クワの実交差点

船形山の麓、嘉太神地区。
c0294658_04593792.jpg
人が住まなくなって十数年、今は森の動物たちの棲み処。
c0294658_04580926.jpg
僕は初夏の早朝に週に何度か行ってみる。
c0294658_05003878.jpg
家からは車で15分くらい。人は住まなくなったけど、森の動物たちは今も棲んでいる。
c0294658_05031645.jpg
嘉太神ダムの流れ込みの砂地にツキノワグマの足跡を見つけた。
昨日から今日の未明の間にクマはここを確実に歩いているのですね。
この場所を通るたび、ツキノワグマが歩いてやしないかと注意して見るのだけれど未だに見たことはない。僕は足跡を双眼鏡で眺め、歩いている姿を想像する。
こちら側から向こうの森へ何かを探しに行ったのだろうか?この足跡は周りの様子を伺うこともなく、水の流れも濡れた足も気にすることもなく、ちょっと下向き加減でノッシノッシと歩いて行く姿を想像する。


クワの木
c0294658_05164029.jpg
人が住んでいたころ、この木の隣には人家があってクマもこの木に登るのをためらっただろうが、今は平気で登ってクワの実を喰えるようになった。
c0294658_05212128.jpg

ここには、いろんな森の動物が集まってくる。
c0294658_05215883.jpg
こっちからやってきて、
c0294658_05223279.jpg
あっちへ向かう。

c0294658_05231125.jpg
こっちからもやってきて、
c0294658_05240438.jpg
あっちへ向かう。

クワの木を中心にいろんな動物の足跡が交差し、フッとけものの臭いが漂う。
だから、ここはクワの実交差点。

遥かな山並みを見たり、綺麗な花を見たりしなくても僕は十分楽しめる。
鳥の声を聴きながら動物の踏み跡を見て、動物たちの姿を想像することができたなら十分楽しめる。

c0294658_05273994.jpg
ツキノワグマは木に登り太い腕で枝を折り、口元にクワの実を寄せてむしゃむしゃ食べるのだろう。イノシシやタヌキは折れて地面に落ちた枝に残った実を食べる。
僕は背伸びして手を伸ばし枝から摘んで食べる。

森のみんながどんな仕草で集まってくるのか見てみたかった、知りたかった。
でも、集まるのは動物ばかりじゃないってことを知った。名前を書いて据え付けていたカメラのベルトを切断してまでカメラを持ち去るニンゲンもいるってことを知った。

そしてもうひとつ、この拙いブログだけれど多くの方が楽しみにしてくださっているって大切な事を知った。

早朝に何度も足を運べば、その姿を見ることが出来るかもしれない。
クワの実の盛りが終わる頃まで、僕は何度も足を運ぶつもりだ。


写真と文章だけでは、クワの実交差点の空気感まで伝えることは難しい。
動画だったら少しは伝わるかな?と思ってやってみました。臭いまで伝えることは出来ないですけどね。1分30秒くらいです。



関連記事:森の動物たちが集まる場所(2016年6月)




[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/26730058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lilywhitesquirrel at 2017-06-12 16:17
動画をありがとうございます!
ダム湖の水がキラキラ朝日に輝いていて 小鳥のさえずりをいっぱい浴びて歩くのを想像しました。
くま棚が出来る…熊の臭い…獣の気配…枝を手繰り寄せるクマ…片腕のクマも桑の実 食べるかな…想像もまた 楽しいですね!楽しいだけじゃない 獣がやってくるかもしれないドキドキ感も 想像してみてみました。
Commented by mt1500funagata at 2017-06-12 23:08
> lilywhitesquirrelさん
写真だけでは伝えることが出来ない音がそこにはあります。動画でも伝えきれない臭いもあります。
僕はその場で、生きている動物たちの姿を想像します。想像力って人生を豊かにする大きな力なのですね!
今も月明かりの下で生きている森の動物たちの姿を想像しています。
by mt1500funagata | 2017-06-11 06:03 | Trackback | Comments(2)