鈴沼は吹雪模様

明け方、里に降った雨も山では雪だった。
c0294658_17570980.jpg
僕は週末に降る雪を待っていた。

鈴沼に降る雪、小島のナナカマドの枝に付く霧氷を期待して山へ向った。
 
小荒沢林道の入り口から歩く覚悟で出てきたのだけれど、思いのほか積雪量が少なく郡境(ぐんざかい)の十の字石入口まで車を進めることが出来た。
郡境までは日が当たったブナ林が輝いていたけれど、車を降りた途端に吹雪いてきた。
片道およそ5kmの林道を風に逆らいながら黙々と歩く。
c0294658_18084905.jpg
こうして雪を踏みながら鈴沼を目指せるのは、あと何年くらいかなあ?なんて事を考えながら歩いていたら、7~8年前の事だっただろうか?酒席での故I先生の言葉を思い出した。I先生ってのは、R山岳会の重鎮で県議会議員も長く務められていた方で、当時90歳代の後半でまもなく100歳に手が届くほどだった。歓談のなかで誰かが言った。「もうそろそろ70歳近いので・・・」概ね100歳のI先生が一喝「60代の若造が何を言っておるか!」うーん、僕なんて鼻タレ小僧だ。
平成4年10月、I先生はブナの会の代表者を伴って、当時の林野庁長官へ船形山のブナ林の保全を求め直談判を行った。僕らもハガキ作戦と称して署名ではなく、直接林野庁長官宛に大量のハガキを送り船形山のブナ林の保全を訴えた。
一時は伐採の危機に瀕した船形山北面の朝日沢源流部のブナ林が原生の姿を留めているのは故I先生のご尽力の賜物なのである。

c0294658_18334880.jpg
大滝キャンプ場は雪に覆われ、鈴沼への道では膝まで雪に潜った。

c0294658_18391194.jpg
鈴沼は吹雪。
c0294658_18404229.jpg
墨絵のような鈴沼のほとりに佇んで侘び寂びに浸る・・・なんて風流なことをしてるような状態じゃなかった。
寒いーーです。
c0294658_18472637.jpg
全面氷結する前の鈴沼を見ることが出来て良かった。
小島のナナカマドはもうじき深い雪に埋もれる。
氷の下ではイワナたちがじっと耐えて春を待つ。
満月の晩には雪原となった沼の上を月明かりに誘われたウサギが跳ね回ることだろう。
流れ込みの上流の梅花藻は凍ることなく冷たい水に揺れているだろう。
c0294658_19474296.jpg
モノトーンの鈴沼。
頭の上を冬の風が大声で唸りながら渦巻いていた。

c0294658_19530813.jpg
車に戻ればボンネットに10cmほど雪が降り積もっていた。
行きのトレースは完全に消え、5時間半、往復10.5km全行程ひとりラッセルの一日でした。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-12-10 20:10 | 鈴沼 | Trackback | Comments(2)

先週登った高倉山から栗駒山がきれいに見えていた。
と、言う訳で今度は栗駒山から高倉山を眺めに行ってきた。
c0294658_20554670.jpg
雲ひとつない快晴の栗駒山。
c0294658_20560270.jpg
潅木に付いた霧氷がイイ感じの山頂だったけれど、さすがに標高1626mの山頂は風が強い。長居をしたい場所ではなかった。

早池峰山や焼石連峰から岩手山、山頂からは鳥海山も見えていた。
c0294658_20561587.jpg
コンデジで撮った写真では分りにくいけれど、北泉ケ岳と泉ケ岳のわずか左手に高倉山と東こぶも確認できた。

こんな青空の下で東北の名峰を眺められたことはもちろん嬉しいし楽しいこと。
でも、かすかに見えるあのラインを先週は歩いてあそこからヤッホーしたんだよなあ~って思い出しながら眺めるちっぽけな高倉山に僕は感動を覚えるのだ。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-12-03 21:22 | Trackback | Comments(2)

高倉山の胎内くぐり

高倉山
大和町七つ森の奥、船形連峰の前衛峰で標高は854m。
c0294658_19261941.jpg
南川ダム湖畔から見たところ。左から泉ケ岳~北泉ケ岳~高倉山~赤崩山。

