昨夜の雨が上がり春の青空が顔を出した朝、泉ケ岳へ向った。
c0294658_21063246.jpg
里は雨だったけれど、山では雪だったようだ。

今日は来週開催される「船形山のブナを守る会」の春山観察会の下見のため、北泉ケ岳へ行くのだ。

それほど早い時間でもなかったけれど、泉ケ岳スキー場の駐車場には僕ら以外の車はいなかった。
7時30分頃に歩き始めた僕らの前を歩いた人はいない。先週に引き続き今日もラッセルラッセル!
c0294658_21111278.jpg
歩き始めは軽く感じた雪も、さすがは春山。日差しを浴びればみるみるうちに湿り気を帯びた重い雪へと変わっていった。

水神ではアウターを脱いでシャツだけになり、心地よい春の空気を感じながらの登りとなる。
c0294658_21153547.jpg
春山の行動食と言えば三色ダンゴにかぎる。

c0294658_21192368.jpg
北泉への登りの途中、先頭を歩いていたシゲルさんが言った。
「夏道ってどの辺通るんだっけ?」
2番手を行くヨシコさん「???」
ラストを行く僕「???」
えっ!?みんな分らない!?

そー言えば3人とも北泉ケ岳には何度も登っているけれど、最後に夏道歩いたの何時だったっけ?って言うほど積雪期にしか登っていないんだった。
僕は記憶を辿った。

そうだ、山頂で「故Iさん」を2時間近く待っていた15年くらい前が夏道を歩いた最後だったように思う。
c0294658_21291183.jpg
Iさんは国家公務員として勤め上げ、リタイア後は好きな山登りをして暮らすのだと言って、年間200日くらい山に入っていた。山行の集合場所へ来るのも自宅からではなく、鳥海山のテントからとか・・・そんな人だった。中でも泉ケ岳はIさんの一番好きな山で、年間100回近くは泉ケ岳へ登っていたようだ。
c0294658_21482609.jpg
 15年くらい前の夏、北泉ケ岳の山頂で、Iさんと出会った。
Iさん、「おーチバさん!焼酎の水割りでも一緒にどう?」
僕、「いーっすねえ!ご馳走になります。」
Iさん、「あっ、しまった!水持ってくるの忘れた!水汲んでくるから待っといてや。」
出身地の京都訛りが少し残るIさんの言葉に、僕は何の疑問も感じずに「待っている」と答えた。

しかし、いくら待ってもIさんは戻ってこない。1時間以上経って、やっとIさんが戻って来て冷えた水で焼酎の水割りを作ってくれた。
「どこから水汲んできたんですか?」
「この辺だったら水源しかないやろ。」
だったら、僕も少しは水を持っていたし何だったらストレートでも良かったのにー!僕は1時間以上、炎天下の山頂でじっと待っていたんだよー!
まあ、そうは言うまい。Iさんは冷たい水割りを僕に飲ませたくて炎天下に水源まで下りてダラダラ坂を登りかえして来てくれたのだ。
c0294658_22191040.jpg
Iさんと山行を最後にご一緒したのは平成18年の秋、ブナの会の薪荷揚げだった。
すこし痩せたIさんがすでに病魔に侵されていたことを僕は知らず人一倍の薪を背負っていたのを覚えている。その数ヵ月後、Iさんは床に伏してしまったけれど、再び長倉尾根を歩くことを語っていたそうだ。

c0294658_22405791.jpg
泉ケ岳~北泉ケ岳そして長倉尾根にIさんの魂は生き続けていることを思い出した北泉の山頂だった。

下山時は三叉路へは戻らず、四本桂(正しくは四本シナノ木)から△1155のピークに乗り上げ、
c0294658_22424297.jpg
上ソバ倉へと向った。
c0294658_22451716.jpg
展望が開けているこんな春の日は、ここへ来ない手はない。
c0294658_22455426.jpg
想像通りの展望が僕らを待っていた。

