船形山のブナを守る会 千年クロベを見に行く

6月18日は「船形山のブナを守る会」初夏の観察会。
今回は少し趣向を変えて栗駒へ。
遠く大阪からやってきてくれた方や初めて参加してくれた方2名を含め25名が集まった。
ブナの会の行事には事前申し込みとか面倒くさいことは必要ないので、その時にならなければ何人集まるかはわからない。その日の朝の気分で来るも来ないも自由。
c0294658_22564791.jpg
懇意にしている「栗駒の自然を守る会」の副会長S氏の案内で、世界谷地からクロベの森へと向かった。

c0294658_22582713.jpg
栗駒山と言えばイワカガミ平や須川温泉を起点とした登山道の印象が強いけれど、ブナの会が目的とするのは次の世代へ残したい自然を見ること触れること感じること。

ブナの会がこうして観察会を行うのは、ありのままの自然に触れて「いいなあ~!この自然をこのままの姿で残すことが出来ればいいなあ~!」って感じてもらえるような入口に案内すること。
c0294658_23071509.jpg
栗駒も船形と同様に森へ入ればブナやミズナラ、クロベの大木を多く見ることが出来る。

理屈ではなくて、この森は「いいなあ~!」、この森がなくなるのは「イヤだなあ~」って強く想うことが自然保護の第一歩。
人間は何かにつけて理由を探したがるけれど、「いいなあ~」とか「イヤだなあ~」って思うからってのが理由と言うのも面白い。
c0294658_23443806.jpg

2002年6月、ブナの会では最近本格着工に向けての動きが取りざたされている「筒砂子ダム」の建設中止を求めて、宮城県庁を訪ね当時の浅野知事に要望書を提出した。正式の要望書なので反対する理由は何項目か具体的に示したけれど、提出後の記者会見での記者とブナの会の小関代表とのやり取りは面白かった。

記者:「建設予定地周辺には、残さなければならない貴重な動物や植物があるのですか?」
・・・自然保護団体が建設反対を表明するのだから記者の質問はもっともでしょう・・・
小関代表:「べつにいないんでない」(特に存在しないと思います)
記者:「えっ?! では、自然保護団体として反対する理由は何ですか?」
小関代表:「筒砂子川あたりの森がなくなるのはイヤなんだね」
記者:「えっ!?」

後ろのほうで見守っていた僕は吹き出しそうになった。
理由が「イヤ」だからって、小関さんらしいなあ!しかも記者会見で言う?
もちろん、このやり取りは記事にはならなかった。

c0294658_23491731.jpg
ブナの森を歩き、クロベの森へ。

目を見張るばかりのクロベの巨木が並んでいる。

c0294658_23523617.jpg
栗駒山の麓にあるクロベの森、その中でひときわ存在感を示す「千年クロベ」。
僕は千年クロベを初めて見た。
「いいねえ~!」見に来てよかった!
そして、このクロベがあと何百年も千年もこのままの存在であり続けて欲しい、この森がなくなるのはイヤだなあ~って強く思った。

=====
船形山のブナの森をはじめ、今残されている自然環境が破壊されるのは「イヤだなあ~!」って思う方、ブナの森は「いいなあ~!」って思う方、ブナの会の行事に参加してみませんか?
ご連絡をいただければ、ご案内をお届けします。入会資格は「ブナを想う人」。入会金、会費、会則ありません。
連絡先:mt1500funagataアットマークyahoo.co.jp  チバまで
(アットマークは@です。お名前、大まかな住所、年齢をお願いします。ハンドルネームのみは不可です)


[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/26752711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2017-06-19 22:52 | ブナの会行事 | Trackback | Comments(0)