悪そうなテンと悪かったテンキ

船形山の麓、七つ森の少し奥で「ワルそうな」テンと会った。
c0294658_22471898.jpg
今まで何度もテンとは会っているけれど、カワイイとか美しいじゃなくて・・・なんか見た目がワルそうな奴。
c0294658_22494832.jpg
なんか、そんなふうに見えませんか?

7月になってからブログの更新がないので、チバさんもついにクマにやられたか?って噂がまことしやかに広がりつつありますが・・・
ここ3週間ばかり週末は県外の山に行っていたので、船形山界隈のネタがなかったってダケでした。

先般の海の日の3連休(7月15~17日)も県外の山、2000mの稜線で悪いテンキに見舞われていたのです。
1日目と3日目はまあまあ良かったんですけど、メインの稜線がひどかった。
船形関連ではありませんが、少しお伝えしたいと思いました。

船形山のブナを守る会は山岳会ではないけれど筋金入りのヤマ屋さんも多く、オヤブンもその一人。
c0294658_23052554.jpg
厳冬期の朝日や飯豊を縦走し数々の未踏の沢を開拓した過去を持つオヤブンと一緒に山に入った。
雪渓を登って稜線を歩き、岩稜を越え、そして沢を渡る2泊3日の計画。

こんな人と一緒に山に入ると僕らは到底ヤマ屋とは言えないなあ~ってつくづく思わされる。
朝日連峰や飯豊連峰に2週間も山小屋やテントをベースにして、尾根を下り沢を登るを繰り返したのだそうだ。

c0294658_22575484.jpg
初日は風もなく、恵まれた天候で標高差1400mを一気に登った。

c0294658_23250184.jpg
山で2泊となれば、荷物も重くなり登山してるって思える。
日帰りや1泊では味わえない背中の重みと緊張感が心地よい。
今回は2泊分の宴会食材と沢を渡るための40mザイルやハーネスとか余計なものも背負っているのだからなおさらだ。

計画の段階では軽量化の指示がでていたけれど・・・
c0294658_23313650.jpg
1晩目は、モロミ漬けのトンテキとポトフを山メシにしてみた。
コメもアルファ米やレトルトなんて使わない。オヤブンの田んぼで作った無農薬のササニシキを炊いて喰う。
日本酒も一升持ち上げた。

悪かったテンキは2日目(7月16日)
c0294658_23365329.jpg
ガスっているから100m以上も切れ落ちている稜線のトラバースも高度感はなく緊張はするけど恐怖感はない。

c0294658_23403763.jpg
残雪が多く残りガスってルートがはっきりしない稜線を僕がトップで歩く。
悪くなってきたのはこのあと。

大粒の雨が横殴りに吹き付けてくる。
雨が降るのはわかっていたけれど、ここまで強く風が吹くとは思っていなかった。
この雨では予定していた渡渉するつもりでいた沢も水量が増えて渡るのは到底無理なので予定は変更となり、その場で来年の海の日の連休の計画は決まった。今回断念したルートを来年やるのだ。

c0294658_23462623.jpg
吹きっ晒しの稜線はまともに歩けなかった。耐風姿勢を確保してカメラを出すのにも苦労した。
腰を落とし左手に持ったピッケルで体を支え、やっとの思いで撮った一枚。

吹き付ける風の隙間を縫って、這う這うの体で避難小屋へとたどり着いた。

バカみたいだけれど、こんな山行が面白い。

3日目は稜線から下ると打って変わって青空が広がった。
c0294658_00043249.jpg
予定ルートから変更し、前日の雨で崩壊した雪渓を越えながら下山する時には、念のためにザイルを張ってルート工作を行った。
黒く口を横に広げた雪渓の下に転げ落ちてしまったら助かる術はない。雪渓の下からは雪シロで増水している沢の流れる音が轟轟と聞こえている。

c0294658_00044418.jpg
食料や酒、水がなくなり軽くなったザックで余裕の僕。

久しぶりに登山をしたなあ!って思える3日間でした。

=============
船形山のブナを守る会からのお知らせです。
来月、8月21日(月)~27日(日)
「第19回 ブナの森作品展」が開催されます。
場所は、大崎市古川(大崎市役所近く)「大崎市民ギャラリー 緒絶の館」
ブナの会の会員の趣味(プロ)の作品や写真などを展示します。
そこでブナの森、ブナの会への関心を持って頂けたら幸いと思っています。

船形山のブナを守る会に興味がある、もしくは参加してみたいと思われる方は、
mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp
大和町チバまでご連絡ください。案内をお送りします。
(お名前と大まかなお住まい年齢を記載してください。ハンドルネームのみの場合は返信いたしません)
=============



[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/26828859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabilogue2 at 2017-07-21 20:05
梅花皮でしたか・・・ 
今年は雪も多くビッシリ埋まったはずですが 解けだすのも速いようで 中之島はかなり露出してましたね。
長物、80cmでしょうか?親分のザックに結わえたピッケルが歴戦の強者を物語っていますね。
僕は秋に行く予定です。
Commented by mt1500funagata at 2017-07-21 21:24
> tabilogue2さん
石転び~大日~御西、ダイグラ下降し今年は橋がない桧山沢を渡渉する周回の予定だったんです。雨で桧山沢の増水は渡渉不可能だと判断し結局石転びを下降しました。登りは梶川のずっと下流部から雪渓に乗れたのですが、2日後の下山時には大きく崩落し状況が一変していました。
ピッケルは70㎝です。
by mt1500funagata | 2017-07-20 22:44 | Trackback | Comments(2)