もう14年になる・・・
「船形山のブナを守る会」が体験林業で不成績造林地の除伐間伐をし、船形山山頂避難小屋の薪ストーブの燃料としての薪を作って担ぎ上げる活動。
c0294658_19285813.jpg
この写真は平成17年10月7日(2回目の薪荷揚げ山行)の僕とKさん。トーゼンの事ながら二人とも今より12才若い。山頂の小屋が新築されて以来、管理人を委嘱されていた僕ら二人は毎年欠かさずに参加している訳で、14年間10月第一日曜日は薪を担いで船形山の山頂に登っているってこと。

c0294658_19372757.jpg
今年は天候にも恵まれ39人の参加者が集まった。

c0294658_19403998.jpg
ブナの紅葉を見ながらの登り道で、「このコースってこんなに急だったっけ???」とか「なんだか登りが長く感じるなあ~」って言う声がチラホラと聞こえるようになった。
いや!急になったり長くなった訳では決してない、キツく感じる年齢になってしまったということなのだろう。

それでもみんな重い薪を背負って登る。

僕らが薪を荷揚げしようとなった理由のひとつに以下のような事があった。
・・・薪ストーブはあるのに燃料の薪がなかったら、小屋周辺の灌木類が燃やされてしまったり、甚だしい場合は小屋の板をはがしてストーブで燃やすという事例が別な山小屋で実際に起きたりしていた。このような事案が起こらないように薪を十分に補充しておく事が必要なのではないだろうか・・・

紅葉の船形山を楽しみたい!それは勿論だけれど、楽しませてもらっている船形山に対してお返しをしたいって気持ちが根本にあるわけですね。だから重い薪を背負って登る。

c0294658_20105336.jpg
年々、担ぐ薪の量は減って来た。15年目を迎える来年あたりが会としての節目になるかもしれない。

c0294658_20155904.jpg
紅葉の山並みの上の空をアマツバメとイワツバメが自由自在に飛び回っていた。

僕はアマツバメの飛翔する姿を見るのが好きだ。紅葉の山並みには申し訳ないけれど、紅葉を綺麗に撮影することよりもアマツバメをカッコよく撮影するほうに興味はシフトした。

c0294658_20180046.jpg
””この大空に翼を広げ飛んで行きたいよ 悲しみのない自由な空へ・・・””
ヒューン・ヒューンってカッコよく自由に飛んでいるように見えるけれど、アマツバメはこれからの渡りに必要な体力を付けるため必死でエサとなる虫を獲っている訳で、実は僕らよりずっと大変で自由ではないのかも知れない。
でも飛んでいる姿はカッコいいと思う。

c0294658_20341802.jpg
下山途中、升沢小屋に寄ってバイオトイレのし尿オガクズを手分けして担ぎ下してもらった。
小屋の管理人である僕がメンテの度に担ぎ下すことも可能ではあるけれど、参加者が手分けして担ぎ下すことに意味がある。
一年間乾燥させれば臭いもなくなるし、一人一人が背負う量も大したことはない。

c0294658_20501049.jpg
し尿を担ぐってことは、自分のレジャーのために消費する登山から一歩踏み込むってことなんじゃあないかな?って思っている。皆さんもそう思うから進んでし尿を担ぐんじゃないかな?
僕もほかの山に行ったら登山客として登山を楽しむ。今回の皆さんもそうだろう。でも地元の山で一歩踏み込んだ登山を経験していれば登山客として訪れた山に対しても少し違った想いで向き合えるような気がする。

14年間も毎年同じ時期に薪を担いで登り、し尿を担いで下ればいろんなことを思うようになるものですね。


==============
*今回一緒に薪を担いだ「もときちさん」のブログ記事は↓↓↓コチラ↓
「薪の荷揚げ」「屎尿下ろし」 船形山のブナを守る会:http://tabilogue2.exblog.jp/25782404/
*今回一緒に薪を担いだ「くまぷーさん」のブログ記事は↓↓↓コチラ↓
くまぷーの山遊記:https://kumapuu.com/


[PR]
# by mt1500funagata | 2017-10-01 20:58 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(6)

早朝、夜明け前に家を出た。

ツキノワグマとニンゲンと共存の境界線上に仕掛けられた箱罠に母子グマが入っていた。
c0294658_08235125.jpg
今日中に殺されることになるだろう。

c0294658_08244213.jpg

クマは暴れることもなく、自分の運命に従うつもりなのだろうか?

c0294658_08250045.jpg


c0294658_08240635.jpg

動画(1分46秒)


c0294658_08251805.jpg
母のぬくもりを味わえるのは今日限りということを子グマは感じ取っているのだろうか?
母グマの目は全てを悟っているかのように見えた。


c0294658_08242478.jpg
この瞳は何を訴えているのだろう・・・・・
あなたはこの母子グマの瞳に何を感じますか・・・・・

c0294658_08253350.jpg

今、僕の瞳は濡れています・・・・・






[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-29 08:47 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(9)

モミの木のコートハンガー
c0294658_20514639.jpg

船形山山麓の雑木林の伐採地。
c0294658_20493788.jpg
楢の木が主体だったけれど太くなって木材として売れるくらいに成長したって理由で伐採された。
なので、売れない樹木は伐採地の中に放置され、腐食するのを待つばかりなのだ。

僕は、その中にモミの木の幼樹を見つけた。
虫に喰われ木肌はけっこう傷んでいたけれど、僕はこのモミの木と一緒に生活することにした。

c0294658_20510716.jpg
適当に枝を払い、樹皮を剝く。

c0294658_20512390.jpg
杉の伐採地からは、土台となる部分の廃材を拾ってきた。
本体と合わせてみると、大きさと形のバランスが取れなかった。そんな時は自分で形を作ってしまえばいい。

c0294658_21215366.jpg
うーん!こんなカンジ!  いいねえ~!

