水琴窟を自宅に作ってみた

10月に船形山の山中で「水琴の滝」を発見して以来、
http://bunatayori.exblog.jp/24852538/
水琴窟に大きな関心を持つようになった。

それまで一箇所の水琴窟しか見た(聞いた)ことがなかったけれど、出かけた先の近くに水琴窟があれば遠回りしてでも訪ねて回った。
いろいろ実際に見にいったりネットで調べているうちに、ウチの庭にも作れんじゃね?って思うようになった。
業者さんに頼むつもりは、トーゼンのことながら全く無い。

様々な研究?と実験を重ねた結果、有り合わせの材料を使っても観光施設のパンフレットに載ってる水琴窟と遜色ないって言うか、それ以上?の音を作ることができるようになった。(あくまでも僕が実際に聞いた範囲内でのことです)

今回は、当ブログとしては特別編とも言うべき「水琴窟の作り方」です。

実験の途中経過は省略し、僕なりに行き着いた結果の部分のみです。

=その1 材料=
c0294658_20225213.jpg
①②植木鉢(庭で使ってなかったものが有りました。ホームセンターでは1個1500円位で売ってました)
③スポンジタワシのタワシ部分(3個98円、2個はキッチンで使ってます)
④空き缶(本来は捨てるもの)
⑤まん中に穴を開けた皿(お刺し身が乗っていたプラスチックの皿、0円)
⑥100円ショップのお猪口(4個=432円)
⑦洗面器(400円位だったかな?)

=工程 1=
c0294658_20223242.jpg
洗面器の中にお猪口を並べます。

=工程 2=
c0294658_20231016.jpg
お猪口の上に普通に植木鉢を乗せます。

=工程 3=
c0294658_20233140.jpg
安定するように中心を合わせ、水を注ぎます。
こうしておけば底に溜まった水の量は一定を保つことが出来ます。
下に置くのはお猪口に限りませんが、値段が安く安定感も良かったのがこれでした。

=工程 4=

c0294658_20405356.jpg
上に乗せる植木鉢の穴の部分を滑らかにします。これは水が穴の縁から直接落下しないようにする為です。
c0294658_20410986.jpg
内側の天井になるところもサンドペーパーで滑らかにします。
c0294658_20462010.jpg
水滴が穴から直接落ちるのではなく、このように天井の平面に浸み伝わった水がビヨーンって感じでツー・ポタンって落ちたほうが水滴が大きくなって反響音が良くなるみたいです。(分るかなあ?)

=工程 5=
c0294658_20593622.jpg
穴の周辺が滑らかになった植木鉢を伏せて重ねます。

=工程 6=
c0294658_21020927.jpg
空き缶に穴を開けます。空き缶の穴から植木鉢の穴に直接落とさないよう中心をずらして穴を開けます。
c0294658_21022717.jpg
こんな感じで、底の外側の縁を伝い落ちるようにします。
空き缶の穴の大きさで水滴が落ちるリズム(間隔)が変わってきます。

=工程 7=
c0294658_21101367.jpg
伏せた植木鉢の上に穴を開けた空き缶を置きます。空き缶のなかに入れているスポンジタワシはゴミが入って缶の穴が目詰まりしないためのフィルターです。
この缶のなかに溜まった水が、穴から少しずつ流れ出て植木鉢の天井に水の膜を作り、水滴となって落下し音が出るって訳ですね。
缶の大きさと開ける穴の大きさで音の鳴り続ける時間が変わります。
僕の場合は缶一杯の水で約6分間、水琴窟の音を楽しむことが出来ました。

=工程 8=
c0294658_21185135.jpg
空き缶の上に穴を開けたプラスチックの皿を乗せます。ゴミが入らないように100均で買ってきた排水口用の網を使いました。

=工程 9=
c0294658_21224367.jpg
砂利石を並べました。(10kgで380円)残りの砂利石は最終的に庭に埋める時に使うつもりです。
これで出来上がり!
c0294658_21260458.jpg
水を掛けてみましょう。(柄杓も竹を切ってきて手作りしてみました)

少しの間を置いて、水滴が落ちる音が聞こえてくる筈です。
植木鉢を少し動かし回したり、缶の位置や置き方を少し変えるだけでも音が変わります。
自分なりの好みの音を探しましょう。

c0294658_21312850.jpg
庭に穴掘って埋める前の仮置きです。
日の出の時間が早まってきたら、穴掘り始めます。
c0294658_21332622.jpg
上から見たところです。
穴を掘って周りを栗石って言われる大き目の石で囲むようにすると、また響きが変わって良くなるみたいですね。

--2016年1月7日--追記--
寒さを感じなかったお正月の休みを利用して、庭に穴掘って埋めました。
c0294658_01310254.jpg
植木鉢2個重ねた高さ分だけ掘り下げて下に砂利を敷き、薄いレンガの板を敷いて水平を取りました(水平→これ大事!)
植木鉢の周りに栗石と言われるこぶし大の石を並べます。僕の場合、掘った穴の直径が少し大きすぎたように思います。
c0294658_01311262.jpg
思った以上に栗石が必要になってしましました。
c0294658_01312558.jpg
表に出る石の配置を考え、全体の見た目を考え、あーでもないこーでもないってアレコレやって、こんな感じに仕上がりました。
地中から音がする訳ですから仮置きの時よりは音は小さくなりましたが、響く音色は金属的な感じが強くなったようです。
c0294658_01313660.jpg
水を溜める「つくばい」とかあれば良いのですが、庭の小さいスペースですから仕方有りません。
お金を5000円もかけずに、体力と労力で出来上がった自作の水琴窟ですから、これでよしとしましょう。
思いつき次第、ちょこちょこ改良して行くことにしましょう。

=================
僕の作った水琴窟の音色を聞いてみてください。
動画撮影ですが、雑音の少ない深夜に撮影したので真っ暗で何も写っていません。でも音はよく拾えました。



c0294658_21505983.jpg


c0294658_21511285.jpg
花が咲くとこんなカンジです。


--

[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/25108335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mt1500funagata | 2015-12-26 21:42 | Trackback | Comments(0)