6月18日は「船形山のブナを守る会」初夏の観察会。
今回は少し趣向を変えて栗駒へ。
遠く大阪からやってきてくれた方や初めて参加してくれた方2名を含め25名が集まった。
ブナの会の行事には事前申し込みとか面倒くさいことは必要ないので、その時にならなければ何人集まるかはわからない。その日の朝の気分で来るも来ないも自由。
c0294658_22564791.jpg
懇意にしている「栗駒の自然を守る会」の副会長S氏の案内で、世界谷地からクロベの森へと向かった。

c0294658_22582713.jpg
栗駒山と言えばイワカガミ平や須川温泉を起点とした登山道の印象が強いけれど、ブナの会が目的とするのは次の世代へ残したい自然を見ること触れること感じること。

ブナの会がこうして観察会を行うのは、ありのままの自然に触れて「いいなあ~!この自然をこのままの姿で残すことが出来ればいいなあ~!」って感じてもらえるような入口に案内すること。
c0294658_23071509.jpg
栗駒も船形と同様に森へ入ればブナやミズナラ、クロベの大木を多く見ることが出来る。

理屈ではなくて、この森は「いいなあ~!」、この森がなくなるのは「イヤだなあ~」って強く想うことが自然保護の第一歩。
人間は何かにつけて理由を探したがるけれど、「いいなあ~」とか「イヤだなあ~」って思うからってのが理由と言うのも面白い。
c0294658_23443806.jpg

2002年6月、ブナの会では最近本格着工に向けての動きが取りざたされている「筒砂子ダム」の建設中止を求めて、宮城県庁を訪ね当時の浅野知事に要望書を提出した。正式の要望書なので反対する理由は何項目か具体的に示したけれど、提出後の記者会見での記者とブナの会の小関代表とのやり取りは面白かった。

記者:「建設予定地周辺には、残さなければならない貴重な動物や植物があるのですか?」
・・・自然保護団体が建設反対を表明するのだから記者の質問はもっともでしょう・・・
小関代表:「べつにいないんでない」(特に存在しないと思います)
記者:「えっ?! では、自然保護団体として反対する理由は何ですか?」
小関代表:「筒砂子川あたりの森がなくなるのはイヤなんだね」
記者:「えっ!?」

後ろのほうで見守っていた僕は吹き出しそうになった。
理由が「イヤ」だからって、小関さんらしいなあ!しかも記者会見で言う?
もちろん、このやり取りは記事にはならなかった。

c0294658_23491731.jpg
ブナの森を歩き、クロベの森へ。

目を見張るばかりのクロベの巨木が並んでいる。

c0294658_23523617.jpg
栗駒山の麓にあるクロベの森、その中でひときわ存在感を示す「千年クロベ」。
僕は千年クロベを初めて見た。
「いいねえ~!」見に来てよかった!
そして、このクロベがあと何百年も千年もこのままの存在であり続けて欲しい、この森がなくなるのはイヤだなあ~って強く思った。

=====
船形山のブナの森をはじめ、今残されている自然環境が破壊されるのは「イヤだなあ~!」って思う方、ブナの森は「いいなあ~!」って思う方、ブナの会の行事に参加してみませんか?
ご連絡をいただければ、ご案内をお届けします。入会資格は「ブナを想う人」。入会金、会費、会則ありません。
連絡先:mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp  チバまで
(アットマークは@です。お名前、大まかな住所、年齢をお願いします。ハンドルネームのみは不可です)


[PR]
by mt1500funagata | 2017-06-19 22:52 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)

前々回の記事で、自然保護とは人間から自然を守ること・・・みたいな事を書きましたが・・・

今日はそれを目の当たりにした。

「希少な花を探すこと」と「イワナのずけ丼を食べること」が目的で森にある沢へと向かった。

宮城県レッドデータリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている「ノビネチドリ」
もちろん自然公園法に於いても特別地域内で、県知事により指定された採取を禁止されている植物に該当する。
c0294658_04320133.jpg

森の中で見つけたこの花だけれど・・・

c0294658_04334635.jpg

さかな釣りして、
c0294658_04340329.jpg

さかな捌いて、
c0294658_04335474.jpg

イワナのずけ丼なんか食ってる間に、
c0294658_04322289.jpg
掘られてなくなった・・・。


行きがけに見つけたノビネチドリが帰り道で見つからなかったのだ。
僕は宮城北部森林管理署から委嘱されている森林パトロール員、同行したもう一人も同じ。
二人で、咲いていた場所付近を丹念に見直した。
デジカメに記録された画像の順番からしても狭い範囲のことで、最初の画像にモザイクを入れて加工してあるのは、かなり限定的に場所を特定できる人工物が映りこんでいるからで、これを手掛かりにすれば場所を見失うこともないはず。
二人で合計10往復はしただろう。それでも踏み跡のすぐ足元に咲いていたはずの花が見つからない。

あからさまに掘り起こした痕跡も見つからない。そこで、丁寧に落ち葉を手で払いながら痕跡を探して見つけたのが上の写真の掘られたような跡。実に巧妙で、歩きながら見ただけでは全く分からなかった。

実際にいるんですよ!盗掘してゆく人が!