天然木で何かを作る時に一番時間がかかるのは、乾かすこと。
でも、この木はどちらも伐採されてから1年以上放置されていたので、すでに水分は飛び乾燥している。
形を整えて、塗装して、本体と土台をつなぎ合わせれば簡単に出来上がる。

c0294658_20515988.jpg
山道具を引っ掛けてみた。

これからの季節、ジャケットをちょっと掛けるのにぴったりだ。
こうして、伐採地でただ放置され腐るだけだったモミの木は僕の部屋でコートハンガーとして蘇った。

いいでしょ!


[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-28 21:24 | 手作りの逸品? | Trackback | Comments(0)

笑顔のイノシシと会った

実りの秋。
今年はドングリ類も豊作のようですが、我が家のローズヒップも昨年より豊作。
c0294658_20513641.jpg
せっかく実ったのだから、ローズヒップティーでも作りましょうか?
c0294658_20531751.jpg
実を摘んで、縦に4等分に切って種を取り出して天日干し2週間くらいで、
c0294658_20550155.jpg
こんなふうになったら出来上がり(この写真は以前作ったもの)
混ぜ物一切なしの100%のローズヒップティー、ビタミンC はレモンの20倍もあるそうな。
出来上がったら山に持っていって飲むんだ!

夕方、いつものパトロールで森のほうに出かけた。

出会ったのは・・・
c0294658_21015487.jpg
にこやかなイノシシ。
c0294658_06220439.jpg
イノシシも何回も出会っていると表情の違いも分かってくる。
いつもはニンゲンが憎らしそうな顔をしているけれど、このイノシシは笑っているような顔をしていた。
c0294658_21053206.jpg
ヤツとの距離は5mかそこらだったと思うけれど、逃げないんだなあ。

c0294658_21092682.jpg
大和町内の山林にはこんな箱罠がいろんなところにある。(これは設置前の仮置き)

愛想笑いして見逃して貰おうと言っても今はそんな場合ではない。
個体数調整は急務なのである。

先の東北自然保護の集いでも、イノシシやニホンジカの生息拡大に対し、オオカミの放獣も含めた対策案の策定を急ぐべきと議論された。オオカミの放獣については日本オオカミ協会が中心となって議論されているが、賛否両論があり、僕がここで意見を述べるのは控えたい。
c0294658_21172211.jpg
ウルフピー。オオカミの尿の臭いを漂わせ害獣が近寄るのを避ける。
今日ある場所に設置してみた。ツキノワグマにも効果はあるのだろうか?

ローズヒップティーの話がオオカミのおしっこの話になっちゃいました。。。。
c0294658_21272459.jpg
18時56分、七つ森。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-23 21:37 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(6)

9月17日、台風が迫りつつある夕暮れ時、あたりが闇に包まれる間際。
母子グマは電気柵の外側にいた。
c0294658_19212574.jpg

ご覧の通り、ここはある施設の敷地。もし、この母子グマによって人的被害とかが発生すれば駆除という名のもとに捕殺されてしまうのはやむを得ない。闇雲に捕殺反対と言うのは、このクマと接することなく自分に被害が絶対に及ばない立場にいる人の言うことじゃないかな?って僕は思う。

c0294658_19295216.jpg
暗くてブレブレですが、子グマがクルミの木に登っているのが分かりますか?

子グマの動きは愛くるしく、しばらく眺めていれば愛おしさも湧いて来る。
僕はこの母子グマが駆除という名目で捕殺されるのはイヤだ。
理由を述べて反対するのではない、感情的に「イヤ」なのだ。

ツキノワグマを守る・・・捕殺することに反対し、殺すのは反対!対策を講じるべきだ!
ハンドルネーム(匿名)でブログとかネット上で、いくら訴えたとしても何の意味も持たない。

c0294658_20131176.jpg
電気柵で施設内へのクマの侵入を防ぐ。
電気柵の大敵は雑草が伸びて、配線にふれ漏電すること。

c0294658_20144803.jpg
柵の周りの雑草を刈って電気柵の有効性を高める活動をした。
4人がかりで雑草を刈り、クマが身を潜める敷地周辺の藪も刈った。

c0294658_20173452.jpg
だいぶキレイになり、電気柵は有効に働くことが出来るだろう。

c0294658_20185858.jpg
最初の写真の母子グマがいた後ろの場所は、入れ替わり立ち替わりやって来るツキノワグマによって、すっかり踏み固められていた。

