ツキノワグマに会いに行く

日曜日の夕方
ツキノワグマに会えるかも?って思って家を出た。
c0294658_22195577.jpg
・・・会えた。
船形山の麓、嘉太神地区。
4月にミズバショウを見に来た時に、かなりの株が齧られていた場所。
そこの林の中に彼は座っていた。
車から降りて近づいて行っても、僕を待っていてくれているのか動かない。
20mくらいだろうか?声をかけた「おーい、ここのミズバショウ齧ったのおまえか?」
少しの時間、僕らは見つめ合っていたけれど・・・
カメラのシャッター音が気に喰わないのか「うるせえなあ~」とでも言うように
ゆっくり背を向けて、僕から離れて行った。
c0294658_22285425.jpg
「この先の道路にウンチしてた?」
「俺じゃあねえよ!デカさが違うだろ!」
そうだ、あのウンチはもっと体のデカイやつだろう。
c0294658_22313098.jpg
なんか身体を動かすのが億劫なようで、モタモタとうしろの林の中へ入って行った。

狙い通りにツキノワグマと会えることが出来て嬉しかった。

さて、次は・・・?
ここの上の沼の周りにも棲んでるクマがいるんだよなあ。
行ってみよう!
会えるかなあ?
c0294658_22361907.jpg
・・・会えた。
沼のほとりの草むらに座ってこっちを見てた。
そこの道路わきにタケノコたくさん食べたあとのウンチしてたクマだろう。
こっちも20mくらい。彼も僕の存在を認めている。
「おーい!」って声に反応している。
何枚も写真撮られるのは嫌いなんだろう。
「もういいだろう?静かにしといてくれよ」って言ったような素振りで脇の林に姿を隠した。
c0294658_22461412.jpg

c0294658_22470415.jpg
c0294658_22480391.jpg
c0294658_22482902.jpg
c0294658_22485776.jpg
c0294658_22492346.jpg
どちらのクマも、僕が声をかけカメラを向けても慌てて逃げるでもなく、ちゃんと写真を撮られるのを待っていてくれた。

なにか伝えたいことがあったのだろう。

c0294658_22565941.jpg
日暮れ間近の山麓には、朴の花が咲いていた。

ツキノワグマは意外と近くにいる。

-





[PR]
トラックバックURL : http://bunatayori.exblog.jp/tb/22135281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lilywhitesquirrel at 2014-05-20 09:52
りすこです
「なめとこ山のくま」みたいですね
20mは 恐怖心に襲われないですか?
写真だとレトリーバー位に見えますが 大きいのでしょうか?
貴重な写真を見せていただいて ありがとうございます
日暮れ時の白い花って 綺麗ですよね
私はもっぱら庭の草花ですが 朴の花 美しいです
Commented by mt1500funagata at 2014-05-20 12:46
りすこさん
山の動物たちが、
「自分たちもここに暮らしているのだ。人間だけの都合で山を壊したり、エゴから生まれたゴミを持ってきたりしないでくれ!チバさん、 ちゃんと伝えてくれよ!」
って訴えるつもりで、僕のカメラの前に姿をさらした。
こう思えてなりません。

最初のクマは、成獣。70~80kgくらい?
二頭目は去年の春から確認してますが、多分三才の若グマ。セントバーナードくらいの大きさで50kg 前後かと思います。

バッタリ遭ったのではないので、怖さはありませんでした。でもこれ以上近づくと許容範囲を越えるので危険です。
by mt1500funagata | 2014-05-18 23:04 | 野生動物との出会い | Trackback | Comments(2)