イワナのずけ丼を食べるために過ごした素敵な?森のレポート記事になるはずだったんですけどね。

行った先のことをブログとかヤマ■コとかネットにアップするならば、そこで見つけた希少な花(特にラン科)は写真も名前も載せない。花の写真をアップするならば、その場所はわからないようにしなくちゃダメってことでしょ?
山の名前書いて、こんな花咲いてましたって書いてしまったら、場所を特定できないように気を使った「つもり」になっても、その道の専門家ならば植生環境やら地形なんかから簡単に見つけ出してしまうことでしょう。


c0294658_04333397.jpg
絶滅危惧Ⅰ類・採取禁止指定植物

c0294658_04321268.jpg
採取禁止指定植物

c0294658_04332312.jpg
採取禁止指定植物


希少な植物を保護すること=その場所を秘密にすること

なんか悲しいですね。




[PR]
by mt1500funagata | 2017-06-17 23:16 | Trackback | Comments(4)

クワの実交差点

船形山の麓、嘉太神地区。
c0294658_04593792.jpg
人が住まなくなって十数年、今は森の動物たちの棲み処。
c0294658_04580926.jpg
僕は初夏の早朝に週に何度か行ってみる。
c0294658_05003878.jpg
家からは車で15分くらい。人は住まなくなったけど、森の動物たちは今も棲んでいる。
c0294658_05031645.jpg
嘉太神ダムの流れ込みの砂地にツキノワグマの足跡を見つけた。
昨日から今日の未明の間にクマはここを確実に歩いているのですね。
この場所を通るたび、ツキノワグマが歩いてやしないかと注意して見るのだけれど未だに見たことはない。僕は足跡を双眼鏡で眺め、歩いている姿を想像する。
こちら側から向こうの森へ何かを探しに行ったのだろうか?この足跡は周りの様子を伺うこともなく、水の流れも濡れた足も気にすることもなく、ちょっと下向き加減でノッシノッシと歩いて行く姿を想像する。


クワの木
c0294658_05164029.jpg
人が住んでいたころ、この木の隣には人家があってクマもこの木に登るのをためらっただろうが、今は平気で登ってクワの実を喰えるようになった。
c0294658_05212128.jpg

ここには、いろんな森の動物が集まってくる。
c0294658_05215883.jpg
こっちからやってきて、
c0294658_05223279.jpg
あっちへ向かう。

c0294658_05231125.jpg
こっちからもやってきて、
c0294658_05240438.jpg
あっちへ向かう。

クワの木を中心にいろんな動物の足跡が交差し、フッとけものの臭いが漂う。
だから、ここはクワの実交差点。

遥かな山並みを見たり、綺麗な花を見たりしなくても僕は十分楽しめる。
鳥の声を聴きながら動物の踏み跡を見て、動物たちの姿を想像することができたなら十分楽しめる。

c0294658_05273994.jpg
ツキノワグマは木に登り太い腕で枝を折り、口元にクワの実を寄せてむしゃむしゃ食べるのだろう。イノシシやタヌキは折れて地面に落ちた枝に残った実を食べる。
僕は背伸びして手を伸ばし枝から摘んで食べる。

森のみんながどんな仕草で集まってくるのか見てみたかった、知りたかった。
でも、集まるのは動物ばかりじゃないってことを知った。名前を書いて据え付けていたカメラのベルトを切断してまでカメラを持ち去るニンゲンもいるってことを知った。

そしてもうひとつ、この拙いブログだけれど多くの方が楽しみにしてくださっているって大切な事を知った。

早朝に何度も足を運べば、その姿を見ることが出来るかもしれない。
クワの実の盛りが終わる頃まで、僕は何度も足を運ぶつもりだ。


写真と文章だけでは、クワの実交差点の空気感まで伝えることは難しい。
動画だったら少しは伝わるかな?と思ってやってみました。臭いまで伝えることは出来ないですけどね。1分30秒くらいです。



関連記事:森の動物たちが集まる場所(2016年6月)




[PR]
by mt1500funagata | 2017-06-11 06:03 | Trackback | Comments(2)

