七つ森 笹倉山黒岩ルート

七つ森主峰、笹倉山の南斜面にある岩クラ。
c0294658_21022183.jpg
地元の人は黒岩と呼んでいる。

本来なら厳冬期である1月に訪れた願ってもない小春日和。
こんな日は、地元の里山である七つ森辺りで遊ばない手はないでしょう。
と言う訳で、笹倉山に登って来た。
c0294658_21083664.jpg
どこへ登るの?笹倉山です! クライミング道具じゃないですか?そうです!
笹倉山への登山口は北面の御門杉コースか難波コースが一般的ですが、今日は黒岩コースなんですね。

七つ森の座(くら)山信仰の源流を探るべく結成された?「同人nanatsumori」のメンバーであるmaro7さんとヨシコさんの3人チームで臨んだ。
僕らはクラ山信仰の源である七つ森のそれぞれの岩座に触れることを計画したのだ。
c0294658_21212601.jpg
原阿佐緒の墓がある龍巌寺の前を通り、伊達山林道を使ってアプローチした。
ヘルメットのヘタレマークに恥じない最短アプローチで、春のような柔らかい日差しを受けて歩き始め。

黒岩の下に出るまでも距離は短くても結構な急登だった。
c0294658_21281575.jpg
目の前に立ちはだかる岩。
c0294658_21291102.jpg
黒岩と呼ばれている割にそれほど色黒でもない。
c0294658_21312166.jpg
さすがに遠くからでもはっきり確認できる岩場だけのことはある。
c0294658_21332848.jpg
一段目の岩場をクリアするのにも相当な時間を要した。

上部の岩場はもっと厳しそう・・・
c0294658_21351539.jpg
maro7さんが先行して様子を見に行くが・・・
c0294658_21363807.jpg
逆層(岩の形状が下向き)の垂直に近い岩壁を登れるだけのクライミング技術は持ち合わせていないし、ヘルメットにも明示してある通り「安全第一」なので、ここは巻くことにした。
c0294658_21455831.jpg
巻きルートを偵察に行く僕を見守る素振りも全く見せずに日向ぼっこの二人。
巻きルートって言っても、落ちたらタダでは済まされないんですけどーーー!
c0294658_21534546.jpg
相かわらずキビシイですねえ。
c0294658_21545305.jpg
山岳ドキュメンタリー映画「MERU」を観た余韻が残っているとはいえ、ヤツ等と僕じゃあ全然話しにならない。なんたって僕は安全第一、ヘタレシールを貼ったヘルメットは伊達じゃあない。安全第一!

c0294658_22015901.jpg
垂直に近い岩場を避けたにしても斜面の状況はキビシイ。
c0294658_22035232.jpg
日陰の斜面には雪が残り、手元足下に細心の注意を払いながらの登り。
c0294658_22060707.jpg
やっと国見崎への尾根に取り付いた。ここまで来ればもう安心。

c0294658_22132320.jpg
尾根を真っ直ぐ登ってくれば国見崎。青空の下、太平洋が青く輝いていた。

c0294658_22222025.jpg
大森薬師堂の傍らにある、麓の宮床が生んだ女流歌人「原阿佐緒」の本名が刻まれた石灯篭。これは幼少の頃病弱だった阿佐緒(浅尾)の健康を祈願して阿佐緒の父が奉納したもの。

関連記事:笹倉山とうつし世の女(をみな)
http://bunatayori.exblog.jp/20745396/


山頂の薬師様にご挨拶して、薬師堂の裏手から西斜面を強引に伊達山林道へと下山した。
大森薬師堂と七つ森の七薬師との関連等についてのうん蓄を述べたいところですが、今日は黒岩ルートの登攀でお腹一杯なので別の機会にしましょう。
c0294658_22183016.jpg
西斜面から泉ケ岳方面の眺望。わずかに伊達山林道も見えている。

c0294658_22382585.jpg
お気軽登山として登る人も多い笹倉山だけれど、ルートによってはスリリングで面白い山登りが出来る。

===2月1日 追記===
結果オーライでしたが、今思えば岩場のトラバースと巻きルートの急登は安全確保の上ではザイル張るべきでした。どちらも落ちたら数m~数10mの墜落or滑落で軽傷では済まないと思います。
里山とは言え、ルートによってはシビアな対応が必要だったと思っています。


-

[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/26358810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabilogue2 at 2017-01-29 22:39
真冬に笹倉山? ええっ?陽だまりの磯辺でもなく?しかもミックスの岩ですか?
やってくれますねえ、さすがです。千葉さんこそ「岳人」問題に決着つけてくれますですね。
にしても 岩が冷たくて感触も薄かったんじゃないですか?
それでも逝っちゃうところに・・・「岩ヤ」の素質大ですが・・・かないませんw
Commented by mt1500funagata at 2017-01-30 11:41
> tabilogue2さん
真冬って言っても暦の上ではそうでしょうが、体感的には春山でしたよ。ましてや、岩場は直登せずに巻いてるんですから岩ヤさんには到底及びませんですよ。少し暖かくなったらクライミングシューズ持参で岩場だけやりに行きたいですね。神座の岩ですからハーケン打たずに(ともっともらしい言い訳をして)トップロープ降ろせば僕でもやれるかと思っています。
by mt1500funagata | 2017-01-28 22:56 | 七つ森界隈 | Trackback | Comments(2)