今日は高倉山へただ登りに行くのではない。
高倉山と民族信仰との接点を探しに行くのだ。
富谷や大和町吉田から見える端正な山容に、昔の人々が信仰の心を持って対峙していなかった訳がない。もちろん「倉」の付く山名、山頂に祠がある訳だから信仰の対象となっていたのは明らか。

明治5年に明治政府が修験道廃止令を出した当時、日本全国に約17万人もの修験者がいた。当時の人口は3300万人程度、要するに明治以前は修験行者が至る所に存在していたと言う事。(正木晃著:現代の修験道より)

その中には高倉山を修行の場とした修験者もいたんじゃないか?
高倉山の山中に、僕は以前から気になっていた場所があった。

c0294658_19484652.jpg
歩き出しは赤崩山の奥、林道高倉線の支線。
以前は四輪駆動の車なら進入できた林道も、今は荒廃が進み洗掘によって通行は不能。
無理して入り込めば、、、
c0294658_19514113.jpg
こんなことになる。

林道を歩いて行き、尾根に取り付く。
c0294658_19555236.jpg
小春日和のような気持ちのいい尾根をしばらく歩くと
c0294658_19575080.jpg
岩場が現れる。
僕は、この岩場は修行の場ではなかったのか?って思っていた。
僕が修験の場として高倉山に入るのだったら、ここで修行をするなあ。
c0294658_20015151.jpg
この岩屋は自然に出来たものなのだろうか?

泉ケ岳の薬師水コース(表コース)の胎内くぐりは有名だけれど、僕はここの岩場でも胎内くぐりがあるんじゃないかと目を付けていたのだ。
c0294658_20032292.jpg
岩のすき間から入ってみる
c0294658_20352844.jpg
洞窟の中は意外と広かった
c0294658_20384608.jpg
洞窟の中から入り口の様子
c0294658_21045792.jpg

c0294658_20404698.jpg
岩に囲まれた洞窟の内部は、胎内を連想させるに充分だった。

<<胎内くぐり>>
山岳や霊地の行場で、狭い洞窟や割れ目を通り抜ける場所に付けられた名称。修験者や行者などは山岳や霊地を他界または胎内とみて、その中を巡歴して修行しいったん死んで生まれ変わる擬死再生の行を行ったが、胎内くぐりによってその観念を抽象的に実践して確認した。これによって一切の罪穢を捨て、肉体と魂を浄化し、新たに生まれ変わるという考え方を行動をで示したのである。この考えの背景には、洞窟が一方では他界への入口とみなされ、他方では霊魂のこもる活力を復活する場として、神聖化されたことが関連している(世界大百科事典より)

c0294658_20585832.jpg
出口。僕は肉体と魂を浄化し生まれ変わった。

こんな場所を至る所にいた修験者が一人も目を付けなかった筈がない。
何か人が関わった痕跡がないか探してみたけれど、今日のところは何も見つからなかった。だから、これは僕の想像でしかないのだけれど、きっとこの場で歴史にも残らない名もなき修験者が修行していたのだと思う。

こう言っては何ですが・・・泉ケ岳の胎内くぐりより胎内くぐりらしさを感じます。
c0294658_21141995.jpg

岩場をあとにしたら、標高775mの東コブまで尾根づたいに急勾配をひたすら登る。

c0294658_21253801.jpg
東コブからの高倉山と船形本山。
栗駒や焼石連峰、神室連峰から鳥海山まで見える展望が開ける。
c0294658_22060690.jpg
お天気が良かったので泉ケ岳はじめ山に登っていた人も多かったんじゃないかと思いますけど、11時前くらいに聞こえた「ヤッホー」って、
c0294658_21280840.jpg
高倉山東コブから僕の「ヤッホー」でした。

c0294658_21314980.jpg
高倉山との鞍部。
春には沢山の花が咲き、踏み跡も無いものだから、足の置き場に苦労するほどになる。
c0294658_21374249.jpg
東斜面は急勾配。かなり急です。
c0294658_21392268.jpg
山頂には、大正5年に当時52歳だった鈴木利助さんという人が奉納した祠がある。