先の週末はミズバショウの群生地としては日本一有名な国立公園へ行ってきた。
c0294658_22294791.jpg
さすがに年間30万人以上の人が訪れるだけのことはある。
それはそれは見事なミズバショウの群生が広がるとても美しい湿原だった。

c0294658_22322241.jpg

あいにくの空模様だったけれど、それはそれで、こんな光景も見ることができた。
c0294658_22341019.jpg
ここは日本の自然保護活動の発祥地とも言える。
この湿原を守ろうとした人たちがいたから、この湿原は水力発電用の巨大ダムの底に沈むことを免れたのだ。

電力会社の計画から守られた湿原は、今度は観光目的で訪れるニンゲンから守らなければならなくなって行く。
c0294658_22461001.jpg
湿原は人が踏むことによって1cm沈むと、その復元には10年を要するのだそうだ。
大規模に木道を整備し、かつて有ったゴミ箱が撤去されてゴミ持ち帰りの先駆けとなり、トイレの浄化設備も充実した。
現在はニホンジカの食害から守るための対策が進んでいる。

c0294658_22540511.jpg
この湿原は僕も大好きで何度も訪れていて、いつまでもこの美しさが保たれるように願っている。

自然保護発祥の湿原を二日間歩いて自然保護を考える。自然保護って僕も含めた人間から保護するってことじゃないか。


大勢のハイカーが集まる有名観光地から帰って来た僕は、早朝の時間を使って僕だけの観光地へと向かった。

大和町のとある山林。
c0294658_23073150.jpg
絶滅危惧2類のこの花を見に行く。もちろん道はないしツキノワグマが近くにいる気配をいつも感じる。
山林の斜面には、まだ花を咲かせることのできない幼株も含めると50株近くを数えた。

c0294658_23100456.jpg
この4枚の写真は同じ株の成長の様子。
蕾をつける前から通っていた。

有名な観光地化された自然の風景を鑑賞しに行くのは良いことだし、僕もその風景を見て感動もする。でも、そこでの僕は一観光客であって、その場所の保護や整備になにも関わっていない。

ところが、ここは僕が見つけた場所、僕は僕で保護を考える。
本来ならば得意になってブログで写真なんか公開しなければ良いのだけれど、大和町の山林にもこんな花が咲いているんですよってことは伝えたい。そして、自分だけの守りたい場所を見つけることの嬉しさを知って貰いたいと思っている。
地元の自分で見つけた場所だからこそ、そこの保全活動にも関われる。若畑の「幻のブナ林」は保全を求めて自分の名前で要望書を森林管理署に提出したし、ここの環境が大きく変わるような予兆があれば積極的に行動することも出来る。遠くに出かけて行き希少種の写真をブログに載せて「盗掘はいかん!」と匿名で訴えたとしても何も行動を起こさないのであれば、単なる自分のアピールにしか過ぎないと思ってしまう。

c0294658_23350378.jpg
この花を保護すること=この場所を秘密にすることって言うのは実はとっても悲しいこと。
ごく一部のある種のニンゲンがこの場所を知ってしまったら、この花たちは全て持ち去られてしまうかも知れない。
このブログを見てくれている人の中には誰一人としていないのだけれど、掘って持ち帰る人もいるんだからしょうがない。泉ケ岳の麓にある里山ごはんカフェでは、店のブログに書いたとたん庭に咲いた3株がすべて盗まれてしまったそうだ。

僕も今年はもうこの場所へは行かない。
もうすぐ藪が深くなって花は落ち茎や葉は周りの緑に紛れて姿を隠す。僕が歩いたわずかな踏み跡も植物の力ですぐに復元することだろう。
誰にも見つからないようにうまく隠れていて欲しい。

それから今日は山を歩くニンゲンも良い人ばかりじゃないんだなーって思わされることがあった。
ヤマグワの実が色づき始めて、そろそろツキノワグマが現れるかと思って設置していたセンサーカメラが持ち去られていた。
c0294658_00035715.jpg
留めていたベルトがカッターのようなもので切断され捨ててあってカメラはなくなっていた。
野生動物観察中と明記して名前も住所もわかるようにしていたのに、誰かが悪意を持って持ち去ったとしか考えられない。

自然保護、環境対策、クマ対策・・・必要でしょう。
ニンゲン対策が必要!って、どう思いますか???

*キーワード検索でヒットしないように花の名前は書いていません。もし、コメント寄せていただける方がいらっしゃるなら花の名前は書かないようにして下さいね。




More
[PR]
by mt1500funagata | 2017-06-06 22:49 | Trackback | Comments(10)