===========
「船形山のブナを守る会」では、3月26日(日)
北泉ケ岳をフィールドに早春の観察会を行います。
ブナの会の活動に興味のある方など参加してみたいと思う方は、僕宛にメールで①大体のお住まい②お名前③年齢をお知らせ下さい。具体的な案内を送ります。
事前の参加申し込みは必要ありませんし、当日の気分しだいで参加を決めていただいても結構です。(ただし、3月の残雪登山に自信のない方はご遠慮下さい)
メールアドレス=mt1500funagata(アットマーク)yahoo.co.jp
(迷惑メール対策で@をカタカナ表記しています)


-

[PR]
by mt1500funagata | 2017-03-18 23:11 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(2)

天気予報に反し青空に包まれた泉ケ岳周辺は大賑わいだったようだ。
帰るときに通った泉ケ岳駐車場は満車に近く、表コース登山口にも沢山の車が停まっていた。

でも、僕らはほとんど人とスライドしない「裏泉周回ルート」を選択したのだった。
c0294658_18540121.jpg
スプリングバレースキー場を挟んで見上げる「裏泉」
もちろん正式な名称ではない。
信仰登山時代からの薬師水コースを今は表コースと呼び、南斜面のスキー場側を正面とするのが一般的だから、その反対側の北尾根を含めた北斜面を裏泉と勝手に呼んでいるだけです。

スキー場を横断して山裾に向えば早いのだけれど、オープン前にきれいに整備されたゲレンデを横切ることは出来ない。僕らがマナーを無視した登山を行えばスキー場関係者を含めたスキー愛好者から登山者全体がヒンシュクをかってしまうことになるだろう。
スキー場の際をを大回りして北尾根に取り付いた。
c0294658_19015894.jpg
過去に2回アイゼン装着でこの北尾根を登っているけれど、それは3月と4月。
2月の深雪に僕らは現地でスノーシューを選択した。
登り始めは快適ですよ。そんなに急じゃないから。

少し登ると、とたんに急登が待っている。
c0294658_19160844.jpg
写真では伝わりにくいけれど、かなりな急斜面。
c0294658_19204069.jpg
わかるかな~?
フカフカな新雪で普通に登ろうとすればスノーシューが前の斜面の雪を崩すだけ。上に進めない。
c0294658_19234749.jpg
足を後ろにスイングして思い切り雪面に蹴りこむ。同じところに3回くらい蹴りこまないと雪は崩れるばかりで身体を上に持ち上げることが出来ない。もっと急な斜面では膝を使ってステップを作ったところに先端を蹴り込んで上へと進んだ。

c0294658_19291160.jpg
下から見上げた時、朝の光に輝いていた北尾根の雪庇まで、ようやく登り詰めた。
c0294658_19324763.jpg
なかなか楽しそうな雪庇の際。
同行のヨシコさんも登山女子としてはベテランの域。登山歴こそ10年に満たないが、東北のミニ谷川岳とも言われる鬼首禿岳火の沢も夏は沢登りで残雪期には雪渓を登っているし、岩壁でスリングにぶら下がってのビバーグまで経験している。(その他諸々、お家の人にはナイショだよ)

====
参考画像:鬼首禿岳火の沢
c0294658_22172925.jpg

====
泉ケ岳北尾根って、部分的には火の沢より急な箇所がある。木が生えているから怖さは感じないけれど。
c0294658_19314674.jpg
マロ7さん先行で雪庇の上に乗り上げる。
c0294658_19431134.jpg
雪庇の尾根から眼下にスプリングバレースキー場。
c0294658_19444508.jpg
いいカンジで雪と戯れてますねえ~!

c0294658_19461430.jpg
最後の崖のような急斜面を乗り切れば、山頂台地はもうすぐ。
c0294658_19471338.jpg
ここまで来れば、山頂までは散歩みたいなもの。
c0294658_19482794.jpg
いちおう山頂は踏んで来た。
今日の山歩きの目的は北尾根を登ることであってピークハントではないので、そそくさと次の目的である山メシの場所へと向う。

c0294658_20365228.jpg
ヒザ川二股の中間尾根にもイイカンジで雪が付いている。
この尾根がネット上で「袖泉」と呼ばれていたのは誤りだったとの認識も広まってきたように思いますが、いまだに袖泉と呼ぶ人もいるし、少し引いて通称袖泉なんて言ってる人もいるようですけど、間違いですからね!袖泉は北泉ケ岳の旧称ですから。

関連記事:泉ヶ岳の袖泉って?本当の袖泉を考える
http://bunatayori.exblog.jp/25244141/

c0294658_20531192.jpg
下山は気持ちの良い林間のスノーシューイングと洒落こんだ。

今日、第二の目的は先週マロ7さんが食べそびれた「焼きそばナポリタン」
船形山界隈を根城にするヒゲの写真家に会うたびにコツを伝授してもらい、ますます進化した。
c0294658_20573169.jpg
山で食べるおにぎりって、なんて美味しいのでしょう!と言う言葉をよく耳にするけれど、山で食べるナポリタンは、すっごーく美味しいんですよ!

