ツキノワグマ動画「見えざる野生」

5月28日、フジテレビ報道局から連絡があった。
水芭蕉を喰いカメラに噛り付いたツキノワグマの動画を夕方の全国ニュースで使用したいとの内容だった。
放映は当日28日の17:30からのFNNニュース。

嘉太神のツキノワグマもついに全国ネットで登場することになった。
c0294658_22263446.jpg
でも、内容はガッカリ、、、動画を提供したことを後悔した。
ツキノワグマのことを正しく伝え正しい情報で注意喚起を促しツキノワグマと人間の「無駄な」衝突を避けるための報道であると思っていたけれど、違っていた。

数件の目撃情報と、先日秋田で起こった死亡事故を取り上げ、それでもタケノコ採りに向かう人たちがインタビューに答えていた。
c0294658_22331093.jpg
こんな子供だましみたいな鈴で遭遇を避けられると誤解を与えてしまう。

c0294658_22332442.jpg
もともと肉食ではない???
ツキノワグマは食肉目に分類される動物で、歯の構造や腸の構造で肉食であることは明らか。
捕食するのに俊敏さでかなわないから、植物性の食物で補っているだけなんじゃないの?
人間が簡単に捕食できる動物だと学習したツキノワグマが連続して被害をもたらした昨年の秋田(十和利山)の事件を思い出してみたらいい。

まったくクマのことを知らない人が観たら、
「木の実が好きな森のクマさんに出会わないように、小さなお鈴をつけて歩きましょうね!」
って、誤解されかねない。そんな内容だった。
ツキノワグマを闇雲に恐れる必要はないけれど、それは正しい知識と対策が必要なのだと思っている。


ツキノワグマは、恐ろしい動物です。
本来ならば「肉」を喰いたい。
死んだカモシカの肉も喰う、ほかのケモノにちょっかい出されないよう持ち去って占有する。

4月16日に死亡し4月21日にツキノワグマに持ち去られたカモシカ。
c0294658_13520661.jpg
4月16日 大和町嘉太神林道。カモシカは当日に死亡したと思われる。
c0294658_13534629.jpg
4月22日朝、同じ場所。カモシカはわずかな毛を地面に残し消失した。

死体のそばに設置した無人センサーカメラが記録した動画を公開します。

4月21日朝から22日朝までの24時間を約4分にまとめた動画で、スタートから約1分10秒後にツキノワグマが現れます。
▼▼▼ 閲覧注意 ▼▼▼
カモシカの死骸を喰いに来るテン・タヌキ・キツネ・ツキノワグマが映っています。
骨が露わになった死骸の映像など、苦手な方はご遠慮ください。


これが、「見えざる野生」の一端。
キツネがタヌキに威嚇されていた時間・・・僕は会社帰りにホームセンターで買い物していた。
ツキノワグマがカモシカの死骸に噛り付いていた時間・・・僕は帰宅して夕飯を食べていた。
僕らが日常の生活を送っているその瞬間にも、人間の目の届かない森で繰り広げられる野生の営みである。

関連記事:「船形山麓 愛でる自然・見えざる野生」


[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/26696560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lilywhitesquirrel at 2017-05-29 15:52
ニュースの映像 ネットで見ました。
野毛山動物園の人のコメントは どう受け取ればいいのか 悩みます。動物園の人イコール動物の生態を正しく知っている人と一般的に思われているでしょうから 非常に問題があると考えます。でも実名を出してテレビにコメントを出すのですから非常にまじめに答えてらっしゃるんでしょうね。
画像を 自分の意図と違う形で使われてしまうのは 不本意だったことでしょう。「伝える」ことの難しさを痛感します。私はチバさんの多くの画像が チバさんの考えのもとに作られた番組で見たいと思います。
Commented by mt1500funagata at 2017-05-29 22:10
> lilywhitesquirrelさん
テレビの報道が時間の都合もあって100%ではないのは仕方がないことですが、間違ったコメントはいけないですね。間違った情報を伝える報道に加担してしまったように感じたので、当日中にこの記事と死肉を食べるツキノワグマの動画をアップする必要を感じた訳です。

テレビ番組としてクマだけじゃなくて「船形山からブナの便り」やってくれる局ないですかね~。
by mt1500funagata | 2017-05-28 23:23 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)