クマの侵入経路に対策をすることで、被害を防止することが出来るだろう。
それがクマを守ることにつながるんじゃないかなあ?って思う。
ブログとかで自分の意見を述べることは大いに結構、でも繰り返しますけど実際に行動しなければ何の意味もないと思う。

登山道にしたってそうだ。「登山道がヤブっぽい」って言うならばストックの代わりに草刈り鎌を持って歩けばいい。
「クマを殺すな!」って言うならば、クマが事故を起こす前に藪の刈り払いの手伝いでもすればいい。

電気柵を学習し母子グマがこの施設への侵入を避け、人との無用な接触をしなければ駆除の対象になることはないだろう。
僕は、こうしてツキノワグマを守って行きたいと思っている。


[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-18 20:44 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(4)

目になれし山にはあれど秋来れば神や住まむとかしこみて見る

見慣れた山の景色ではあるけれど秋が来れば神様が住んでいるのかと思えるほど美しく見える、と詠んだのは石川啄木でありますが、
c0294658_21250395.jpg
僕にとって見慣れているはずの鈴沼であり、毎年のことなのだけれど秋の美しさは神様がお作りになったんだろうと思ってしまう。
まあ、秋に限ったことではないけれど。

c0294658_21301024.jpg
今年は少し早めに色づきの一番良い時期を迎えたようだ。

c0294658_21320821.jpg
これから一週間が鈴沼の紅葉が一番美しく見える時期だろう。
あたりのブナ林の紅葉時期に合わせたら、冷たい水が流れ込み冷たい空気に包まれている鈴沼の紅葉は時期を逸してしまう。

c0294658_21364763.jpg
ぽつりぽつりと雨粒が水面に小さな波紋の輪を作り、ほとりの木の葉から落ちるしずくがほんの少し大きめの波紋の輪を作り、時たま岩魚が跳ねて水面にもう少し大きめの波紋の輪を作った。

c0294658_21480480.jpg
目になれ親しんだ鈴沼に秋が来て、神様が住んでいるかのような美しい景色を僕はかしこみて見ていた。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-16 21:53 | 鈴沼 | Trackback | Comments(0)

来月、10月1日(日)船形山のブナを守る会では、秋の恒例行事として船形山山頂避難小屋へ薪の荷揚げを行います。
c0294658_20102926.jpg
下山時には参加者有志の手を借りて、バイオトイレのし尿オガクズの担ぎ下ろしを実施します。
c0294658_20110000.jpg
担ぎ上げる薪はそれぞれの体力に応じて何本でも構わず、もちろん1本でも良いのです。
登山客としての登山から一歩踏み込んだ山に対する想いを感じることが出来る一日となることでしょう。

船形山も紅葉のピークを迎え山登りとしても一番良い季節、ご一緒してみませんか。
大滝キャンプ場から山頂~升沢小屋を周回するルートですから、それほど大変なルートではありません。
参加してみたい、詳しく内容を知りたいという方は、私(大和町チバ)までメールください。案内を送ります。
mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp(迷惑メール対策で@をカタカナ表記)
お名前、年齢、大まかなご住所を明記してください。(ハンドルネームのみの場合は返信いたしません)

==============
そんな訳で、今日は升沢小屋まで行ってきた。
c0294658_20222586.jpg
小屋周辺はまだ紅葉には早いけれど、小屋の前に咲くトリカブトとリンドウが秋を感じさせる。
c0294658_20233548.jpg
先週から風邪気味で体調が完全に戻っていない僕はクロベの大木からパワーをもらった。

クロベパワーを身体の中に注入したならば、もうこっちのもの!
あとはガッツリメシを喰うだけだ。
c0294658_20260542.jpg
ガッツリと言えば肉!鈴沼のほとりでステーキを焼いた。
c0294658_20271810.jpg
ステーキ処「すず亭」に雨天中止はない。




[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-16 20:32 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(0)

朝の嘉太神。
イノシシ柵内側の草むらでウリ坊が独り土を掘っくりかえす練習中。
付近に親イノシシの姿は見当たらない。
c0294658_20332923.jpg
ヤツはビックリしただろう。
顔を上げた目の前に僕がいたのだから。

このウリ坊は生後5~6ヵ月だろうけれど、来年の冬には性成熟し子供を産む。
と言うことは再来年の春には、この1頭が(正確にはつがい相手と2頭)がプラス2~8頭になるって訳。それが毎年繰り返され、ネズミ算ならぬイノシシ算によってイノシシの生息数はどんどん増え続ける。
イノシシ猟が盛んな西日本のイノシシは狩猟圧が高く平均寿命が1.5才未満だそうだけれど、イノシシの数は減らない。
大和町で今年50頭近くのイノシシを獲ったとしても焼け石に水。場当たり的で闇雲な捕獲は生態を混乱させ分散を招くだけで数を減らすのには効果がないという研究結果もある。

これから、どうなって行くのだろう・・・。

c0294658_21262244.jpg
サギって近くで見ると僕は好きになれない顔つきをしているけれど、遠くからの姿は日本画的になるのですね。



[PR]
# by mt1500funagata | 2017-09-15 21:32 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)