山ヤのフリをして厳しい急斜面を登るだけじゃない。
BE-P●L野郎のフリをしてオシャレっぽく雪上で美味い山メシを食べ、素敵なスノーシューイングを楽しむ。
c0294658_21081157.jpg
山遊びの幅が広がります。

今日歩いた山域です。赤線なんて書き込みません。
分る人なら見当は付くでしょうけど・・・
c0294658_21092026.jpg
地形図を眺めて面白そうなルートを探すところから、登山は始まっているってこと。
・・・あのルート、ヤ●レコにルート図載ってたよねえ・・・って聞いたとたんに、そのルートへの興味が失せてしまうのは僕だけなのだろうか・・・?・・・

(但:これはバリエーションルートや里の藪山に限ったことで、一般登山道の情報を共有するのは大いにけっこうなことだと思っています)

=============

同行したマロ7さんのブログ:マロのページⅢ
http://maro70.blog.fc2.com/


-


[PR]
by mt1500funagata | 2017-02-11 21:38 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(0)

雪がとける前に行っておきたい場所があった。
・・・袖倉。
c0294658_19495720.jpg
ハンドルネーム、maro7さんという方の北泉の御秘所は袖倉…(^o^)」と言うブログ記事がきっかけだった。

20年以上も前、30歳を少し過ぎたばかりの僕は木製ワカンを履き一人で船形から泉ケ岳にかけて歩き周っていたものだった。
その頃、後白鬚山と三峰山そして横川の谷が真っ正面にドーンと迫る景色を見た記憶はあった。でも、それがどこから見た景色だったのか、あやふやなまま今に至ってしまった。その記憶を呼び起こしてくれたのが、上記のブログ記事。
行ってみなければならないと思った。


スキーゲレンデの雪もすっかり解けて無くなってしまった泉ケ岳。ノーマルコースは登る気がしなかった。
ヨコミネ裏泉ルートを選択した。(正式にこんなコースないです!勝手に名前付けてます)
c0294658_19445270.jpg
取り付きはスプリングバレースキー場の駐車場500m手前の取水施設のある沢。(砥草沢?)
c0294658_19450559.jpg
3月だというのに沢登りをしてしまった。急勾配の沢床の石はほとんどが浮き石、後続メンバーと一直線にならないように尺取りスタイルで登った。

距離を短縮し高度を稼ぐと
c0294658_19451630.jpg
SVスキー場の林間コースの途中に出る。
しばらくコース通りに歩けば、ヨコミネシオジ谷地。
c0294658_19452660.jpg
ミズバショウが顔をちょっぴり出しているのを見つけた。
こんな春の兆しを感じてホッコリしていられるのもここまで。

これから登る裏泉の尾根
c0294658_20333581.jpg
結構、急ですよ!
c0294658_19454462.jpg
SVスキー場の南端のゲレンデの脇を登り、第4ペアリフトの終点近くから尾根に取り付く。
c0294658_19455769.jpg
かなり急です!でも今日は急な斜面を求めて来たんだ。
c0294658_19461043.jpg
とても急です!山頂台地の直下は、普通の言葉使いだったら崖って言うかな?
崖の上から斜面とほぼ水平に正午近くの陽が僕を照らした。山頂の台地はあと少し。
崖を登り切ってそのまま進めば「北泉ケ岳へ→」の道標のところに出る。
c0294658_20513160.jpg
誰もいない山頂。
泉ケ岳って週末には多くの登山者で賑わってるイメージだったのだけれど、こんな日もあるのだ。もっとも、登ってくる途中にスライドする人はいる訳がない。

