七つ森主峰、笹倉山の南斜面にある岩クラ。
c0294658_21022183.jpg
地元の人は黒岩と呼んでいる。

本来なら厳冬期である1月に訪れた願ってもない小春日和。
こんな日は、地元の里山である七つ森辺りで遊ばない手はないでしょう。
と言う訳で、笹倉山に登って来た。
c0294658_21083664.jpg
どこへ登るの?笹倉山です! クライミング道具じゃないですか?そうです!
笹倉山への登山口は北面の御門杉コースか難波コースが一般的ですが、今日は黒岩コースなんですね。

七つ森の座(くら)山信仰の源流を探るべく結成された?「同人nanatsumori」のメンバーであるmaro7さんとヨシコさんの3人チームで臨んだ。
僕らはクラ山信仰の源である七つ森のそれぞれの岩座に触れることを計画したのだ。
c0294658_21212601.jpg
原阿佐緒の墓がある龍巌寺の前を通り、伊達山林道を使ってアプローチした。
ヘルメットのヘタレマークに恥じない最短アプローチで、春のような柔らかい日差しを受けて歩き始め。

黒岩の下に出るまでも距離は短くても結構な急登だった。
c0294658_21281575.jpg
目の前に立ちはだかる岩。
c0294658_21291102.jpg
黒岩と呼ばれている割にそれほど色黒でもない。
c0294658_21312166.jpg
さすがに遠くからでもはっきり確認できる岩場だけのことはある。
c0294658_21332848.jpg
一段目の岩場をクリアするのにも相当な時間を要した。

上部の岩場はもっと厳しそう・・・
c0294658_21351539.jpg
maro7さんが先行して様子を見に行くが・・・
c0294658_21363807.jpg
逆層(岩の形状が下向き)の垂直に近い岩壁を登れるだけのクライミング技術は持ち合わせていないし、ヘルメットにも明示してある通り「安全第一」なので、ここは巻くことにした。
c0294658_21455831.jpg
巻きルートを偵察に行く僕を見守る素振りも全く見せずに日向ぼっこの二人。
巻きルートって言っても、落ちたらタダでは済まされないんですけどーーー!
c0294658_21534546.jpg
相かわらずキビシイですねえ。
c0294658_21545305.jpg
山岳ドキュメンタリー映画「MERU」を観た余韻が残っているとはいえ、ヤツ等と僕じゃあ全然話しにならない。なんたって僕は安全第一、ヘタレシールを貼ったヘルメットは伊達じゃあない。安全第一!

c0294658_22015901.jpg
垂直に近い岩場を避けたにしても斜面の状況はキビシイ。
c0294658_22035232.jpg
日陰の斜面には雪が残り、手元足下に細心の注意を払いながらの登り。
c0294658_22060707.jpg
やっと国見崎への尾根に取り付いた。ここまで来ればもう安心。

c0294658_22132320.jpg
尾根を真っ直ぐ登ってくれば国見崎。青空の下、太平洋が青く輝いていた。

c0294658_22222025.jpg
大森薬師堂の傍らにある、麓の宮床が生んだ女流歌人「原阿佐緒」の本名が刻まれた石灯篭。これは幼少の頃病弱だった阿佐緒(浅尾)の健康を祈願して阿佐緒の父が奉納したもの。

関連記事:笹倉山とうつし世の女(をみな)
http://bunatayori.exblog.jp/20745396/


山頂の薬師様にご挨拶して、薬師堂の裏手から西斜面を強引に伊達山林道へと下山した。
大森薬師堂と七つ森の七薬師との関連等についてのうん蓄を述べたいところですが、今日は黒岩ルートの登攀でお腹一杯なので別の機会にしましょう。
c0294658_22183016.jpg
西斜面から泉ケ岳方面の眺望。わずかに伊達山林道も見えている。

c0294658_22382585.jpg
お気軽登山として登る人も多い笹倉山だけれど、ルートによってはスリリングで面白い山登りが出来る。

===2月1日 追記===
結果オーライでしたが、今思えば岩場のトラバースと巻きルートの急登は安全確保の上ではザイル張るべきでした。どちらも落ちたら数m~数10mの墜落or滑落で軽傷では済まないと思います。
里山とは言え、ルートによってはシビアな対応が必要だったと思っています。


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-28 22:56 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)