山頂から少し西のほうに歩くと視界が開け、
c0294658_21415047.jpg
泉ケ岳から北泉ケ岳
c0294658_21430286.jpg
三峰山から船形山
船形連峰の主稜線が一望に出来る。

こんなに面白くて良い山なのに、登る人少ないのってもったいないなあ~。

=====
どこから尾根に取り付いたのか?とか胎内くぐりって何処にあるのか?ってのは、敢えて詳しく書きませんでした。登山道のない、こんな山って「自分で」地形図みて「自分で」現地判断して「自分で」ルートを探し、行った先に胎内くぐりの岩場を見つける。こんな登り方が楽しいのではないでしょうか?GPSの軌跡や詳細な案内に頼って登るより、ずっと楽しいと思いますよ。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-26 22:19 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)

小荒沢林道を使って、大滝キャンプ場からの色麻コースを登れる今年最後のチャンスか?
林道の積雪は5cm程度だったけれど、キャンプ場入り口の舗装道路は念のためにリスク回避して大滝展望台の東屋跡に車を停めた。

普段歩かない道沿いにも面白いものがある。
c0294658_21275206.jpg
ジブリのアニメに登場しそうな胸高周囲10mはありそうなミズナラの巨木。
自然界のあらゆるものを飲み込み、森羅万象の魂をこの木は持っていると僕は感じている。
c0294658_21362628.jpg
寒々とした駐車場周辺。

舗装道路を歩いている時は向かい風が強かったけれど、ブナに囲まれた森の登山道に入ると風も少し和らいだ。
c0294658_21420425.jpg
この写真の右手の沢状の窪地が旧登山道。湯谷地を突っ切って旧道を歩いたほうが今日は良かったかもしれない。この旧道は今の眺望所のあたりで今の尾根道と合流する。
c0294658_21461173.jpg
夫婦岩の下にも旧道を示す古い矢印表示がある。以前は夫婦岩の間の尾根を歩いたのだろう。
ヤブも収まったので、、、
c0294658_21485078.jpg
登ってみた。
c0294658_21504356.jpg
小野田コース分岐の少し上にあるゴミ持ち帰りの看板標識。
伊藤製鐵所石巻工場の職域山岳会(オニコン山岳会)が、およそ40年前に立てた看板。オニコンってのは看板を支えている鉄筋で、伊藤製鐵所の代表的な商品の名前。同様の看板を3ヶ所に立てたらしい。ここのほかに山頂にひとつあるのは知っているけど、あとひとつがどこにあるのか僕は知らない。
c0294658_22002435.jpg
標高が高くなるにつれ冬のブナも良いカンジになってきた。

すると、一人が下山してきた。
ずっと山小屋の管理を一緒にして来たKさんだった。もうじき船形山登頂1000回を数えるKさんこそ、船形山の主あるいは船形山の岳人と呼べる人なんじゃないかなって僕は思っている。周辺の季節の変化や地形、鳥や動植物、歴史や民族信仰に至るまで精通しているのだけれど、本人曰く「ただ歩き周ってるだけだから、私は船形のアルピニストならぬアルキ(歩き)ニスト」
ゴミが落ちていれば黙々と拾い、藪っぽくなっている場所があればザックから草刈鎌を出して黙々と刈り払いする。ブログで得意になって書いている僕なんかとは謙虚さがまるで違う。知識や登山技術なども僕なんて足下にも及ばない。

c0294658_22413037.jpg
展望台を過ぎれば白いトンネル。足下の石は凍って滑りやすい。
こんな日は升沢コースで山頂を目指すのは困難、沢の石が氷で覆われ歩けたもんじゃない。
c0294658_22453408.jpg
稜線に出れば風が唸っている。冬の船形山を身体で感じる瞬間。
c0294658_22475247.jpg
山頂の低潅木帯を抜けたと同時に、風で身体が浮いたような感覚。
腰を落とし耐風姿勢を取らざるを得なかった。
なので、山頂付近の写真はこれで終わり。写真なんて撮っていられなかった。
c0294658_22534166.jpg
船形山も冬のシーズン到来です。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-23 22:13 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(4)