山頂の薬師様には申し訳ないけれど、今日の山頂は目的地ではない。
一般コースを三叉路まで下り、三叉路から西の尾根に取り付き袖倉を目指す。
ルートはmaro7さんのブログを参照して下さいね。

ルートと言えば、ここはツキノワグマの横断ルートになっているようです。
ミズバショウ見て春の兆しを感じればホッコリするけれど、
c0294658_20580529.jpg
起きだしたばかりのツキノワグマの足跡(しかも通ったばかり!)見て春の兆しを感じればキンチョーする。
「オハヨーゴザイマース!ちょっと袖倉まで行って来るだけデスカラー」
大きな声をかけた。
痕跡や足跡でクマの存在を感じたら僕はニンゲンの言葉で大きく話しかける。
きっとクマもわかってくれるだろう。・・わかってくれる・・かな・・・?

あらら・・・!
c0294658_20581812.jpg
少し離れて同じ方向に、別なクマの足跡。
さっきの足跡より一回り大きく重みを感じさせる。
三叉路から水神に向かう道の途中に熊棚が多くあって、この辺はツキノワグマの通り道なんだよって言われているけれど、ホントだった。

2週間で積雪量はだいぶ減ってしまったようだ。
ヤブがひどくガレ場になっている袖倉の際までは危なくて行くことは出来なかった。
c0294658_19443889.jpg
袖倉からヤッホー!20年前の僕にヤッホー!
この場所からの眺めは天気が良い日に限る。
けど、僕は曇天であっても構わなかった。

この場所に来ることが目的だったから。



-



[PR]
by mt1500funagata | 2016-03-19 21:40 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(4)

泉ケ岳、ここ数年ネット上で「袖泉」って名前で呼ばれている山頂から南西に落ちる尾根を歩きに行って来た。
僕は「袖泉」って指す場所が違うんじゃないか?と言うか「本当の袖泉」は別な場所!って思っている。
理由は後で述べますね。
c0294658_22242064.jpg
水神コースの登山口には沢山の車が停まっていたけど、歩き出しの先頭は僕ら。
トレースの上に前夜に降った雪が10cm位積もり、歩きやすいし見た目も美しい。
c0294658_22423321.jpg
水神から北泉方面へ向かい「お花畑」って呼ばれている辺りからヒザ川を横断して、尾根に取り付いた。
15年も前、この南西の肩の尾根を歩いてみたくて適当に取り付いた箇所が僕にとってはスタンダードになっている。

*平成13年(2001年)2月11日の記事↓↓↓
http://funagatayama.web.fc2.com/010211.htm

最初のうちはまだイイんですよ。そんなに急じゃないから。
c0294658_22243747.jpg
標高1000mの等高線を過ぎると、とたんに急になる。雪の状態によってはワカンかアイゼンが有利。
適当に上を目指し、このへんから右方向へ・・・なんてのも感覚で分るようになった。
c0294658_22234762.jpg
ガスっていて山頂方面や眼下の眺望は得られなかったけれど、風がなく細い木の枝に付いた霧氷がとてもキレイだった。
やっぱ冬の泉ケ岳に登るんだったらこのルートがいいなあ!
c0294658_22245267.jpg
山頂の積雪量はこのくらい。
今日の目的は、この南西の肩の尾根を歩くことと、麓の「広島風お好み焼き」を食べること。
お好み焼き屋「むかご」を目指し、かもしかコースを下りて途中からショートカットで水神コースの下部に合流し下山した。


さて、ここで冒頭に書いた
・・・「袖泉」って指す場所が違うんじゃないか?と言うか本当の「袖泉」は別な場所!って思っている理由であります。

一昨年、僕はブログの記事に「袖泉っていうんですか?」
http://bunatayori.exblog.jp/21465365/
って疑問符を付けていた。
同行した方から「袖泉」って言うんですよねって言われ、ネットで検索してみた結果に違和感を感じていたから。
しばらくして、県内の山の案内とか書いてる大御所とも言える方から、ずっと前に「北泉ケ岳って、着物の袖を広げたような山容に見えるでしょ?だから別名を袖泉って言うんだよ」とお聞きしていたのを思い出した。
そして、僕なりに色々と調べてみた。
c0294658_00030814.jpg
昭和47年に発行された船形連峰に関する初めての公式ガイドブック。
c0294658_23383063.jpg
添付の地図に「袖泉」って記載されてます。ネット上で書かれている場所と違います。
c0294658_23403024.jpg
地名・沢名をまとめた図に「袖泉」って記載されてます。ネット上で書かれている場所と違います。
c0294658_23434725.jpg
昭和6年に書かれた古い文献。
「・・・泉ケ岳の西北に袖泉岳あり・・・西北は黒川郡吉田村・・・」って書かれています。
ネット上で書かれている場所と違います。