七つ森 六地蔵 四天王

七つ森の七薬師は有名だけれど
c0294658_22295564.jpg
七つ森の麓には六地蔵と四天王がある。

c0294658_22335261.jpg
六地蔵のひとつ「法性地蔵」。
ほかに「中野地蔵」「草の川地蔵」「永屋敷地蔵」「水地蔵」「延命地蔵」。
享保七年(1722年)宮床伊達家初代宗房夫人の松子(貞樹院松子・仙台藩五代藩主吉村の生母)建立と伝えられる。

四天王とは、
「要害天王」「山田天王」「新道天王」「芳の沢天王」
享保三年(1718年)建立。

七薬師掛け、六地蔵巡り、四天王巡り
一日じゃあ無理だと思いますが、全部やったら相当ご利益ありそうですね。

c0294658_22584348.jpg
七つ森の奥のほうにある滝。
「夢想の滝」というのだそうだ。
(七つ森観光協会発行「緑の古里七つ森を語る」による)

c0294658_22585329.jpg
滝の原温泉「ちどり荘」のすぐ脇にある。

c0294658_22583184.jpg
「瀧原不動明王」
安永三年(1774年)

関連記事:「滝の原不動明王」
http://bunatayori.exblog.jp/21629265/

時間的な制約がある休日は、朝に七つ森の近辺をウロウロする。

七つ森って登るだけじゃなくて、周辺を歩くのも面白い。


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-21 23:14 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(0)

ブナの会で雪の薬来山へ

船形山のブナを守る会、新年の顔合わせ山行で薬来山。
c0294658_20540915.jpg
ここ数日の寒波で積雪に包まれた。

c0294658_20553031.jpg
コアメンバー20名が集まった。寒さや雪などお構いなし!と言うより、皆さんこの雪を待っていたようだ。

c0294658_20590860.jpg
やっぱ、せっかくの冬なんだから雪を掻き分けラッセルするのが冬の季節の登山の楽しみでしょう!・・・ひとりだったら泣きたくなるけど・・・

c0294658_22094939.jpg
薬来山では小規模なブナ林でさえも町指定の天然記念物となる。
でも、この近辺だけにブナが生えているって訳ではない。この近辺のブナだけが伐採を免れたってことに過ぎない。

現在、薬来山ではナラ枯れの原因となる「カシノナガキクイムシ」の調査が行われている。(下の2枚の写真は昨年暮れに撮影)
c0294658_22150717.jpg
雑木林の中に点々と枯れたナラの木を見つけることはありませんか?
カシノナガキクイムシは、偵察隊が「これだ」と思うナラの老木に目を付けたら、その木に集まるようにある種のフェロモンを出す。そして沢山の仲間を呼んで一本の木に集中攻撃をかけるのだそうだ。だからナラ枯れは一帯に広がるのではなく、点々と広がる。
c0294658_22212754.jpg
「かしながホイホイ」シートに集まるカシノナガキクイムシで発生の予察調査をする。木に巻きつけられたピンクのテープは調査のための大切なもので、ピンクテープには色々な意味があって、闇雲に道導として付けられたものだけではないと言うことを知らなければならない。

参加者の中には営林の専門家もいるので、こんな話しを聞けるのもブナの会の山行ならではのこと。

c0294658_22353877.jpg
南峯社殿は雪に覆われて

c0294658_22381832.jpg
山姥様も首だけ雪の上に出てた。

c0294658_22392398.jpg
それほど標高の高くない薬来山は積雪量が安定しない。同じ時期でも社殿の屋根が全く雪の下と云う事もあれば、社殿の前に立って鈴をならし参拝することが出来ることもある。

山に積もる雪は僕らの生活と深い関わりを持っているってことも知らなくてはいけないだろう。
c0294658_22485189.jpg
山頂付近からは大崎平野を一望にすることが出来るけれど、この広大な平野の水田を潤しているのは山に積もる雪。
東北の一大水田地帯である大崎耕土は現在「世界農業遺産」として申請中で現在一次審査を通過したところにある。
山に積もる雪がなければ、この水田農業システムも機能しなくなるって訳。

山頂からの眺めをただ眺めるだけでなく、踏みしめている雪と眼下に広がる景色との関わり合いを考える。

c0294658_23032003.jpg
これが船形山のブナを守る会の山行なのである。


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-15 23:11 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)

(番外編)MERU[メルー]