鈴沼に冬の訪れ

寒い朝、鈴沼の畔に佇んでみる
c0294658_20454713.jpg
昨日までの好天で沼の氷は解けていたけれど
c0294658_20460229.jpg
今朝は雪
いよいよ本格的に冬が始まったようだ

沼が全面氷結し雪に閉ざされる
これから半年以上、容易に鈴沼を見に行くことはできなくなる
c0294658_20461582.jpg
山から下りてきて沼を渡り、森へ抜けてゆく風も冬の声だった


-


[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-23 20:57 | 鈴沼 | Trackback | Comments(0)

今日もまた鈴沼
c0294658_23422328.jpg
20年も前に見た、初冬の鈴沼の姿が忘れられない。
その時の鈴沼以上の鈴沼を見ていない。
もう一度見てみたいと思って、今週も鈴沼へと向った。
でも、ここ数日の天候と気温からして僕の望む鈴沼の景色でないことは分っていた。
c0294658_23425551.jpg
ところが、鈴沼は今まで見たことのない、美しい氷の水面を見せてくれた。
まるで鏡の上に小島を配置したみたい。
反射しているのは水面ではなく氷。
水鏡という言葉があるけれど、今日の鈴沼は氷鏡だった。
c0294658_23582998.jpg
対岸の林も前船形山も鏡の水面に映り込む。
c0294658_00011453.jpg
水鏡じゃないから風が吹いても揺れることはない。
近くに鏡ケ池ってあるけれど、今日はこっちが鏡ケ沼だ。
もっとも、周りの森を鏡のように水面に映すから鏡ケ池っていう名前の由来の説に僕は疑問を持っている。
c0294658_00031258.jpg
なんという言葉で表現したら良いのだろう。
これほど艶やかに氷結した沼というか水を見たことがない。

鈴沼は訪れる度に、僕に新しい感動を与えてくれる場所だ。

鈴沼を後にした僕は、小荒沢林道の大和・色麻の境付近にある「十の字石」へ。
三角点と言えば、普通は○○山とか○○岳とかと名称が付くけれど・・・
c0294658_00220816.jpg
ここは「十の字石」・・・って山なの?

十の字石に行くには、今がベストシーズン。
春から秋にかけてはヤブが酷く、積雪期~残雪期に行くのはちょっとヤバイ。
c0294658_00484969.jpg
こんな、クマの越冬穴としては最適な洞の前を通らないといけない。
越冬穴としては一級の場所と形で、冬はクマが寝ているって思ったほうがいい。
c0294658_00525416.jpg
○とか
c0294658_00530979.jpg
×とか、怪しげなマークを横目にヤブを登って行くと
c0294658_00551294.jpg
十の字石?
c0294658_00555490.jpg
十の字石?
c0294658_00590185.jpg
三角点
c0294658_01002953.jpg
十の字石と謎の十の字石
(水準点の保護石だと思います)
c0294658_01032496.jpg
雨が降り始めた「十の字石」から、花染山と三峰山が見えていた。



-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-19 23:39 | 鈴沼 | Trackback | Comments(0)

鈴沼は冬の装いはじめ

初冬の鈴沼へ
c0294658_21351475.jpg
艶やかだった秋の彩りから無色への移ろいの時を迎えた
c0294658_21385373.jpg
湧水の沢が流れ込む場所から遠いところから氷結が始まる

氷っていない水の中に、白いぬいぐるみみたいなものがゆらゆらと揺れていた。
首のないウサギの身体だった。

先日の寒波で氷った沼の上をウサギが歩き、ジャンプしようと後ろ足にかかった体重に初冬の薄い氷は耐えられず、ウサギの身体は水に落ちた。氷の穴から逃れようとするウサギをテンは見逃さなかった。
身体に似合わず大きな足の平を持つテンは自分が氷を踏み抜くことなく、容易にウサギの頭に噛り付くことが出来たのだろう。でも薄い氷の上で体重をかけてウサギの身体を引き上げることは出来ずに水中の身体の部分は諦めざるを得なかった。