船形山もしくは御所山と同じ場所を別な名前で呼ぶことは多いけれど、場所そのものが違うってのは如何なものでしょうか?

なーにも、今更古い文献とか持ち出して面倒くさいこと言わなくても良いんじゃない?今は「袖泉」で通っているんだから!ってご意見もあろうかと思います。
人から伝え聞いた話が変化して行くってこともあるでしょう。

でも!先人が大変な努力をして綴った公式案内に明確に記載されている事柄は大切にして行きたいし、これこそが基本で有るべきだと僕は思っています。
そして、ネットとはほぼ無縁であろうと思われるご年齢の大先輩方にこのことを尋ねた時に聞いた「んだよ、袖泉って北泉ケ岳のごどっしゃ」という言葉も大切にして行きたいと思っています。
c0294658_22251703.jpg
夕方、北泉ケ岳は着物の袖を広げたような姿で僕らを見送ってくれていた。



-





[PR]
by mt1500funagata | 2016-01-31 00:47 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(6)

泉ケ岳の夕暮れ

c0294658_21581283.jpg
仕事帰り、遠回りをして泉ケ岳の麓を通った。
この場所からの泉ケ岳が一番美しいと僕は思う。

仙台市民の山として親しまれている身近な山であるけれど、その昔は女人禁制の修験の山だった。
七北田川支流の清川を遡行し、護摩堂山(460m)で修験者は護摩を焚き祈祷した。
ここから先は女人禁制となり、薬師水の沢を詰めて山頂に至った(現在の表コース下部で渡渉する沢)
山頂の鉄の祠には麓の福岡村で疫病が流行った時、慶長19年(1614年)安置祈願したと伝えられる薬師如来が祀られている。
c0294658_21582809.jpg

多くの人が登山やスキーを楽しみ、カラフルな印象の泉ケ岳。
けれど、こんな夕暮れに静かに向き合い古に想いを馳せるってのも悪くない山だ。



-

[PR]
by mt1500funagata | 2015-03-27 22:25 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(0)

ブナの会で北泉ケ岳へ

船形山のブナを守る会恒例の早春の山行であります。
例年は升沢コースで三光の宮を目指すのだけれど、今年はちょっと変化をつけて北泉ケ岳なのです。
c0294658_19395244.jpg
晴天無風の天候に背を押されて26名の会員が参加した。
さすが泉ケ岳です。スノーシューもワカンも必要ないのであります。
しかも今日の僕はしんがりを務めるので、石がごろごろしている夏道よりもずっと歩きやすいわけです。
水神からそのまま北泉ケ岳へ向かうので、登山と言うより雪上ハイク。
c0294658_19401697.jpg
息を切らすことも汗をかくこともなく、四本桂と標識が付いた「シナノキ」に着いた。
ここは四本の「シナノキ」がある「四本桂」と言う地名の場所と言うことですね。
c0294658_19402822.jpg
ブナの大木に入れそうな洞があれば・・・トーゼン入ってみる。
こうして僕はブナの胎内からあらためて生まれブナの子どもになる。
僕にとってブナはまさしく母なる樹となるのだ。
c0294658_19404308.jpg
山頂は無風快晴。連峰の主峰船形山をはじめ、神室連峰から遠く鳥海山まで見渡せることが出来た。
c0294658_19410113.jpg
マンサクの花は開きはじめ。
c0294658_19411494.jpg
午後の光にマンサクの花が映えるようになれば冬山は終わりを告げる。
もう、すっかり春山だよわ。。。


-



[PR]
by mt1500funagata | 2015-03-15 20:05 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(0)