MOVIX利府で本日よりロードショー
c0294658_21181291.jpg

当ブログの趣旨とは違いますが・・・

封切日初回の上映を観て来ました。
山岳ドキュメンタリー映画、ラストに涙が出ました。


MERU[メルー]公式WEBサイト
http://meru-movie.jp/

-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-14 21:35 | Trackback | Comments(0)

七つ森、8峰全てを一望できる場所は少ない。
c0294658_19074583.jpg
昭和50年に編纂された「大和町史」の中、「黒川郡の神々」と題された一文によれば、
七つ森が大森山(笹倉山)を加えて七つとして数えられるようになったのは、伊達四代綱村の頃(西暦1700年前後)。中国の九魏峯になぞらえて七魏峯と称するようになったという。=注)魏の本当の文字には山冠がつく=
現在山頂に祀られる薬師像は近世のものであるが、(宝暦12年=1762年、伊達氏侍臣、八巻景任父子による)七つ森が霊異の山として黒川郡の人たちに崇められていた歴史は確実に古代までさかのぼる・・・。

そして、その一文には、古代からの神体山としての存在、さらに山中にある岩座(いわくら)つまり神座(かぐら)に関する記述もあった。

確かめなければならないと思った。その岩座(神座)に触れてみたいと思った。

しばらく前から、資料を集め現地の偵察を繰り返していた。

c0294658_19075891.jpg
七つ森の麓にある、石神山精(いわかみやまずみ)神社。

宮司の吉田さんからもお話を伺った。
「おらいは、もともと修験なのっさ。出羽三山で修行して最後に京都の聖護院さ行って法印をもらうのっさ」
延喜式内社の全くの神社だとばかり思っていたのだけれど、実は修験本宗の流れを汲む修験だった、七つ森は修験の山だったのである。境内にある湯殿山の石碑の意味が分った。
「七つ森の倉は岩座の座(クラ)神座の座(クラ)っさ」
僕は〇倉山の岩座の前に立ちたいと思っているのですが、そこが御神体山の神座なのですか?と問うた。
「斜面が急だから落ち葉で滑らないように気をつけなさい」
僕の問いには、はっきりと答えずに笑顔で言葉を煙に巻いた。
c0294658_19081541.jpg
Wikipedia七つ森に記載されている「山の名称には共通して倉の字が入っているが、これは岩を意味している」という解説は正しくないということですね。どんな参考資料よりも吉田宮司の口から発せられた言葉が意味を持つ。さらに、新七つ森と旧七つ森の比較表なども載せているけれど、本来、旧七つ森なんて存在しない。笹倉山を入れて七つと数えた時から「七つ森」となった訳で、それ以前は「七」と数を合わせる概念がなかったと言えるのである。(僕の考察です)

七つ森に関するうん蓄を続けようとすれば、数十ページにわたる長文になってしまいそうです。この辺で切り上げましょうね。


昨年、面白山大権現の御神体探索をご一緒した、ハンドルネーム:マロ7さんご夫妻とヨシコさんを誘って、いよいよ七つ森の岩座神座へと向った。
c0294658_21340694.jpg
どこへ行くの?七つ森です! クライミング道具じゃないっすか?そうです!

c0294658_21422905.jpg
いままでの偵察の結果、下から藪をこいで行くのは相当困難と判断して、上から目指すことにした。いったん山頂に登って目指す岩座まで下降するのだ。
しばらくは木立ちを頼りに慎重に下る。しかし、それも長くは続けられなかった。
c0294658_21470477.jpg
ザイルを出して懸垂下降。50mザイルを目いっぱい使った。
c0294658_21493951.jpg
最初の岩座のテラスに立つ僕。触れるだけで岩は崩れてくる。
c0294658_21512272.jpg
今にも崩れそうな岩がハングしている。長居したい場所ではなかった。
c0294658_21525620.jpg
テラスからの下降にもザイルを使用した。急ですよ!カラ身じゃ行けない。
テラスから降りて今度は急な斜面をトラバース。

c0294658_21550573.jpg
目指していた岩座。
ここが古代クラ山信仰、御神体山の神座なのであろうか?
確かめる術はないのだけれど、中世以前の人々が神の座と考えるにふさわしい岩場であった。
c0294658_22015057.jpg
岩に触れてみる。 
毎朝毎晩眺めている七つ森の懐の真ん中に抱かれているような感覚を持った。
c0294658_22074704.jpg
こうして見上げてみると、古代の人だったら、いや現代人の僕であってもここには神様がいるんだろうなあ~って感じる場所だった。