こんなストーリーを想像する初冬の鈴沼。
c0294658_21533923.jpg
寒々としているけれど美しさを感じるこんな景色のなかにも、もうひとつの世界、弱肉強食の野生が息づいているのだなあって実感する。
c0294658_22055781.jpg
鳥の声も聞こえなかった。
聞こえて来たのは寒々とした冬の風の音だけだった。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-12 22:12 | 鈴沼 | Trackback | Comments(0)

船形山も冬仕度

船形連峰升沢避難小屋の冬支度に行ってきた。
c0294658_19453658.jpg
旗坂キャンプ場へ向う、升沢橋を過ぎたところの坂道も冬の準備は終わっていた。
この坂道は古くからの升沢集落の人々の知恵で、沢水の側溝を堰き止めて道路上に沢水を流すことによって積雪と凍結を防止する。
沢水(湧水)って年中温度がたいして変わらないので、夏は冷たく冬は暖かく感じるんですね。この流水のおかげで僕も冬の船形山に楽に行ける。

升沢コースを登るつもりで出て来たものの、小荒沢林道も走れそうだ。
僕は他人からガンガン歩く人って思われているようだけれど、案外ヘタレなんです。特に今日のように登山しにきたわけじゃあない時は、出来るだけ歩く距離は少ないほうがいい。
c0294658_19455330.jpg
予想に反して楽に大滝キャンプ場に行き着くことが出来た。
先客は冬ごもり前のツキノワグマだけ。彼らは冬の準備は終わったのだろうか?
c0294658_19460969.jpg
僕の行く道をツキノワグマが先行する。
追い着いちゃったらイヤだなあ~と思っていたけれど、上手い具合に途中で道を分けた。今は雪があって足跡が残っているからツキノワグマの存在がはっきりわかるけれど、いつだってツキノワグマは僕らの前を歩いているのだ。
c0294658_20053157.jpg
瓶石沢。
念のためにワカンを持っていたけれど、必要とする積雪量ではなかった。
c0294658_20064644.jpg
升沢小屋の前もこんなカンジ。山頂から戻って来た人と会ったけれど、山頂付近も大した積雪はないみたいだ。

余裕で山頂を往復してこられるだけの時間をこの小屋での作業に費やした。
紅葉シーズンで利用者が多く水分を多く含んだ便槽のオガクズの総入れ替え、さらさらなオガクズで凍結を予防するのだ。
c0294658_20112189.jpg
来年の秋まで乾かせば臭いもなくなり、10月初旬に担ぎ下ろす。
取り除いたオガクズは土のう袋30個くらい。
ここで!このブログをご覧になっている皆さんへの協力要請です。
毎年10月初旬に「船形山のブナを守る会」が行っている山頂小屋への薪の荷上げの帰り道に、ブナの会の有志に協力してもらって下ろしているのですが、アナタも担ぎ下ろしに参加してみませんか?

山岳愛好者の多くは自分も何らかの形で山に対して何かをしたいと思っている。と僕は感じている。でも、個人では何かをしようと思っていても、その機会がないっていうのが実情のように思う。時期が近くなったらこのブログで案内します。

僕も県外とかほかの山に登る時は、誰かに刈り払いしてもらった登山道を歩き、誰がにメンテしてもらったトイレを使ったりしている。トイレのし尿一袋でも担ぎ下ろした経験があれば、今までと少し違った想いで山と向き合えるんじゃないかと思いますよ。
c0294658_20431119.jpg
こんな張り紙をしてくれる登山女子の方がいる。
でも今回は便槽から6個の生理用品を取り除いた。わざとじゃないと思いますけど、気をつけてもらえると助かります。
c0294658_20463524.jpg
窓に雪囲いの板をはめて、雪かき用のスコップを用意して冬を迎える準備は終わった。
c0294658_20530026.jpg
ブナも黄葉した葉っぱをすべて落とし、冬への準備は終わったようだった。


-

[PR]
# by mt1500funagata | 2016-11-12 20:57 | 船形山界隈 | Trackback | Comments(2)