泉ケ岳のウラ泉コースって知ってますう~?
おっもしれーっす!
c0294658_20333273.jpg
これ、泉ケ岳デス。北斜面ネ!
今回は、この北斜面をしゅ~~っと登って一気に山頂へ突き上げるルートです。
ルートつっても地形図見ると分かりますケド、かなりキツイ等高線が平行に走ってるってカンジで、尾根らしい尾根もない。
下から見上げて大丈夫そうなラインを辿るってルートデス。

久しぶりのブログ更新なんですけど、船形界隈からちょっと離れて遊んでいたからなんデス。
c0294658_21161370.jpg
県外のこんな山で
c0294658_21163042.jpg
こんなコトしたりして、例年より多めの積雪を楽しんでました。

久しぶりの船形連峰は、すっかり春ですねえ!
あらあら!こんな所にミスバショウの群生地があったんですねえ!
c0294658_21211224.jpg
表側の案内板でてる群生地より規模も大きくて見ごたえあるんじゃない?
c0294658_21240470.jpg
これは、ウラ泉の秘密の大雪渓? 下山に使えば尻セード面白そう。
c0294658_21263146.jpg
結構って言うより、かなり急勾配。シゲルさんが軽快なキックステップで引っ張りマス。
c0294658_21294942.jpg
うわぁ~!ヤバイっす!
泉ケ岳で、こんな緊張感を持った登山って初めてデス。
c0294658_21322171.jpg
深く刺したピッケルの位置で急さ加減が分かりマスカ?
うしろから見守るシゲルさんですが、なんかヨシコさんのお尻みてニヤニヤしてるようにも見えますねえ?

最後の急斜面を登りきると山頂から50~60m西の台地状の頂上部に飛び出しました。
いやあ~、面白いルートでしたねえ!
へらへら書いてますケド、安易に登れるトコじゃないっす。
ピッケル・アイゼンは必須。結果的には使いませんでしたけど、40mザイル・ハーネス・アッセンダー・デッセンダー・ビレイ器ほか道具各種は準備してました。
今回は雪の状態も良かったから、なんとか登れたんだね。

山頂からちょっと表コースよりに下ったところで昼メシ
c0294658_21363860.jpg
ヘルメット持ってこなかったケド、ナベだけはシッカリ持ってました。

下山はフツーに表コースを下りました。

夜に里では、こんな集会が開催されました。
c0294658_21521760.jpg
船形山の玄関口に、エゴイズムのゴミの処分場いらねえ~よ!





-













[PR]
by mt1500funagata | 2014-04-20 22:01 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(2)

ホント久しぶりに泉ケ岳へ
c0294658_20053249.jpg
水神まではツボ足で。
夏道よりも快適に歩ける、良く踏み固められた道。
北泉ケ岳へ向かって、うぐいす坂の手前のお花畑付近から夏道を逸れ、山頂から西側にのびる雪庇のついた尾根を目指す。
c0294658_20060726.jpg
積雪期限定の場所。少しの時間だったけれど陽もさして雪面がいい感じ。
ラッセルはキツくなったけど、誰も歩いていない斜面は気分が良いねえ~。
でも、もう少し登るとかなり危ない急斜面。深雪のおかげでスノーシューで登りきることが出来た。
c0294658_20062029.jpg
雪の状態によっては、アイゼンがないと登るのは難しい。
c0294658_20064036.jpg
ここを歩くために今日は来たんだ。初めて歩いたのは14年前。袖泉って名前で呼ばれているの知らなかった。天気が良いと素晴らしい眺めが目の前に広がる。
c0294658_20065220.jpg
山頂が見えて来た。もう少し歩けば三叉路からの夏道と出合う。
この尾根が終われば、あとは消化試合みたいなもの。
山頂から、かもしかコースと滑降コースの中間をまっすぐ降りてこられるのも積雪期限定。ほぼ一直線に岡沼にでて最短距離で下山した。
c0294658_20071910.jpg
岳山珈琲のマンデリン。うまい!!
知り合いのヒゲの写真家がいつも注文するらしい。このコーヒーは、ヒゲ面の風貌を思い出させる味がする。



[PR]
by mt1500funagata | 2014-01-13 21:04 | 泉ケ岳周辺 | Trackback | Comments(3)