っておくれよ」って一段高いところに昇ってツンと前を向いてた。
c0294658_22271351.jpg

「もうちょっと近づいてさあ!」って云われたから、僕は車から降りて近づいた。彼女は姿勢を保ったまま待っていてくれた。
c0294658_22272811.jpg

暗いからブレた写真になるのは勘弁してね。
「しょうがないねえ!もう座らせてもらうよ!」って少し不機嫌になったようだ。
c0294658_22274227.jpg

ホタル飛んでるって聞いて様子見にきたんだけどさあ、どう?
「ふん!私ゃ知らないね!」だって。冷たいなあ。
c0294658_22275471.jpg

信子さん居なくなちゃったから、ライト消して林のほうに歩いて行ったら、ひとつふたつ小さい光が飛んでた。
いつか見たような乱舞ではなかったけれど、今年もここでホタルに出会えた。
c0294658_2228596.jpg

これは、平家蛍のメスかな?
いつまでもキツネが歩きホタルが飛んでいられる、きれいで豊かな自然が保たれるよう願うばかりです。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-07-04 23:19 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)

自然のめぐみぐみのみ?

「自然の恵みグミの実」
タイトルをちゃんと書くとこうなります。

グミの実を山から少しおすそ分けで、いただいて来ました。
c0294658_22531059.jpg

家に帰って、こうやって、ああすれば、
c0294658_225324100.jpg

こうなります。
c0294658_22533894.jpg

ヨーグルトに加えてみました。すっぱ美味いっていうのかなあ?美味いよ!

クワの実も山から少しおすそ分けでいただいて来ました。
c0294658_22535156.jpg

家に帰って、こうやって、ああすれば、
c0294658_2254368.jpg

こうなります。
c0294658_22541427.jpg

ヨーグルトに加えてみました。自然の甘みっていうのかなあ?美味しいよ!
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-06-30 23:06 | Trackback | Comments(0)

たわわに実った里山のマグワ
c0294658_23371312.jpg

ネマガリタケを食べ飽きたツキノワグマが何度も通って来ているようでした。
c0294658_2338882.jpg

山に自生しているヤマグワよりも実が大きいので食べ応えがあるんだよねえ!
c0294658_23375950.jpg

ヤマグワは低木ですが、マグワは高木でこの木は幹や枝も太いのでツキノワグマも平気で登れちゃいます。
手を伸ばして枝を寄せて、むしゃむしゃ食べている姿を想像するのは楽しいね。
c0294658_2338523.jpg

お腹がいっぱいになったら、涼しい木陰で昼寝して・・・
c0294658_23383587.jpg

目が覚めたら、ふぁ~って云いながら伸びをして。そうそう!ウンチもしとかないと!
c0294658_23391759.jpg


高さ10mくらいのマグワの木。
木の周りには何回も通ったことが分かる踏み跡と寝床跡がしっかり残っていました。
糞もたくさん残っていて、辺りには独特のツキノワグマの獣臭が漂っていました。
c0294658_23401343.jpg

僕も手を伸ばしてマグワの実をむしゃむしゃ食べた。
行き違いで会うことは出来なかったけれど、同じ場所で同じ実を食べた。
彼(彼女?)は何処からか見ていたかも知れない。
僕らは友だちになれただろうか・・・?
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-06-28 00:19 | Trackback | Comments(0)

七つ森のふもとで・・・

七つ森、松倉山のふもとにとっても素敵なカフェがあります。
「モカモア」さんに、僕が去年とった種からできた、ヘチマの苗を置いてもらいました。
c0294658_61264.jpg

「七つ森ブレンド」や「七つ森スカッシュ」なんて、七つ森の帰り道にはピッタリのメニューもあります。

コーヒー飲んで七つ森遊歩道をちょっと歩いてみれば・・・
目の高さにはうりのきの花が咲いていたり
c0294658_612286.jpg

足下にはイチヤクソウ
c0294658_6124994.jpg

指先と口の周りを紫色にしながら、ヤマグワの実をいっぱい食べて
c0294658_6131684.jpg

イチゴの酸味もいいねえ!
c0294658_6134583.jpg

「モカモア」さんの庭は、四葉のクローバーが必ず見つかります。
c0294658_614572.jpg

まあ、ここでコーヒー飲んでれば幸せになれるんですけどね。
[PR]
# by mt1500funagata | 2013-06-24 06:14 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(0)