それから、それから、、、!
今まで、どんな書物にも書かれていないし誰からも聞いたことがなかった凄いものを発見した。
c0294658_22140232.jpg
岩場のトラバース中に、
「あれー!あんな所に洞穴みたいのあるよー」とヨシコさん。
「行ってみるしかないすぺー!」とマロ7さん。
c0294658_22163659.jpg
洞窟だった。
c0294658_22172769.jpg
高さ1mちょっと、奥行きは3~4mくらいか?
平に固められた洞窟の奥には、ヤマグワの種が混じったツキノワグマの糞が残されていた。入口近くの右手には30~40cmくらいの棚のような下が平らな窪みがあって、火を焚いた痕跡とか岩を削った痕跡とか人の手が関わったような跡がないかを探したけれど、見つけることは出来なかった。
c0294658_22232512.jpg
床面はまっ平で、座ったり寝たりするのに充分すぎるほどの快適な洞窟の内部だった。岩がゴツゴツした壁面や天井面と見比べると、不自然な程まっ平な床面。七つ森修験の行者が修行した洞窟のように思える。もし、そうだとして、そうでなかったにしても、この洞窟に僕らの前に人が入ったのはいつのことだろう・・・なんて考えると気持ちの高まりは抑えきれないものがあった。皆おなじ気持ちだった。
c0294658_22304681.jpg
七つ森の山中に、こんな場所があったなんて!
多くの人が訪れる身近な里山ではあるけれど、深い興味を持って深く歴史を調べ深く山中に分け入れば、こんな楽しみ方も出来る。
c0294658_22351342.jpg
累々と広がる落石の斜面をトラバース気味に下山した。
c0294658_22352990.jpg
七薬師掛けは、僕は何度か行っている。
七峰を登っては下りまた登るという大変な山行である。
さらに今日の山行で七つ森の七掛けという横軸的とも言える平面的な広がりに、深さという縦軸も加わったように感じた。

興味のある方は、県立図書館に資料があります。それらの資料を紐解いて訪れてみてください。そこから始めるのが一番面白いと思いますよ。


興味深いことが多くて時間を忘れ、昼飯は陽がとっぷりと傾いた頃になってしまった。
c0294658_22462697.jpg
三つめのすず沼からクレソンを頂いて、甘い水の泉のほとりでクレソン鍋を囲んだ。


今までで、一番面白い七つ森でした。


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-07 23:00 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(4)

新年明けましておめでとうございます。

c0294658_21390968.jpg
七つ森鎌倉山から昇る初日の出。

初日の出のあとは、七つ森の奥にある三つ目のすず沼へと向った。

関連記事「三つめのすず沼」
http://bunatayori.exblog.jp/25685667/

c0294658_21562871.jpg
僕はこの場所をよく訪れる。
この「すず沼」の水源になっている泉の水がとっても甘いから。

c0294658_22432939.jpg
七つ森の奥の森の中から湧き出ているこの泉を僕は「甘い水の泉」と呼んでいる。

c0294658_22455230.jpg

今日やって来た目的は・・・

c0294658_22464419.jpg
クレソン摘み。

厚い絨毯のように敷きつめられている場所から摘む必要はない。
端っこのちょっとした場所から少しだけ頂いてくる。

c0294658_22490482.jpg
甘い湧水で育ったクレソンは甘く感じる。
ナメコは12月の下旬まで採れた。これから5月くらいまでクレソンを摘む。

c0294658_22524650.jpg
家から車で25分、車から歩いて10分。
僕がここのクレソンを摘みに来るのは特別なことではない。

ちょっと鍋の材料採ってくるわ・・・って感じの日常のこと。
世間ではセリ鍋が人気ですが、クレソン鍋も美味いですよ!
もちろん、サラダでも炒めても美味い。
正月は雑煮に入れて、クレソン雑煮。

c0294658_22554886.jpg

この水のように、清らかな気持ちで一年が過ごせれば良いですね。


本年もよろしくお願いします。
平成29年 元旦
=====

クレソン雑煮の写真を追加します
c0294658_12193019.jpg


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-01-01 23:09 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)